ピクシブ百科事典

ジョルノ・ジョバァーナ

しおばなはるの

ジョルノ・ジョバァーナとは、「ジョジョの奇妙な冒険第5部・黄金の風」の主人公。
目次[非表示]

「このジョルノ・ジョバァーナには夢がある!」

「覚悟とは!! 暗闇の荒野に!! 進むべき道を切り開くことだッ!」

概要

第5部「黄金の風」の主人公
歴代主人公ジョースター家の宿敵DIOと日本人女性との間に生まれた日英ハーフ。
1985年4月16日生まれの15歳。身長172cm。AB型。
本名は汐華初流乃(しおばな はるの)だが、イタリアで生活する都合上、「ジョルノ・ジョバァーナ」を名乗っている。

父親は邪悪の化身DIOだが、彼はジョナサン・ジョースターの肉体を奪っており、そのためジョルノには誇り高きジョースター家の血が受け継がれたらしい。
ギャングによって腐りきった街を救うため、自らがギャングのボスになり街を救うことを決意し、DIOのカリスマ性とジョースター家の黄金の精神を併せ持つ、その覚悟の強さで多くの苦難を乗り越えていった。
本編で「ジョジョ」と呼ばれたことは一度もなく、ジョースター家の存在も知らない。
また、今のところ歴代最年少の主人公である。

性格

常に冷静で理知的、あの熱血漢ジョナサンの血が流れているということを忘れそうになるぐらいである。また、ラッシュ時には「無駄無駄」と叫ぶ、ヒートアップすると「WRYYYYYY」という咆哮を上げるなど、DIOとの共通点がいくつか見られる。
無表情なことが多く、味方からも「何を考えているのか分からない」と言われることが多い。
ただ、ジョースター一族特有の正義感と覚悟の強さはしっかりと受け継がれており、そこに加えてとっさの機転が回る頭脳派な一面も備えている。

兎にも角にも、己の目標や目的を達成するために大局的・客観的にモノを見ることができ、それを実現させることのできる器量と行動力を有している。その覚悟と器の大きさは、味方からも感嘆や敬意で表されるほどの凄みにあふれている。
一方、相手が自身の障害となると考えればそれを躊躇なく排除する冷徹な一面もあり、少なくとも序盤で襲撃を掛けてきたブチャラティのことは本気で始末する気でいた。

幼少期は母親の育児放棄、義父からの虐待、近所の子供達からいじめを受けるなど過酷であり、常に人の顔色を伺う性格であったが、偶然助けたギャングとの出会いによって無自覚に後ろ盾を得たことが彼のその後の人生を変えることとなった

外見的特長

落書き


髪型

髪色は今は金髪だが、幼少時(少なくとも本人の回想の中で育っていた位までは)は黒である。染めたのではなく、父親からの遺伝らしい。髪を伸ばしており、後ろで編んでいる。
何よりも目を引くのが前髪にある「わっか」(一応、前髪をカールしているらしい)で、その特徴のためファンからは「コロネ」と呼ばれている。

服装

パッショーネに入る前は学生だったためか、常時胸元がハート型に開いた学ランを着用している。
胸とへその部分には、第5部のシンボルマークともなっているテントウムシのアクセサリーが付けられている。(本人いわく「幸運を呼ぶお守り」との事。)

スタンド

ゴールド・エクスペリエンス

無題


【破壊力 - C / スピード - A / 射程距離 - E(2m) / 持続力 - D / 精密動作性 - C / 成長性 - A】
テントウムシがモチーフの近距離パワー型スタンド。
触れた物体に生命力を注ぎ込み、そこから動物や植物といった生物を生み出す能力を持つ。
詳しくは当該記事を参照。

ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム

【破壊力 - なし / スピード - なし / 射程距離 - なし / 持続力 - なし / 精密動作性 - なし / 成長性 - なし】
ゴールド・エクスペリエンスが「矢」に貫かれたことによって進化した、スタンドを超えた存在【鎮魂歌(レクイエム)】。スタンド評価では全ての項目が「なし」。つまり測定不能ということ。
詳しくは当該記事を参照。

その他

戦歴最少の主人公

実は第6部までに登場した主人公陣では戦闘回数が一番少ないらしい。
彼の場合、その頭脳と機転を生かして味方の援護に回ることが多く、結果として直接戦闘に出る回数以上に護衛チームの軍師的な存在となった部分がある。
またメメタァな話だが、第5部自体が「群像劇」としての色を強く打ち出して制作されたため、ジョルノばかりに出番を回すわけにもいかなかったという部分も大きい。

外伝小説『恥知らずのパープルヘイズ』では、ギャング組織パッショーネのボスとして君臨。
父親譲りのカリスマ性で、パッショーネを前以上の巨大組織に発展させており、主に治安回復とディアボロ時代の負の遺産(麻薬、石仮面など)の掃討に力を注いでいる。
なおディアボロを連想させる「ボス」の名称は嫌い、周囲には「ジョジョ」と呼ばせている。

好物など

ちなみに好きな食べ物は、「プリン」「チョコレート」「タコのサラダ」と、15歳の少年らしいラインナップ。
特にプリンは、普段冷静で理知的な性格とのギャップからか、共に描かれるイラストが多い。一方嫌いな食べ物は鶏肉、特にカモの肉。

好きな曲は「ジェフ・ベック」、好きな物語は『レ・ミゼラブル』。

異母兄弟・血縁者

第6部において同じくDIOの息子、すなわちジョルノにとっては腹違いの兄弟にあたるウンガロリキエルドナテロ・ヴェルサスの3人が登場。

いずれも不幸な幼少時代を過ごした上、ジョルノのような転機も訪れなかったため、初登場時は全員暗くひねくれた性格となっていた。プッチ神父がDIOより受け継いだ野望をサポートするために6部主人公の空条徐倫たちに立ちふさがる。

3人が神父の前に集結したのは、DIOの力を受け継いた神父の引力に引かれたためだったため、6部連載当時から「ジョルノもアメリカに来ているのでは?」とささやかれていた。
そして単行本のコメントにおいて、ジョルノも彼らと同様にフロリダのどこかに来ていたかもしれない事が示唆された。だが本編には未登場だったため、本当に来ていたのか、来ていたとしても何をしていたのかは定かではない。
ちなみにジョルノと3人の弟たちの間に面識はない。おそらくお互いの存在も知らない。

また、作中では特に触れられなかったが、DIOの肉体がジョナサンのものである為、ジョナサンの息子でもあると考えることもできる関係上、ジョルノはジョージ二世にとって「腹違いの弟」、そしてそのジョージ二世の息子である第2部主人公ジョセフ・ジョースターにとっては「66歳年下の叔父」ということになる(アイズオブヘブンの掛け合いで老ジョセフがそれを察し驚愕している)。

担当声優

朴璐美 (黄金の旋風)
浪川大輔 (オールスターバトルアイズオブヘブン)

関連画像

Giorno Giovanna
黄金の精神


Giorno
(^q^)どや?



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 GIOGIO ジョースター家 
護衛チーム ブローノ・ブチャラティ グイード・ミスタ レオーネ・アバッキオ ナランチャ・ギルガ パンナコッタ・フーゴ トリッシュ・ウナ ジャン=ピエール・ポルナレフ
ディアボロ 
DIO 無駄親子 

共通点の多い他作品キャラ

いずれも、「主人公サイドの宿敵の息子」「父親から何かしら特殊な力を受け継いでいる」「父親のように悪の道には染まらず、正義への道を突き進む」という共通点があり、しばしば比較されることがある。詳細は各リンク先を参照。

ルーク・スカイウォーカー
朝倉リクウルトラマンジード (頭文字がG繋がりでもある)
ジェイク・ミューラー
ロック・ハワード

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョルノ・ジョバァーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4002697

コメント