ピクシブ百科事典

地味頁二

じみこうじ

【地味頁二】とは、徳田ザウルス作『ダッシュ!四駆郎』の登場人物「パンクロー」(メイン画像左端)の本名である。
目次[非表示]

『行こう、キャノンボール! コースを一回りして、仲間達のところへ!!!』

概要

CV:津久井教生

名前の読みが「こうじ」と「ぺいじ」の2つあるが、「ぺいじ」読みは最近になって使用された。元ネタはもちろん、レッドツェッペリンギタリストジミー・ペイジ
通称:パンクロー
南進駆郎と幼馴染の中学生。普段は、よくある気弱で軟弱なガリ勉風なのだがメイクをすると性格が変わり強気なロックギタリストのような気質になる。(このメイクにより、地元の暴走族にも顔が利いていて 暴走族で構成されたロックバンドの名ギタリストとしても名を広めている。)

マシンの早組みを得意技としていて、初登場時に行った【早組み対決】でスーパードラゴンJr.を組み上げた。

ダッシュ軍団所属時では、加速力に優れたダッシュ4号・弾丸をメインに活躍する。

ダッシュ!パンクロー


全国大会に向けて特訓に打ち込んでいたある日、路上ライブをしていたバンドグループを見かける。 一人のバンドメンバーが、「ギターを弾いてみるかい?」とサインを出した事がきっかけでギターを弾くとバンドグループのテンションが盛り上がっていきライブも盛況を向かえていた。

これを始めにパンクローは特訓が終わるとバンドグループの下へ駆けつけロックミュージシャンとしての活動も行っていくが、ライブ会場に乱入してきたキャノンボールを発見。
『パンクロー! お前が、音楽の道に進むのは止めない! だが、その前に俺とレースで勝負して勝利してからにしな!』と四駆郎に勝負を挑まれる。

しかし、バンドメンバーの一人が『よく出来たオモチャだな! 走らせるなら、余所で走らせな!』と乱暴にキャノンボールを投げ捨ててしまい、会場にやってきた客の中に消えてしまう。 回収しようと動くパンクローも身動きが取れなくなってしまい捜索を始めたのは、ライブが終了してからだった。

雨が降りしきる中、愛車を捜すのだが『あんなオモチャ、俺達の曲が売れたら二台でも三台でも買えるんだぜ?』という質問に対し 『アイツが無いと・・・・俺は仲間達の処へ帰れない!』と涙ながらに答えた。 パンクローにとっての仲間は、現在の音楽メンバーではなくレースチームであることを間接的に答えを出し再び仲間達の処に戻ったのであった。


ダッシュ軍団、パンクロー

音楽を愛するため聴覚にも優れており、全国大会での忍者ウォリアーズとの試合では その聴覚を活かし
分身走行をするマシンを音で見破った。


関連タグ

徳田ザウルス ダッシュ!四駆郎 ジミー・ペイジ

関連記事

親記事

ダッシュ軍団 だっしゅうぉーりあーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「地味頁二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 671

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました