ピクシブ百科事典

NeXT

ねくすと

スティーブ・ジョブズがアップル社を離れていた期間に創業・経営していた企業、および同社の開発・生産したワークステーション。1996年にアップルに買収された。
目次[非表示]

一般的な意味でのNEXTはネクストを参照。

歴史

自ら創業したアップル社を追われたスティーブ・ジョブズが1985年に設立。ジョブズのアップル退職後の取り決めでMacintoshとの直接の競合を避けるため、キヤノンなどの出資を受けて学術機関向けのワークステーションを開発した。

1988年に登場した最初のハードウェア(NeXT Computer)は独自のBSDオブジェクト指向OSNEXTSTEPを搭載して登場。マグネシウム合金製の漆黒の立方体のデザインは、当時としては非常に未来的なものであった。ジョブズはこのコンピュータを「(同業他社を)5年は先取りしている」と自慢した(実際のところは5年どころの騒ぎでなく、他社がNEXTSTEPの水準に追いつくまで10年はかかった)。

だが、初期のNeXTは動作が非常に遅く(高機能なOSに当時のCPUの性能が見合っていなかった事などが原因)、その価格の高さ(6500ドル)も手伝って商業的には惨敗。1990年の第2世代モデル(NeXTcube)ではNeXTdimensionというビデオカードを搭載しパフォーマンスを改善するとともにNeXTstationという廉価モデルも用意するが売れ行き不振は変わらず、結局同社のハードウェアは5年で5万台ほどしか売れなかった。1993年にハードウェア事業から撤退し社名をNeXT Softwareに改称。NEXTSTEPはPC/AT互換機に移植された。

その後同社のビジネスはNEXTSTEPの上位フレームワーク層をSolaris、HP-UX、Windows NTなどに移植したアプリケーションフレームワークOPENSTEPと、WebアプリケーションサーバWebObjctsへと舵を切る。

1996年、当時のMacintoshのOSの後継を探していたアップルに買収された。アップルに復帰したジョブズはまもなく経営の実権を握り、1997年にジョブズが取締役会を改編した際に、元NeXTのエンジニアたちが重役の席に座った。現行のmacOSの大部分はNEXTSTEPを基盤として開発された。

遺産

NEXTSTEPそのものはあまり普及しなかったが、1990年代を通じてモダンOSの見本となった他、開発環境はJavaを始めとした後続の技術に大きな影響を与えた。NeXTcubeはCERN(欧州原子核研究機構)のティム・バーナーズ=リーが最初のWWWを開発したマシンとしても知られていて、インターネットの歴史にも足跡を残している。

関連項目

Objective-C ワークステーション オブジェクト指向 BSD UNIX
スティーブ・ジョブズ Macintosh OSX iOS

関連記事

親記事

Apple_Inc. あっぷるいんこーぽれーてっど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「NeXT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 761530

コメント