ピクシブ百科事典

アネット・バーキン

あねっとばーきん

『バイオハザード』シリーズの登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

バイオハザード2』『ダークサイドクロニクルズ』の登場人物。

ウィリアム・バーキンの妻で、シェリー母親
夫と同じくG-ウィルス研究の第一人者であるが、研究員ながら卓越した射撃能力を持っている。

人物像

元々はアークレイ研究所の研究員であり、当時主任だったウィリアムと知り合い職場結婚。
彼がG-ウイルスを発見する2年前に一人娘のシェリーを出産。
家族に対する愛情は深いが、母親となった後も夫を愛するあまり家庭を顧みず研究に没頭しており、シェリーとの親子関係があまり良好とは言えない状態であったが、研究中毒の夫と比べればまだ親としての自覚はあった様子。
また、被害妄想が激しい一面もあるがそれに至るにはちゃんとした理由がある。

来歴

ウィリアムがアンブレラからG-ウイルス計画を承認された事を機に自身も計画に参加した。ラクーンシティ研究所でウィリアムの研究をバックアップする傍ら、外部との連絡を行なう役割も担当。その時に連絡を取り合っていた人物がラクーン市警察の署長ブライアン・アイアンズ

洋館事件後、G-ウイルス奪取を狙うアンブレラの特殊部隊に研究所が襲われ、T-ウイルスの汚染によるラクーンシティの崩壊を察してシェリーを警察署へ避難させた。しかし、夫婦の研究成果であるG-ウイルスへの執着を捨てられず、そのサンプルが入ったネックレスをシェリーを持たせた事で事態をより一層悪化させてしまう。
そして、夫への愛情とG-ウイルスに対する執着が自身と周囲の運命に大きな影響を及ぼす結果へと繋がってしまう。

その後、アンブレラが夫を襲撃した事から疑心暗鬼に陥り、G-ウイルスを守ろうとするあまり、サンプルを狙いに来たエイダはおろか、レオンクレアにすら敵意を向けていた。
当初は夫の研究を引き継ぐ為に奔走していたが、G生物と化した夫がシェリーにGウィルスの胚を植えつけた事を知った際には今までの過ちに気づき、シェリーを救おうと決意した。
シナリオによって経緯が異なるものの、最終的には致命傷を負ってしまい、最期はG-ウィルスの研究の過ちに気付き、娘への懺悔と母親としての後悔の言葉を残してレオンとクレアに看取られながら息を引き取った。
ちなみにクレア表シナリオと『DC』では皮肉にもG生物と化した夫に致命傷を負わされてしまう。

前述通り『DC』では「Gの研究は間違っていた」と認識しており、レオンやエイダに銃を向けたのも、危険なG-ウィルスを他人に渡さぬようにという感情からだった。
その後、レオンとクレアがスパイではなくシェリーの協力者であるとわかった後、G-ウイルスの真相とウィリアムが怪物化した経緯を話し、クレアからシェリーを助けるために共闘を持ちかけられるが、夫を止められなかった責任感からか、一人でバーキンGを止める事を選ぶ。

また、少々被害妄想が激しかったとはいえ、や夫の友人をはじめとする、人間性が欠落している多くのアンブレラ社員や研究者の中では良心的であり、かなりまともな思考と精神を持った人物だったと言える。
(前述した通り、特に『DC』では良心的な一面が強調されている)。

余談

ゲーム本編ではゾンビにもクリーチャーにもなることなく退場しているが、没案では夫と同じくG生物となったアネットの設定イラストが存在しており、『バイオハザード アーカイブス』などのメディアで見ることができる。

関連タグ

バイオハザード バイオハザード2 ウィリアム・バーキン シェリー・バーキン G生物
ブライアン・アイアンズ レオン・S・ケネディ クレア・レッドフィールド

コメント