ピクシブ百科事典

ブライアン・メイ

ぶらいあんめい

イギリスのミュージシャン・天文学者。ロックバンド「QUEEN」のギタリストとして世界的に有名な人物である。
目次[非表示]

概要

1947年7月19日イングランドのミドルセックス州ハンプトンに生まれる。

ミュージシャンとして

イギリスを代表するバンド:Queenギタリストとして活躍し、ハンドメイドギターであるレッドスペシャル(下の画像)を駆使して独特のサウンドを築き上げ、クイーンサウンドの確立に大きく貢献した。

ブライアン・メイのギターを描いてみた


作曲した楽曲は「ウィー・ウィル・ロック・ユー」や「タイ・ユア・マザー・ダウン」などの様なハードロックが多い。一方でカントリー調の「'39」や、「手をとりあって」や「セイブ・ミー」のような美しいバラードなども作曲している。

シンセサイザーもびっくりのバリエーションに富んだサウンドや、その演奏力の高さは現在でも高く評価されており、『ローリング・ストーン』(アメリカの大衆雑誌)の選ぶ「歴史上最も偉大な100人のギタリスト」にも2回選ばれたことがある。

天文学者として

銀河鉄道スターフリート


そんなブライアンだが、大学院時代は宇宙工学を専攻しバンドの活動が軌道に乗るまでは中学校教員をしていたという、ロックバンド界きってのインテリでもある。

Queenの活動が本格化してからは長らく研究生活からは遠ざかっていたが、2000年代中ごろから再び天文学の研究に打ち込むようになり、2006年に自身の研究をまとめた「BANG! 宇宙の起源と進化の不思議」という本を発表した。
さらに、2007年夏から天体物理学の研究を再開し、スペイン領カナリア諸島の天文台で研究を行って論文を完成させ、母校の大学での審査を通過して博士号を授与されている

関連動画

Brighton Rock

Queenのライブにおける定番曲の1つ。作曲者はブライアン。
ブライアンのギターソロが全体の8割以上を占めるという、正にブライアンによるブライアンのための楽曲である。ブライアンのギターテクのすべてが詰め込まれており、彼の匠の技を堪能したい方にはお勧めの一曲。
1980年代はコーラス部分がカットされ、ブライアンのギターソロの部分のみが披露されるようになった。

また、故・本田美奈子とも交流があり、1986~87年に彼女に数曲提供している。
以下はその交流が見られる貴重な映像(当時39歳)。


関連項目

Queen
フレディ・マーキュリー ロジャー・テイラー ジョン・ディーコン
天文学

pixivに投稿された作品 pixivで「ブライアン・メイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18857

コメント