ピクシブ百科事典

ファイヤースティンガー

ふぁいやーすてぃんがー

ファイヤースティンガーとは、「爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX」に登場するマシンである。
目次[非表示]

概要

所有者は大神マリナ
レイスティンガーをベースにしているが、所有者曰くが作った最高のマシン』
車体に火炎放射器が内臓されており、時には加速装置として、時にはマシン破壊用装置として機能する。必殺技は不死鳥のような炎を纏う「フレイムバード」。

レイスティンガーと違い、レーザー誘導装置はないが音声認証式起動装置が組み込まれており、
マリナの音声により火炎放射器を任意で発動できる。

マリナと歩んだ戦の歴史

豪樹のマックスブレイカーと工事現場跡にてレース。火炎放射器による加速を披露し、それによる攻撃でマックスブレイカーを焼き払おうとしたがレース中にZ-3が乱入したため、一位を逃した。

第一回ボルゾイレースでは序盤から中盤にかけて宿敵のZ-3とレースの1位を巡って炎と電気の打ち合いを繰り広げる(※この作品はあくまでミニ四駆アニメです)。そこで必殺技フレイムバードを発動しZ-3のプラズマを打ち負かし、相手をプラズマの撃ちすぎによるタイヤのバーストで自滅に追い込んだ。しかし、1位がボルゾイスクールのレーサーではないと自らの顔に泥を塗ってしまうと判断したプロフェッサー・ボルゾイにより急遽海上に追加コースを増設。ミニバトルマシンやフェンスの電撃による妨害を受けてボルゾイスクールのレーサー真嶋左京に首位を奪われた挙げ句、ボルゾイ・ラキエータのメテオバーニアを受けてマシンは破壊されリタイアとなった。

回を重ねていくごとに、所有者がバトルレースから退いていきクリーンファイターとなっていったため、火炎放射器は専ら、加速装置としての役割が大きくなっていった。

開発者からグレードアップ機を渡されたため、以後出番がなくなった。

立体物

スーパーTZシャーシが採用されたフルカウルミニ四駆として販売。(レイスティンガーはスーパー1シャーシが採用されている)
ただし、アニメ版のデザインとは意外と異なる部分が多い。最大の相違点であるフロントテールのストロー状ノズルがなくレイスティンガーそのままだったりボディ側面の火炎放射発射口が再現されていなかったりとベース機の金型の一部をいじっただけとしか思えない残念仕様となってしまっている。

如何にして新型シャーシを手に入れたのか?

原作には登場していないので、アニメ版で推測するとあるレーサーが、父の研究所でマシンを製造する時に使用した【シャーシ製造機】にその記録が残っていたものかと思われる。

関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX 大神マリナ ミニ四駆

マグナムセイバー:赤と青のファイアパターンが施されたマシン

関連記事

親記事

大神マリナ おおがみまりな

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイヤースティンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 877

コメント