ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ミニ四駆シリーズのシャーシの一つ。読みはバーサスではなく、ヴィクトリー・スプリントの略称。
第二次ブーム末期の1999年、エアロミニ四駆ブレイジングマックスで初採用された。
その後マイティミニ四駆にも採用されている。

第二次ブーム終焉の2000年から続く冬の時代を支えたのもVSで、ダンガンレーサーの不振もあってこの時期でもレーシングスタイルなどのハイエンド版でミニ四駆の新商品発売が続いたため、当時シャフトドライブシャーシでは最新だったVSはそのたびに採用され続けた結果、採用マシンもカラバリの数も第二次ブームで最も採用の多かったスーパー1を上回る結果となっている。

性能

スーパーFM以降新規シャーシはホイールベースが伸ばされる傾向にあったが、VSはスーパー1と同じ80mmまで縮んでいる。ターミナルはスーパーXと同じタイプを採用。

ヒンジ開閉式のバッテリーホルダーや回転鈕式スイッチ、リヤステー用二点止めマウントなどスーパーXで培った技術を余すことなく投入されており、ギヤ周辺の精度やシャフトの抵抗抜きが大幅に改善され、駆動系の出来はドライブシャフト式シャーシ最高傑作と名高い。
どれくらいVSの駆動系がすごいかというと、再びミニ四駆が注目され始めた2010年代すら、最新技術のシャーシが複数出ているにも関わらず20年近い歳月が経過しているにも関わらず公式カップ上位者が挙ってVSを採用するほどである。

もちろん欠点もあり、全体的にシャーシの強度が低い点は特に指摘される。もちろんスーパー1やスーパーFMよりはマシではあるが…公式でシャーシの底全体を覆うGFRP製プレートまで作られたほど。
スーパー1やスーパーTZの一体型モーターギヤカバーやスーパーXのモーター取り外しギミックが排除された関係上モーターの取り外しが面倒でメンテナンスがしにくい点も欠点であり、同様の問題はスーパー2(スーパー1の改良型)でも抱えている。尤もこれはモーターとギヤカバーを一体化させるとギヤ精度が悪くなり駆動系に支障をきたしやすいからという理由があったためでもあるのだが…

2020年3月にはVSの改良型であるVZシャーシが登場し、21年ぶりのリニューアルとなった。

メディアミックス

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX」で登場。そもそも、このシャーシが初採用された前述のブレイジングマックスはこの作品に登場するマシン。
原作では一文字豪樹が土屋研究所の試作品の山から勝手に持ち出しているが、アニメ版では性能に限界が生じていた上フェニックススティンガーに壊され再起不能となったマックスブレイカーの新型を設計するため一文字博士が新型シャーシとして用意してきた。明言こそされていないものの土屋博士と一文字博士の共同開発なのかもしれない。

2020年から配信開始されたソーシャルゲーム超速GPではシャーシちゃんとしてまさかのマスコットキャラ化。ピンクのVSを原型としており怪しい関西弁を話す。

関連タグ

エアロミニ四駆 生きた化石 オーパーツ

関連記事

親記事

ミニ四駆 みによんく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「VSシャーシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント