ピクシブ百科事典

ジミー・ペイジ

じみーぺいじ

イギリスのギタリスト
目次[非表示]

概要

本名:ジェームス・パトリック・ペイジ(1944年1月9日~)
エリック・クラプトンジェフ・ベックと共に、日本では三大ギタリストと呼ばれている。
レッドツェッペリン時代は黒人ギタリストに倣ってギターを腰より低い位置で弾き、このスタイルは流行した。間奏中のテルミン演奏、ギターをヴァイオリンの弓で弾くボウイングなどのパフォーマンスでも知られる。
ギブソンレスポール・カスタムがトレードマークだが、フェンダーテレキャスターダンエレクトロ3021、ギブソン・EDS-1275、フェンダー・エレクトリックXIIなども愛用。

来歴

1944年1月9日、イングランドミドルセックス州ヘストンで、父ジェイムス・母パトリシアの間に誕生。

1957年、母親がスパニッシュ・ギターを与える。
この当時イギリスで流行したスキッフルの演奏で、TVにも出演している(youtube:Jimmy Page - 14 years old)。

1959年、友人のガールフレンドの弟、ジェフ・ベックと知り合う。
エルヴィス・プレスリーのバックを務めたスコッティ・ムーアジェイムズ・バートンに影響を受ける。

1962年、ニール・クリスチャン&ザ・クルセイダーズに参加する。

1963年、ハードなスケジュールで体調を崩しクルセイダーズを脱退。自分の後任にはベックを推したが採用されず、リッチー・ブラックモアが加入した。
画家を目指してエプソム・アート・スクールに通う。
ブルース・インコーポレイテッドアレクシス・コーナーからスカウトされるが、画家になるつもりだったので断る。

1964年、初のレコーディング参加を体験。セッション・ギタリストの依頼が殺到し、楽譜の読み書きを勉強する。
アート・スクールを中退。
ビッグ・ジム・サリヴァンの弟子となり、セッション・ギタリスト兼プロデューサーとして活躍する。ザ・フーローリング・ストーンズキンクスドノヴァン等のレコーディングを担当し、膨大なスタジオ・セッションをこなす。

1965年、ヤードバーズからエリック・クラプトンの後任ギタリストとしてスカウトされるがプロデュース業が忙しく、代わりにベックを紹介する。

1966年、ヤードバーズからポール・サミュエル・スミスの後任ベーシストとしてスカウトされ承諾。それまでベースを弾いたことが無かったので1週間ほどでベースはクリス・ドレヤに交代し、ベックとのツイン・リード体制となるが、メンバー間での確執でベックが脱退。グループの実権を握る。
ベックのソロ・シングルのレコーディング・セッションが行われ、キース・ムーンが「俺たちが今いるバンドを辞めたら、きっと鉛の気球(Lead Balloon)みたいに人気が急降下するぜ」と発言し、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のグループ名のヒントとなった。

1968年、ラトン工業大学のステージを最後にキース・レルフジム・マッカーティが脱退してアコースティックデュオを結成。
ペイジはヤードバーズの存続を図り、テリー・リードの紹介でバンド・オブ・ジョイロバート・プラント、プラントの紹介でジョン・ボーナムを採用する。
ドレヤが写真家に転進したため、アレンジャーとして活躍していた友人ジョン・ポール・ジョーンズをスカウトしてニュー・ヤードバーズを結成し、契約の残っていたスカンジナビアツアーへ行く。大いなる可能性を感じたペイジはバンド名を「レッド・ツェッペリン」に改名。

1969年、レッド・ツェッペリンのアルバム「レッド・ツェッペリンI」、「レッド・ツェッペリンII」が発売される。

1970年、レッド・ツェッペリンのアルバム「レッド・ツェッペリンIII」が発売される。

1971年、レッド・ツェッペリンのアルバム「レッド・ツェッペリンIV」が発売される。

1973年、レッド・ツェッペリンのアルバム「聖なる館」が発売される。

1975年、レッド・ツェッペリンのアルバム「フィジカル・グラフィティ」が発売される。

1976年、レッド・ツェッペリンのアルバム「プレゼンス」、「永遠の詩」が発売される。

1979年、レッド・ツェッペリンのアルバム「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」が発売される。

1980年9月24日、ボーナムが事故死。12月4日、レッド・ツェッペリンは解散。

1984年、プラントや、ベックらとハニー・ドリッパーズを結成。
ポール・ロジャースのソロ・アルバムのレコーディングをきっかけにザ・ファームを結成。

1985年、ザ・ファームのアルバム「ザ・ファーム」が発売される。

1986年、ザ・ファームのアルバム「ミーン・ビジネス」が発売される。ザ・ファーム解散。

1985年、ライヴエイドでプラント、ジョーンズと共演。

1988年、「アトランティック・レコード40周年コンサート」にレッド・ツェッペリン名義で出演(ドラマーはボーナムの息子ジェイソン・ボーナム)。

1993年、デイヴィッド・カヴァデールカヴァーデイル・ペイジを結成し、アルバム「カヴァーデイル・ペイジ」が発売される。

1994年、プラントとMTVアンプラグドで共演しペイジ・プラントを結成、アルバム「ノー・クォーター」が発売される。

1998年、ペイジ・プラントのアルバム「ウォーキング・イントゥ・クラークスデイル」が発売される。しかし、翌年プラントが活動停止を宣言。

2015年、プロモーションの為に来日。広島市を訪問し、広島市長・松井一實と会談。

関連タグ

洋楽 ヤードバーズ レッドツェッペリン

pixivに投稿された作品 pixivで「ジミー・ペイジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9052

コメント