ピクシブ百科事典

目次[非表示]

このジョルノ・ジョバァーナには夢がある

プロフィール

名前(年齢)ジョルノ・ジョバァーナ(15歳)
スタンドゴールド・エクスペリエンス
生年月日1985年4月16日
血液型AB
身長172cm
好きな音楽ジェフ・ベック
好きな物語レ・ミゼラブル
好きな食べ物チョコレートプリンタコサラダ
嫌いな食べ物鶏肉 とくにカモの肉
ヒーロー幼い頃出会った名も知らぬギャング
性格ジョルノが一番欲しているものは「希望」である。希望さえあればどんな所にでもたどりつけると決心している。ジョルノは幼少の頃、母親の愛をほとんど受けることなく、むしろ義父から虐待されていた。くじけそうになっていた一歩手前で出会った見知らぬギャングの「仁」の姿がジョルノにとって「正義」であり、「希望」となった。(ジャンプコミックス63巻より)


概要

第5部「黄金の風」の主人公
歴代主人公ジョースター家の宿敵DIOと日本人女性との間に生まれた。
ディオ・ブランドー及び、その体であるジョナサン・ジョースターはイギリス人であるため、一応日英ハーフと表現すべきか)
1985年4月16日生まれの15歳。身長172cm。AB型。
本名は汐華初流乃(しおばな はるの)だが、実母がイタリア人の男と結婚したためイタリア国籍となり、イタリアで生活する都合上、「ジョルノ・ジョバァーナ」を名乗っている。

父親はディオ・ブランドーDIO)だが、彼はジョナサン・ジョースターの肉体を奪っており、そのためジョルノには誇り高きジョースター家の血が受け継がれたらしい。
血縁関係的にはジョナサン・ジョースターの息子にあたるため、ジョージ・ジョースター2世約100年前に生きた異母兄弟で、その息子であるジョセフ・ジョースター66歳年上の甥にもあたる。

ギャングによって腐りきった街を救うため、自らがギャングスターになり、パッショーネを乗っ取り、街を救うことを決意。DIOとジョースター家のカリスマ性と、ジョースター家特有の黄金の精神を併せ持っており、並々ならぬ”覚悟”の強さで多くの苦難を乗り越えていった。
ジョナサンを髣髴とさせる考え方を持ちつつディオのような行動、手段もとるという両方の特徴を持ったキャラクターである。
実は本編で「ジョジョ」と呼ばれたことは一度もなく、ジョースター家の存在も(第5部本編中では)知らない異色の存在である。
また、今のところ歴代最年少の主人公でもある。

性格

常に冷静で理知的。あの熱血漢ジョナサンの血が流れているということを忘れそうになるぐらいである。また、「無駄」という言葉が口癖であったり、ラッシュ時には「無駄無駄」と叫ぶ、ヒートアップすると「WRYYYYYY」という咆哮を上げるなど、父との共通点がいくつか見られる。
無表情なことが多く、味方からも「何を考えているのか分からない」と言われることが多い。
ただ、ジョースター一族特有の正義感と覚悟の強さはしっかりと受け継がれており、そこに加えてとっさの機転が回る頭脳派な一面も備えている。

第5部の作風を体現しているかのごとく、"黄金の精神を備えた正義漢"であると同時に犯罪行為には全く抵抗の無い"ワル"でもある。法の正義は彼の正義とは異なるのだ。第7部で登場した概念、『漆黒の意志』に通づる物があるのかもしれない。
幼い頃から家庭にも友人にも恵まれず、治安も悪い過酷な環境で孤独に生き抜かざるを得なかったという、歴代主人公の中でも特に不幸な生い立ちのせいなのだが、その初登場シーンは「空港の警官を賄賂で買収し、前作第4部の語り部・広瀬康一を無免許運転の白タク行為で招いて彼の荷物をブン盗り躊躇なく売り捌く」という、流れるような不法行為の数々であった。
爽やかな人当たりを装いながら生きるための悪事を平然と繰り返していた第一部の頃の父親ディオとの共通項を連想させる。また、見た目は典型的な不良学生でありながら素行は比較的に優等生とも言えた前作主人公・東方仗助との対比でもあったのだろうか。(本人、母親が両方とも日本人で現在もご存命という共通点もある。)

兎にも角にも、己の目標や目的を達成するために大局的・客観的にモノを見ることができ、それを実現させることのできる器量と行動力を有している。その覚悟と器の大きさは、味方からも感嘆や敬意で表されるほどの凄みにあふれている。
相手が自身の障害となると考えればそれを躊躇なく排除する冷徹な一面もあり、序盤で襲撃を掛けてきたブチャラティに対しても、彼が恐るべき本物のギャングであると承知の上でビビること無く抹殺を決意するほど。

ジョナサンたちが第一部でディオに勝利した後、戦いの終結を願って石仮面を破壊したのに対し、ジョルノが第五部最終回にて入手した「矢」を「破壊しない!」と宣言して未来のために利用しようと決断するところは、ジョースター一族とDIOの性格が合わさった彼の主義が強く現れている場面であろう。
一方、そのジョルノ="Giorno"という名前がイタリア語において吸血鬼DIOの弱点である太陽を意味していたり、ギアッチョとの戦いのクライマックスでは登りゆく朝日を背に無駄無駄ラッシュを炸裂させたり、自分さえ良ければ他はどうでもいいというまるで父親のような倫理観皆無で最悪級の利己主義の持ち主・チョコラータジョジョ史上最長となる激烈なラッシュで憤怒と共に断罪するなど、実父DIOとの対照や否定が垣間見える描写もしばしば成された。

過去

二歳の頃に実母から育児放棄、四歳の頃には再婚相手の義父からの虐待を受ける(これが原因で常に人の顔色を伺う臆病な性格になってしまった)。更に、不良少年たちから虐めを受ける日々を送ることになる。そんな日々が続き六歳になった頃、『僕は、この世のカスなのだろうか?』と考えていくようになっていった。だが、ある日偶然助けたギャングとの出会いによって無自覚に後ろ盾を得たことが彼のその後の人生を変えることとなった。成長していくと全寮制の中学校に通学し、学生寮で生活を始めた。

アニメ版ではそのジョルノの母(CV:東内マリ子)、義父(CV:田所陽向)、恩人のギャング(クレジットでは『男X』の表記。CV:白熊寛嗣 )ら関係者の描写が少しながら掘り下げられており、義父が結婚式で初対面のジョルノに対して猫被るような感じで『初流乃、お父さん達と一緒に写真を撮ろう』と愛想良く接するシーンが追加されている。

DIOについてジョルノ本人がどう思っているかは不明。原作・アニメ版ともに写真入れにDIOの写真を携帯しているさまが描かれる点から実父の顔や名前は知っているとみえるが、はっきりとした想いを彼自身が語ることが一度も無いまま5部は完結したため、しばしばファンやスピンオフ作品の作者が想像を膨らませるポイントになっている。
(それにしてもこの写真、ジョースター一族の星型のアザを見せる都合なのか正面から撮ったわけでもない角度で、書かれた名前も手書きというより印刷されたフォントのようで、まるでブロマイド写真である)

命の恩人のギャングとは『君がしてくれた事は、決して忘れない』と感謝を受けると同時に間接的ではあるが一緒の時間を過ごし、彼から人を信じるということを学んだ(その時に御馳走になったジェラートは、この経緯があったからなのか第1話のプロローグで名も知らぬ少年にも御馳走している)。 
また彼が、女子供にまで麻薬を流す男を殺め、男の息子に銃を向けられながらも、確固たる意志と覚悟を示す姿にジョルノが憧れるシーンなどが追加されている。

外見的特長

淡い色


髪型

髪色は金髪だが、昔(少なくとも本人の回想の中で育っていた位までは)は黒である。染めたのではなく、父親からの遺伝らしい。髪を伸ばしており、後ろで編んでいる。
何よりも目を引くのが前髪にある「わっか」(一応、前髪をカールしているらしい)で、その特徴のためファンからは「コロネ」と呼ばれている。ちなみに実際に存在するヘアースタイルでもある。
なぜその髪型にしたのかなどの理由は仗助とは違い全く触れられない。

服装

春がくる


パッショーネに入る前は学生だったためか、常時胸元がハート型に開いた学ランを着用している。学ランの色は青とピンクの2種類のパターンが原作のカラーイラストで存在し、原作漫画のカラー版では青、アニメ版ではピンクで統一されている。
胸とへその部分には、第5部のシンボルマークともなっているテントウムシのアクセサリーが付けられている。(本人いわく「幸運を呼ぶお守り」との事。)

スタンド

ゴールド・エクスペリエンス

このジョルノ・ジョバーナには夢がある。


【破壊力 - C / スピード - A / 射程距離 - E(2m) / 持続力 - D / 精密動作性 - C / 成長性 - A】
テントウムシがモチーフの近距離パワー型スタンド。
触れた物体に生命力を注ぎ込み、そこから動物や植物といった生物を生み出す能力を持つ。
詳しくは当該記事を参照。

ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム

ゴールド・E・レクイエム


【破壊力 - なし / スピード - なし / 射程距離 - なし / 持続力 - なし / 精密動作性 - なし / 成長性 - なし】
ゴールド・エクスペリエンスが「矢」に貫かれたことによって進化した、スタンドを超えた存在【鎮魂歌(レクイエム)】。
進化前の生命を与える能力に加え、「攻撃してくる相手の動作や意思の力をゼロに戻す」能力を持つ。
詳しくは当該記事を参照。

その他

戦歴最少の主人公

実は第6部までに登場した主人公陣では原作で確認できるだけでも13回のみと戦闘回数が一番少ない。(1番話数が短い第1部ジョナサンも名前あるキャラだけでも再戦も含めて14回以上、第2部ジョセフは部を跨いで18回以上、第3部承太郎は25回以上、比較的平和な第4部仗助は19回以上、第6部徐倫は16回以上、最も1、2部に関して言えば名もなき屍生人達も含めてカウントするなら戦闘回数は相当数と言える)
彼の場合、その頭脳と機転を生かして味方の援護に回ることが多く、直接戦闘に出る回数以上に護衛チームの軍師的な役割を全うする事が多くなった。
結果としてチームの中心人物で、ボスへの裏切りも主導したブローノ・ブチャラティが存在感を増しており、中には「ジョルノよりブチャラティの方が主人公らしい」という感情を抱くものも少なくない(アニメから試聴した人間はこの傾向は薄れているようである)。
またメメタァな話だが、第5部自体が「群像劇」としての色を強く打ち出して制作されたため、ジョルノばかりに出番を回すわけにもいかなかったという部分も大きい。

外伝小説『恥知らずのパープルヘイズ』では、ギャング組織パッショーネの新たなボスとして君臨。
父親譲りのカリスマ性で、パッショーネを前以上の巨大組織に発展させており、主に治安回復とディアボロ時代の負の遺産(麻薬石仮面など)の掃討に力を注いでいる。
なおディアボロを連想させる「ボス」の名称は嫌い、周囲には「ジョジョ」と呼ばせている。

好物など

好きな食べ物は「プリン」「チョコレート」「タコサラダ」と、15歳の少年らしいラインナップ。
特にプリンは、普段冷静で理知的な性格とのギャップからか、共に描かれるイラストが多い。

嫌いなものは「鶏肉」となっているが、この理由について『恥知らずのパープルヘイズ』にて「日本で暮らしていた頃に夕食として出された焼き鳥を思い出してしまうから」「ぼそぼそとした食感が機械油を吸ったスポンジみたいだから」と述べている。作中では文句を垂れながらも食べているので、絶対に食べられないというほど嫌っているわけではない模様。

異母兄弟・血縁者

第6部において同じくDIOの息子、すなわちジョルノにとっては腹違いの兄弟にあたるウンガロリキエルドナテロ・ヴェルサスの3人が登場。

いずれも不幸な幼少時代を過ごした上、ジョルノのような転機も訪れなかったため、初登場時は全員暗くひねくれた性格となっていた。プッチ神父がDIOより受け継いだ野望をサポートするために6部主人公の空条徐倫たちに立ちふさがる。

3人が神父の前に集結したのは、DIOの力を受け継いた神父の引力に引かれたためだったため、6部連載当時から「ジョルノもアメリカに来ているのでは?」とささやかれていた。
そして単行本のコメントにおいて、ジョルノも彼らと同様にフロリダのどこかに来ていたかもしれない事が示唆された。だが本編には未登場だったため、本当に来ていたのか、来ていたとしても何をしていたのかは定かではない。
ちなみにジョルノと3人の弟たちの間に面識はない。おそらくお互いの存在も知らない。

また、作中では特に触れられなかったが、DIOの肉体がジョナサンのものである為、ジョナサンの息子でもあると考えることもできる関係上、ジョルノはジョージ二世にとって「腹違いの弟」、そしてそのジョージ二世の息子である第2部主人公ジョセフ・ジョースターにとっては「66歳年下の叔父」ということになる(アイズオブヘブンの掛け合いで老ジョセフがそれを察し驚愕している)。

ディオ・ブランドーとの比較

ディオの息子であるジョルノは、父と似通っている場面や対となる場面が劇中で描写されている。
※ディオは第一部(通常人から吸血鬼時代)、第三部(スタンド使い)での描写も記載する

内容ディオの場合ジョルノの場合
家庭環境父から虐待を受けて育った両親(実母と義父)から虐待を受けて育った
裏切り人間をやめて吸血鬼になったボスを裏切りトリッシュの保護を続ける
右腕を剣で斬り落とされる自らの左腕を切り離して仲間達の窮地を救う
右眼を攻撃されて死角が生まれる右眼を攻撃されて四角に抉られる
脚を攻撃され撤退に苦戦する脚を攻撃され仲間への報告が遅れる
能力有機物に自分の血液を与えて新たな生命に変える無機物に自分のエネルギーを与えて新たな生命に変える
冷凍冷凍能力で苦しめる冷凍能力に苦しめられる
時間時間に関係する能力で苦しめる時間に関係する能力に苦しめられる
太陽朝陽によって一命を取り留める日光に苦手のスタンドを朝陽に引きずり込む
飛行機スタンド使いを送り込んで、相手を窮地に追い込むスタンド使いの計略で、窮地に追い込まれる
仲間を送り込んで相手を窮地に陥れる敵スタンド使いによって窮地に陥れられる
市街地戦夜の市街地上空で複数のスタンド使いと交戦夜の市街地の屋上で一人のスタンド使いと交戦
新たな能力の獲得自分に石仮面を使う矢を自分のスタンドに刺す
組織の乗っ取りを企てるジョースター邸を乗っ取ろうを謀るギャング組織を乗っ取ろうと謀る
拳銃使いの味方ホル・ホースグイード・ミスタ
スタンド使いの蘇生ヴァニラ・アイスを吸血鬼に蘇生ブローノ・ブチャラティを活きる屍に蘇生
ポルナレフ決着をつけるべき運命にある敵スタンドの矢を届ける味方
影DIOポーズハーミットパープルの念写アニメオープニング映像

ジョナサン・ジョースターとの比較

ジョナサンの息子とも言えるジョルノは、父と似通っている場面や対となる場面が劇中で描写されている。

内容ジョナサンの場合ジョルノの場合
家庭環境父から手厳しく指導を受けて育った両親から虐待を受けて育った
肖像画自室に母の肖像画財布に父の写真
父を助けるために解毒薬を入手する民を助けるために麻薬を撲滅する
活路を見出す自らの身体を犠牲にしてでも立ち向かう自らの身体を犠牲にして仲間達の戦闘を有利にさせる
己の腕を伸ばして相手に攻撃するスタンド攻撃により伸びた腕を相手に投げつけて攻撃する
喉を攻撃され呼吸困難になり、攻撃手段を封じられる喉を攻撃され呼吸困難になり、仲間への報告手段を絶たれる
植物枯れた樹木に波紋エネルギーを与えて花を咲かせる樹木に生命エネルギーを与えて枯れさせた
冷凍冷凍能力によって攻撃力を低下させられる冷凍能力で攻撃手段を封じられる
戦闘スタイル知識と鍛え抜いた身体能力を活かして切り抜ける知識とスタンド能力を活かして切り抜ける
ディオによって窮地に陥れられる敵スタンド使いによって窮地に陥れられる
市街地戦雪降る市街地でゴロツキと交戦夜の市街地で一人のスタンド使いと交戦
トドメのヘビ怪人ドゥービーの毒蛇に波紋を流し込むメローネの舌を噛む
新たな能力の獲得小指で横隔膜を突かれる矢でスタンドを刺す
入れ替わり首がディオと永久に入れ替わったナランチャと魂が入れ替わった後で戻った
誰かの精神を助けるディオの傀儡となった黒騎士の精神を助ける組織のやり方に疑問を抱いたギャングの精神を助ける

担当声優

朴璐美黄金の旋風・後にASBで、広瀬康一を演じる。)
浪川大輔オールスターバトルアイズオブヘブン、後にTVアニメ版第6部にて、ナルシソ・アナスイを担当する。)
小野賢章(アニメ)、藤原夏海(アニメ幼少期)

関連イラスト

無駄ァ!
黄金体験


ジョジョ落書き
黄金の風


ジョルノ・ジョバァーナ誕生日2022
jojo


黄金体験
ジョルノジョバーナ



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 GIOGIO ジョースター家 
護衛チーム ブローノ・ブチャラティ グイード・ミスタ レオーネ・アバッキオ ナランチャ・ギルガ パンナコッタ・フーゴ トリッシュ・ウナ
ジャン=ピエール・ポルナレフ ディアボロ
美形 色白 細マッチョ ごつくしい
DIOディオ・ブランドー) 無駄親子 
ジョナサン・ジョースター 僕親子

ネタ

ワザップジョルノ

関連記事

親記事

護衛チーム ごえいちーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジョルノ・ジョバァーナ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジョルノ・ジョバァーナ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23970657

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました