ピクシブ百科事典

ジョニー・デップ

じょにーでっぷ

ジョニー・デップ(Johnny Depp)とは、アメリカの俳優。
目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国俳優ミュージシャン
日本ではジョニデと略されて呼ばれることもある。

経歴

アメリカケンタッキー州オーエンズボロで、土木作業員の父とウェイトレスの母との間に、4人兄妹の末っ子として生まれる。
兄妹には9歳上の兄、7歳上の姉と2歳上の姉がおり、フランス人アイルランド人ドイツ人インディアン部族チェロキー族の血を引いている。クリーク族ではとも言われている。

家庭の事情から住居を転々としていたが、7歳の時にフロリダ州ミラマーにようやく定住。
しかしその後に両親が離婚し、子供時代はストレスから自傷行為を繰り返したという。
更に12歳でを飲み始め、14歳の頃にドラッグに手を染めたりなど、どん底とも言える荒んだ青年時代を送っていた。
しかし、親友との死別がきっかけとなってそれら一切から足を洗う事を決意し、16歳の時に高校を中退後にミュージシャンを志しキャリアをスタートさせた。

20歳の時に5つ年上のメイクアップ・アーティストと結婚し、彼女の元恋人であったニコラス・ケイジと知り合い、彼のすすめで付き添いとして足を運んだオーディションの会場で出演の打診を受け、1984年にホラー映画『エルム街の悪夢』で初出演し俳優としてデビューした。

人物

かなり個性的な役柄を数多くこなしており、ときにはフラフラした海賊だったり変態チックなお菓子屋だったり両手ハサミの人造人間だったりとあるロンドンの殺人理髪師だったり不思議の国の狂気の帽子屋だったりする。
…大半がサイコパスなのは何故だろうか。
映画監督のティム・バートンとはよくつるんでいる。同じく個性的な役を数多く演じる松山ケンイチが最も尊敬している人物。

子供思いでも知られ、腎臓病で入院した娘が助かったことに感激し、2007年11月に入院していたロンドングレート・オーモンド・ストリート病院で、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウの衣装を着て、患者の子供達におとぎ話を聞かせるというサプライズを起こしている。
また、2008年には同病院にひそかに訪れて「娘の命を救ってくれたお礼」として100万ポンド(日本円で約2億900万円)を寄付している。

一方でかなりの浪費家という一面もある。一回の出演で億単位のギャラを得る「最も稼いでいる俳優の一人」とすら言われる俳優でありながら、そのせいで破産まで追い詰められた。ただしこれはマネージャーによる違反行為が原因だと抗弁して訴訟沙汰にまでなっている。ただ、彼自身の浪費も原因の一端になっていることは否定しづらく、気前よく寄付するのもある意味その一つといえる。

また、離婚歴も数多く、妻への暴行疑惑が取り沙汰され、裁判が泥沼化したことから役を降板するという事態に追い込まれたこともある。どの大物スターにもついてまわる話とはいえ、彼もまたスキャンダラスな話題に纏わりつかれている。

親日家としても知られ、「日本は地球上で最も好きな場所の一つ」と話したこともあり、よく来日している。
トム・クルーズ通訳者の一人である戸田奈津子と仲が良く、お歳暮を贈ったという話がある。
また、映画『ダークシャドウ』のPRに来日した際は、東日本大震災の被災者に対して「亡くなられた方の冥福をお祈りするとともに被災地の方々をサポートしたい」とエールを贈っている。

吹き替え声優

平田広明が主に日本語吹き替えを担当している。初期の作品では担当が不安定であったが、パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズのヒットにより大幅に知名度を上げ、実質専属に近い評価を受けるようになった。

ジョニーの吹き替えを20年以上担当してきたが、ほぼ専属扱いという事実をジョニー本人は長らく知らなかった。その後、2018年『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』において初対面を果たし、この事実を聞いたジョニーはその場で吹き替え担当としてのお墨付きを与えた。さらに平田から花束を貰うと「むしろ自分があなたに送るべきところだ」とその功績を讃えている。

関連タグ

俳優 パイレーツ・オブ・カリビアン
ジョニデ・・・日本での愛称

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョニー・デップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 994672

コメント