ピクシブ百科事典

カーティス・ミラー

かーてぃすみらー

『バイオハザード:ディジェネレーション』の登場人物。
目次[非表示]

CV:小山力也

概要

NGOの元職員。35歳。
ラクーンシティの惨劇で妻子を失った悲劇をキッカケにクレア・レッドフィールドが所属するNGOに参加。
ウィルファーマ社のハーバードヴィル研究施設建設を知り、ラクーンシティ事件の再来を防ごうと激しい抗議活動を行ない、営業妨害と恐喝の罪で逮捕されてしまった。

前述の通り、妻子は既に亡くなっており、肉親は妹のアンジェラのみ。
かつては家族思いの善良な人物であり、過去に人命救助で仲間を危険に晒して落ち込んでいたアンジェラに対して「たった一つの命を救えない人間に大勢の人間の命は救えない」と諭していた。
ラクーン事件以降は妻子を失った罪悪感から、すっかり心が荒んでしまい、上記の抗議活動へと繋がって現在に至る。
また、妹に累が及ばないための配慮からか、彼女とは3年前から連絡を絶っている。

序盤でハーバードヴィルのバイオテロが起きる直前に現場を通りがかった事から、事件の容疑者として浮上した。
その状況を見かねたアンジェラはレオン・S・ケネディと共にカーティスの家を訪れたが、既にカーティスはその場から姿を消しており、過去と決別するかのごとく自宅が燃やされていた。

※以下ネタバレ




















ラクーンシティの惨劇が闇に葬られる事が許せなかったんだ。
政府が…事実を都合良く書き換える事が許せなかったんだ!
あの男に真実を知らされた時、俺は誓った。どんな手段を使ってでも真実を公にするんだと!

何者かに爆破されたウィルファーマの研究所でアンジェラと再会したカーティスは爆発で重傷を負いながらも「事件を起こした理由」「自身の背後にいる黒幕の存在」をアンジェラに打ち明けた。
この時既に自身の体にG-ウイルスが注入されており、直後に駆け付けたレンジャー部隊に対し…

今ここで真実を暴いてみせる! そう、俺のやり方でだ!
お前達は…その最初の目撃者だ!

G-ウイルスの生みの親であったウィリアム・バーキンと同じくG生物へと変貌してレンジャー部隊とアンジェラ、レオン・S・ケネディに襲いかかった。
変異の影響で自我や知能を失い、G特有の繁殖本能で遺伝子的に近いアンジェラに胚を植え付ける為に執拗に彼女を狙うようになるが、戦闘中にアンジェラが落とした家族の写真を見た途端にわずかながら自我を取り戻していた。
最期はレオンに倒されて奈落の底へと落下した。

カーティスと結託していた黒幕の正体はウィルファーマ社の研究員であるフレデリック・ダウニングであり、彼からラクーンシティ事件の真相を聞かされてバイオテロに加担したのが一連の事件の背景であった。
もっとも、あくまで利害の一致に過ぎず、最終的にT-ウイルスとワクチンを利用した計画を優先したフレデリックに裏切られて研究所を爆破された挙句にG生物となった自分すらも計画の道具にされてしまったが、のちに真相を知ったアンジェラの手でフレデリックが逮捕された。

エンディングではトライセル社の調査部隊によって肉体の一部を回収される事となった。

総括

黒幕の掌の上で踊らされた形とはいえ、罪の無い人々を巻き込んだ行動に関しては作中でクレアが言ったように決して許される事ではないものの、「ラクーンシティのような悲劇を繰り返したくない」という気持ちはレオン達と同じものであり、そのような意味ではカーティスもまたアンブレラの犠牲者と言える。

彼の生き様は言うなれば、『人生をやり直せないまま怪物に成り果てたアレクサンドル(サーシャ)・コザチェンコIFの姿』とも言い換える事が出来る。

関連タグ

バイオハザード ディジェネレーション G生物 バイオハザードの登場人物
哀しき悪役

グレン・アリアス…家族を失った過去が原因でバイオテロに走ったバイオハザードシリーズの敵役繋がり。
ビンディ・ベルガーラ…親しい者を失った事が原因でバイオテロに走ったバイオハザードシリーズの敵役繋がり。こちらもカーティスと同じく黒幕の計画に利用されていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「カーティス・ミラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 385

コメント