ピクシブ百科事典

ブライアン・アイアンズ

ぶらいあんあいあんず

ブライアン・アイアンズとは、『バイオハザード』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

R.P.D.(ラクーン市警察署)の署長。
温厚で市民思いな人物で、部下からの信望も厚い。
趣味は美術品鑑賞と狩猟と剥製作り。

バイオハザード2作中にて、クレア・レッドフィールドと遭遇した際には執務室で自分のデスクに座っていた。
デスクの上には市長の娘の遺体が横たわっており、彼曰く「助けようとしたが間に合わなかった」との事。
警察署が壊滅状態に陥ったことなどもあって憔悴しきっており、自分も含めて誰も助からないと考えている様子。

関連タグ

バイオハザード バイオハザード2 署長 警官 剥製













※ネタばれ注意

上で述べた人物像は表向きで、彼の本性は猟奇的な側面を持ち、抑圧された環境下では暴走しやすいという危険極まりないものである。
彼は大学生時代に2度も女子学生に暴行を加えた容疑がかけられており、精神鑑定を受けさせられていたが、成績優秀だからという理由で不問となったらしい。

死亡した市長令嬢も、実は彼が自らの手で殺害していた。
その理由は剥製にしてじっくりと眺めたいというあまりにも狂気じみたもの。
また、彼の狂気はこれだけに留まらず、バイオハザード2のファイルの一つ『署長の手記』の9月23日付の内容によれば、

9月23日
もうお仕舞いだ。アンブレラの奴等は私の街をメチャクチャにしやがった!
じきに街はゾンビだらけになる。
私だって感染しているかも分からない。
こうなったら街の人間は、一人残らずブッ殺してやる!!

「猟奇的な側面を持ち、抑圧された環境下では暴走しやすい危険なもの」という彼の本性が最悪の形で表面化したのだ。
街の混乱に乗じた警察署内でのテロ対策という名目で署内の武器弾薬の配置を拡散し、これによって正確な配置場所を把握出来なくなり、警官達は攪乱され迅速な対応が不可能となる。更には脱出路を断ち警官達の脱出も妨害。
遂には本格的にバイオハザードが起きた際、「狩り」と称して生き残りの警官らを次々と殺し始める
日記の別の日付のページにはエドワードと言う警官を殺害した時の事が書かれていた。

事件発生前は、アンブレラと内通しており、洋館事件の生存者の報告を抹消していたらしい。
また、ウィリアム・バーキンと彼の妻アネットを通じてアンブレラから受け取った賄賂で高額な美術品を購入していた。
しかし、ラクーンシティの惨劇が起きる少し前に運悪く内務調査で今までの悪事が暴かれる事となる
仮に生き延びたとしても彼に明るい未来など無かったと言える。

アンブレラを逆恨みした挙げ句、市民も部下も誰も彼も道連れにしようとした彼の最期は、クレア編の表シナリオと裏シナリオで若干異なるがどちらにせよ凄惨そのもので、
表だとGの胚を体内に埋め込まれた挙句、拒否反応によって体を引き裂かれる
裏だと穴から伸びてきたGの腕に足を掴まれ引きずり込まれた直後、署長の断末魔が響き渡り、上半身だけになった死体が部屋に放り込まれる

バイオハザード2より前の時系列であるバイオハザード3にて、警察署内の殆どのドアが塞がれているのは恐らく彼の仕業だと思われる。
また、3のマーセナリーズでクリアした後、彼らしき人物がU.B.C.S.隊員に報酬の入ったスーツケースを手渡している描写がある。

余談

実は、セガサターン版初代バイオハザードの特典だった開発秘話を記したハードカバー本に収録された前日談とも言える短編小説に既に彼の名前は出てきている。
表記は「ブライアン・アイアン」で、ゲーム中で描写されたような一面はない。
ちなみに、「2」の攻略本に記載された開発スタッフへのインタビューで、「1」のキャラクター選択画面に表示されているクリスとジルの身分証明書に「Brian Irons」のサインがある(ただし崩れていて読みづらいとも言っている)、ということが語られていることから「1」の時点で署長の名前の設定だけはあった模様。

関連タグ(裏)

悪徳警官 変態
キチガイ 人格破綻者

pixivに投稿された作品 pixivで「ブライアン・アイアンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2101

コメント