ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ブローノ・ブチャラティスティッキィ・フィンガーズペッシに放ったアリアリラッシュの締めにあたるセリフ。


ビーチ・ボーイ釣り糸を逆手に首をへし折られ敗北したペッシはトリッシュ・ウナの殺害を諦め、腹いせにココ・ジャンボとその中にいる仲間達の殺害を試みる。

ココ・ジャンボを岩にぶつけ破壊するふりをしてスタンド内に侵入、老化したメンバーを全員ビーチ・ボーイの釣り糸の餌食にし皆殺しにしようとしたが、「任務遂行」よりも「八つ当たり」に走り気高いギャングからただのゲス野郎に堕ちた事がブチャラティの怒りに触れ、 とどめを刺すより先にスティッキィ・フィンガーズのジッパーによりリーチの伸びた高速パンチを食らいあえなくスタンドは解除。


そのままペッシはスタンド外部へと引きずり出され

「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ」

ドゴ ドゴ ドゴ ドゴ ドゴ ドゴ

「アリーヴェデルチ!(さよならだ)」


怒りのアリアリラッシュを食らい、ジッパーを付けられた全身を分解させられたまま、川に流されたのだった。


その後表記揺れはあるもののセッコ戦でも登場している。

また、ノトーリアス・B・I・G戦でもレオーネ・アバッキオに付いた細胞を取り払うためにアリアリラッシュをぶつけているが、この時はブチャラティではなくトリッシュ・ウナが「アリーヴェデルチ(さよならよ)」と発言している。


アニメ版では

日本語字幕で「さよならだ」と表示された。ブチャラティ役の中村悠一氏のイケメンボイスから放たれるこの名台詞は必見もの。


またペッシがココ・ジャンボに侵入する描写もカットされ、岩にぶつけようとしたタイミングで高速パンチを受けそのままアリアリラッシュで倒されている。


ちなみに

アリーヴェデルチ(arrivederci)」自体は普通にイタリア語でも使う表現なので、イタリア語話者の設定があるキャラクターなら使ってもおかしくはない。(実際、某ヒゲの配管工が使っている。)

本来はまたお会いましょうという意味なのだが、気さくで友達付き合いを大事にするイタリア人が多用し続けた結果、別れ際に交わす言葉に落ち着いた。店や客商売を生業にしている者からすればまたの起こしお待ちしておりますといったニュアンスになるが、これは客が二度と来ないであろう場合でもお構いなしに言う。


そう、再び会えるのだ

その胸に黄金の精神が宿る限り─────


関連動画


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 ブローノ・ブチャラティ スティッキィ・フィンガーズ さよなライオン

オラオラ ボラーレ・ヴィーア(飛んで行きな)

イタリア語 ジョジョパロ


さよナランチャ

関連記事

親記事

ブローノ・ブチャラティ ぶろーのぶちゃらてぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289799

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました