ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

日本では2022年1月28日に公開されたバイオハザードシリーズの実写映画。(先行公開となった全米では前年の2021年11月24日)

正式名称は『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ


過去に製作されたミラ・ジョヴォヴィッチ主演の実写映画版バイオハザード6部作のリブートにあたる作品であり、キャストや設定が一新されている。

旧作は主演のミラやその夫で作品のメインプロデューサーのポール・W・S・アンダーソンによる独自路線(というよりミラ優遇)を貫いた結果、興行収入に反し、原作ファンからの評判がお世辞にも芳しくなかったのに対し、今作の監督 ヨハネス・ロバーツはバイオハザードシリーズの根っからのファンで、制作前から「リブート版はよりゲームの世界観に近いものにする」と宣言していたが、今作ではタイトル通りラクーンシティが舞台であり、従来では、独自設定だった旧作よりも、原作とするゲーム版にもっとも近い設定へと一新した作品となっており、ファンからは「これぞ俺達の観たかった映画版バイオハザードだ」「どこぞのホームビデオなんかとは大違い」と評価する声が上がった。


その反面、一部の登場人物(主にジルやレオン)の配役については原作とはまるで異なる事から「旧実写版の方が忠実だった」という意見もある(特にジルに関しては、旧実写版における演者シエンナ・ギロリーの再現度が非常に高かった事もあって、特に手厳しい意見が目立っていた)。


日本においては令和最初に公開された実写版である。


あらすじ

巨大複合企業アンブレラ社の拠点がある街、ラクーンシティ。

この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールドは、アンブレラ社がある事故を起こした事で街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。

ラクーン市警(R.P.D.)の兄クリス・レッドフィールドはクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがて2人は街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。

次々と襲い掛かってくる住民達。そんな中、2人はアンブレラ社が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが……。


登場人物


予告編


関連タグ

バイオハザードシリーズ 映画 実写映画

SonyPictures


運命のラクーンシティオペレーションラクーンシティ「ラクーンシティ」を冠した作品繋がり。

関連記事

親記事

バイオハザードシリーズ ばいおはざーどしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6570

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました