ピクシブ百科事典

ジェイク・ミューラー

じぇいくみゅーらー

バイオハザード6に登場する人物
目次[非表示]

概要

 東欧のイドニア共和国で反政府ゲリラの傭兵として今まで生きていた。
 きたない方のエイダから渡されたCウイルスを接種したが発症しないという抗体の持ち主であり、その抗体を持つ身体を保護するために現れたシェリー・バーキンと共に戦場を駆け抜けることになる。

人物

捻くれ者で皮肉屋な性格で、ぶっきらぼうな態度や口調で常に憎まれ口を叩く。金に対する執着心が異常、というか金と自分の力以外信じないことを信条としている。
しかし、根は早くに両親を失い孤独だったことから愛情に飢えており、上述の理由から共に行動することとなったシェリーが自分に心優しく親切に接してくれたことから、彼女のことを気にかけるようになる。

筋肉質でありながら引き締まってもいるという、恵まれた体格を持っており、傭兵としての腕前は確かで、腕っ節はかなり強く、アクロバットな動きも容易いなど、万能な運動神経を持っている。作中でも、上半身裸の丸腰で、銃器で武装したジュアヴォを圧倒したり、巨大B.O.W.のウスタナクと素手で互角に渡り合うといった人間の粋を超えるような離れ業をやってのけるシーンが多々ある等、父親(後述参照)譲りの超人的な身体能力や戦闘能力の持ち主である。

ゲーム中では彼特有の体術「素手」というものがある。フィジカルコンバットゲージを消費しない(クイックは追い討ちでは消費する)便利な技であり、弾が足らないときに便利である。攻撃ボタン長押しで強い一撃をお見舞いすることも可能。

実は・・・

以下バイオハザード6のネタバレ注意






















 あのアルバート・ウェスカー息子である。どんな経緯で生まれたかは不明であり、子が生まれた後、ウェスカーはすぐ二人の下を去っていっている。
 そのため本人もこのことは知らず、事実を知らされたときは、自身の父親のことを嫌悪していたが、唯一の身内でもあることから少なからず親子の情は持っていたようである。

 それ故に、父の宿敵だったクリス・レッドフィールドとは互いに複雑な心境を抱き合っており、彼が父を死に至らしめたことを知った際は、自業自得であることは理解していながらも、激情にかられ彼に銃を突き付けて射殺しかけた。
 クリスも、ウェスカーの野望を阻止するためとはいえ、ジェイクにとっての唯一の肉親を奪ってしまったことに負い目を感じており、彼と対峙した際は討たれることも覚悟していた。

共通点の多いキャラクター

ジョルノ・ジョバァーナ
ジード(ウルトラマン)
ルーク・スカイウォーカー
いずれも、悪の道に走った父がいることを知らずに生まれ育ってきた主人公である。

ロック・ハワード
シリーズのメインウィランを実父に持つ者繋がり。こちらは幼少期に父に会ったことがあるのだが、結局反りが合わず袂を分かち養父で父の宿敵であるテリー・ボガードと共に歩んでゆくことになる。


関連タグ

バイオハザード バイオハザード6 シェリー・バーキン アルバート・ウェスカー クリス・レッドフィールド レオン・S・ケネディ  ジェイシェリ

冴島大河(龍が如く5) 全くの別作品だが共通点がある。坊主頭、素手で怪物と戦う、雪山でスノーモービルを走らせる、近接攻撃にため攻撃がある、両者の登場ゲームが2012年発売(冴島は2010年発売の龍が如く4から登場している)

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェイク・ミューラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2020372

コメント