ピクシブ百科事典

DeadbyDaylight

でっどばいでいらいと

Behaviour Digitalが開発、Starbreezeが販売する非対称オンライン対戦ホラーゲームである。
目次[非表示]

概要

殺人鬼(1人)と生存者(4人)に分かれて行う鬼ごっこゲームである。
殺人鬼は逃げ惑う生存者を負傷させ、捕獲し、肉フックに掛けて生贄に捧げる事。
生存者は発電機を修理し、脱出ゲートを開けて狩場から脱出する事が目的である。

生存者は如何に殺人鬼を出し抜き脱出するか、殺人鬼はそういった生存者の行動を読んで死へと追い込んでいく読み合いと緊張感が醍醐味である。

レベル制をとっておりゲーム内で得られるブラッドポイントを使用してアイテム、パーク(スキル)を手に入れて強化することが可能。ただ逃げるだけでは獲得量が少なく、如何にゲーム中で活発に動けるかがミソ。
マッチングもランク制が取られており、それを基準に選定される。

現在Steamにて配信中(2000円)

プレイヤーキャラ

生存者

JAKE PARK(ジェイク・パーク)

Dead by Daylight - Jake Park


大金持ちの息子だが父の教育方針に反発し、家族から離れ森でひっそりと暮らす青年。
怪我した際のうめき声を減らすスキルやカラスの鳴き声を抑えるスキルを持つ。
特にツールキット無しで肉フックを解体するSabotuarのスキルが強力。

MEG THOMAS(メグ・トーマス)

Meg Thomas


足が速く、大学の特待生にも推薦されたが母の看病のため諦めた女性。
数秒間走る速度を上げるSprint Burstのスキルが特に強力で、初速では殺人鬼でも追いつけない。

DWIGHT FAIRFIELD(ドワイト・フェアフィールド)

Dwight Fairfield


冴えないメガネ男性。職場の上司から密造酒を飲まされ森に置き去りにされてしまう。
互いを強化しあうスキルを持つが、孤立すると効果が発揮されないのがネック。

CLAUDETTE MOREL(クローデット・モレル)

ピクシブ百科事典用アイコン(作品募集中)


豊富な植物学の知識を持つ女性。
治療キット無しで治癒できる為個人行動もでき、周囲の負傷した味方の場所が分かるスキルが便利。

NEA KARLSSON(ネア・カールソン)

2016年8月19日の無料DLCで追加された生存者。
悪戯をして警察から逃げた経験から隠れながら動く事が得意。逃走能力も総合性も優れている反面、専用PERKが他キャラと比べると際立った強みがない。

LAURIE STRODE(ローリー・ストロード)

2016年10月25日の有料DLCで追加された生存者。
1978年のホラー映画ハロウィン(映画)」(ジョン・カーペンター監督)からの出演。
非常に忍耐強く、担がれ状態からの脱出や他の生存者が殺害され最後の1人になると役立つパークを持つ。

ACE VISCONTI(エース・ヴィスコンティ)

Dead by Daylight


DLCで追加された生存者。
笑顔を絶やさないギャンブラー。そんな彼らしく運を上げる、良いADDONが付いたアイテムを手に入れやすくなるPERKを持つ。

WILLIAM OVERBECK(ウィリアム・オーバーベック)※PC版のみ

Dead by Daylight_ビル(L4D)


DLCで追加された生存者。
鋭い眼光の老兵。ゾンビFPS「Left 4 Dead」からのコラボ出演である。
危機に陥った時に効果を発揮するPERKを持つ。特に「与えられた猶予」は多くの殺人鬼にトラウマを残した。

FENG MIN(フェン・ミン)

ミンちゃんが煽ってくる


DLCで追加された生存者。
「シャイニング・ライオン」の異名を持つプロゲーマーだが、勝ち続けるというプレッシャーに押しつぶされ、夜の街を彷徨い歩き、この世界へたどり着いた。
発電機の攻防に優れたPERKを持つ。

DAVID KING(デイビッド・キング)

pixivimage:]
DLCで追加された生存者。
富豪の息子だが短気な性格の為に失敗し、夜の街で用心棒や掛け試合に明け暮れていた。
ラグビーや喧嘩で鍛えた身体能力を活かし、攻撃からの無敵化、這いずりからの復活といったPERKを持つ。PERK「ずっと一緒だ」とビルの「与えられた猶予」でBPの荒稼ぎも流行した。

殺人鬼

CHUCKLES(チャクルズ)

Trapper


罠使い(トラッパー)。とんだファザコン。熊用罠を使って、生存者を嵌める戦法を使う。
発電機の間近など分かり易い所に設置するのではなく、逃げハメ防止や通過点など相手の心理のついた設置が肝。
生い立ち、仮面をつける、体格など、「13日の金曜日」のジェイソンがモチーフになっている。

THE WRAITH(レイス)

Untitled


透明化の持ち主。本人の気付かぬところで殺人の後始末をさせられてた事を知って発狂し、殺人鬼と化す。
透明化し油断した生存者を追いかけるのだが、透明中は攻撃できない事、能力を使う際は鐘の音がとにかく五月蠅いのがネック。あと近くにいると「ゲヘゲヘ」といった声がする。モチーフは不明

THE HILLBILLY(ヒルビリー)


チェーンソー男。虐待され続けた結果「虐待って愛なのでは?」と結論に至り、殺人鬼に。チェーンソーは当たれば一撃ダウン・木の板もディレイ無し破壊可能・圧倒的なスピードと数々の利点が存在する反面、発動にチャージが必要・チャージ中は移動速度が落ちる・非常にうるさいなど非情に癖が強い。直線上での追いかけっこでは最強。
悪魔のいけにえ」のレザーフェイスがモチーフになっている

THE NURSE(ナース)

THE NURSE


2016年8月19日の無料DLCで追加された殺人鬼。精神病棟の担当になって精神を病んだ。かわいそう。
包帯を被った女性の殺人鬼。壁を通り越して遠隔地にテレポートすることが可能。最初期は最強の殺人鬼であったが、現在はテレポートすると攻撃一回分のタイムラグの後に一定時間行動不能+下を向くというペナルティが発動するため、慣れのいる性能に落ち着いている。
サイレントヒル」のバブルヘッドナースがモチーフになっている。

MICHAEL MYERS (マイケル・マイヤーズ)

The Boogie Man Is Coming


2016年10月25日の有料DLCで追加された殺人鬼。ゲーム中の名称は「THE SHAPE(シェイプ)
1978年のスプラッター映画「ハロウィン(映画)」(ジョン・カーペンター監督)からの出演。「13日の金曜日」のジェイソン、「エルム街の悪夢」のフレディらと並んで人気のあるキャラクターである。
特殊能力を使用して生存者を注視し続ける事で通常性能が大きく変化する。それぞれに対応した動きを双方要求されるため、使うのも相対するのもかなり難しい。

THE HAG(ハグ)

DBD ハグ


DLCで追加された殺人鬼。HAGであり、意味は「抱きつく」ではなく「鬼女」という意味。要はやまんば。
ハントレスと違い、ガリガリのミイラアマゾネス。拷問と陵辱を受けた上で飢餓に悩まされた結果、現在の見た目になり、肉と血を追い求める殺人鬼と化した。「おまじない」を使って相手を恐怖させるという独特な追い詰めを得意とする。

THE DOCTOR(ドクター)

Dead by Daylight _ The Doctor


DLCで追加された殺人鬼。
いき過ぎた治療行為を行う人から、電撃による拷問が大好きになって最終的にマインドコントロールに没頭したドクというかマッドサイエンティスト。
電撃を発生させて相手に幻覚を見せるという言ってしまえばレーダーソナーを張る「治療モード」とボコスカ殴る「処罰モード」を使い分けていく必要のあるクセの強い殺人鬼。
モチーフ元が実在人物。中国に電撃ショック療法をしまくった精神科医がいた。

THE HUNTRESS(ハントレス)

ハントレス


DLCで追加された殺人鬼。
ウサギのおめんを被った女の子・・・と書くと聞こえがいいが実際はただのガチムチアマゾネス。狩りの対象に母親を殺されてから生粋の狩人として覚醒したニュータイプ。モチーフ不明。
投げ斧を使って遠距離の生存者を仕留める姿はまさに狩人(ハントレス)。一人称視点となる殺人鬼の中で、一人だけガチのFPSをやっている

THE CANNIBAL(カニバル)

レザーフェイス


DLCで追加された殺人鬼。
ヒルビリーのモチーフ元であるスプラッター映画「悪魔のいけにえ」からのコラボ出演。本名はババ・ソーヤー(通称:レザーフェイス)。ヒルビリーと同じチェーンソー使いだが、高速移動が無いかわりに前方広範囲にチェーンソー振り回して生存者を追い詰める。なお振り回し中にチェーンソーがぶつかるとその場で癇癪を起してしまいタイムロスを出してしまう。


関連タグ

ホラーゲームSTEAM 鬼ごっこ


13日の金曜日・・・ゲーム版がこれと同じく「複数の生存者VS一人の殺人鬼」と言う構図のオンラインバトル型式をとっている

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「DeadbyDaylight」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 497322

コメント