ピクシブ百科事典

マヌエラ

まぬえら

バイオハザード・ダークサイドクロニクルズのヒロイン。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. バイオハザード・ダークサイドクロニクルズ』の登場人物。本稿で説明
  2. ファイアーエムブレム風花雪月』の登場人物。→マヌエラ=カザグランダ


1の概要

本名は「マヌエラ・ヒダルゴ」。ダークサイドクロニクルズのオリジナルストーリー「オペレーション・ハヴィエ」にて登場。
ゾンビの巣窟と化した南米のある村に出動したレオンクラウザーに教会で出会う。ハヴィエの根城から逃げ出したらしく、純白のワンピースは破けて血がついている。また、なぜか右腕に包帯を巻いている。ハヴィエの根城について詳しく、死んでしまった正規に雇った案内人の代わりにレオン達を導くことになる。











マヌエラ・ベロニカ

実は今回のレオン達のターゲット「ハヴィエ・ヒダルゴ」の一人娘。15年前(よりもっと前かもしれない)に不治の病に母親のヒルダと共に侵され、アンブレラに唆されたハヴィエによって母親は「T」を接種して化け物と化し、一方のマヌエラは「T-veronica」を接種して、以降15年間Veronicaを定着させるためにハヴィエの手によって他の女性の臓器を何度も移植されていた。しかし、レオン達が現れたタイミングが悪かったのか、拒絶反応らしき反応が起こる。しかし、暴走したVeronicaの複合体V・コンプレックスとの激戦の中「痛みを失うことは人間でなくなること…ならば私は人間として死ぬことを選ぶ!!」と覚悟してV・コンプレックスに突貫する。

静まれ・・・私の腕よとかなんとか


その時にレオンによって助けられ、更に追い打ちをかけるV・コンプレックスの攻撃で殺されかけた時、右腕のveronicaが覚醒、かつてのアレクシアと同じ様に発火する血液によって、レオン達と共に暴走したVeronicaの複合体を撃破するために立ち向かう。



尚、V・コンプレックス戦があるチャプター5にて、マヌエラに血を使わせすぎると死んじゃうので、助けるためにあらゆる手を尽くしてV・コンプレックスを即座に撃破しよう。




 その後(正史)はVeronicaを定着させたとはいえいつ暴走が起こるかわからないというかVeronicaの制御性が全くわかってない以上野放しにするわけにもいかなかったため、政府の管理下に保護されており、現在では再登場の兆しはないものの、生きてはいると思われる。

余談

ムック本ではVeronicaでクリーチャー化したマヌエラの没イラストが掲載されており、アレクシアと比べるとある程度人の形を保っているものの、Veronica由来のノスフェラトゥモンスタースティーブと同様に肌が変色しており、右腕が花弁上に変異して髪が逆立っている等、全体的に風貌が変化している。

関連タグ

バイオハザード ダークサイドクロニクルズ ジャック・クラウザー レオン・S・ケネディ
アレクシア・アシュフォード V・コンプレックス ヒルダ・ヒダルゴ
褐色娘

???:シリーズ的にある意味後輩。ネタバレ注意

竈門禰豆子己を血を発火させる能力を得たヒロイン繋がり。こちらも自分の意思とは関係なく人を襲う怪物と同じ存在にされたという共通点を持つ。

関連記事

親記事

ダークサイドクロニクルズ だーくさいどくろにくるず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マヌエラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 716044

コメント