ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage(本名:ニコラス・キム・コッポラ、Nicolas Kim Coppola))とはアメリカの俳優、映画監督、映画製作者。

フランシス・フォード・コッポラ監督の甥であり、元々は本名のニコラス・コッポラ名義で活動していたが、「コッポラ監督の甥」という部分だけが注目されてしまうことを避けるために後に現在の芸名に改名した。

また、ニコラス・ケイジのケイジの由来はアメコミの『パワーマン』の主人公であるルーク・ケイジから取ったものである。

日本語学校に通っていた時期もあるので、多少は日本語を話せ、日本のメディアに対しては日本語で挨拶することも。

代表作にゴーストライダーなど。


人物

本国では普通の演技力も勿論なのだが、それと同時に兎に角テンションが上がったりキレたりパニックになったりしているシーンでの演技の振り切れっぷりと顔芸が故の妙な感じでの人気(主にネット界隈で)が高いのが特色。

その中には多分に『わざとらしくてウケる』という、いささか俳優としては不名誉とも言えるニュアンスのものも有るのだが、今の所それがあんまりマイナスに働いていない様子なのは流石の愛され振りと言える。


ハリウッド俳優屈指の浪費家として有名。一度の買い物に使う金額がハンパではない為、それでしばしば財政難になる事も。

もっとも1本当たり15億円とも言われる出演料があるので、微々たる問題かもしれない。

また、大のアメコミファン。(ただし、過去のインタビューではソレを否定するような発言も。)

しかし、財政難による債務不履行のせいで窮地に立たされていた為か、高級車や豪邸を全て手放す羽目になってしまい、2000年代後半以降は借金返済のためにB級問わず様々な映画に出演していた。劇場公開もされない弱小B級映画にも相当数出演したため、一部では「大スターの転落」と揶揄されたが、借金返済のために形振り構わなかった。

そして40本以上の映画に出演したおかげで現在は借金を完済している。


大の親日家。アメコミファンである事から推察されるように、日本のアニメ・漫画も大ファン。

コミックフリークに踏み出すきっかけとなったのは、あの鉄腕アトム

来日した時にはあの「まんだらけ」で段ボール4箱分の買い物をするぐらいで、成年向けコミックに並々ならぬ興味を示しており、「論ずるに値する」と発言する石原ホイホイな発言をしでかした事も。

また2018年にワールドメイト教祖深見東州のクリスマスイベントの為に来日、彼は日本の文化は凄いと評価した。

主な出演作


関連タグ

アメリカ合衆国 俳優 男優

関連記事

親記事

男優 だんゆう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205556

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました