ピクシブ百科事典

ブチャラティ(ゾンビ化)

ぞんびかしたぶちゃらてぃ

「黄金の風」物語後半のブチャラティである。
目次[非表示]

※以下5部後半のネタバレが含まれます。閲覧注意










概要

5部原作83話から登場するブローノ・ブチャラティの姿。
ちょうどほぼ物語の折り返しにあたるタイミングで、物語の後半ブチャラティはこの姿で行動することとなる。

さらわれたトリッシュ・ウナを命がけで奪還しボスから逃げ切ったブチャラティ。
ジョルノ・ジョバァーナが発見した頃には目から光が消え心肺は停止、周囲にハエが飛び、トリッシュの切断された腕を繋ぎ止めたジッパーは消滅しようとしていた。
だがジョルノがゴールド・エクスペリエンスで怪我を治療する最中、ブチャラティの魂が教会から脱出するように警告、そして腐敗していたはずの肉体が突如起き上がり「急げ」と叫ぶのであった。

ただし、人間としての機能を完全に取り戻したというわけではなく、脈はなく、傷を負っても痛みを感じずほとんど血が出ないという明らかな違いがある。なお、この状態でもスタンドは使用可能である。

過去にジョジョでは屍生人として転生する、タイムリープした事で死亡がなかった事にされるなど死者が甦るという展開は決して珍しいものではなかったが、ブチャラティの例はそれらとはまた異なる類を見ないものだった。

そして、生物にカビを生やすはずのスタンド「グリーン・デイ」も効かなかった。
車で敵からの逃亡中、その真実が明らかになる…

その真相

ブチャラティ「不思議だな………これは「運命」とオレは受け取ったよ
「天」がチョッピリ許してくれた偶然の運命だってな…
ヴェネツィアでおまえがオレの負傷を治してくれた時
おまえがくれた『生命エネルギー』はもう少しだけ『動く事』を許してくれたようだ」

ジョルノ「なぜ…なぜ黙っていたんだ?
あの時 ぼくの『ゴールド・E』はあの時の負傷を完全に治したんだ……
その 今の異状だって元に戻れる方法が何かあったはずだ!」

ブチャラティ「ジョルノ
それについては…おまえの『ゴールド・E』自身が誰よりも知っている事だな……?
終わったものはどうする事もできないってな
オレの「命」は…あの時 すでに終わっていたんだ
黙っててくれるな?みんなには…」


ブチャラティは史実通り、ボスとの戦いですでに死んでいる状態である。
しかしジョルノのゴールド・Eの生命エネルギーが分離した魂を死体に強引に結びつけた事で生きているのか死んでいるのかわからないような特異現象が発生した。
「生きているもの」にカビを生やす「グリーン・デイ」が効かなかったのはこのため。

わかりやすい例で言うなら「魔法少女まどか☆マギカ」の魂をソウルジェムに分離された魔法少女に近い概念であるが、肉体は死体と全く同じ状態のまま機能しているという点では「さんかれあ」の散華礼弥に近い。ただ、血も脈もないのであれば常に瞳孔も開いていてもおかしくはないのだが…

前作でも主人公怪我を治療する能力を有していたが、死んでしまった人間は甦らせる事は不可能だった。上記セリフからもわかるようにゴールド・Eもその点では同じである。

それがなぜブチャラティにはイレギュラーが発生したのかというと、ジョルノがブチャラティを発見し治療をしたのが死ぬ直後というタイミングだった事、「スタンドの強さは精神力に比例する(わかりやすい例が「てめーは俺を怒らせた」やビーチ・ボーイ)」という特性上、死ぬ間際までボスとの死闘でスタンドパワーが強まっていた事も挙げられる。
皮肉にも死んだ人間を異なる姿で蘇生させるという行為は実父もやっており、息子もまた異なる形でやり遂げてみせたのである。

なおブチャラティはかなり早い段階で自分の肉体がすでに死んでいる事に気付いており(だから料理にも一切口を付けなかった)、カビる事のない自らの肉体の特徴を逆手に取り崖から降りた先のセッコに地面からアリアリラッシュを叩き込み動揺させ、車で逃亡する機転を作った。

本来ジョジョには屍生人という別の定義でゾンビがすでに存在するため、ゾンビ化という表現は相応しくないのかもしれないが、最近の作品に登場する似たような例からしてもゾンビほど的を射た表現もないため、読者からはゾンビ化として扱われる事が多い。

また、スタンドの力で不死身になったというわけでもなくあくまで「死んだ人間を強引に延命している」に過ぎないため、後先はそうそう長くない。セッコ戦後に生命エネルギーが尽き始めた頃は視力を失い一人で歩く事すらままならない状態になっていた(相手の姿や声などは生命エネルギーなどで見分け聞き分けており、大まかにしか分からない)。

普通ならこのまま命が尽きるのを待つのみだったが、シルバー・チャリオッツ・レクイエムが発動した事により生身のディアボロの肉体と入れ替わった事でまたもや仮初めの体で生き長らえる事となった。なお、ブチャラティの肉体に憑依したのはディアボロから引き剥がされたドッピオのみの人格で、そのまま一方的に朽ちてゆく他ない肉体とほぼ道連れになる形で命を落としたのだった。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 ブローノ・ブチャラティ
ゴールド・エクスペリエンス 遺体 ゾンビ ドッピオ

pixivに投稿された作品 pixivで「ブチャラティ(ゾンビ化)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 945

コメント