ピクシブ百科事典

キース・リチャーズ

きーすりちゃーず

キース・リチャーズとは、イギリスのロックバンド「ローリング・ストーンズ」のギタリストである。
目次[非表示]

概要

1943年12月18日生まれ。

1962年にブライアン・ジョーンズミック・ジャガーらとローリング・ストーンズを結成する。この際当時のマネージャーのアンドリュー・ルーグ・オールダムから「よりポップスターらしく」とキース・リチャードに改名させられる。

麻薬に手を出し何度も逮捕される(これはミック・ジャガーも同様)ものの、1977年にはあわや終身刑の危機に陥るもファンの嘆願もあり、盲人のためのチャリティー・コンサートを行う条件で、無罪判決となり、これを機に麻薬から完全に足を洗う。

主にテレキャスターの6弦を外して演奏することが多い。

ミック・ジャガーが俳優業を兼任していることを批判していたが、2007年にジョニー・デップからの勧誘を断りきれず「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」でジョニー演ずるジャック・スパロウの父親役で出演する。

逸話

上記の麻薬から足を洗ったことに関しては「全身の血液を交換してもらった」という話は有名であるが、これはつらかった手術を誤魔化すためについた嘘であった。「これでまた麻薬が打てる」とも語っていたが、真実は定かではない。血液を交換したことが事実であれば、完全に足を洗ったともいえるであろう。

本人をモデルにして作られたキャラクター

  • 市川マサヤンキー漫画A-BOUT!』のキャラ・童門醍吾はキース・リチャーズをモデルにしたとされる。なお、作者は音楽ファンで、その筋の歌手をモデルにしたキャラクターが複数存在する。


関連タグ

洋楽

pixivに投稿された作品 pixivで「キース・リチャーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2129

コメント