ピクシブ百科事典

南進駆郎

みなみしんくろう

徳田ザウルス作『ダッシュ!四駆郎』に登場するミニ四レーサーの一人。
目次[非表示]

『南 進駆郎の【本物の闘い】を見せてやるぞ!』

CV:関俊彦

概要


海岸沿いの屋敷に住む金持ちの少年。家族構成は父と義母の三人構成であるが 現在は海岸沿いの屋敷で執事の安西と二人で生活を送っている。

 ミニ四駆界の頂点に立つことを望んで一人孤独の道を歩み、四駆郎との最初の試合では『野良レースは、レギュレーションがない。 (レギュレーション違反になろうと)勝利する事に意味がある!』と豪語していた。 しかし、四駆郎と交流の中で友情に目覚め、ダッシュ軍団に参加する。
メインマシンは最高速度重視の「ダッシュ3号・流星(シューティング・スター)」。
パンクローとは唯一無二の親友で、勝負の場に彼がいないと心配で調子を崩すほど。

改造の技術も高く、レース中にスタビライザー・ポールをマチ針から即興で発明したりと頭の回転がよい。


ダッシュ!進駆郎

進駆郎は、自身が生まれてまもなく両親が離婚し母と姉「風子」の3人でアパートで暮らしていた。
生活は決して裕福ではなかったが、心身共に健康的で温かみの溢れる家庭環境、三人で囲む食卓と母の美味しい手料理は、進駆郎の精神を豊かにしていき『何時までも、三人で仲良く幸せに生活できたらいいなぁ・・・』と想いを胸に抱いていた。

季節は廻り春が訪れたある日の事、再婚した父が『会社の跡継ぎとする』と南家に引き取られることとなった。
あまりにも唐突過ぎる出来事に嫌も応もなく、母から『貴方は、お父さんの家に行くのよ!』と告げられてしまい南家に向かうことになった。  ※母も姉も進駆郎を引き取られていく姿を涙をこらえながら、愛する我が子・愛する弟を黙って見送ることしかできなかった。


母からは『父は死んだ』と教わっていたのだが、真実は【父が仕事人間だったため、母と姉は精神的に辛い日々を送らされていた】ことが原因で離婚した事が明らかになった。


以後、南家の人間として生活をすることになったのだが・・・父には懐くこともなく、義母からは『食事の作法も守れないなんて! 貧乏が染みついてるわ!』と礼儀作法を始めとしたもので嫌われてしまった。 これらの経緯で海岸沿いの屋敷を宛がわれ、そこで執事の安西と生活することになった。 そして、進駆郎は『もう、ここ以外に居場所はない。 大好きな母さんにも居場所を追い出されたのだから・・・』と精神的に大きな傷を負ってしまった。

その日の夜、屋敷の中に泥棒が入りこみ一時は大変なことになった。泥棒を捕まえようとするが、逆にコブラツイストを仕掛けられてしまい逃げられてしまった。 (泥棒は、貯金箱だけを持って行っただけで他に盗んだものはなかった。)

明くる日、屋敷を抜け出して車を駆り母と姉が住んでいるアパートに赴く。(車は、樹木に激突してしまった)
病に伏せてしまった母から姉が家出をしてしまっていることを聴き、街中を隅々まで捜索していき目撃した場所は意外と自宅近くの場所で辿りついた先は、ガレージだった。

最初は、暴走族にでも所属しているのかと思ったが、姉はレースチームメンバーとして参加していたことを明らかにした。 昨晩、泥棒に入ったのもオーストラリアで開催される「サザンクロス・カントリーラリー」への出場するためのマシンを完成させてスポンサーを得たいが為だった。


母が病に伏していることを教えるのだが、風子から『金持ちに私達の目標(ゆめ)なんてわかりっこない!』とモンキースパナを額に投げつけられ、負傷してしまう。

風子から避けなかった事と傷について一度は心配されるが、『こんな【小さな傷】は、心配ができて・・・何で!!病気の母さんの心配ができないんだ!! 家に帰ってよ、姉ちゃん!!』と大激怒。
怒りと哀しみの感情が入り混じったその形相を観た姉は、帰宅し母の看病をしていった。

そして、母が自分を南家に向かわせた理由が【進駆郎の将来の幸せ】を考えての苦しい決断だった事を知ると

『会社の跡を継ぐよ。その代わりに、姉さんのレースチームのスポンサーになって欲しい。』と父に頼み込んだ。 額の傷は、父が多額の費用をつぎ込んだ手術で無事に消えたが、精神が燃えるとき南十字星のように現れるらしい。

母も病から無事に回復しレースチームのマネージャーとして参加、姉達と共にオーストラリアへ出発したが行方は知らぬままだという。 その事を知った進駆郎の内には【サザンクロス・カントリーレースに挑戦する】という新たな目標が宿っていたのであった・・・

なお、姉が盗んだ貯金箱は現在でも大切に使用しているとのこと。


未完の必殺技として「サザンクロスエクスプレス」がある(本人曰く「言ってみたかっただけ」のようだが、極めたいという願望もある)。



歴代マシン

アニメでは未登場。単5電池4本という特殊な改造もしていた(ただし、本来はレギュレーション違反)。他には「プロペラシャフトの中間にカウンターギアを入れてシャフト回転に伴うジャンプ時の車体の捻れを相殺する」など。

メインマシン。高速重視。
※このマシンは一般公募のデザインコンテストで優秀賞を取ったデザインを元にブラッシュアップされて誕生した。そしてそのデザインを生み出したのは、のちに続編『ハイパーダッシュ!四駆郎』を執筆することになる、当時中学生だった武井宏之氏であった。

真・ダッシュ!四駆郎に登場。

  • ハイパーダッシュ3号 シューティングプラウドスター(流星の誇り)
ハイパーダッシュ!四駆郎に登場。 コンテナブースターと呼ばれるオプションユニットを装着してエンペラー用の強化外骨格を届ける活躍をみせた。
実はハイパーダッシュマシンで最初に登場したのはエンペラー(ライズエンペラー)ではなく、このマシン。


関連タグ

ダッシュ!四駆郎 ミニ四駆 レーサーミニ四駆
ハルーン:シューティングスターの元になるマシンの案を送り、後に漫画家になった武井宏之氏が作った漫画であり、本作と同様にテレビ東京系列でアニメ化した『シャーマンキング』の登場人物。進駆郎と同じく関俊彦が演じている。

三国藤吉:同じくミニ四駆(ここではフルカウルミニ四駆)を題材にした作品『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』の登場人物。五人構成のチーム(アニメでは『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』と改題していた時のTRFビクトリーズ)の一人であり、裕福な家庭の御曹司であることが共通している。アニメの『四駆郎』で進駆郎を演じた関俊彦氏は『レッツ&ゴー!!』作品では映画『暴走ミニ四駆大追跡!』にてゲストキャラクターのデドゥルートを演じている。『レッツ&ゴー!!』と同じくこしたてつひろ氏の漫画を原作とするアニメ『ドッジ弾平』では二階堂大河を演じてもいる。

戸田弾九郎(アニメでの戸田弾駆郎):進駆郎のチームメイトの一人。演じた玄田哲章氏は、『レッツ&ゴー!!』作品では藤吉の父親である三国菊乃丞を演じる。

関連記事

親記事

ダッシュ軍団 だっしゅうぉーりあーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「南進駆郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3967

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました