ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

一文字正宗

いちもんじまさむね

一文字正宗とは、こしたてつひろ作『爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX』に登場する技術者の一人。 なお、名前の漢字は「政」宗とも表記される。
目次 [非表示]

「【マシンにとって喜び】とは、そのポテンシャルを最大限に発揮して 最高の走りをする事だ。だが、マシンは自分ひとりで走る事は出来ない。良いパートナーと巡り会えるかどうか…、それ次第だ。」



CV:中村秀利


概要

ボルゾイスクールの教官も兼任している技術者で豪樹と烈矢の父。Zナンバーズの生みの親。

家族構成は妻、長男:一文字豪樹、次男:一文字烈矢の四人構成。

バンダナを取った豪樹の容姿は正宗の面影をよく引き継いでいる。


名前の漢字は「政」宗とも表記される。


原作

有名な技術者らしく、土屋博士も名前を知っていた。

息子達が幼い頃からボルゾイスクールに属し、自らが発見した「MGストーン」をミニ四駆の技術に生かそうと考えていたが、あまりの強大なパワーに導入を断念しようとしていた。しかしMGストーンのパワーに取り憑かれたプロフェッサー・ボルゾイに脅される形で無理矢理研究を続けさせられ、ボルゾイスクールの方針も次第に過激な方向に変わっていくこととなる。


※過去にボルゾニックシステムを育てる一方、走る事ができなかった小型レーシングマシンを修復してしまった息子達の姿を見て『ボルゾニックシステムよりも子供達が持つ可能性にかける』という思想を固めていった。


レースの途中ボルゾイが約束を破ったことからスクールを謀反し、MGストーンの結晶コアを自ら破壊、破壊の衝撃とファントムブレードバイスイントルーダーの動作停止の隙に一文字兄弟と竜平と大吾の4人を救出、ボルゾイタワーを脱出し晴れて自由の身となった。


その後は特別編エピソードにのみ登場。海外でMGストーンの研究などをしている模様。


アニメ版

土屋博士のみでなく大神博士とも面識がある。

また、縁戚者に大前田俊夫がいる。俊夫は、GEN製作所の専務。詳細な続柄は不明だが、妻の兄弟であるため俊夫から「にいさん」と呼ばれた。


原作と違ってボルゾイから脅されているわけではなく自らボルゾイスクールの教官を担当しており、大神同様「厳しい教育でレーサーやマシンを作り上げる」という考えには肯定的な考えを持つ。善人である原作と比べて、ややマッドサイエンティストな一面がある。

教官としても厳格で「私の言葉に不服があるなら、ボルゾイスクール(ここ)から出て行け!」と生徒に言い放つ事も。


一見ではまず理解できないであろうかなり複雑な思想のキャラクターなので、以下の記述も参照。


物語中盤、愛機のシャドウブレイカーZ-3を失った烈矢のためにボルゾイに無断でタワー内に格納されていた秘蔵機を持ち出したことで「鳥かご」へと追放される。

終盤にMGストーンが宇宙の掌握やバトルマシンの開発に使われることに異論を唱え、ディオマース・ネロの開発も遅らせていたため、スクールを乗っ取ったネロ・ステラ・ボルゾイから解雇される形でボルゾイスクールを出る。

その後は、不動産屋で物件を探すも良き物件に巡り合えなかったが、義弟や源之助の協力により無事に発見。 息子達を連れて川下町内にある物件を借りて新たな生活を始めた。


人物

土屋博士大神博士以上の技術力を持っている。

製造したZナンバーズも原点となるものがない状態から設計や製造をし、彼らの師匠が生み出した材料に匹敵する硬度を持つ「チタンコーティングスプレー」なる材料を独自に製作するという驚異的な技術力を持っている。


アニメ版の彼の開発するマシンは他のマシンが入ると粉々に切り裂かれる真空チューブや目の前のマシンを粉砕するナックルバリアなど武器としても転用可能な危険な技術も有しているが、あくまでそれは走りのために取り入れた技術の副産物の域を出ない。



優しいのか冷たいのか掴みどころがない性格のアニメ版の一文字博士だが、その思想の根底にあるのは土屋博士大神博士の両者の思想の肯定がある。


土屋博士は【子供達に独立を促させるため、レーサー自身の手で育てる事ができるマシン】を生み、レーサーを中心としたマシン開発に主眼を置いていた。

一方、大神博士は【使う子供など道具に過ぎない、どんなレーサーが使っても速い完璧なマシン】を生み、マシンを中心としたマシン開発に主眼を置いていた。


そこから一文字博士が行き着いた答えとは、「使い手を考慮しない高性能なマシン」「英才教育で知識と技術を鍛え、自分の手足のように扱える優秀なレーサーに育て上げた使い手に授けた上で自立させる」という思想である。


※SGJC編を主軸に言うなら、土屋は大神が生み出したプロトセイバーJBに対し「色んな部品が犇めいていて子供達のを乗せるスペースがない」と私見を述べていたが、一文字博士の場合は「ならばマシンの性能を英才教育でレーサー達に熟知させ、そこから手を加えさせ更なる高みに昇らせて、新たにユメを乗せるスペースを作ればいい」というかなりぶっ飛んだ思想である。



大神と一文字のスパルタ教育の最大の違いは、「教え子に自立を促すか否か」にある。

第一話で豪樹をボルゾイスクールから追い出したのも「教え子が独立した思考を持ち始め機が熟した」ため。やり方が過激になってしまったのもプロフェッサー・ボルゾイの監視もあったので、それを表沙汰に出しづらかったのもあるだろう。

実際、第一回ボルゾイオープンで豪樹は自らアタックを仕掛けることもなくいきなり優勝し、単なる初心者レーサーではないことが証明されている。


以後も「英才教育で育て上げた息子達が独立した思考を持つこと」には敏感に反応している。

  • Zナンバーズの副産物を純粋に走りのために使うか、バトルマシンの武器として使うかに関しては完全に所有者の意志に委ねて静観、または助言するにとどまる立場を取る。
  • Z-ナンバーズが持つ副産物の破壊力に魅せられた大神博士に「(レーサーを道具のように扱う)貴方好みのマシンではない」と一蹴。
  • 烈矢がボルゾイスクールを出ても黙認する。なお、草薙兄弟を送ったのはボルゾイの判断である。
  • 烈矢がZ-3を失った時にはすぐに代替機を授ける。
  • Z-1の強化案を聴いた時は喜んで協力する行動を見せる。
  • Z-2の開発に関しても豪樹の強化案を聞いた上で協力し、土屋博士に頼みこんでいる(この事から社交性も備えているのがわかる)。
  • ディオマース・ネロのMGストーン搭載には最後まで反発する(おそらく、組み込んでしまえば拡張性・成長性が完全に失われ、レーサー自身が成長する事もマシンを育てる事ができなくなる事を恐れたと思われる)。

土屋博士が彼に好意的だったのは「ハードルこそ高いものの使い手である子供達にしっかり夢を乗せるスペースは残した」からだろう。


またこのスタイル故、松ひとしのことをかなり評価している。


製作品


演者について

正宗を演じる中村秀利氏は、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』シリーズでは42話で南条隼人の父を演じ、『WGP』では33話(シリーズ通算での84話)でゲストキャラクターの社長を演じた。また、ミニ四駆を題材にしたことが共通する『ダッシュ!四駆郎』では鬼堂院陣を演じたほか、同じくこしたてつひろ氏が原作の『ドッジ弾平』では東審判長を演じていた。


関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX

一文字豪樹 一文字烈矢 ナックルブレイカー マックスブレイカー シャドウブレイカーZ-3


星馬改造 - 『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のもとの主人公である星馬兄弟星馬烈星馬豪)の父親。改造を演じた宇垣秀成氏は、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』シリーズでは『MAX』にも39話(シリーズ通算だと141話)にて川下模型店店長役で出演した。

関連記事

親記事

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX ばくそうきょうだいれっつえんどごーまっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20939

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました