ピクシブ百科事典

爆走兄弟レッツ&ゴー!!

ばくそうきょうだいれっつえんどごー

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』とは、こしたてつひろの漫画、およびそれを原作とするメディアミックスである。なお原作は「月刊コロコロコミック」で1994年6月号から1999年10月号まで連載された。全13巻。
目次[非表示]

概要

ミニ四駆を題材にした作品で、アニメ、映画、ゲーム、CD、トレーディングカード、シールなど様々なメディアミックスを展開した。
略称は「レッツゴー」「レツゴー」「レツゴ」などがあり、時折、作品名の読みを「レッツ 'アンド' ゴー!!」とされる事があるが、「レッツ 'エンド' ゴー!!」なので注意。

ストーリーは3期わたり、第1~第2シリーズまでは星馬兄弟が主人公。第3シリーズでは一文字兄弟が主人公となっている。
原作とアニメでストーリー・設定がかなり異なっているのは、アニメの展開が早々に原作に追いついてしまったため。
特にアニメではマシンがレーサーの意思に反映してカーブをしたり、武器や必殺技を出すシーンが数多く見受けられるが、無印編は理系顔負けのカスタマイズや機械仕掛け化、コースの地形を利用する事で実現し、WGP編ではGPチップと呼ばれる人工知能でマシンが自在に動く根拠とされた。しかしMAX編ではかなり演出重視になっており、特別な根拠もなくマシンが自由自在に動くシーンが多く描かれている。

ストーリー

爆走兄弟レッツ&ゴー!!(無印編)

星馬烈と弟星馬豪星馬兄弟(レツゴー兄弟)は、性格は正反対だが三度の飯よりもミニ四駆が大好き。
ミニ四駆開発者である土屋博士はミニ四駆の可能性を試すため、彼らに新型ミニ四駆であるフルカウルミニ四駆第1弾セイバーをそれぞれに与え、星馬烈はコーナリング重視のソニックセイバー星馬豪は直線重視のマグナムセイバーへと進化させ、そのマシンでGJCウィンターレースに出場した2人は、アクシデントで失格となるものの、一躍有名となったのである。
当時の実際の公式レースでは出場資格は小学生~中学生までだったが、レッツ&ゴーの過去の世界は中学生は公式戦に出場出来ず、アニメ版の子供時代のファイター(杉山闘士)がそれに直面し、苦悩する場面がある。

爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP(WGP編)

第一回ミニ四駆世界グランプリが日本で開催されることになり、全世界の猛者達と戦う物語。詳細は『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』を参照。
劇場版「暴走ミニ四駆大追跡!」も公開された。
世界グランプリのファイナルステージは箱根駅伝がモデル。また、走る場所は実際にロケハンが行われた。大まかにはスタートのGPXドームは東扇島、ゴールの富士の子サーキットは富士スピードウェイ

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX(MAX編)

主人公を交代したシリーズで、前作の主人公達が第二回ミニ四駆世界グランプリ開催地であるアメリカへ旅立つ時期から物語が始まる。
劇中のアメリカのようにバトルマシンによるレースが活発であり、BGMやエンディングテーマもどこかしら西部劇を思わせる楽曲が多いのが特徴。詳細は『爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX』を参照。

爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!

コロコロアニキ』で連載している原作漫画の続編。主に3つの話の軸で描かれており、

  • 原作のストーリーの間、もしくは最終回より少し後の物語(小学生編)
  • 数年後の中学生時代の話(中学生編)
  • 数十年後の大人時代の話(大人編)

で展開されている。
原作の続編であるため、Jが敬語常用、沖田カイが黒髪である(なお、2018年夏号の付録のクリアしおりでは金髪)。しかし中学生のチイコがお嬢様口調常用、超青春ドラマCDでは登場人物がアニメ版準拠の性格である他、烈の一人称に「俺」が含まれている、チイコが豪を「さん」付けで呼ぶなど、アニメの要素を意識した部分も見受けられる。
また中学生編以降では烈の一人称が「僕」に統一され(原作のみ)、中学生になったチイコには「さん」付けで呼んでいる、豪とカイ(ドラマCDより)がチイコを、藤吉ジュンを、ジュンが豪を異性として意識するようになる、チイコの過激な言動が成りを潜めるなど、登場人物の精神的成長を感じられる場面もいくつかある。
なお大人編の時系列は小学生編から20年後とされていたが、3話以降は15年後に改められている。中学生編の時系列は豪と藤吉、ジュンが中学二年生、烈とJが中学三年生であるため、小学生編から4年後である。

『Return Racers!!』における原作・現実との相違点

なお、『爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!』では原作・現実の時間軸と設定に相違点が見られる(しかし大方は説明できなくもない事は留意したい)。

  • 1話で翼とジュンが勝負したが、原作のジュンはミニ四駆をしていない。アニメの設定が逆輸入されたのかもしれないが。
  • 2話で星馬兄弟のラストレースが描かれるも、この時豪のマシンはビートマグナムで、烈はブラストソニックをバスターソニックの後継として作っていた。ライトニングマグナムやバイソンマグナム、ブリッツァーソニック、ロデオソニックには劇中一切触れられていないが、引退マシンとしてプライベート用に残した可能性も否定できない。
  • 5話で鷹羽リョウ鷹羽二郎丸の母親が登場したが、単行本8巻で「母親は死んだ」と二郎丸が明かしている。このエピソードの後で死んだ、生みの親と育ての親が違うなど推測はあるが、詳しくは不明。
  • また、トライダガーXに毛皮を装着させたトライダガーWXが登場しているが、原作・アニメ共にビークスパイダーにトライダガーXは破壊されている。リョウの発言から大人時代でもトライダガーWXは現存するようで、土屋博士に2代目のトライダガーXを作ってもらったのかもしれない。
  • 8話で大神博士の子供が大神マリナではなく大神陽人が登場。年齢的には双子の姉弟または兄妹の可能性も皆無では無く、マリナ自体アニメオリジナルキャラクターなのは留意したい。
  • チイコは年齢不詳だったが、中学生編では中学一年生に設定されているため、豪や藤吉、ジュンより1歳年下及び烈やJより2歳年下である。
  • 中学生編で実況をしているのはファイターではなくMCガッツだが、現実世界のファイターが引退したのは2007年。現在のレースの事を考えて置き換えたか、もしくはレッツ&ゴー世界のファイターはもっと前に引退したのかもしれない。
  • 中学生編は小学生編から15年後の大人編から遡ると時系列上2000年代前半~半ば程だが、土屋博士がスマホらしき端末を使っている。しかし通信できるスマホは90年代末に海外で発売されており、それをモデルにしたか、博士が独自に開発した端末の可能性もある。
  • 中学生編にて、ロッソストラーダに破壊されたサイクロンマグナムがARシャーシで再登場。メタ的には応募者全員サービスの限定サイクロンマグナムを登場させるためだろうが、豪の発言から察するにレプリカとして残していたのかもしれない。
  • 14話(中学生編)にて、ジョーがリョウに好意を寄せているようなシーンがあるが、原作ではリョウとジョーの絡みは無い。こちらもアニメの設定が逆輸入されたのかもしれない。
  • ブレットはマサチューセッツ工科大学を飛び級で入学し首席で卒業しており、ジョーは本来なら中学3年生になるが超青春ドラマCD第2弾では両者共高校生に設定されている。なお、ブレットは大学を卒業して数年後、ジョーは飛び級などで高校に進学した可能性も皆無ではない。

レッツ&ゴー!! 翼ネクストレーサーズ伝

『Return Racers!!』に登場したを主人公にしたスピンオフ作品で、『コロコロイチバン!』で連載中。
こちらは一般発売されたマシン、パーツが多く登場しており、大人になった原作の登場人物も少しだけ登場している。

声優について

  • 池澤春菜の初主演作であり、数少ない男の子役(ただし、彼女はジュンでオーディションを受けていたが、とあることがあり、豪になった)。MAX編では女の子役も務めたが。
  • 森久保祥太郎櫻井孝宏にとってはデビュー作。ただし、森久保祥太郎が演じているミニ四ファイター役に関してはスタッフが彼のセリフが多いのを知らず、もし知っていたらこのキャスティングにしなかったとのこと。なお櫻井孝宏のデビューはWGPのワルデガルドではなく、正確には無印の競技長だったりする。
  • 声優1人につき数キャラ演じていることが多く、3シリーズすべて含めると一番多いのが今井由香(計6役)。
  • 何人かの声優は先にアニメ化されたミニ四駆漫画、『ダッシュ!四駆郎』にも出演している。また、『ポケットモンスターサン&ムーン』にてこの作品さらには『四駆郎』のパロディと思われる回が2017年本放送のものに存在し、ムサシコジロウ星馬兄弟のような格好をしていた。アニメ版ポケットモンスターが放送を開始したのはWGP編が放送されていた1997年であり、コジロウを演じる三木眞一郎は本作のWGP編にてエーリッヒ・クレーメンス・ルーデンドルフを演じている。


pivivにおいて

キャライラストが大半だがマシンのみの画像も存在する。
カップリングはBLが大半でNLはあまり見かけなかったが、『Return Racers!!』が連載開始されて以降は若干増えつつある傾向にある。

登場人物

※原作では女性キャラの比率が少ないのでアニメオリジナルの女性が増やされた(それでも男の比率が高い)。なお世界グランプリの出場選手は一部を除いてほとんどはアニメオリジナル。

グランプリレーサー(爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP

TRFビクトリーズ
星馬烈(CV:渕崎ゆり子
星馬豪(CV:池澤春菜
鷹羽リョウ(CV:高乃麗
三国藤吉(CV:神代知衣
J(CV:渡辺久美子

NAアストロレンジャーズ
ブレット・アスティアブレット(爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP))(CV:伊藤健太郎
エッジ・ブレイズ(CV:伊崎寿克
ジョセフィーヌ・グッドウィンジョー(爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP))(CV:矢島晶子
マイケル・ミラー(CV:菊池英博
ハマー・デーヴィッド・グラント(CV:鈴木琢磨

アイゼンヴォルフ
ミハエル・フリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッカーミハエル(爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP))(CV:安達忍
シュミット・ファンデルハウゼン・フォン・シューマッハシュミット(爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP))(CV:石田彰
エーリッヒ・クレーメンス・ルーデンドルフエーリッヒ(爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP))(CV:三木眞一郎
アドルフ・ホルト(CV:伊藤健太郎
カール・ヘスラー(CV:吉野裕行

ロッソストラーダ
カルロ・セレーニカルロ(爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP))(CV:結城比呂
ルキノ・パルナーバ(CV:上田祐司
ジュリオ・ディ・アンジェロ(CV:吉野裕行
リオーネ・マッツィーニ(CV:櫻井孝宏
マウリーツィオ・ゾーラ(CV:柴本浩行

CCPシルバーフォックス
ユーリ・オリシェフスカヤ(CV:今井由香
セルゲイ・ミハイロビッチ・マレンコフ(CV:山崎依里奈
アレクセイ・デミトリビッチ・ファディエ(CV:西村ちなみ
ウラジミール・イワノビッチ・コーチン(CV:東久仁彦川島得愛
アントン・ワジレビッチ・ロジコフ(CV:酒井哲也

サバンナソルジャーズ
ジュリアナ・ヴィクトール(CV:兵藤まこ
サリマ(CV:木藤聡子
ヴィッキー(CV:大谷育江
ミシェル(CV:渡辺久美子
クレモンティーヌ(CV:今井由香

小四駆走行団光蠍
シェン・ホワァン(CV:陶山章央
トン・ウェン・リー(CV:渡辺菜生子
ナン・シメイ何子明)(CV:小田木美恵
サイ・ブンキ蔡文姫)(作中での愛称「ポン」)(CV:豊島まさみ
サイ・ブンエン蔡文遠)(作中での愛称「リーチ」)(CV:豊島まさみ

オーディンズ
ニエミネン・スノオトローサ(CV:芝原チヤコ
ワルデガルド・ダーナラ(CV:櫻井孝宏
ジャネット・ストゥルソン(CV:渡辺久美子
マルガレータ・イーレ(CV:大谷育江
ヴィルヘルム・ヨハンソン(CV:森久保祥太郎

ARブーメランズ
ジム・アレキサンダー(CV:宮崎一成
シナモン・ルーサー(CV:小谷朋子
ギルバート・バーニー(CV:喜田あゆみ
ウィリアム・アルヴァレズ(CV:中原茂
アルベール・ローラン(CV:永野広一

クールカリビアンズ
ピコ・パルティア(CV:岩永哲哉
リタ・シドニア(CV:今井由香
タム・ビセンテ(CV:芝原チヤコ
パトリシア・メイヨ(CV:高乃麗
モンティー・バリオス(CV:鈴木琢磨

GJC参加レーサー

鷹羽二郎丸(CV:大谷育江
黒沢太(CV:陶山章央
こひろまこと(CV:くまいもとこ
佐上ジュン(CV:西村ちなみ
三国チイコ(CV:矢島晶子
R(CV:安藤ありさ

大神軍団
沖田カイ(CV:今井由香
近藤ゲン(CV:喜田あゆみ
土方レイ(CV:木藤聡子
大神博士(CV:大友龍三郎

その他

土屋博士(CV:江原正士
岡田鉄心(CV:椎橋重
ミニ四ファイター杉山闘士)(CV:森久保祥太郎
柳たまみ(CV:勝生真沙子
佐上保(CV:宇垣秀成
水沢彦佐(CV:永野広一
原・J・マキ(CV:勝生真沙子
三国菊乃丞(CV:玄田哲章
星馬改造(CV:宇垣秀成
星馬良江(CV:安達忍
南条隼人(CV:折笠愛

※土屋博士とミニ四ファイターは実在人物がモデル。うち、土屋博士のモデルは2012年に他界した。

劇場版

リオン・クスコ(CV:今井由香

爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX

一文字豪樹(CV:渡辺久美子
一文字烈矢(CV:日高のり子
一文字正宗(CV:中村秀利
大神マリナ(CV:池澤春菜
新井ミナミ(CV:渕崎ゆり子
堂本サユリ / ファイターレディ(CV:今井由香
プロフェッサー・ボルゾイ(CV:宝亀克寿
草薙陣(CV:星野佐登美
草薙漸(CV:浅川悠
ネロ・ステラ・ボルゾイ(CV:大本眞基子
服部竜平(CV:野田順子
松ひとし(CV:上田祐司

爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!、レッツ&ゴー!! 翼ネクストレーサーズ伝

星馬翼(CV:徳井青空※WEBラジオ版)
大地駿
大神陽人

登場マシン

pixivに記事のあるものをピックアップ。フルカウルミニ四駆の記事も参照。

マグナム系


ソニック系

トライダガー系

スピン系

プロトセイバー系

Zナンバーズ

その他-無印編

その他-WGP編

その他-MAX編

劇場版

爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!

主題歌

オープニングテーマ


エンディングテーマ

  • 「ヨ! ブラザー」 歌:ブギー・マン
  • 「傷つくこともできない」 歌:梶谷美由紀
  • 「恋のターゲット・ボーイ」 歌:THE PINK HOPS
  • 「夢の涯てまでも」 歌:PERSONZ
  • 「Grow up Potential 〜夢に向かって〜」 歌:GANASIA
  • 「Tune-up Generation」 歌:松宮麻衣子
  • 「We are the VICTORYS」 歌:ザ・ビクトリーズ(渕崎ゆり子、池澤春菜、高乃麗、神代知衣、渡辺久美子)
  • 「今夜はイブ!」 歌:レッツゴーBOYS & GIRLS(渕崎ゆり子、池澤春菜、高乃麗、神代知衣、渡辺久美子、大谷育江、西村ちなみ、矢島晶子)
  • 「MY NAME IS カーボーイ」 歌:影山ヒロノブ with KIDS MAX
  • 「僕らのFREEDOM」 歌:佐藤有香


ドラマCD

  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!!GIRL〜レディース・グランプリ開幕!!〜
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!!超青春ドラマCD
  • 爆走兄弟レッツ&ゴー!!超青春ドラマCD第2弾(予定)


各話リスト

各シリーズ51話で構成されている

無印

話数サブタイトル
1ミニ四駆兄弟登場 走れセイバー!
2ウインターレース 波乱の決勝戦!!
3謎のフルカウルマシン!
4嵐の兄弟対決!爆走ダウンヒルレース!
5再対決!トライダガーX 地下水路の戦い!
6危うしマグナム!稲妻走りの新マシン!!
7激突!コーナー勝負 ソニックセイバーVSスピンアックス
8かっ飛べマグナム!スプリングレースをめざせ!
9強敵大集合!火花を散らすスプリングレース
10必殺マグナムトルネード!
11烈の危機!残されたチャンス
12豪の挑戦!マグナムを取り戻せ!!
136人目のフルカウルレーサー
14脅威の最強マシン 大神博士の野望!
15ギャングと対決!ご先祖様を守れ!!
16火山口の死闘!セイバー絶体絶命!
17Vマシン誕生!勝利の明日に賭けろ
18走れVマシン!危険がいっぱい遊園地レース
19強敵JBを倒せ!!友情のVパワー
20消えたマシン トライダガーX!
21チイコ大旋風 対決!星馬兄弟
22帰ってきたあいつ 恐怖の切り裂きマシン!
23缶詰工場の決闘!新たなる旅立ち
24スピンコブラ発進!ニューマシン開発指令
25サマーレース開催 ミニ四駆の熱い夏!
26傷だらけのゴール!涙のトライダガー
27炎のニューマシン よみがえれトライダガー
28焼結!驚異のZMC 鷹羽リョウ完全復活
29激流パニック!ミニ四駆救助隊
30海だ!サルだ!チームワークで大勝負
31ブロッケンG登場!破壊の重量級マシン
32ゆうれいと対決!学校七不思議レース!!
33砂嵐の戦い!ルール無用の大神レース
34キャンプで決戦!追いつめられたJ
35敵はVマシン!レッツゴー奪回作戦
36幻のスコーピオン 伝説のミニ四駆
37レイスティンガー!大神の切り札!
38復活!マグナム その名はサイクロン
39サイクロン上陸!俺は天才デザイナー
40白熱のオータムレース
41対立!Jと豪 危うしサイクロン
42ミニ四師匠 豪!?秋祭りレース開催
43王子様とレース!ジュン愛逃避行
44マグナム絶好調!烈のあせり
45烈の裏切り!?ソニックVSマグナム
46復活のJ!プロトセイバーEVO
47火花散るラストチャンス!
48SGJC開幕!!波乱のスタート!
49レッツゴー大苦戦!爆進!破壊軍団
50大激戦!雪山レース過酷な第2グラウンド
51栄光の表彰台!!勝利のミニ四駆


WGP

話数(通算話数)サブタイトル
1(52)ミニ四駆新時代 めざせ世界グランプリ!
2(53)TRFビクトリーズ誕生!WGP日本開幕!
3(54)GPマシン完成!リーダーはだれ?
4(55)驚異のチームプレー!氷原から来た銀狐
5(56)打倒!バックブレーダー 猛特訓を乗り切れ
6(57)激走!GPクロス 4位をねらえ!
7(58)ビクトリーズの危機!新監督たまみ先生?!
8(59)番外対決 豪VSエッジ
9(60)謎の覆面レーサー 俺達カッ飛びブッちぎり
10(61)二郎丸参戦!アストロドームの戦い
11(62)秘密兵器!衝撃!!パワーブースター
12(63)春夏秋冬全開バトル 北国のリーダー
13(64)ジャングルを切り裂け!蘇るキラーマシン!!
14(65)伝説のマシンを持った変な奴
15(66)ビクトリーズVS光蠍 シャイニングスコーピオン参上!
16(67)帰ってきた王者 輝け!グレートジャパンカップ
17(68)嵐の中の大作戦!ニューモーターに賭けろ!
18(69)子供の日大レース GPレーサー大集合
19(70)勝て!恐怖のデスマッチ ディオスパーダVSサイクロンマグナム
20(71)リズムに乗って突っ走れ!あつい国から来たレーサー
21(72)燃えろ藤吉!スピンコブラの逆襲
22(73)決めるぜ、日本一!商店街で大レース!!
23(74)先手必勝!スタート勝負!?
24(75)選手は誰だ?開催!ドリームチャンスレース
25(76)ライバル勢ぞろい 白熱!ドリームチャンスレース
26(77)ゴール前の大逆転 決着!ドリームチャンスレース
27(78)紅の閃光!ロッソストラーダの魔手!!
28(79)スリーリレーバトル!打倒!ディオスパーダ
29(80)奴がリーダー?姿を見せた強敵!
30(81)復活のレーサー
31(82)決死のミニ四サバイバル!
32(83)真夏の悪夢!でた!おばけ合宿
33(84)ミニ四駆親子レース 速さの秘密はお父さん?
34(85)ビクトリーズ壊滅!!死闘タワーサーキット!
35(86)誕生!友情のニューマシン!!
36(87)五ヶ国対抗選抜レース!激走!ビートマグナム
37(88)荒馬たちの挽歌
38(89)めざせ大逆転 絶対不利をはね返せ!
39(90)天才との対決!でるか必殺技
40(91)バックブレーダーの厚い壁
41(92)リーダーの責任
42(93)走れ!ダブルスピン
43(94)邪悪な走行!EVOが変わる時
44(95)よみがえれ烈!
45(96)めざせ決勝戦!フリーフォーメーションで突っ走れ!
46(97)ファイナルステージスタート!
47(98)湾岸コースをぶっとばせ!
48(99)波乱の第2ステージ!!
49(100)勝者の条件!
50(101)世界一へスタート
51(102)栄光のゴールをめざして


MAX

話数(通算話数)サブタイトル
1(103)おれは豪樹だ!
2(104)勝負だぜ、ビクトリーズ!!
3(105)嵐を呼ぶ兄弟対決
4(106)謎の少女レーサー
5(107)ボルゾイスクールの掟
6(108)進め町内防衛隊!
7(109)炎の激闘!GJCの熱い冬!!
8(110)二台のマシンを使うすごい奴!!
9(111)100対1の戦い!
10(112)脅威のロケットマシン!
11(113)秘められた力
12(114)最悪のスタート!ボルゾイオープン開幕!!
13(115)消えるマシン!
14(116)果てしなきゴール!ボルゾイオープン決着!!
15(117)烈矢の挑戦!
16(118)川下町デンジャラスレース!
17(119)左京からの挑戦状
18(120)セントー!?ショーブ!お風呂レースの熱き戦い!!
19(121)見えない敵
20(122)敵は忍者!?
21(123)忍者の正体!
22(124)最強のパートナー 怒りの炎雷攻撃!!
23(125)驚異の合体技!!2対2の激闘!!
24(126)地獄の底から来たレーサー
25(127)実況はまかせて!ファイターレディ見参
26(128)プラズマ封印
27(129)サマーレースだ南に走れ!!
28(130)四人目のレーサー
29(131)GJC大予選
30(132)オレたちの走り
31(133)GJCサマー開催
32(134)レースジャック!!
33(135)死闘の果ての勝者
34(136)オレの相棒
35(137)烈矢の新マシン!ナックルブレイカー
36(138)USAチャンプ上陸!!
37(139)空母強襲!ナックルストーム
38(140)一文字兄弟の秘密!!
39(141)再戦!サマーレース
40(142)ミニ四駆の悪魔 ネロ・ステラ・ボルゾイ
41(143)マリナ 父との再会
42(144)悪夢の対戦
43(145)史上最強の新マシン ディオマース・ネロ
44(146)完成!新マックス 豪樹VSリョウ
45(147)勝者なきオータムレース
46(148)強豪集結 M1開幕
47(149)1対1
48(150)決戦のグリーンシグナル
49(151)悲しき追撃
50(152)史上最大のレース
51(153)ゴール!!


ゲーム


webラジオ

レッツ&ゴー!!情報局 Radio Racers!!のタイトルで、2015年5月26日よりHiBiKi Radio Stationにて隔週火曜日に配信されていた。全50回。
パーソナリティは森久保祥太郎(星馬豪役)、徳井青空(翼役)

関連イラスト

うぃーあーざ・ビクトリーズ
ばくそうきょうだい



関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! レッツゴー ミニ四駆
爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP
レツゴ50users入り レツゴ100users入り

pixivに投稿された作品 pixivで「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2426072

コメント