ピクシブ百科事典

シャドウブレイカーZ-3

しゃどうぶれいかーずぃーすりー

シャドウブレイカーZ-3とは、「爆走兄弟レッツ&ゴー!! MAX」に登場するマシンである。
目次[非表示]

概要

Zナンバーズの三番機で、所有者は一文字烈矢。 が所有するマックスブレイカーと同様ストレートコースに強いため、前作のように対を成す存在ではなく、ライバルマシンのようなポジションにいる。カラーリングもこちらの方が近い。

普段は「Z-3(ズィースリー)」と呼ばれている。

烈矢と歩んだ戦の歴史



バトルマシンとしての活躍が多く、プラズマ発生器を用いた【プラズマジェット】と呼ばれるアタックを仕掛けることが可能。(これを用いて「100台抜き」と呼ばれる記録を叩きだした。
しかしアニメでは、後に烈矢の姿を見て段々バトルから離れた(やられたらやり返す感じだが)。


ボルゾイオープンと呼ばれる試合で、大神マリナが駆るファイヤースティンガーに敗北。


草薙漸ファントムブレードとのバトルレースで大破。 後に強化され、プラズマをチャージして「スーパーノヴァアタック」なる技を生み出した。このプラズマとマックスブレイカーのエアロバリアを組み合わせた合体技も存在する。
九州で開催されたGJCサマーレースに挑む。



立体物


スーパーXシャーシが採用された製品として販売。 

ボディはブラックメッキ、シルバーメッキボディが限定で販売された。

































【これより先、本機が辿った末路が記されているため 閲覧には注意されたし】
























最期


【原作】
決死の攻撃をかわされ、コースに仕込まれたドリルの餌食となってしまった。


【アニメ版】
限界が来ていていつ壊れるかわからない状態だった。なので草薙陣バイスイントルーダーと漸のファントムブレードを道連れにしようと決死のスーパーノヴァアタックを仕掛ける。しかし、合体していた2台は(ほぼ陣が強制的に)合体を解除し、ファントムブレードと宙を舞う。そこでファントムブレードによって横に真っ二つにされてしまい、後半身はキャッチに失敗し火山口に落ちて溶岩の中に消えてしまい前半身のみ残ってしまった。
なんとなく先輩2人マシン2台カラーリングが近いマシンの死を彷彿させる。

この事が、烈矢に【ミニ四レーサーの引退】を考えさせた



三男は、長男と共に走り出す


関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX 一文字烈矢 ミニ四駆
ナックルブレイカー-後継機なのだが、正確にはこちらの方が早くに誕生している

pixivに投稿された作品 pixivで「シャドウブレイカーZ-3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25

コメント