ピクシブ百科事典

はやぶさ2

はやぶさつー

「はやぶさ2」は、小惑星探査機「はやぶさ(MUSES-C)」の後継機として宇宙航空研究開発機構(JAXA)において計画されている小惑星探査計画である。小惑星への着陸、サンプルリターンが計画されている。
目次[非表示]

打ち上げまで

初代「はやぶさ」は小惑星往復に初めて挑んだ「実験機」だったのに対し、今回は小惑星からのサンプルリターンを最初から考えている「実用機」である。
初代と基本的な設計は同じで、問題点が改善されている。準同型機といえる。
2010年度事業仕分けにより予算が3000万円に減らされ実現が危ぶまれていたが、2010/06/13の「はやぶさ」の帰還が国内外で大きく報じられたことをきっかけに後継機の実現に向けた世論の高まりをうけ、2010/8/26付けで文部科学省から2011年度の予算概算要求として30億円の開発費が盛り込まれた。
2011年5月の発表で2014年にH-IIAロケットで打ち上げられる予定が発表された。
C型小惑星である「Ryugu(1999 JU3)」へ向かう。

再度の打ち上げ危機到来

事業仕分けの危機を乗り越え、プロジェクトの正式発足により計画は進められるかと思われたが、2011/12/04付けの新聞記事で予算削減による、再度の打ち上げの危機が報じられた。詳細および背景については記事及びtogetterのまとめを参照のこと。


本件に関して、科学技術ジャーナリストの松浦晋也氏のblog「松浦晋也のL/D」より以下の記事が投稿されている


また、2011/12/12付けで元「はやぶさ」プロジェクトマネージャの川口淳一郎氏からも公式にメッセージが発表された。


プロジェクト進捗状況

  • 2007/06 プリプロジェクトとして研究フェーズに入る
  • 2010/08 宇宙開発委員会で開発研究フェーズへの移行が承認される
  • 2011/05  JAXAにより2014年の打ち上げに向けたプロジェクト化が正式発表される
  • 2012/01/25 文科省宇宙開発委員会が本格的な開発段階に進むことを妥当とした専門部会の報告を了承。


ミッション進行状況

  • 2014/12/3 13:22 種子島宇宙センターからH-IIAロケット26号機により打ち上げ
  • 2014/12/5 本体および地上系一連の健全性を確立するクリティカル運用終了。
  • 2015/3/3 巡航フェーズへ移行。
  • 2015/10/5 目指す小惑星の名前が「Ryugu」に決まったと発表。  
  • 2015/12/3、地球スイングバイを実施


〈予定〉

  • 2018年半ば 小惑星到達・科学観測及び試料採取を開始
  • 2019年末頃 衝突体の衝突実験実施・小惑星出発
  • 2020年末頃 地球帰還

※詳しくははやぶさ2の状況について(PDF)を参照のこと。

主要諸元

質量約600kg
打ち上げ2014年12月3日13時22分(H-IIAロケット26号機)
軌道小惑星往復
小惑星到着2018年予定
地球帰還2020年予定
小惑星滞在期間約18ヶ月予定
探査対象天体地球接近小惑星 Ryugu (仮符号 1999 JU3)
主要搭載機器サンプリング機構、地球帰還カプセル、光学カメラ、レーザー測距計、科学観測機器(近赤外、中間赤外)、衝突装置、小型ローバ


関連タグ

JAXA はやぶさ MUSES-C

関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「はやぶさ2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 252921

コメント