ピクシブ百科事典

ブレイジングマックス

ぶれいじんぐまっくす

ブレイジングマックスとは、エアロミニ四駆の一種である。
目次[非表示]

概要

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAXの主人公、一文字豪樹の2代目マシン。
スーパーVSシャーシが初めて採用された。剛性が低いが、軽量で高いポテンシャルを誇り、現在でも愛用者が多いシャーシである。

作中では

原作

鷹羽リョウにボロ負けし、改造を決意した豪樹。土屋研究所で落ちていた(本当は置いてあった)パーツを貰ってきてその中からVSシャーシのプロトタイプを見つけ、ボディのサイズが合わず改造するも、マシンバランスが崩れて逆に遅くなってしまう。その後、飛行機のジェットエンジンからヒントを得て、更なる改造を施し完成。
飛行機をヒントにしているだけあってダウンフォースを発生させるどころか、逆に浮かせようとしてまるで飛んでいるように走る。ブレットの「やつのマシンはブレイシング(Blazing)だな」という言葉と意味を知った豪樹が「ブレイジングマックス」と名付けた。
その後、WGPルーキー戦予選を勝ち抜き、ビクトリーズと激突。レース後、星馬豪ライトニングマグナムと一騎打ちとなった。その際、マグナムトルネードを真似たマックストルネードを見せた。

アニメ
42話でマックスブレイカー大神マリナフェニックススティンガーに破壊されてしまい、更にその後、修理を試みようとした豪樹が機械の操作ミスを犯して完全に壊れてしまった。
その後、父・一文字正宗博士によってZ-2の設計を徹底的に見直され、土屋博士の協力もあり、新型であるVSシャーシを採用するなどの大幅な改良が行われるが、開発に際しその空力性能にボディが耐え切れない問題が浮上。それを克服する為に必要なチタンコーティングスプレーを烈矢ネロに挑んで獲得し、無事開発された。
尚、このチタンコーティングスプレーはZMCに匹敵する耐久力を誇り、後に烈矢がナックルブレイカーを改造する際にも使用している。博士曰く「形は違うが、紛れもなくZ-2」。
トレッドが狭くなり、ホイールベースも短くなった為空気抵抗が大幅に減少し、ストレートの伸びやコーナーの旋回性も上がったが、新型である事もあり豪樹自身がポテンシャルを引き出せておらず、リョウのライジングトリガーに連敗を喫する。
その後、ライジングトリガーと自身のマシンの走りの違いをヒントにし、それまでは「風を切り裂いて走る」だったが、「風になる」をコンセプトに変更し、強力なダウンフォースを発生させ荒削りな走りを克服した。
ブレイジングマックスという名は元々付いていたが、完成当初豪樹はそのまま「マックスブレイカー」と呼んでおり、次話から「ブレイジングマックス」と呼ぶようになった。
ちなみにホイールの色が緑である。(キットでは黄色)

関連イラスト

HAPPY BIRTHDAY GOUKI 2018



別名・表記ゆれ

マックスブレイカー-前マシン

関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX 一文字豪樹 ナックルブレイカー

この記事のカテゴリ

タミヤ ミニ四駆

pixivに投稿された作品 pixivで「ブレイジングマックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100

コメント