ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アダム・ベンフォード

あだむべんふぉーど

バイオハザード6の登場人物で、同作内の2013年時点でのアメリカ合衆国大統領。メイン画像の下のスーツを着た人物。

概要編集

バイオハザード6』に登場する、同作内の世界における2013年時点でのアメリカ合衆国大統領

軍人であり、政治家に転身したラクーンシティ事件以降、世界各地で多発するバイオテロの脅威を排除することに、並々ならぬ情熱を注いでいる人物で、2011年に自身が直轄するエージェント組織『DSO(Division of Security Operations)』と、その統括とサポートを行う『FOS(Field Operations Support)』を設立している。


シリーズの主要人物であるレオン・S・ケネディをエージェントとして迎え入れたのは彼であり、政府高官時代にスカウトしており、レオンにとってはラクーンシティ事件以降からの恩人であり、旧友でもある。

ちなみに任期交代により就任したため、『4』のヒロインで、大統領の娘であるアシュリー・グラハムの父親とは別人である。


今や世界規模となったバイオテロの脅威と戦って行くには、その発端となったラクーンシティ事件の真相(アンブレラと合衆国政府の繋がり)を公表し、隠蔽されていた事実を全てを明らかにした上で、世界各国と協同で対処していくべきと考えていた。

そのため、『6』の開始直後、トールオークスにて事件の真相を声明として発表しようとしたが、ネオアンブレラと結託していた大統領補佐官で盟友だったディレック・C・シモンズの策略によりバイオテロに巻き込まれ、ゾンビ化して皮肉にも親友であるレオンに射殺される事となった。


なお、仮に事件の真相を公表した場合、作中でシモンズが語ったようにアメリカの権威が失墜するとの事であり、当の大統領は世界に大きな変化をもたらす可能性を覚悟した上で公表に踏み切ったと思われる。

しかし、それと同時に仮にシモンズが手を下さなかったとしても、他の誰かが声明を妨害していたのは想像に難くない。


大統領の死後、レオン達の活躍でシモンズの悪事こそ暴かれたものの、数少ない証人であった大統領が志半ばで命を落とした事でラクーンシティ事件の追及が困難になったようであり、実際『6』以降ではレオン達がバイオテロと戦い続けながらもラクーンシティ事件の真相究明に対しては完全に諦めていたように見受けられる。


関連タグ編集

バイオハザードシリーズ

バイオハザード6

レオン・S・ケネディ ディレック・C・シモンズ

内部告発


カーティス・ミラー…ラクーンシティ事件の真相の公表を望んだ者同士。

関連記事

親記事

バイオハザード6 ばいおはざーどしっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1879

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました