ピクシブ百科事典

追跡者

ねめしすてぃーがた

スタアァァァァァァァァァァァァァァァァァアッズ!!!!!!
目次[非表示]

主に

  1. ゲーム内においてどこまでもプレイヤー側を追いかけてくる敵キャラのこと。ホラーゲーム等で主人公が無力である場合、敵からは必然的に「逃げる」ことしかできなくなるので、ホラーゲームに登場する敵はほとんどが追跡者といえる。フリーゲームで例を挙げるならば青鬼オニヒメサマ
  2. バイオハザード3に登場するB.O.W.「ネメシス」の通称。本記事で解説。
  3. 夢喰いメリーに登場するジョン・ドゥの別名


T-型の概要

バイオハザード3に登場するB.O.W.。初期タイラント及びTウィルスによって作り出されたB.O.W全般の欠点であった「知性の低さからくる制御不安定」を改善すべく、寄生生物「NE-α」を埋め込むことで作り出された新型タイラント。

NE-α自体は戦闘力を持たない。しかしその代わりに生物に寄生し、延髄で肥大増殖して新たな脳を形成、宿主の身体を乗っ取るという能力を持つ(例外あり)。
この性質を利用し、タイラントハンター等の戦場へ送り込む事を目的としたB.O.W.を強化するために作られた、いわば補助強化用のB.O.W.であるが、寄生する際には宿主の身体に大きな負担をかけるという問題点があり、タイラントのような強靭な生命体でなければすぐに死亡する等、プラーガと比べると扱いが難しい模様。

タイラントが元であるので一見すると人型に見える。外見は黒いコートに身を包んだ黒衣の巨漢であるが、その顔面には鼻や耳、唇がなく、常に剥き出しの歯茎、頭部の大きな手術痕により右目は潰れているという異様な容姿。
タイラントの強靭な肉体に加えてNE-αによる知能向上により、複雑な任務を理解・遂行できるほか、銃火器を取り扱える、その上に更に言葉を話すこともできる。
作中では、洋館事件の真相を知るS.T.A.R.S.のメンバーを抹殺するためにラクーンシティに放出され、ジルを追い詰めていく。
また、S.T.A.R.S.のメンバーだけでなく、抹殺対象と接触・会話している者や自身に攻撃を行う者も容赦なく敵と認識し、攻撃を行う。

タイラントベースゆえの凄まじい戦闘力と尋常でないタフさを持ち合わせている。仮に接近に持ち込まれて逃げ遅れた場合、相手の顔面をわしづかみにして持ち上げ、もう片方の手から触手を突き出して相手の脳天を貫くという恐ろしい即死攻撃を行う。度重なるダメージからくる肉体とNE-αの拒否反応から醜悪な異形への変容を繰り返しつつも、その強さに衰えを決して見せず、レールガンを用いないと倒すことができないことから、まさに死神のごとき強さを見せつけた。

インパクトがありすぎるその外見、ゲーム中でプレイヤーを恐怖のどん底に陥れた戦闘力と追跡力等からバイオシリーズのキャラクターの中でも人気があり、バイオ以外のゲームでもたびたび登場している。特に、ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3ではプレイヤーキャラクターとして参戦しており、原作で散々トラウマを植え付けられた彼を自分の手で操作ができるということに驚いたファンも多い。

プロジェクトクロスゾーン』では原作通り「S.T.A.R.S.!」と叫ぶが、クリスから「今はBSAAだ」と言われると律儀に「B…S…A…A……!」と呼びにくそうに叫んでいる。続編でも、登場する度にボイス付きで叫ぶ(ただし、行動する時は「S.T.A.R.S.!」と叫ぶ)。
また、後輩にあたるウスタナクとも共闘している。

形態一覧

第1形態

『3』のパッケージや、他作品で登場する姿。
防弾・対爆仕様の黒いコートを着用しており、このコートには自身の暴走を抑える役目もある。
この形態で既に右肩や首の周りから「NE-α」の触手が常に露出している事が確認できる。
基本は素手だが、ロケットランチャーやガトリング(実写映画版および『ORC』)などの火器をも使用する。腕から触手を一本出して貫く・鞭のように振り回す場合もある。
即死攻撃はこの形態のみしか使わない。また時折グレネードランチャーの弾を回避する機敏さも見せる。

『2』のタイラントとは違い、出現エリアから離脱できでも追いかけてくる。出現後のネメシスを撃退して追跡停止させることは可能だが、彼を一回ダウンだけでは撃退扱いされない、二回目のダウンではようやく追跡停止+隠し武器パーツを落とす。

『3』のリメイクである『バイオハザード RE:3』では、顔がやや面長のデザインになって鼻が横に歪む形で残っており、タイラントの心臓を彷彿させるシルエットをした制御装置らしき機械が胸に装着されている。上半身衣装は黒い防火コートというより大量の拘束具で、ダメージを与えていけば衣装が剥ぎ取られていき、ロケットランチャー装備時の外見が既に『3』時計塔戦に近いものとなってる。
また、燃料タンクを背負い火炎放射器を使用しているシーンが見られる。

S.T.A.R.S!!
PVで



『RE:3』体験版後半にて交戦可能。火器は装備してないが、最初から触手の遠距離攻撃を使い、その上に「ワイヤー移動」や「串刺しされたゾンビに寄生体を送り込む」などの新技が追加されている。そのため今回はダッシュでジルを追うだけではなく、時にはスタイリッシュなワイヤー移動とスーパーヒーロー着地で先回りすることもある。
RE:2』におけるタイラントと同様に、リメイク版のネメシスもまた設定通りの不死身ストーカーとなり、残念ながら通常戦闘では彼を一時的に跪かせることしかできなくなった。しかし彼のダウン回数が体験版の人形と隠しアイテムに関わる(製品版では一部の武器カスタムパーツを落とす)。
ちなみに、現在配信されている『RE:2』体験版ではある場所に行くと追跡者の声を聞くことができるという小ネタが存在する。このネタ、製品版の『RE:2』には無いので、見てみたい人は体験版をプレイしてみよう。

本編では当初、拘束具が顔まで覆った状態で登場。
ゲーム開始から数分(それもまだゾンビと遭遇してない頃に)、ブラッドから危機を知らせる電話を受け取ったジルに、壁をぶち抜きながら襲撃してきた(あまりの登場の早さに、旧作プレイ済みのプレイヤー達も度肝を抜いた)。壁や天井をぶち抜きながら追いかけ、大きなコンクリートの塊を軽々と投げ飛ばすほどの圧倒的な力で丸腰状態のジルを追い詰める(厳密にはサムライエッジを持っていたのだが、追跡者の猛攻から逃げる時に紛失してしまう)。
救助に駆けつけたヘリコプターをジルの目の前で破壊するも、ジルの機転で車による体当たりを受け(ただし、この時ボタン操作にもたつき過ぎると触手で喉を貫かれたり、首をへし折られて即ゲームオーバーになる)、その車の爆発で起こった炎でコートが焼けた事で、漸く素顔が露わになる。
なお、拘束具が顔を覆った状態でも「S.T.A.R.S.……!」と喋る事ができる。
しかし、素顔が露わになった直後、カルロスからロケットランチャーで攻撃されて一旦機能停止する(この時、一度だけロケットランチャーの弾を触手で受け止め投げ返している)。

その後は電車を動かすためにラクーンシティを走るジルの前に再び現れ、体験版で使用した触手によるワイヤーアクションでワープしながら、ゾンビに寄生体を寄生させて差し向ける。また、咆哮で相手を怯ませる事ができる他、中距離だと触手で足を掴んで自分の足元まで引き寄せて来る。
また、前作のタイラントのようにセーフルームに逃げ込んでやり過ごそうとしても、出入口近く(それもセーフルームの扉越しからの攻撃が届きにくい所)に陣取って出て来るのを待つため、一時しのぎにしかならない。しかも、場所にもよるが、扉を開けた途端に歩き出し、武器を構えた途端にダッシュで急行するため、人にもよるがケチってハンドガンで倒そうものなら地獄を見る羽目になる。攻撃が届かない窓からこちらをジッと見つめる姿は、人によっては逃げ場を失った恐怖、もしくはある種の微笑ましさを感じるだろう
地下鉄まで追いかけてきたため、ジルはネメシスを誘導するため自ら囮となり、下水道へ逃げる事で一度は撒く。しかし、ネメシスは地上に出てきたジルの行く手に先回りしており、PVで見せた火炎放射器でビルごとジルを焼き殺そうとする
戦闘では、火炎放射器で周りを燃やしながら迫る上に、近付かれると火炎を放ちながら薙ぎ払おうとし、障害物に隠れても銃口を上に向けて広範囲に炎の雨を降らせて炙り出そうとする。正面からの攻撃も、火炎放射器を盾にして防ぐ事もある。また背中に背負った大きなタンクが仇となってジルに爆破されても、すぐさま火炎放射器を棍棒のように持ち変えて振り回して攻撃する

一度ジルに敗れた後は、アンブレラから支給されたのかレーザー照準付きロケットランチャー入りのケースを肩に抱えて再び現れ(この時のネメシスがロケットランチャーを装備するシーンは、かなりかっこいいため必見である)、旧作同様、ゾンビや町を巻き込みながらロケットランチャーを発射してくる。プレイヤーの視線の関係上、照準が真っ赤になったら発射される様になっている。
なお、この状態でネメシスに捕まると、砲口で持ち上げられて零距離で爆殺される

低難易度では移動速度はそれほど速くなく手榴弾やグレネードランチャーなど高い威力の武器を使えば撒く、もしくは撃破するのにあまり苦労しないが高難易度では異常な速度で距離を詰めてくるためすぐに追いつかれる上攻撃を加えようにも、旧作同様グレネードランチャーのような弾速の遅い武器は結構な頻度で躱され、しかもその後高確率でものすごい速度で走ってくる。(躱すこと自体は低難易度でも行う)
難易度Nightmare以上ではアイテムの配置変更の影響もあり手に入る手榴弾の数が減っていたりするのでロケランを持っていたとしても割と苦戦する。

一度はカルロスの援護もあってジルを取り逃がすが、旧作と同じく地下鉄に乗り込み、同時に乗車していた避難者達を虐殺する(この時、ニコライは本性を表してジルとミハイルを見捨てて逃げてしまう)。

NE-α寄生体

『Re:3』で初登場。ネメシスによってNE-αを寄生されたゾンビの成れの果て。
寄生されたゾンビは頭部が砕け散り、中心部の黄色く光る口部とそれを囲む八本の鉤爪、頭頂部の触手からなる異形の頭と化す。遠くから触手を伸ばして攻撃しながらゆっくりと近付き、相手を捕まえて頭を丸齧りしようとする。この攻撃で死亡すると、犠牲者もNE-α寄生体となってしまう。
弱点は口部だが、銃で攻撃すると鉤爪で防御してしまう。そのため、足などを狙って防御を解かせるか、ショットガンなどの強力な武器で防御ごと粉砕させなければならない。
ゾンビの頭部が弾けて異形の頭が出てくる様子は、バイオハザード4ガナードを彷彿させる。

第2形態

度重なるダメージの蓄積により「NE-α」が発達、コートの上半身が破け、右手から複数の触手が生えてきている所謂暴走形態のようなもの。
触手を使った中・近距離攻撃を行う。攻撃範囲やリーチが劇的に伸びているがどれも大振りで隙が大きい。
利き腕に多数の触手が生えてきているため、火器の携行は不可能である。

追跡者第二形態



『アンブレラクロニクルズ』では第2形態と第3形態の中間のようなデザインとなっていて、そのためネメシスの変形が第2形態までとなっている。

biohazard



『RE:3』では火だるまになって苦しみながら川に落ち、その際に拘束具がほとんど焼け落ちた上に火傷による損傷から変異してこの形態となり、腕から複数の触手は生えておらずオリジナル版の姿とは差異が見られる。
顔から鼻が無くなった事でオリジナル版の顔に近くなり、コートは下半身に腰ミノのような形で若干残っている。

ネメシス二形態


四足歩行で機敏に動き回り、巨大な爪で引っ掻く、飛び掛かる、捕縛して噛み付くなどまるでリッカーを巨大化させたような姿と挙動を見せる。
腕を切断されるとその代替とも言える程の太い触手を一本生やし、伸ばして振り回す、叩き付けるなど様々な攻撃を行う。
機動力が向上した事で町や壁を縦横無尽に駆け回る姿は同社の別ゲームを彷彿とさせる。そのためか、全体のシルエットや挙動・攻撃パターンがあるモンスター達に似ている
広場戦で車の上や壁を走り回っている時、または高所からこちらを見下ろしている時に、戦闘前に手に入れられるある弾を使うとネメシスを落とす事ができ、しばらく動けなくなる上に、胸から急所である「NE-α」が顔を出すようになる。第二戦目でも、ある仕掛けを利用すれば、同様に高所から落とす事ができる(万が一見失ってもカルロスが教えてくれる)。

Nightmareのような高難易度では勿論攻撃の一発一発がとんでもない威力で回避をマスターしていなければ回復アイテムが足りなくなるかもしくは即死する上耐久力も半端なく弾薬を節約しておかないと戦闘中弾切れを起こすことも想定される…のはShop(ゲーム内の実績解除で得られるポイントを通貨として便利アイテムを入手できる機能)による追加アイテム等を使わなかったらの話で所持していると攻撃力や防御力を上げることができるコインを持っていけば安定して戦える他無限ロケットランチャーを持っていけばほとんど何もさせないまま撃破も可能だったりする。

第3形態

厳密には変異とも言える形態。
3の終盤にて、処理液内に落とされた追跡者(第2形態)が、身体を溶かされながらも、処理液に耐える事が出来るように肉体を変質させ、タイラントの死骸を捕食して肉体を修復した。
四肢はほぼ無く、「NE-α」と連動していた頭部も損傷したために防衛本能が発動して完全に暴走状態となっている。
形状的には、「NE-α」の触手が四肢と頭部を形成しブリッジした状態という感じであり、強酸性の膿が吹き出る水疱が浮き出ている上に頭部はイビーに似た形状の消化器官となっている。
ゴミ処理施設で最後の決戦を行うが、ジルの猛攻と同施設に置かれていたレールキャノン『パラケルススの魔剣』の一撃により肉体の大部分を喪失、残りの部分で這い寄るも、(ライブセレクション次第で)ジルによるマグナムの連射で息の根を止められた。

『RE:3』では処理液で溶かされた所までは同じだが、本作では前作ラスボス『7』のラスボス某クリーチャーを彷彿とさせる超巨大な化け物と化して襲いかかってくる
もはや頭部以外はネメシスの面影がなく、推測ではあるが、旧作でタイラントの遺体を捕食したようにジル達が見ていないところで裏でゾンビなどを捕食したのか(溶かされたのは実験体ゾンビが無限湧きする処理施設である。それに本作ではNE-αはゾンビに寄生できる)、あるいは第二形態と同様にネメシスの肉体とNE-αが肥大化・変異したのか、いずれにせよ巨大化した原理は不明である。
本作においても、ジルはNEST2内の処理施設にあるレールキャノン『FINGeR』を使用して戦うが、その使い方は必見の価値あり。
低難易度ではイベント戦の色が強く戦い方さえわかれば消化試合のようなものだが高難易度、特に最高難易度のinfernoでは全ての攻撃動作が途轍もなく速くなる、先述のShopの便利グッズはほぼ必須級で緊急回避もマスターしておかないと冗談抜きで相手にならない程強い。
infernoの一つ下の難易度nightmareでも防御力を上げるコインを二つ持ってかつ体力全快の状態だというのに一撃貰えば間違いなく死ぬ即死攻撃でないただの通常攻撃を三連撃繰り出してくる。
間違いなく死ぬというのは攻撃速度が速すぎて一撃貰ったジルに立ち上がる暇も回復する隙も与えずに連続で攻撃するため。
難易度infernoではさらに激しくなるのでもうお察し。
前述の即死級技の通常攻撃を連続で7~8連撃、しかもご丁寧にフェイントのディレイ入りでしてきたりと正直ここまでやるかと言う理不尽な強さに仕上がっている。

実写映画版

2作目で登場。
前作で登場した一般人であるマット・マディソンがアンブレラに肉体改造された姿であり、外見こそ原作の第1形態と同じ姿であるが、どちらかと言えばディエゴ・ゴメスに近い改造人間と言える。
ガトリング砲を武器として使用する。
アンブレラに洗脳されて次々と生存者を殺傷し、かつての仲間であったアリス・アバーナシーと敵対していたが、戦闘中に記憶を取り戻して彼女を手助けした。
最期は撃ち落としたアンブレラのヘリの下敷きになって死亡。

登場作品

  1. バイオハザード3
  2. アンブレラクロニクルズ
  3. ガンサバイバー2(ゲーム中の名称は「実験体」)
  4. オペレーションラクーンシティ
  5. 映画バイオハザードⅡアポカリプス
  6. バイオハザード RE:3

バイオ以外

  1. ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
  2. PROJECT X ZONE
  3. めいわく星人パニックメーカー


余談

『オペレーションラクーンシティ』ではNE-αをベースとした寄生生物であるネメシスβが登場しており、あちらもタイラントと融合していた。

関連動画

初登場シーン


関連タグ

ネメシス ハンター B.O.W. タイラント バイオハザード

ネメシスの系譜を受け継ぐ追跡型の強敵

ウスタナク レイチェルウーズ ジャック・ベイカー

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「追跡者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 787285

コメント