ピクシブ百科事典

ウスタナク

うすたなく

バイオハザード6に登場するB.O.W.
目次[非表示]

概要

C-ウイルスの変異によって生まれたB.O.W.。その名はセルビア語で「決起」を意味する。体格通りの膂力で相手をなぎ倒す。事故によって無くした右腕は特別製の兵器によって補っており、それを用途に合わせて使い分ける他、命令には忠実で、非常に高い知能を有する。更に桁はずれた体力を誇り、削岩機で腹を抉られてもマグマに落ちても生きているほど。視覚がほとんどないためにほとんどを聴覚等に頼っており、自らの肉体から索敵のために「オコ」という小型B.O.W.を生産する力を持つ。
 素体にしたのはC-ウイルスの適応性の高いとされる研究者の一人。ある人物に心酔しており、その覚悟と忠誠があってこそ生まれたともいえる。というか病弱な研究者をここまで屈強にするC-ウイルスって怖い

 作中ではジェイク捕獲の命を受け、それを実行するために手段を択ばない追跡を行う。そのため作中でも「捕縛者」と名付けられている。度重なる戦闘の末、彼に「引き際がわかってねぇ」ということで「元カノ」扱いされる。
こんな元カノいらねーです。

装備

  1. ギミックアーム:初登場時、もしくは中国戦での装備。ワイヤーが格納されており、遠距離までその爪を飛ばすことが可能。その爪で捕えた相手をそのまま握り潰す、またはキリのような針で突き刺し、失血死させるシステムを備える。初めから死体で捕縛する気満々である。
  2. ガトリング:東欧空中戦で使用。ガトリングの砲身を三セット装填した無茶苦茶なガトリング兵器。ウスタナクの胴体程の大きさを誇る弾倉を背負ってヘリに飛び移りながら執拗に攻撃する。
  3. ドリルアーム:雪山で装備。つまるところ削岩機。3つのドリルで構成され、雪山の壁や鋼鉄の防御壁すら砕いてしまう威力を誇る。これで相手を挟み、ドリルでグチャグチャにしてしまう。尚、耐久力も高く、本当の削岩機と互角に渡り合うほどである。
  4. ショットガン:中国戦で装備。超大口径の大型ショットガンのアタッチメント。高威力の弾丸をバラ撒く。近~中距離戦に特化している。
  5. 鉄球最終決戦で装備。トゲのついた輪を何個も合わせてモーニングスターにしたような感じ。ギミックアームと同じように射出し相手にぶつけられるほか、マグマを中に溜めて威力を割り増しすることも可能。
  6. カゴ:中国戦で装備。右腕のアタッチメントではなく背中に背負うものであり、ジェイクを捕まえた時だけ使用。何故か捕まるとジェイクのライフが減る


関連タグ

バイオハザード バイオハザード6 B.O.W. ジェイク・ミューラー シェリー・バーキン

ネメシス…シリーズ敵に彼の先輩

pixivに投稿された作品 pixivで「ウスタナク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16394

コメント