ピクシブ百科事典

目次[非表示]

中学校(ちゅうがっこう)とは、学校の一種。

ここでは主に昭和22年制定の教育基本法及び学校教育法における制度(所謂6-3-3-4制)における日本の中学校について解説する

概要

学校教育法45条により、『小学校における教育基礎の上に、心身の発達に応じて、義務教育として行われる普通教育を施すことを目的とする』学校と定義されている。

一般的な中学校では、月曜日から金曜日または土曜日に、朝から午後まで5~7時間の授業が行われ、ほぼすべての学齢期の中学生は、この時間帯に学習活動を行う。
しかし何らかの事情で学校に通えない学齢超過者(4月1日時点で15歳以上の人)については、一般的な中学校に新入学・編入学しようとしても拒否される場合もある。
そのため「夜間部」「夜間学級」等と呼ばれる夜間中学校中学校の通信教育(かつては80校あったが現在は東京と大阪の2校のみ)もある。
また、持病などで長期の入院生活を余儀なくされる者の為に、医学大附属病院などを中心に院内学級として、中学校教育を施す施設がある場合がある。

最近は公立で小中一貫の義務教育学校中高一貫の学校もある。(海外にも存在する。)

英訳

現在の6-3-3-4制は、バッサリと言ってしまうと1947年当時のアメリカ合衆国の制度のコピペであるため、その筋に則ってステーツ・イングリッシュであるJunior High Schoolと意訳されることが多い。

しかし日本語文化が世界に発信された現在では、「中」の文字を使っていることからクィーンズ・イングリッシュのMid-Schoolが使われる場合も散見されてきた。

ちなみにイギリスの制度は、戦前の6-4-3-3制に近い。

問題点など

部活動顧問の、若手教員への事実上の強制が罷り通っていることが、2017年になりやっと問題視され始めた。また部活動の強制は教員のみならず、通う中学生にまで及ぶ地域もある。岩手県埼玉県愛媛県南予地方などがその問題地域であると明らかになっており、いわゆる自己決定権の侵害、人権侵害であることは明らかなものの、なぜか各地の人権団体様やマスコミ様はお動きにならない。怪しい。

そもそも、なぜ強制になった?

一つ俗説としてよく語られるのが、団塊世代が中学生だった頃は荒れていたので、部活動という拘束制度を使って世代丸ごと学校の中に閉じ込めておく必要があった。当時は安保闘争で若者を政治的な遣いっ走りとして利用しようとする左翼勢力もいたため、それが接近するのを止める必要があった」という説。それが通用する地域もあるのかもしれないが、団塊世代による荒れもなくなっているはずの昭和後期~平成期になって部活強制が発生したという報告もあるため、全ての地域に適用できる話ではない模様。
明らかな話ではないものの、いわゆる中体連校長会あたりでこの部活強制を広めようとしている勢力がいるという話が、現場にいる先生からネットへ洩れ伝わってきている。考えてみれば、中学生限定のアマチュアスポーツ組織(=中体連)なぞ、他国には多分存在しない。恐らく、通常では考えにくい利権があるため、他のアマスポーツ団体との合併などもしないのだろうと考えれば辻褄も合う。そしてそのような利権団体を維持するには、末端構成員である所の生徒や教員の強制加入が不可欠。そしてこの変な利権に地方のマスコミ(不法な強制を糾弾せず、あまつさえ隠蔽に関与している意味では立派なマスゴミ)なども関与している可能性を考えれば、誰もこの問題を地方から告発できない現状にさせられているのも理解できる。
2016年ぐらいになってやっと、内田良氏を始めとする人々や現場の教員たちが、この部活問題に本気に取り組み始めた。教育利権という、世間から隠れた利権が突き崩されるのはいつの日か。

「旧制中学」

旧学制法(明治8年制定)下における中学校令で制定された所謂6-4-3-3制時代の中学校。義務教育ではなかった。実質高校の予備校的存在だった。昭和22年以降の制度施行の際にほとんどが現制度下の高等学校となった。高等学校も参照

関連タグ


記事リンク

諸々の中学生に関する問題点とか

関連記事

親記事

学校 がっこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中学校」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 211449

コメント