ピクシブ百科事典

―パッショーネ24時―

ぱっしょーねにじゅうよじ

「―パッショーネ24時―」とは、PS2用ソフト「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風」を基にしたチートバグ動画である。チートバグ動画である。チートバグ動画である、チートバグ動画である。2002年発売予定ッ!\何ィッ⁈/
目次[非表示]
  • 1 概要
  • 2 登場人物
  • 2.1 ジョルノ・ジョババババババババババババババババババババババババババババババbbbbbbbbb…/ジョルノ・ジョババァ/ブョルノ・ホョホョーナ
  • 2.2 ブローノ・ブチャ郎/ペローノ・ぺチャム影ィ/ブロチョコ・チョコチャチョコラティ
  • 2.2.1 シンプルな丸刈り
  • 2.3 アバッキ肉/レオーネ・無駄ッ無駄
  • 2.4 ミス肉/グイ→ド・ミス㍼
  • 2.5 肉ランチャ/ナランチャ・Ωルガ/買い物ンチャ
  • 2.6 ポルポのス/パンナコセフ・フージョー(スター)
  • 2.7 ト父ッシュ・ウナ/おトリッシュ・おてつ(爆発音)
  • 2.8 ジャン=ピエール・ポルポルナレフ/ジャンル・ポルナレフ/ジャン=ジャエール・ポポポレフ(ドウデチ・ボーイ)
  • 2.8.1 シルバー・チャリオッツ・レクイエム
  • 2.9 ホルァ04店/マリオ・セガ承太郎
  • 2.10 イルーゾォ
  • 2.11 プロシュート
  • 2.12 ペペペ/船ッシ
  • 2.13 メローネ
  • 2.13.1 スタンド ベイビィ・フェイス
  • 2.14 ギアッチョ
  • 2.15 リボット
  • 2.16 カルネ
  • 2.16.1 ノトーリアス・B・I・G
  • 2.17 千代子ラータ/千ヨコ/ョコラ/チ◆コラータ
  • 2.18 『節』『ッ』『子』/ドッピオ/々゛e゛X゛lY゛
  • 2.19 ディヴォロ/チュペロチュポロ(ボス/ポチ/ルス)
  • 2.20 ドッピオ
  • 2.21 灼餅のムカ
  • 2.22 ポッポ/ポLポ
  • 2.23 ズッケェロ
  • 2.24 ペリーコロさん
  • 2.25 清掃員のじいさん
  • 2.26 ジョセフ・ジョースター
  • 2.27 ナレーション
  • 2.28 荒木飛呂彦(仮)
  • 3 エピソードリスト
  • 4 関連イラスト
  • 5 関連タグ
  • 6 外部リンク
  • 概要

    ニコニコ動画およびYouTubeに投稿されているチートバグ動画。作者はてらごやてぇそ。氏。
    元となったゲームは、2002年にカプコンから発売されたPS2用ソフトジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風(おうごんのかぜ)』
    作成難易度の高いPS2ソフトでありながらも、ありとあらゆる箇所をバグらせた様はインパクトが強い。

    おりしも同時期に原作がアニメ化された事で勢いに乗っているチートバグ動画シリーズである。ただし「もちろん、よそ様の動画ではこの動画のことはコメントしないように。」と解説文にある通り当シリーズの語録の乱用は控えよう。
    3以降次回予告、4以降前回までのあらすじが挿入されるようになったが、この2個所のみバグらせておらず真面目な雰囲気。だが妙に改造されていたりする。

    その勢いと狙ったかのようなバグりようから、歴戦の猛者達からも編集を疑われている。恐らくロード画面部分・やりなおしなど一部を除いてほぼ無編集ノーカットだと思われる。


    登場人物

    チートバグ動画のため名前の表記は一定しない。

    ジョルノ・ジョババババババババババババババババババババババババババババババbbbbbbbbb…/ジョルノ・ジョババァ/ブョルノ・ホョホョーナ

    (CV:朴璐美

    ジョルノ・ジョババババババババババババババババババババババババ…


    「…………げんた誰ごす?」
    「脈がない?どういうことだ?死んでいるってわけですよね?」  (※これを誰にでも言う)
    「大丈夫ですかブチャラティ!? 大丈夫ですかブチャラティ!? 大丈夫ですか大丈夫ですか大丈夫ですか大丈夫ですか大丈夫ですか大 丈 夫 で す か ブ チ ャ ラ テ ィ ?」
    「どいつだ? どいつに 隠れて おるやん!
    「こけしがッ ポルナレフランドッ!」
    「こいつが…ポルポのスタンド 「お前…話には聞いていた自動追跡タイプのスタンドだな」 (※これをどのスタンドにも言う)
    「帝王はこのジョルノ・ジョバァーナッ!依然変わりなくッ!」
    「ブョルノ・ホョホョーナです よろホョ お願いすまゆ」
    パープル・エクスペリエンスの能力は正確にいうと 切断面を『グリーン・デイ』で包めば 細切れになっても自由自在に動けるッ!
    「付けましたねブチャラティ!位置を言いますッ!ボスは左!ボスは右上!ボスは右下!ボスは左上!ボスは左下!すぐ近くにいます!ボスは下!ボスは右!ボスは左!ボスは上!ボスは右上!ボスは右下!ボスは左上!ボスは左下!すぐ近くにいます!ボスは下!ボスは右!ボスは左!ボスは上!ボスは右上!ボスは右下!ボスは左上!ボスは左下!すぐ近くにいます!ボスは下!ボスは下!ボスは下!ボスは下!ボスは下!ボスは下!ボスは下!ボスは下!ボスは下!無ゥ駄アァァァ~~~~~~~~!『滅びず』にいられるのかな…?ブチャラティ!」
    「やはり15年前の この顔を覚えている者を 直接探すしかなッシイイイイイイイイ
    「何か意味を感じるばい」
    「『無限に』終わりのないのが『終わりルノは苦戦 それが『ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム24時』」
    無駄だこりゃ!
    イタリアに住む15歳の少年(イギリスと日本のハーフ。その9から察するに九州男児。)で本名は汐華初流乃。実父は100年を生きた吸血鬼にして、邪悪の化身 ィオズダヴド能力はバ質を殴ると小物バや植バとして産むことができ、攻撃が攻撃した者へスティッくる「ゴァード・エァーベァーンア(ゴールドドドドスペリエンス)」。
    鬼港で無許可の白タクでゲルバイトをしていたところ、「裏餅のルカ」と名乗る ャングからシ ケ代を巻き上げられそうになったのがきっかけで、ある男―ブローノ・ブチャラティと出会う事になる。出会う事になる。出会う事になる。出会う事になる。2002年発売予定ッ!
    ふっ飛ばしたブチャラティに対し「脈がない?どういうことだ? 死んでいるって訳ですよね?」「大丈夫ですかブチャラティ!?」と連呼して煽ったり、自分の頭をリフティングしながら追いかけたりして激戦を繰り広げたのち、ブチャラティが組織のありように疑問を持っていることに気付き、ボスを倒して「ムャング・スター」になるため結託…するはずが何故かゴールド・エクスペリエンス・レクイエムを発動させてしまった。
    ギャングの入団試験ではポLポの問いに対し「ビキニだ!」と答え、信頼の証としてその言葉通りテントウムシのブローチを利用したビキニ姿で『ブァター』の『塩/㌍』を150150時間守り通す試練に挑む。その際学校寮前で清掃員のじいさんに水をかけられ一度はガードしたものの、まさかの二度目に対処しきれず火を消されてしまい、灼餅のムカと戦う羽目になった。この戦いでは何故かスティッキィ・フィンガーズを使っている。
    闇営業のタクシーでアルバイトをしていたはずだが特に理由もなく右左折を繰り返すなど運転の腕前は壊滅的で、ギアッチョ戦では車を激しく横回転させたりKGB化させたりした挙句2、3回ほどレストランに不時着している。
    人から指示やアドバイスを受けても「嫌だ!」「拒否します」「そうは思いません」などと拒絶することが多い一方、「賢明なボスなら何か逃げる方法を指示してくれるはずです」とボスに全幅の信頼を置いている。そのボスを裏切ってからも度々言っている。
    また人を覚えるのが苦手らしく、よく仲間に対して「あんた誰です?」と呼びかけている。
    ピンチになると故郷ネアポリスのマルガリータピザを思い出して現実逃避する事がある。
    その6ではパープル・エクスペリエンスでの治療を嫌がるミスタを押さえ込み、絶望の表情を見ようとするドSな一面を覗かせた。
    その7ではボスと戦うブチャラティの様子を実況。(ゴールド・Eを応用した発信器を仕掛けたのにも関わらず)上述のデタラメな誘導でブチャラティを惑わせた。その後、ブチャラティが組織からの離反を宣言した際は何度もカツラが外れてしまうブチャラティの頭を隠すため、フーゴのを奪ったり自分がブチャラティの上に座ったりと奔走した他、同じジョジョ第5部パロディ2次ネタを披露した。
    その9ではドッピオと暗殺チームのサッカーに加わろうと飛び出してアバッキオに激突する、ゴールド・エクスペリエンスの治療の苦痛で事実上の止めを刺すなどアバッキオに対して悪意ある行動が見られた。なおサッカーにはちゃんと参加、ペッシと融合して三頭の化け物になった。
    その10では負傷したミスタをパープル・ヘイズで治療したり、チョコラータに「ほぬほぬほぬほぬほぬほぬ」の掛け声と共に3人に分裂して本来より長く(原作的には正しいが)拳骨骨掌を叩き込んだ。その後、ブチャラティに追い詰められたセッコの背後に現れ悠長に挨拶するが、セッコもろともスティッキィ・フィンガーズで紙芝居のフレームごと切断されてしまった。この回では終始、髪型のコロネが垂れて顔を覆い隠している。
    その11ではナランチャと魂が入れ替わる。ジョルノの体に入っていたナランチャが命を落とした際、元の体に戻っていった自分の魂がポルポの形だったため青ざめる。目を覚ますと自分の上でナランチャの亡骸が(うわ。だったため今度は紅潮。「僕の中で何かが生まれそうだ」と述懐し、その何かを確かめるためなのか行為を続行(ただしナランチャが動いているようにしか見えない)、絶頂しKGB化した。
    その12でもナランチャの事を諦めきれなかったのか、矢の追跡を拒絶して傷を治そうとするがブチャラティに制止された。今までしてきた色々な人体実験のノウハウを使うつもりだったようだ。その後、シルバー・チャリオッツ・レクイエムの消滅で昇天しかかったブチャラティを止めようとその上に座るが、天から降ってきたセッコに弾き飛ばされてしまう。その衝撃でブチャラティの事を忘れてしまったのか「あんた誰です?」を連呼した。ブチャラティに託された矢をゴールド・エクスペろし画像に突き刺すも、矢が荒ぶっていたため上手く刺せず、自分のスタンドとなったブチャラティ共々しばらく苦しむ羽目に。決め台詞としてこのシリーズでの第一声である「げんた誰ごす?」をボイス化するも、心中あまり自信がなく、戦いの目的をよく分かっていないまま(ブチャラティが昇天直前に金に目覚めたからか億円を手に入れようとしていた)最終決戦に臨む。
    時の飛んだ世界に苦戦しながらもボスを追い詰めるが、ボスが奥の手として周囲を暗闇に包み、一方的に嬲られ絶体絶命のピンチに陥る。しかし覚悟でブチャラティのカツラを弾けさせて強烈な光でボスの位置を炙り出すと一転、自分から近づくことも攻撃を当てることも出来なくなったボスに二人のラッシュでトドメを刺した。その後も繰り返しラッシュを浴びせて何度もティベレ川に叩き落とし、気が済むと今度は何度も死を繰り返すボスを「大丈夫ですかボス?」と煽りまくった。
    エンディングではコロネを少し下にずらし、目元を隠していた。ブチャラティが逝った直後という状況と相まって泣き顔を隠しているように見える。その後パッショーネのボスになるが、ハゲた部下の頭を撫でていたところアジトが舞台セットの如く崩落。惨状を前に城之内顔で「無駄だこりゃ!」と締めくくった。
    なお、矢は最終決戦後に巨大化。ジョルノは矢をの中に入れようというポルナレフの提案を無視し、新たなアジトの庭にぶっ刺してオブジェとした。

    ブローノ・ブチャ郎/ペローノ・ぺチャム影ィ/ブロチョコ・チョコチャチョコラティ

    (CV:櫻井孝宏
    「ところで その車の中の物は何でい?」
    「答えるよ!質問はすでに『拷鯛』に変わっているんだぜ!」
    「こいつには やると言ったらやる… 『スゴ味』ゴりらッ!」
    「ナランチャ、買い物に行ってくれ」
    フーポン ジョルポン アバッキポン
    「落ち落ち落ち着けこ構成員まだだだだだだここがバババババババババレてる訳ではななななななななない!」
    「『任忍は遂行する』『部下もアハハハ』 お前ごときに『両方』塩らなくっちゃあならないってのが『帰部』の辛い所だな… 覚悟はいいか? (ザ・グレイトフル・デッド!) オレはできてる」   (♪シンプルな丸刈りのテーマ)(「シンプルな丸刈り…」)
    アリーヴェ帰るチ!(さよナランチャ)
    「サン・ジョルジョ・マジョマッマッ……サン・ジョルッジョマッジョマッ…… ジョルノ・ジョバァーナッ!」
    トリッシュがいない!?よし!」
    「閉ジッパーッ!」
    「ジョルノ、亀の中に亀ッシュを入れよう」は? ……わかりました亀ラティ
    「ジョルノッ! お前が両腕を 失ってしまったら 誰が その傷を治すというのだ!? 恐いなあ~
    「くそッ! 良し野郎ッ!」
    アバ茶をかけよう」
    「うえだ わかってるのか おい!
    ギャング組織「パッショーネ」のメンバー。ポルポの部下だったが、ポルポの死後彼の隠し財産を利用してパッショーネ幹部へと昇進した。
    スタンドは歌ったものに「タッパー」をひっつぺどんな物むでもYo間を味味れ、「ジャパン」を閉じると違うモモ同士を殴ッ殴ける「ステ  キ ・フィンガー(ステポリスィ・セーターーズ)」。

    ブチャ「ウッ」


    バグの影響で頭頂部が禿げ上がっている(通称ハゲラティ)。プロシュートとの戦闘直前のみ珍しくハゲていない姿が見られるがその直後……。
    また頭部が巨大化していることが多く、周りの人間も影響されて巨大化する性質がある。しかしアバッキオの異常に小さくなった頭を治すことは出来なかった。
    その1で涙wのルカを倒した犯人を探しに初登場した際、いきなり骨格が大変な事になっていたジョルノに対し外見上のバグは先述のハゲと額に2本角が生えた程度だったが、初戦闘でジョルノのパンチを顔面に受けた際に顎が外れて高速で振り子のように動き、そのせいか逃走の際顔が下膨れになる。そして市街での第二戦において巨大な頭部を初披露したことから、巨大化はジョルノの能力が影響している可能性がある。隠れミノに使った一般人やイルーゾォにも感染している。

    父親が漁師だった影響なのか、人のの味で嘘を見分けられる特技がある。また会話の端々に海産物っぽいワードが混じることも。
    ペリーコロす!」という発言やスタンDゥの解説から攘夷派だと思われる(イタリア人だけど)。その1での発言を見るに江戸っ子気質なのだろう。
    想定外の事態に遭遇すると言葉を噛みまくったり叫んだりとあからさまに慌てる。
    ボスとの戦いで肉体を殺されるがジョルノの治療を受けた際なぜか蘇生するも、肉体的には死亡したままの奇妙な状態になる…が本作品では初っ端からジョルノに「死んでいる」扱いされまくっている。
    チームメンバーには本来の面子に加え、仲達がいるらしい。
    ナランチャのエアロスミスになったり、イルーゾォの鏡の中の世界に突如現れたりと仲間の戦闘によく介入する。その4のイルーゾォ戦では自分の頭の巨大化を伝染させイルーゾォを動けなくする活躍をしたが、アバッキオにイルーゾォごとボコボコにされてしまった(ただしダメージは全てイルーゾォに入る)。
    その7ではトリッ(墓碑銘)の引き渡しの護衛を務めた際、彼女の汗を舐めようとするセクハラを働いたが、革リッシュの顔がペッシに変わった瞬間ドン引いて逃げ出した。この隙にト邪ッシュを攫われてしまうが、それに気付いた瞬間「よし」と本音を漏らす。一応追跡するが誤ってスティッキィ・フィンガーズのジッパーの穴から落下、頭から地面に埋まってしまい、埋まったままボスに見つかり戦う羽目になった。
    その11ではシルバー・チャリオッツ・レクイエムの能力でディアボロと魂が入れ替わった。原作では倒れ伏していたが、こちらではしっかり起きており、ディアボロの肉体と一緒にうつ伏せ反りの姿勢で宙を掻きながら登場。
    レクイエムとの出会い頭にスタンドの矢を頭にブッ刺す荒技で奪い取ったが、ディアボロの肉体は矢を奪うためそのままレクイエムの方と戦っていた。
    チームメンバーは矢が刺さったブチャラティの肉体の方を本人と認識したが、彼のスタンドであるはずのスティッキィ・フィンガーズを出したのはディアボロの方だった(スタンドの頭頂部もハゲていた)。どちらがブチャラティだったのか、謎は深まるばかりである…
    その12ではシルバー・チャリオッツ・レクイエムの弱点である、己の精神の背後にある何かの破壊に成功。既に死んでいる肉体には戻れず昇天しかけるが ョルノとセッコに止められ、託した矢を受け入れたジョルノにスタンドとしての新てぃい命を与えられる事となり、黄色いカツラを装備(何故かスタンド未発現時も浮いている)して最終決戦に挑む。システム上はレクイエムでないと判断されているのかキンクリに動きを封じられた事もあり、一方的に嬲られたがこのカツラをキャストオフして光を放ちボスの位置を炙り出した。このシーンは無駄に熱いので必見。
    全てが終わったあとは体がいよいよ腐り始めたのか身体はやや茶色く、目玉もかなり露出してしまったが最期の力を振り絞りボスに何度もラッシュを与え昇天した。…と思いきや、エンディングでコロッセオ前の道路に頭足人状態で埋まっていた。傷心のジョルノに語りかけながら改めて天へ昇った…と見せかけて、同じ頭身でシンプルな丸刈りのアバッキオ、ナランチャ、ペッシを召喚し再び降りてきた。

    シンプルな丸刈り

    シンプルな丸刈り☆


    その5とその7にて完全に髪がなくなってしまったブチャラティ及びその現象の呼び名。
    こうなる際決まったBGM(通称:シンプルな丸刈りのテーマ。本来はエンドロール用の曲)が流れる。
    特にその7でボスにカツラをぶっ飛ばされた際はハゲ頭が光り輝くあまりステージまで白く染まり、チョコラータも「白いゾォ…」と驚いていた。その直後、シンプルな丸刈りのテーマのままボスと戦うことになった(この間エンディングの会話がスローで流れるのだが、「ボスの『キング・クリムゾン』をついにッ!倒した!」と思い込んでいたブチャラティの幻聴だろうか)。
    一度フーゴもこの現象が発生したが2秒で元に戻った。
    さらに氷を手にする、ザ・グレイトフルトコトコトンの攻撃を受けるなどすると頭皮(もしくは毛)が変色する。アニメOP「Fighting Gold」の映像でその場面に酷似したシーンが出たことで話題に。
    この曲が流れているとジョルノ以外のチームメンバーからブワテラティだと認識されなくなってしまうデメリットがあるが、カツラ(頭に被れれば何でもいいらしく、作中ではジョルノが頭に座って代用した)を被ると即座に認識されるように戻る。
    言い換えればブチャラティのカツラが取れるとジョルノを除くメンバーからは突然ブチャラティが消えて知らない奴が現れたように見えるため、その7でその瞬間を初めて目撃した彼らは驚きのあまり変顔を晒し、戻らなくなってしまった。認識が回復した際も突然現れたブチャラティに驚き一斉にその名を呼んだ。
    ちなみにその11の描写を見るに頭になにか乗ってれば良いらしく、矢が刺さってもブチャラティと認識された。が、ナランチャが奪って飛んで行った。
    セッコは例外的にダメらしく、12話でナランチャに認識されなかった(セッコのみ認識された)。

    ボス戦後、キャストオフによる光の弊害かミスタ・トリッシュ・ポルナレフ・空に浮かぶアバッキオとナランチャとペッシが顔以外シンプルな丸刈りブチャラティとなるという怪現象が起きた。BGMも彼らが画面上に登場する度にシンプルな丸刈りのテーマが流れ、同じ曲が何重にも流れる事態となった。

    星のブチャラティ(ムーディ・ポポポ)


    派生としてその7では、ピンク色の巨大な頭に真っ赤な足の付いた、某ピンクだまの様な姿に変身(?)していた。
    その姿から「星のブチャラティ」「ブチャラビィ」、アバッキオのスタンド名(後述)に由来して「ムーディ・ポポポなどといった愛称で呼ばれることも。
    ボスのスタンドが巨大な手の形だった事からスマブラを思い起こす人もいるようだ。
    更にその9ではサルディニア島の太陽になっていた。
    その10では頭の上にローターのような物を作ったり、自身の足のような形の鼻毛が伸びたり、電球になったり、三角頭(効果音付きでやたらキラキラする)になったり一枚絵になったりしてチョコラータやドッピオと激戦を繰り広げた。またドッピオとボスの通信を「覚悟はいいか?」を連呼して遮ったり、チュベロチュボロツモを伝えようとしていたの元に現れ、ボスの真似をするが、突如柱の影に現れたポルポと体型が入れ替わり、ヴェネツィア音頭(後述)をバックにポッチャラティという姿になったりした。
    ぽっちゃりしてるからだろうか。なおブチャラティ体型のポルポもセットで登場した。
    ちなみに頭にローターが付いた件だが、どうも首から上は分離・巨大化出来るようで(ジョルノ曰くブチャラティの歯から作り出したハエ)、力技で蔓から脱出したチョコラータのヘリをビルに押し戻した。この時は何故かシンプルな丸刈りのテーマが流れなかったが、セッコ戦後、肉体の限界が近付いて苦しんでいる際に流れた。太陽になった時を除くと地味に初めて紙芝居パートでこの曲が流れたのだが、こちらは普通のハゲ状態だったりする。

    その1・その10では巨大化した両腕の姿にもなっていた。



    アバッキ肉/レオーネ・無駄ッ無駄

    (CV:稲田徹

    大丈夫ですかアバッキオ


    「ブチャラティ 俺はもう この隠れ家はやばいと思う… すぐここを 出るべきだぜッ!」
    「俺はもうやばいと思う」
    「この状況では先輩であるオレのそばに近寄るなああーッ
    「鍵(キー)は絶対に渡さねえ 『誇り(ミネラル)』と『面子(今月号)』にかけて……」
    ひとりぼっちでおいていくのかよオオオオォ 俺はヤダよオオオォォォォ早く治せよ ジョルノ! 何 もたついてんだよッ!
    「イキナリ何言ってんだテメエ 幹部のブチャラティ僕は敬意を表するッ!ッこのタコッ!」
    「トリッシュに こんなパワームードになっちゃってるんですけどッ!」
    「ブルウウウゥゥゥス!」 (※断末魔)
    スタンドは人没に起こった過去の出来テイを再生ヤバプレイして見る事ができる「ムーディー・ポポポ(ムーチョ ・ブルーチョ)」。再生中スタンコもあ呼吸も呼吸もできないというデメリットがある。しかも再生には基本的に遡りたい時間と同じ時間がかかる(例えば15年前を見るには15年かかる)が、ブチャラティには「2分でやれ」と無茶振りをされた。
    「やばいと思う」が口癖のようになっている他、何かにつけてブチャラティに説明を求めており、ある意味この狂った世界では一番まともな思考をしているとも言える。スタンドパラメーターも「ヤバい」「ドヤバイ」「ヤババ」が占めるヤバい奴。精密動作性―ドヤ。
    警戒心も強いようで、隠れ家でジョルノ、トリッシュと初対面した際はまだ何も起きていないのに隠れ家を出るべきと主張し続けるも、ベイビィ・フェイスに遮られてしまった。
    ゲーム的には本体がヤクザキックした方が強く、その4ではイルーゾォとブチャラティに蹴りを連発して勝利した。スタンドは空気。
    ポンペイでジョルノに見せた、眉間にシワを寄せ文字通り目を三角にした怒りの形相(通称しわしわアバッキオ、上のイラスト参照)は彼のトレードマークとなっている。
    ジョル平に真実に向かおうとする意志の大切さを説くも反論されてうめき声を上げたり、彼とフゥフゥゴに死んだと勘違いされた際にはナランチャの声で泣き叫ぶなど、実はメンタルが弱いと思われる。
    その7でシンプルな丸刈りを目撃した際の変顔はのっぺらぼう。その8でも未だに変顔をしており、トリッシュがペリーコロさんからジョルノのブローチを取り返そうと覚悟を決めている後ろでナランチャと踏切信号のように顔を交換していた。
    その9では髪型にツイン団子(パーツはルカの右目)が加わった。ボスの過去の手掛かりを得るため訪れたサルディニア島で、15年前の出来事を再生するため「ポポポポポポポポポポ」と叫びながらジョルノ、ムーディブ・ルースと共に腰を振って踊っていた所に、謎の少年蹴ったボールによる襲撃を受けてしまう。それ自体は何とかこらえるが、飛び出してきたジョルノに激突して力尽きる。ナランチャの蹴りで息を吹き返すものの、ゴールド・エクスペリエンスによる治療の苦痛に耐えかねたのか「俺はもう命を失おう」と宣言して息絶え、オバッキオとなった。
    遺したボスの手がかりであるデスマスクは周囲の無数の顔に紛れてどれなんだか分からなくなってしまった。ペッシ「どこだァ!?」
    以降はレストランで食事をしながら天からブチャラティ一行を見守っている。一行を心配して時々地上まで降りてくるが、金色に光ってたり背景と化して空を覆い尽くしたりしているのでこの世の者ではないと一目で分かる。
    死んでなおチームの為に戦い、なんと時間を巻き戻してチョコラータを必要以上に叩きのめした。これが覚醒したムーディー・ブルースの能力なのか、それとも彼のチームに対する情熱が成した奇跡なのか…

    ミス肉/グイ→ド・ミス㍼

    (CV:伊藤健太郎
    「ああ!ジョル太!もっとセックス・ピストルズ登場 そこはセックス・ピストルズ登場ダメッ!ダメッ! ああ!セックス・ピストルズ登場 服を脱がせないでッ!感じるうああああ ダメ もう)」
    「ワ゛ン゛ン゛!! ワ゛ン゛ン゛!!」
    ブふぅ~
    「俺は カッポラティの性格は良く知ってるぜ 奴は頭がいいな!フフ事言ってるが 勝つみこみのない闘いは しない親子は いない(ジョルノ・ジョバァーナ君♡)」ジョルノ「(うわ。」
    ピストル㈱「うミミおおッ! ミスタミ!鉄柱を当てた鉄柱ミッ!!尖んがった『弾丸』が彫刻たぜッ!」無責任な事をッ…
    「これはデスマスクdeath
    「レクイエム あれはジョルノの レクイエム」(ポルポ)
    ブチャラティの部下。拳銃の扱いに長けたギャングだが、過去の経験から「4」という数字を忌み嫌っている。
    スタンドは銃のシカ丸を操作する6人で百猫の「セックス・ピストル㈱(セックス・ピストル飯フホヤゥ゛体)」。ピストル㈱は1番から7番までいるが、「番」が存在しない。逆に1は好きなのか、発砲する度に「ワン」と言う。今作では犬の鳴き声は全てこの「ワン」で吹き替えられている。その10ではポルポのような姿にもなっていた。
    臨戦態勢の時は上半身が赤、下半身が青で統一された衣装を身に纏う。武器の銃はシリンダー(回転式弾倉)部分だけ巨大化したような形で、腕をはめ込んで使う。また持っている銃はリボルバーのはずなのに何故か機関銃並みの連射ができる。
    後半の作品では重要な場面で「故郷に帰ろうぜ」と敵前逃亡を提案する事が増えた。
    その5ではブチャラティの指令が列車の警笛に掻き消されてしまい、「?」と思いつつも原作通り列車内の様子を見に行く察しの良さを見せた。
    その6では車の屋根部分に乗り、ジョルノの運転による車のとんでもない挙動を物ともせず、追ってくるギアッチョを迎え撃った。KGB化で車自体がどこかへ飛んでいってしまっても微動だにしなかったので浮遊していた可能性が高い。戦いの後、ジョル太郎パープル・エクスペリエンスの能力で傷を治してもらうのだが、上記のバグったセリフ及び姿がロード画面の一枚絵で隠された為原作以上にヤババな雰囲気に。その際改造されたのか、直後、ナランチャ共々走るガンガーのような大柄な姿になりボスの館へ乗り込んだ。
    その7では更に歩く度に地響きを起こす、体からボートのモーター音と同じ音を発するなど、まるで機械化していたかのような様子を見せた。彼の巨体が迫ってくると改造したジョルノ本人も気圧されていた。なお、乗り込んだボートのモーター音は逆にミスタの声だった。シンプルな丸刈りを目撃した際の変顔は顎が外れる程の大口(この時ミスタの上半身で画面がほぼ埋まっていた)。
    その8では何故かジョセフとトリッシュの戦闘をビデオに収めようとしていた(正確にはトリッシュのスカートの中だが)。
    その9では語尾に「です」が付くようになった。またサルディニア島を離れる際、ジョルノ、ナランチャと一緒にボートを抱えて沿海を駆け回った。駆け回るうちに3人揃ってどんどん身体が崩壊していき、何かの機械のような姿に変形するに至った。ボス曰く「逃走の仕方に迷いが無い」らしいが、同じ所をうろうろしているようにしか見えない。
    その10ではカビから逃げるために上へ上がろうとするも体のバランスをグチャグチャにされ、四次元肩こりによって再起不能となってしまう。またブチャラビオの命令でヘリを落とそうとしたときにはジョルノに手を触られて赤面するというウブな一面を見せた。そしてテンパったのか腕をグルグル振り回しながら四方八方へ乱射(マシンガン並み)し、ブチャラティを巻き込んでしまった。
    その11ではジョルノの体で死亡したナランチャのコロネに銃を入れて連射するという正気じゃない行為をやった。
    その12では原作通りトリッシュと一緒に入っていたディアボロに身体を利用されてしまう。シルバー・チャリオッツ・レクイエムの消滅で精神は元に戻ったもののディアもロが潜んでいた影響なのか、その後は服の色合いが(使ってません)ンのようになってしまっていた。更に最終決戦後は額に第二の顔が出現し、そちらの顔が話していた。

    肉ランチャ/ナランチャ・Ωルガ/買い物ンチャ

    (CV:瀧本富士子

    さよナランチャBB


    「え?オレ?」幹部のブチャラティに決まってんだろうがッ!このタコッ!)(当然違う…)   (※事ある毎にこれを言う)
    「ビキニなんだ!」
    「ビキ!ビキビキ!」
    マリオセガ承太郎 どこにいた!?」
    「何だァー!?難しいこと何もないぜッオレの下はスタン… (銃声)  チクショオォーッ (爆発)
    「トリッシュと『ミスタ』はなんか 『ワムウ』」
    「トリトリュは オレオレだッ! オレに『Ⅷ』と命令しないでくれーッ!」
    「オレは女だッ!!」
    「何言ってんだよブチャラティーッ!」(ミスターッ!)    (※首が分身していたせいか物凄くエコーがかかっていた)
    「アバッ… オバッキオをひとりぼっちでおいて行くのかよオオォォォー」
    「テメエ〜 ぶっちごす!」
    45分もあれば 45分も入れる…
    「俺とジョルノ! ミスタとトリッシュッ! サメは植物! トマトは富士山! 2+2は5! 3×3は8! オレは女ッ! 水着はビキニなんだ!」
    「俺… これが終わって故郷に帰ったら 学校行こう!!!!!!!! 頭悪い隠したブチャラティにバカにされるのも けっこう//いいかもなって////」
    スタンドは自分や仲間(主にブチャラティ)の肉体をプロペラのように回転させ、飛行機のように墜落しダイヤモンドは砕けない 人や動物の呼吸(S市★王町)を探知しボ見でき、飛ばないので メチャクチャな「ヘア     」。外見は完全にブチャラティ。ラッシュの掛け声は「ボラボラボラボラボラ……ビキニなんだ!」。ゴムみてぇに柔らかくなると「エロア・スミス」になるらしい。
    自意識過剰なのか、どこからともなく「え?オレ?」と会話に割り込んでくる。あまりにしつこいためブチャラティから「買い物に行ってくれ」と厄介払いされることも。それでもしつこく割り込んできたからか、その9で「買い物ンチャ」呼ばわりされた。
    ホルマジオ戦で下半身が肥大したり、ジョルノとミスタの(うわ。な場面に乱入してミスタ共々走るガンガーみたいになったりと巨大化に縁があるが、ミスタと違い次の回には引き継がれない。
    その7でブチャラティ達が組織を離反した際、ブチャラティからは何度も「来るなナランチャ…」と言われ最終的にさよナランチャとボイス付きで突き放されてしまい、その腹いせとしてスタンド能力(体当たり)でブチャラティのカツラを叩き落とした。
    その後、ナランチャは「トリッシュとミスタは『ワムウ』」である事を感じ取り、原作通りブチャラティ達と同行する事となった。この時、一行が乗るボートと同じ大きさになって泳ぎでボートを撥ね飛ばし、大半を再起不能にした。なお、シンプルな丸刈りを目撃した際の変顔は金平糖状に顔を引き伸ばした物(上のイラスト参照)。
    その9ではアバッキオが襲撃され瀕死の重傷を負った事に取り乱し、誤ってアバッキオ本人に蹴りを入れてしまったり、アバッキオを置き去りにしようとする仲間達を皆殺しにすると脅したり、当のアバッキオの名前をオバッキオと間違えたりした。この時の「買い物に行ってくれ」は流石に拒絶している。
    なお、昇天中のアバッキオが「俺は立派な警官になりたかったんだ」と呟いたのに対しジョルノが「じゃあ僕はギャングスターになります」と反応し将来の夢を語るような流れになった際、ナランチャは「オレは女だッ!!」と発言。その7での同じ発言と合わせ、どうやら性自認は女性のようだ。
    その後ローマ近郊の港村でチョコラータ達の待ち伏せを受けた際、エアロスミスで無差別爆撃をしたため刑務所送りになった。それにも懲りずジョルノが真面目に話している所を「ビキニなんだ!」で遮ったことで怒りを買い、「ナランチャ…最後の食事、よく味わって食べるといい」と死刑宣告を受けた。
    その最期はジョルノの上で(これは原作通り)(うわ。なものだった。ジョルノ曰く「♀ってしまった」との事で、そのままジョルノと行為に及んだ。ジョルノ以外からはナンチャラ呼ばわりされた。
    この戦いが終わったら買い物に行く予定で、ブチャラティも同じことを言った。しかし「終わってから言うものだぜ」と煽られたからか、亡骸のはずが突然その7のようなプロペラ飛行でブチャラティの頭の矢を取ろうとする。一度避けられるがトンボ返りして今度こそ奪い取り、そのまま彼方へ飛び去っていった。
    「じゃあ行ってくるぜ…」
    地味にアニメ版みたいな展開である。全く泣けないけど。
    しかしその12では当たり前のように「え?オレ?」と出しゃばり、昇天しつつあるシンプルな丸刈りのブチャラティを認識出来ず罵声を浴びせ、ブチャラティの頭にくっ付いたセッコに「テメエ〜ブチャラティをどこへやった!」と問い詰めてたり、ボスが倒された後には名前占いで大地獄行きになったボスを嘲笑ったりと、声だけの出演ながらかなり目立っていた。なお、エンディングではアバッキオ共々シンプルな丸刈りとなって地上に降りてきた。

    ポルポのス/パンナコセフ・フージョー(スター)

    (CV:三浦祥朗

    フーゴ


    ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!ド!(セルフSE)
    「スタンドの力は… メモリーカード できる… スタンドは42KB以上の空き容量が必要です」
    「あったぜッ!指令の『ピー』はゲットしたッ!」
    「なぜ禊… みんな正気じゃあないぢッ!」そうは思いません…なぜなら『黄金』だから
    体格は他のメンバーと大差ないが、実はブチャラティチーム最年少の6歳
    スタンドは拳のカプセルから殺人ペリーコロッセオをまき散らし、一旦体内に侵入すると拳銃ボ殺な「パープル・ヘイヘイ(パー条・ヘ太太郎)」。戦闘時にはただひたすら自らのスタンドの名を叫び続ける「パープルヘイズの歌」なるものが流れる。ちなみにスタンドは42KBの容量が必要。フロッピーに余裕で入る容量。そりゃDISCにも出来るわな。
    イルーゾォとの戦いでは「『パープル・ヘイズ』フル・デッド」を発動して、超巨大化した腕(見た目のみならず当たり判定も巨大化)を振り回し彼を一方的に殴り続ける場面も見られた。また姿を見ただけで彼の名前を当てる場面もある。
    その7で原作通りブチャラティ達が組織を離反した際一人チームから離脱し、正式な出番が終わった(この時ジョルノから髪を奪われるが自力で生やした)。なお、シンプルな丸刈りを目撃した際の変顔は目に影が入り顎が異常に伸びたもの(上のイラスト参照)。
    その8ではこっそり着いてきて飛行機に乗り込んでいたことが判明するもブチャラティに追い出されてしまった。
    その9ではリゾットとイルーゾォの元に墜落してきた巨大なエアロスミスに乗り込んでいた事が判明。ブチャラティ達に気付かれる事なく2人を倒した。「……君とは、こんな出会い方をしたくなかった」
    その11でディアボロ、ミチャラメィシルバー・チャリオッツ・レクイエムがブチャラティチームの前に現れた際、どう言う訳かコロッセオに降り注いでいた。
    その12では直接の登場は無かったが、エンディングではが終始フーゴのヅラの形をしていた。

    ト父ッシュ・ウナ/おトリッシュ・おてつ(爆発音)

    (CV:夏樹リオ
    「アバた 買い物してきてくれない?アバッキングのかえとアバンシーの2番のホアバ 黄金の旋風!2002年 発売予定ッ!もお願い」
    「そうよね…あフその通りだわ… 兄貴ィ~! おかしいわよね…」(赤面)
    「思い出したわ…あんた誰です?あたしの母は昔 父親は『サル』と言ってたわ…」
    「nッ! あのてんてん虫のブロブロ! 皆殺しだァ!」
    「ハッ!! 動いてるブロ÷チに反応していべわ… やるしかGO!! ΩよりΩにブΩーチをΩΩレクイエム!!」
    「私の母は昔 このコクピット部分を柔らかくして パラシュートになっているから 落下速度は遅くなって こっちを追跡することはない って言ってたわ」
    「さあ… ネズミィニアに上陸して ポ仮死状態を 探すネズミがいるぞ… 父の過去を 上書きしますか?
    『パッショーネ』ボスの娘で最近になって存在が発覚した。ボスの正体につながる可能性があるとしてボスを探す者たちから狙われている。
    ブチャラティ達は彼女をボスの元まで連れてくるよう任務を受けるが……。
    おスタンドはお岩だろうとお金まろうと殴ったお物質がおゴムのように柔らかいオのになってしまず「おスパイスおガール」。

    同一人物


    その7では、ブチャラティとの会話中に顔がペッシになるという怪現象が起こり、ブチャラティをドン引きさせた。その8でも発する台詞がペッシのものになったり、上半身がペッシの顔になってしまったりと、ペッシ化は未だ完全に治っていない模様。
    サルディニア島行きの飛行機に乗った際には訛りがひどくなってしまい、ところどころで発音が安定しなくなってしまった。
    ペリーコロさんと対峙した時に『第5話』・ガールを発現させ(その際には挨拶代わりと言わんばかりに飛鳥文化アタックを四方八方にお見舞いしていた)、飛行機の外で激戦を繰り広げた末にペリーコロさんを撃破。続いて飛行機のエンジンを取り込んで巨大化したジョセフ頭部と両腕だけになったジョルノやジョセフに喰われかけながらもブレイクダンスを続けるブチャラティと共に挑み、これを退けた。なお、スタンド発現と同時に胸が水っぽい音を立てて膨張を始めるが、戦闘中も膨張を続け画面外まで伸びていった胸はやがて何処かへ行ってしまった。
    その10ではミスタのセリフフレームが全てトリッシュのものになっていた。入れ替わるのはまだ早い
    その11で原作通りミスタと入れ替わる。これによりサルディニア訛りはミスタの方に移った。ジョルノとナランチャの(うわ。を見た際、赤くなってキス顔をしていた(ミスタの身体で)。
    その12ではレクイエムの消滅で元の身体に戻るものの、顔以外完全にペッシになってしまった。その姿でジョルノの進化について解説した。ジョルノは自らの腕をピラニアに変え自らの腕に侵入させ食い込ませたらしい。最終決戦の決着後に元のトリッシュに戻るが、サルディニア訛りも復活。更に体が訛り以上にグニャグニャになってしまっていた。

    ジャン=ピエール・ポルポルナレフ/ジャンル・ポルナレフ/ジャン=ジャエール・ポポポレフ(ドウデチ・ボーイ)

    (CV:根岸朗)
    「ワタシの名ナド ドウデモイインザミラーッ!
    「コレカラ ヤン像を送ルガ… 君達の何㍍かは『ノレ』を 知ッテイルハズペ」
    「ローマに 来ルノダ コノ『矢』は
     ローマに 来ルノダ コローマに 来ルノダ コナノダ!」
    (『矢』の使い方について聞かれて)「ソレハ 人間の脳を刺激し 恐るべき化け物を作り出す道具だったのだ!
    「ダガ ソノ『使い方』を知ッタ時 ソノ者を火山弾に打ち上げられ 宇宙に放逐されルのは 保証シヨウ」
    「ブラが見たい… そうすれば安アバげるのも 予想してたらしい…」
    「わかった! ディアボロの人格は2ツァーノ! 1ツァーノ! 体に3ツァーノオオオオオ!!」
    部「スターダスト ダダダダダース」の登場人物で、ボスの秘密を知る男。
    その9で初登場。パソコンを通じてブチャラティ達にコンタクトを図り、彼らにコロッセオに向かうよう助言を与えた…
    …のだが、やはりバグの影響で『矢』とは関係ないアイテムを勧めようとしたり、挙げ句ジャン=ピエール・コロッセオに来ルノダ…チャで」などの正体を隠す気が全く見られない発言をするなどの奇行が見られた(声だけだけど)。
    ブチャラティチームが港村に上陸した際もまだ通信を切っておらず、的外れなアドバイスをし続けてナランチャを怒らせた。
    その10では髪の毛の上でローマ…いやイタリア全土の運命を懸けた戦いが行われたり、ブチャラティがチャリで来なかったせいか疑り深くなっている。ブチャラティとの会話では彼の「覚悟はいいか?オレはできてる」連呼を止め、髪型のデッサンが狂った定番のネタやトリッシュを紹介されて「ブラが見たい」と発言する3部以来のスケベキャラを披露。またチュベロチュボロポッチャラティの登場時は車椅子とは思えない程荒ぶって動揺を表現した。
    直後、原作者が登場した際は衝撃のあまり「てめえが出ることを許可してないィィィィーーーーッ」と失礼な事を口走り、他のキャラ同様消し飛んだ。
    その11では持ち直したのかディアボロと交戦する。その際、自力で立って歩いていた。
    最終的にはキング・クリムゾンタックルを喰らわされてとどめを刺される。ディアもロからは名前を何度も間違えられるが、その度に「わたしの名はジャン=ピエール・ポルナレフ!」と訂正した。しかも訂正する度に早口になったり声が高くなったりしていた。
    その後、暴走したチャリ8ッツの能力で亀と魂が入れ替わった際には、承太郎の帽子を被っていたり、その場で回転し続けたりした。また、理解力の低いブチャラティチームに何度も同じ事を教えたりした
    彼が自分のスタンドやディアボロについて説明している時は激しい地鳴りが発生しており、ほとんど聞き取れない状態だった。
    その12でボスが倒された後もフーゴのヅラにしがみ付いて魂だけこの世に止まるが、エンディングで外に顔を出した際にそのまま昇天してしまった…と思いきや、引き続き普通にジョルノと話している。再びコロッセオへの移動手段にチャリを指定するなど、最後までチャリへの拘りは凄まじかった。
    また、『』を巡ってディヴォロの正体を暴くも右目と両脚を失う重傷を負わされて一度再起不能にさせられている過去の恨みつらみからなのか、チュペロチュボロのスタンドを「キング・負け犬・クリムゾン」(その9)や「キング・ボロボロ」(その12)などと呼んでいた。

    シルバー・チャリオッツ・レクイエム

    (CV:三浦祥朗)
    「僕は獰猛なスタンド!」
    ポルナレフのシルバー・チャリオッツスタンドの矢ヒイヒイこれから怯えることで進化したスタンド。首筋には星型のナランチャが付いている。「え?オレ?」
    ポすナレフの「矢を守る」という最期の意志に基づいて動くが、チャリを制御する力を失ったポルナレフの手を離れ暴走している。
    プルプル!」という効果音と共に尻を振りながら歩く。
    自己紹介と共にディアボロを眠らせると四体に増え、虹色に輝きながらグルグル回った。その後1体行方不明に。
    矢を守るのが使命の割にはブチャラティにあっさり奪われてしまう。しかしお構いなしにコロッセオを出ようとしたところ、ディアボロによって3体まとめてボコボコにされた。
    その12で頭足人のミスタ(中身はディアボロ)に追い回され(自身も頭足人状態)、弱点である何かを突き止められた末、それをブチャラティに破壊されて消滅した。

    ホルァ04店/マリオセガ承太郎

    (CV:岸祐二

    俺はホルァ04店ぬいぐるみバーだ


    「俺はホルァ04店。ぬいぐるみバーだ。」
    「6億円がねえなあ~っ いつまでもよォ…… いったい どこへ自動的としてんジョ? なあ? ナランポャ!?」
    「ま… ネカトココスん捜しなよ… オレはあわてる トコトコトコ……」
    「だが これで俺の沼ちだッ!(GYYAAAHHHHHッ)」
    「しょおがねーなああぁ~ (それ以上動くんじゃあないッ!) たかが芋い物に来んのもよももも 楽じゃあなかっただろ? え?小ランチチ… これからはブチャラティは近いうちそうやって死ぬ…」
    パッショーネ所属のスタンド使いの暗殺者にしてぬいぐるみバー。スタンドは相手をどんどん小さくする「ブトル・フィィーモ」。だが能力を解除すると逆に相手が元より巨大化してしまうデメリットがある。
    ボスの正体の手掛かりになるかもしれないボスの娘を見つけるため夜ンチャに攻撃を仕掛けるが何故か動き出したステージオブジェクトのクル…もとい、車に轢かれる(なぜかナランチャが轢かれてもダメージを受ける。これをナランチャのイカサマだと思ったのか、後でナランチート呼ばわりした)。最後は「ネズミども」のような姿になり一騎打ちとなるが死亡。名前の由来はチーズなのでネズミっぽくなるのも頷けるが、それにしたって姿考えろよ。
    しかしその7で何事もなかったかのようにサン・ジョルジョ・マジョーレ塔前に到着したブチャラティチームに混ざっていた。このシーンのテキストにもまるでホルマジオが戦うかのような文言が出て来る。
    その9では更にクオリティが向上したハハッなコスプレで登場。再生を行うアバッキオの背後にある台座の上で逆立ちしていた。その後チームの面々やドッピオ、ジョルノと共にサッカーに興じた。

    イルーゾォ

    (CV:根岸朗)

    恥知らずのパーデンネン10


    「答えないのなら…この場でオレも覚悟はいるが死ねッ!!」
    「さすゾォ気づくのが早いンザミラー!」え?オレ?
    「おまえがいるのは『鏡の中』インザミラーッ! そして オレだけが外に出る事を 許可しろォォォーッ」
    「オレオ姿が 見えたオなら………!! お前はもうおしまイン・ザ・ミラーッ!」
    「鍵(キー)は俺がもらっキー!」
    「負け犬としての人生を過ごすのは… 死よりも恐ろしインザミラーッ!」
    「『マン・イン・ザ・ピエール・ポルナレフ』オレだけが外に出る事を 許可しろォォォーッ だが!ツェペリの孫 許可しないィィィーッ」
    「せ… せっかく腕を 失う覚悟までして……
     こ  !!
     
     な!」
    暗殺チームのスタンド使い。語尾に「インザミラー!」をつける癖がある。
    スタンドは指定した相手だけをオレも覚悟はいるが鏡の中に引きずり込む「マだこインピエール・ポ」。だがイルーゾォと体をくっつけていると出入りが自由になるようなンザミラー!(能力の意味ないやん……)ついでに切りつけた相手が小顔になる何とも微妙なンザミラー!付随効果もある模様。
    「覚悟はいるが」という事から、暗殺者でありながら人殺しに対し良心の呵責が強いと見られている。
    ポンペイ遺跡でザ・ジョルノ、ザ・アバッキオ、ザ・フーゴを襲撃し、最初に引きずり込んだフーゴを「止まるんじゃねぇぞ…」状態ンザミラー!にし、アバッキオも小顔にしてダメージを与えるが、何故か鏡の中に出現したブチャラティの影響なのか頭が肥大化、鏡を通れなくなンザミラー!ってしまった。しかし最後に引き込もうとしたジョルノが自らをパープル・ヘイズの「面接試験」に感染させていたことで鏡の中に殺人ウイルスが広がりイルーゾォも感染。鏡の外へ逃げるもパープル・ヘイズに追い詰められ、中に逃げればフーゴが、外へ逃げればパープル・ヘイズという絶体絶命の状況になる。最終的にパープル・ヘイズにとどめを刺され「起ドン」となった。その後ブチャラティ達と一緒にフィレンツェ行き超特急に乗っていたが、プロシュート達の襲撃のどさくさに紛れて死亡。ペッシとブチャラティの対決中、列車の脇に転がっていた。
    …と思いきやその7で再登場し、ボスの発言に合いの手を入れたりステキング・クリムゾンに纏わり付いたりしていた。
    その9ではリーダーのリゾットから分離(?)する形で登場し、???と対峙。リゾットの発言に茶々を入れてきたり、「え?俺?」をパクったり、マドハンドみたいな姿になったりしていた。そして???が叫ぶと同時に膨張を始めたが、フーゴの乗ったエアロスミスの墜落に巻き込まれてリゾット共々死亡したため何をしようとしていたのかは分からずじまいとなった。しかしその後UFOのような姿で復活しチームの面々やドッピオ、ジョルノと共にサッカーに興じた。
    更にローマ近郊の港村に向かったブチャラティ一行に紛れ込み、バグで挿絵が引き伸ばされた際に彼がどアップになる(この時、何故か鼻の穴にジョルノのコロネを入れていた)など、全体的にしぶとい今作の暗殺チーム中でも頭ひとつ抜けたしつこさを誇っている。
    その11ではポルナレフのセリフに混じっていた他、紙芝居パートの背景と化していた。
    その12ではの顔がイルーゾォになっていた。
    裏餅のルカ同様に誰かが「おしまい」と言うと「おしまいインザミラー」で便乗する。

    プロシュート

    (CV:うすいたかやす)
    「この列車を『先っちょ』から『ケツ』までトコトコトコ」
    「『鹿』は素早いんだぜ…」
    「『ブッくぼす』とココスの中で思ったならッ ザ・グレイトフル寝動は終わっているんだッ!」
    「列車の窓から見えた感じではブチャラティは レストランで食事をしているポルポの隠し財産を取りに行く為 ギャングの入団試験を受けるナランチャに襲いかかってタイヤをパンクさせ ツェペリの孫シーザー、謎の女リサリサとともに宇宙に放逐された… それだッ!」  (ペッシ「ど、どこだッ!?」)
    「外は時速グレイトフル150キロだぞ!」
    「ペッシィッ! 何も問題はないよ」
    「栄光は… おまえに… ある…ーゾォ オレは… 見守って… いるマジオ
    「動きが見えるぞ!グレイトフルのろいッ!」
    ドグチァーーーッ!」(「メメタァ」を連呼するリゾットに対して)
    フィレンツェ行き超特急にてブチャラモソィ達を襲撃した暗殺チームのスタンド使い。自分の頭が高速回転して飛んでいっても冷静さを失わない人物。言葉の前に「グレイトフル」をつける癖がある。
    人間を老化させる能力「グレイトフル・な警官(ザ・グレイトフルよかった♡)」を使い無差別に乗客を老化させ、階段掃除をしながらブチャラティチームが現れるのを待っていた。そして近付いてきたミスタに対しては能力を自らに使い巻き込まれただけの一般人を装って直に触れることで老化させ、とどめに銃弾を撃ち込み戦闘不能にした(その際一発撃ち込む度に気持ち悪い断末魔を上げるミスタに無言で直前の2発合わせて21発撃ち込み、顔を消し飛ばした)。が、能力の副作用でハゲてしまい手足が震えるようになり耳もちょっと遠くなった。また上述の支離滅裂な推理を行い、「あんな重症じゃ兄貴はもう助からない」というペッシの判断でTAKE2となった。ハゲをちょっと気にしているのか氷属性を得たブチャラティに対し「『フサい』な…」と呟いていた。
    その後食堂車BBAにて奇襲をかけてきたブチャラティとの列車を飛び出しての壮絶な死闘の末、列車のに放り出される。瀕死の重傷を負いペッシからはビーチ・ボーイの竿に流用されながらもダジャレを言いながら能力を発動し続けた。
    その6ではギアッチョに追い回されるジョルノ、ミスタの乗る車にしがみ付いていたが、戦闘パートではいつの間にか消えていた。振り落とされたのだろうか。
    その7ではスティッキィ・フィンガーズのジッパーから再登場し、イルーゾォ共々ボスのスタンドに纏わり付いていた。
    その9ではブチャラティ、ナランチャと一緒にリゾットの遺体を確認した後、チームメンバーとサッカーで遊んだ。キーパーとして見事ボールを受け止め、ペッシから賞賛されている。
    その10ではブチャラティに切断されて苦しむセッコに背後から掴みかかりゴミ収集車に引きずり込んだ。彼としては列車(収集車)を止めたかったらしい。

    ペペペ/船ッシ

    (CV:西村朋紘)
    「兄貴の顔悟が鼻言葉ではなく 耳心で理解できた! ブッ昼すと夢の中で思ったときは 既に【!勝!利!条!件!】は終わっているんだッ!」
    「ウニ貴が逝っちまう前に ウニ貴の夜の前でよオオオオー 償いはさせるンザミラー!
    「1話るだって? 1話て砕けるのはこいセらの方だボボボーッ ちょもベイああああー」
    (もえろ)
     プロシュートと共に列車を襲撃した暗殺チームの下っ端。何故か顔に「もえろ」と書いてある。
    スタンドは釣り竿型で釣り針を標的に潜り込ませ『釣り上げ』る「ビーチ・ボーイ」。
    プロシュートを兄貴と呼び慕っているが、表記が「ゴミキ」だの「兄貴w」だのイマイチ敬意が感じられない。
     スタンド使いとしても暗殺者としても未熟な「マンモーニ」だったが、瀕死の重傷を負ったプロシュートから「覚悟」を知り覚醒、頭チャラティを追い詰め宇宙に放逐しゲームを4回も進行不能に陥れたが結局敗北する。
    死に際に「(見た目はフーゴの髪)」の中にいるジョルノ達を亀ごと殺そうとするが、その行動が単にブチャラティを絶望させてから死にたいだけのゲスた郎という事を見抜かれ、スティッキィ・フィンガーズのラッシュを喰らい「ごぼ魂ッ」という断末魔を上げて絶命した。
    意外にもpixivではあまりネタにされることはなかった。
    その9ではなんやかんやで何故かジョルノと融合し、顔が三つに分裂した奇怪生物と化し、兄貴に賞賛を送っていた。その後さりげなくブチャラティ達と一緒に亀の中にいた。
    その10では列車(ゴミ収集車)を止めたいプロシュートの意を受けてドッピオに掴みかかるが、その後ドッピオはコロッセオに到着しているので失敗した模様。
    その11では自身もブチャラティチームに紛れ込みコロッセオにやって来ていた。ただし2頭身である。

    メローネ

    「落ち着けギアッチるせーぞメローネ~!
    暗殺チーム所属の変態スタンド使い。
    …しかし能力の再現が難しかったためゲーム中にはギャラリーモードにしか登場しない。そのため動画でも本人もスタンドも登場せず、事あるごとに自分のスタンド「ベイビィ・フェイス」から罵倒される形で登場するという不運な扱いとなった。その9でようやく本人が登場したが、か い め つした色合いの一枚絵としてであった。その上セリフを言い切る前に顔面にサッカーボールを喰らい、やはりベイビィ・フェイスに罵倒された。

    スタンド ベイビィ・フェイス

    (CV:木内秀信
    「るせーぞメローネ~!」
    メローネのスタンド。コンピュータ型の『親』が選んだ標的と相性の悪い性格の女性を『母親』として作られた『息子』を成長させながら戦う。
    …上のセリフ以外動画に出番ないから上の解説は意味ないんだけど。
    アバッキオやナランチャなどの鬱陶しい発言を絶妙に遮ってくれるツッコミ要員だが、読んでの通り怒鳴りつける相手を間違えている。

    ギアッチョ

    (CV:西村朋紘)

    暗チイラスト④(1枚護チ1人入り)


    「リアリア語で呼べ!



    語で!
         にしやがっボッ
    コケ
    「お前の      弾丸じゃ
         な
          こ
           ょ
           
          
         


     レ
      を
         
            
            程度しか
    できなァーッ!
    敬 敬 敬 敬 敬
      意 意 意 意 意
     敬 敬 敬 敬 敬
      意 意 意 意 意
    を表してやる…」
    「ドドドドドドドドドドドドドドドドド…(セルフ擬音)
    スタンドは空ッ気ッ中ッのッ水ッ分ッをッ凝ッ結ッさせてッ装甲のようににまとい面接試験を滑ることが出来る「ホワイト アル バッムッ」。だが

     ホ       ホ
      ワ     ワ
       イ   イ
        ト ト
         ・
        ア ア
       ル   ル
      バ     バ
     ム       ム
               」表記がインパクトで上回った。
    動画作者曰く空気中の水分を超低温で凍らせ 、光の反射を歪めて幻覚を見せる能力(ウソ)との事。装着型のスタンドで、氷を扱うのに見た目は黄色い全身タイツ。
    セリフ字幕が妙に芸術的になるが、画面を遮るのでゲームプレイには邪魔にしかならない。ゲーム上元々強い相手なのだが、バグの影響で分身を行うなどさらに凶悪な性能となっており、おまけにピストル飯フホヤゥ゛体達(特にNo.7)も画面を遮ってくるため手が付けられない程の高難易度を誇るステージと化してしまった。最期はミスタの策によりステージ中を駆けずり回るようになった鉄柱の尖った部分に誘導され、銃撃のノックバックで首筋に突き立てられて倒れた。
    スタンドの下の本体は串みたいな細い手足にペラッペラな胴体という姿。スタンド装着時はやたらムキムキだったのでギャップが凄まじい。
    その後サルディニア島で他のメンバーとサッカーをしていたが、ディフェンダーもしくはキーパーなのか磔のような体勢で、気合いで顔面に来たボールを受け止めた。

    リボット

    (CV:根岸朗)
    「二つのことが矛盾しているゾォ?」え?オレ?
    メメタァメメタァ!!お前にとどめを刺す!メメタァ!俺の勝ちだ!ヒッヒッヒッヒ…」
    「メキ!バッキバキ」
    暗殺チームのリーダー。
    無情にもゲーム中に出番なしのためストーリーが進んでも登場しない……と思われたが、ゲーム内にモデルとボイスデータが残っていたようでその8の次回予告に登場。
    スタンドは相手の血中の鉄分を金属の凶器に変えて体内から攻撃する「アメリカ」。だが一度もスタンド能力を見せる事無く退場となってしまった。
    その9で???と対峙した際、イルーゾォに茶々を入れられながらもジョジョ立ちを見せる(しかもポーズを変えるたびに腕からビームが出る)程の余裕をかましていたが、フーゴを乗せて突然現れた巨大なエアロスミスの墜落に巻き込まれて死亡した。が、結構元気で死んでからも発狂して長々と喋り、何に対してかは不明だが勝利宣言までする始末。その様を見てドン引きしたブチャラティには一般人、ナランチャにはガキ扱いされた上「アバ茶をかけよう」と言われた。
    その後黒い棒人間みたいな姿になってサッカーに参加した。さっきまで戦ってた奴と一緒だったが良いのだろうか。

    カルネ

    ボス直属の親衛隊の涙目のルカ』と名乗る涙目のルカンド使い。ヴェネツィア付近の空港でアルバイト中だったブチャラティ達に近付くも、「ア゛ァ゛ーーーッ!!」と断末魔だけ発し謎の即死を遂げた模様。
    ちなみに彼が現れた時、ブチャラティ一行は(恐らく旅費を稼ぐため)ヴェネツィアの空港でアルバイトをしていた。プライベートジェットを略奪した原作と比べ人としては真っ当だが、やけに悠長である。

    ノトーリアス・B・I・G

    ノトーリアス・J・O・S・E・P・H


    「GYYAAAHHHHHッ!」(ナレーション「ブチャラティはレストランで食事をしている」
    母親のせいじゃ…
    カルネ』のスタンド。
    本体の死によって暴走することで死なず倒せないスタンドとして標的をどこまでも追いかけ続ける。
    バグによって本来の出番より早く登場し、その3ではブチャラティが喰われていたほか、その7でもボスと共に出現していた。
    その8でようやく本来の出番……となる筈が、ペリーコロさんの姿でトリッシュを襲ったり、その後飛行機のエンジンを取り込んで巨大化するとその姿はジョセフのコマに変わったりと、最後まで本来の姿で対峙する事は無く、描きおろし画ールを発現させたトリッシュの機転によってコクピットを切り離された飛行機と共に墜落していった。

    千代子ラータ/千ヨコ/ョコラ/チ◆コラータ

    (CV:石野竜三)
    「白いぞォ~」
    「し\\|||//お
    \ーー      ー
    ーーーーはッ! ーー
    /ーーーーーーーー\
     れ//|||\\も」
    「いいか セッコゐ ちゃんとビデオ回ってるか? 後で『録画』されていませんでしたってのが
     最も.最もムほつくヤダバァァー!eからな!」
    1ツァーノ!2ツァーノ!3ィッツァーーノオ!
    「塩お~~~~し 塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し塩し」
    あっ!よし! 上陸しよァァァァ (※断末魔)
    ブチャラティ一行を始末するため節ッ子と共にローマに送り込まれた、ボス最後の刺客。ボス曰く「最低のゲスト」で、頭の回転(物理)が早い。
    彼のスタンド「グリーン・ディ」のカビに感染した者はカラフルなモザイクになってしまう。彼らがブチャラティ一行を待ち伏せていた村、及びローマ全土をもカビを撒き散らされたせいか虹色に染まっていた。ちなみにスタンドの見た目は緑色の直方体と完全に手抜き。
    甘いもの3個を投げてセッコに回避させる遊びをした際、避けられず昏倒したセッコを見て一瞬固まるが、咄嗟によしよしして復活させた。
    カメラ写りを気にしているらしく度々「ちゃんとビデオ回ってるか?」と確認しており、セッコの出撃後セリフを言い切った後でさえ、確認しつつ頭を高速回転させていた。
    その10ではジョルノのスタンド能力で生み出した樹木にヘリが捕まってしまう。力技で切り抜けたものの巨大化したブチャラティに押し戻された。その後ジョルノに追い詰められ拳骨骨掌を喰らい落下したが、ムーディー・ブルースで再び屋上に戻されて更に拳骨骨掌を喰らった末ゴミ収集車へ叩きこまれていった。燃えるゴミは月月水水金金金

    『節』『ッ』『子』/ドッピオ/々゛e゛X゛lY゛

    (CV:うすいたかやす)

    パッショーネ24時詰


    「うああ おっうおっ おギャアァァーーッ!nはい ドッピオです おおーッ!
     (この腑抜け野郎がッ! なんだ!?今のザマは!?)
    ブチャラティ一行を始末するため千ヨコと共にローマに送り込まれた、ボス最後の刺客。チョコラータのペットのような存在だが、彼にウンザリしているらしく本音がダダ漏れている。
    装着型スタンド「もゃシス」は白と紺のツートンカラーという原作とは全く異なるカラーリングで、頭部はフルフェイスヘルメットのようになっており顔が全く見えない。地中に潜り奇襲を仕掛けてくるがどう見ても飛び込みのときに体が大きくなっている。
    「ちゃんとビデオ回ってるか?」と言いながら頭を回転させるチョコラータを見て、ビデオカメラを物理的に回転させた。
    チョコラータが投げる甘いもの3個を回避する遊びをした際、3個目として投げられた清掃員のじいさんを顔面に喰らい昏倒するも、よしよしされて復活、その後すぐブチャラティ一行を襲撃するため出発した。
    その10では「味なこと」が思い出せず言葉に詰まっていたところ、ブチャラティに「味チーチか?」と問い掛けられるとブチャラティ型の電球を点灯させて何かを閃いた様子だった。直後、一連のやり取りをハゲ連呼で邪魔していたボスのシルエットをボコボコにした。
    その後ブチャラティと対決。虹色の街の地面に潜った結果スーツがカラフルな縞模様になり、後半戦では更に上半身がアーモンド状に変形。チョコラータから前話でしつこく念押しされたせいか、戦闘中度々「ビデオに撮らなきゃ」と呟いていた。戦いに敗れると一般人を人質にとるも、ブチャラティが無視して殴ってきたため意味が無かった。この攻撃は耐えるが、強がっている所をスティッキィ・フィンガーズによって紙芝居のフレームごと身体を切断されてしまい、苦しんでいる所をプロシュートによってゴミ収集車に引きずり込まれ再起不能となった。
    その12ではブチャラティが昇天する最中に天から降ってきてブチャラティの上に座っていたジョルノを弾き飛ばし、代わりに自分がブチャラティと頭同士をくっ付けた。しかしブチャラティのカツラ代わりにはなれなかったらしくナランチャに罵倒された。

    ディヴォロ/チュペロチュポロ(ボス/ポチ/ルス)

    (CV:宮本充)
    「オレのそばに近寄るなああーーーーーーーーーッ」
    「そのまま 帰ったほうがいい拳 ブロチョコ・チョコチャチョコラティ…」
    「お前のト邪ッシュ護衛のスーパーレア務は… これにて終了だ!(おしまいだぁぁーーーーーっ!!)(おしまイン・ザ・ミラーッ!)」
    「妙!なだこりゃ〜ムッホラティ逃亡の仕方に 迷いがない…」
    「思いもよらぬ『何ナレフジャン』追うのだ!・ピエール
    「『矢』を 支配す… 冷静さを このディアボロだココアアーッ
     ジョルルノジジババァナ
             後悔す 時間 与えんe レクイエム(オレのそばに近寄るなああーーーーーーーーーッ)」
    ギャング組織「パッショーネ」のボス。冷酷非情で用心深く、正体にかかわる一切が謎に包まれている。
    スタンド名は巨大な手の形をした『ここまぬけッ!(キング・コング・クリムゾン)』。能力の詳細は不明だが彼との戦いの際残り時間が一秒からゼロ秒を繰り返し終わらなくなったのでなんかそんな感じの能力のようだ。
    【勝利条件】そのまま くたばれッ!
    攻撃するたびにオレのそばに近寄るなああーッと叫ぶ事からも、余程正体をバラしたくない事が伺える。ただしそれ以外の時も各地で度々言っているので、もしかしたら永遠に死に続けているのかもしれない。
    その6にて初登場した時には隠れ家の上空を走り抜けていくミスタとナランチャを見て悲鳴を上げた。
    その7にてサン・ジョルジョ・マジョーレ島にて『自分の手で確実にを抹殺する』べくトリッシュを襲撃するが、その行為がブチャおじィの逆鱗に触れ彼の離反を決定づけてしまう。
    巨大な手を持つスタンドによってブチャラティ(と自分)に致命傷を負わせるものの、ジョルノの介入によって正体が露見することを避け一時撤退する。
    暗殺チームのペッシの名前に思うところがあるのか(もしくは娘の顔が突然ペッシの顔になった事へのツッコミか)、ブチャラティ達が教会から脱出した後に「ペッシて…」と一人でつぶやいていた。
    しかし最終的になぜかブチャラティ達に紛れてボートで島を脱出しようとしていたが、ナランチャのせいでボートの転覆に巻き込まれてしまった。
    この回でテーマ曲「ヴェネツィア音頭」が初登場。「ピョ~イ」という間抜けな効果音とドラムでリズムを刻むシンプルなイルーム音楽である。
    トリッシュの母親であるドナテラ・ウナ(故人)曰く、『サル』らしい。
    その9では、ブチャラティ達に対しパソコンを通じてボスの情報を語ろうとする謎の男が(声のみで)登場。その会話より、ボスの本名が「ディヴォロ」であることが判明した。ボスの方も謎の男の存在を察知しており、わざとらしく名前をぼかしながらドッピオに連絡していた。
    その10では唐突にジョルノとミスタの元に現れたが無視され(ナランチャだけは反応)、その後憂さ晴らしなのか度々現れ「ハゲ」と言ってきたがあまりにしつこかったからか、ジョルノ、ブチャラティ、セッコの三人からラッシュを浴びていた。その後コロッセオで待っていたポルナレフの前で正体を初めて明かした。ドッピオの服だけでなく体ごと脱ぎ捨てて露わになったその姿は黄色く縁取りされた黒いフレームだけ。足跡どころか自分の姿すら消し去ったのだ。割と恰好良かったのだが、活躍する間もなく原作者が現れて消し飛ばされてしまった。
    その11ではなんとか持ち直したのかポルナレフと交戦するが、相変わらず近寄って欲しくない模様。
    レクイエムの効果でブチャラティと入れ替わった筈だが、スタンドはキンクリのままだった。(しかも最終決戦仕様)尤も、レクイエム討伐という目的は同じなので一時休戦といったところか。
    何故か自動車が横切る一本道でレクイエムと交戦、凄まじい威力と範囲を持つ衝撃波で圧倒した。
    また、終始黄色い縁取りだけの姿だった。
    彼も娘同様訛りが酷い。
    余談だがゲームでの本来の表記はディアヴォロである。
    その12では矢を追うブチャラティチーム全員の背になるほ語の教師クリムゾンの断片を忍ばせていたが、原作通りミスタ(中身はトリッシュ)の身体でレクイエムに迫る。ミスタの身体はレクイエムの影響か頭足人になっており、同じく頭足人のブチャラティ、ポルポ、イルーゾォ、ペッシ、キング・クリムゾンを引き連れてレクイエムの周りをグルグル回った。しかしレクイエムの弱点である何かを先にブチャラティに壊されてしまい、ブチャラティから矢を託されたジョルノとの最終決戦に臨む。
    戦闘中は終始透明人間であり、むしろ(使ってません)ンの方がはっきり見えるという奇妙な状態だった。一度は追い詰められるも周囲を暗闇に閉ざし闇討ち。しかしブチャラティとジョルノの覚悟の前に位置を炙り出されるとジョルノに近づく事も攻撃を当てる事も出来なくなって敗れ去り、何度もラッシュを受けて繰り返しティベレ川に落下。追い討ちに乗用車を大量に投下された。排水溝に上がってからはジョルノに「大丈夫ですかボス?」「どうして脱出するのですか?」と煽られながらアニメ版のレクイエム演出のような分裂・挙動を見せ、車に撥ねられる直前には分身それぞれのサイズも変わり、同じ挙動を行ったり来たりした。最期には荒木先生と今作オールスターに迷言を次々に吐かれながら追い詰められ、「俺のそばに近寄るなぁぁぁーーーーッうわーーーーーい!」と叫び先程のように分裂してシンプルな丸刈りになってしまった。

    ドッピオ

    (CV:(ネタバレ)
    「ンな事わかってるよー たまたまタマタマ蹴っちまったんだよなァ!」
    タマタマ蹴っちまったんだよなァ!タマタマ蹴っちまったんだよなァ!タマタマ蹴っちまったんだよなァ!」
    「とぅおるるるる、とぅぉるる!?(掴んだって、いったい何を!?)」
    「わかりました…ボス それが生きがいでえッ!ポンペコぺえッ!」
    気弱で臆病な謎の青年。
    自分以外を信用しないボスから例外的に信用されているのだが、その正体
    ブチャラティが偵察に向かった先でリゾット(とイルーゾォ)と対峙していた。この対決はゲーム本編ではカットされたが内部データとして存在しており、絵面はともかく原作通りのシリアスな会話が交わされた。
    二人はフーゴの乗ったエアロスミスの墜落に巻き込まれて死亡しドッピオは動画に映っている範囲では何もしなかったのだが、本人曰く苦しい戦いだったらしい。
    アバッキオにサッカーボールを蹴り込んで仕留めた(止めを刺したのはジョルノ)後、暗殺チームやジョルノと共にサッカーをするが、皮肉にも先程勝利したリゾットにシュートを止められてしまった。
    サルディニア出身で、トリッシュ同様訛りが酷い。
    ボスに連絡する際に電話の着信音に似せた声を発するが、今作では音階が生じており曲が成立していた。
    また、柱に隠れる瞬間に見せた姿はまるでデスタムーア最終形態のようだった。
    その12では地面に頭から埋まったブチャラティの体に取り残されてしまう。別の身体に移ったボスの勝利を確信するが、ボスからの電話を得ようと必死に発信音を鳴らしていた。その甲斐あってか通話が繋がったが、相手は別人だった。

    灼餅のムカ

    (CV:西村朋紘)
    「 めーはも ……  めーはも ~~~~  めぇはも おし  だーーーーっ!!」
    「おっオっオっおッおッオッオッおしまいだーっ! オーシマイッオォーシマイッ」
    スタンド能力者かは不明。
    パッショーネ所属で愚港を取り仕切っているジャンポだが、ゥョルペからおを巻き上げようとした際返り討ちに遭い瀕死の重傷を負った。その後ボスの命令で始末され、右(ナランチャによればビキニ)はゴリノを脅す為の小道具に利用された。
    なぜかその後ポルポのスタンドとして再登場する(ジョルノ曰くポルナレフランド)。ルカのモデルが戦う貴重なシーンなのだが、すぐ首が異常に伸びたカオスな姿に変貌した。
    その後もたびたび「おしまいだーっ」と叫んでいるのが確認でき、特にサン・ジョルジョ・マジョーレ塔では本人が倒れていた。

    灼餅のムカ


    護衛チームがサルディニア島に飛び立つ前、空港でアルバイトをしている一行の前にカルネと混ざって涙目のルカンド使いとなった彼が現れるがあっさり撃退され、しかもナレーションだけで片付けられた。しかしノトーリアス・B・I・Gの一部として上のイラストのような雪だるま体型で登場。「あなた、名前はあるの?」というトリッシュの問いかけを無視して下半身の目玉をキャストオフ目玉おやじのような姿でジョルノのブローチを狙った…が、これ以降登場しない。
    実はペリーコロさんが乗り込んでくる前からしれっと飛行機に搭乗していたのだが、「おしまいだーッ」と叫ぶまで誰も気づかなかった。

    ポッポ/ポLポ

    (CV:岸祐二)
    「あげじゃあ『面まじ君』を始めるとすっかな (てめぇはもうおしまいだぁぁーーーーーっ!!) 一番『大切な』金は金だと思う金?」
    「ちょっと違う金……」→(ビキニだ!)→「合 格 だ」
    「ホめでとう 君の乳団を認めるよ ライターの㍼を 信頼どぬり 消さずに 持ってきたからン …合格×
    「ぼーゆー城くて 何も知らんぼツは乱羊できる… 芋っちだろうと 芋芋の都合のいいように羊…」
    「爆笑ッ!」   (※断末魔)
    パッショーネ幹部で、あまりの肥満体型で好きに行動できないためワザと刑務所に収監され、組織の力で持ち込んだ食料や道具を使い不自由なく暮らしている。
    スタンドは入団試験で課された条件を破ったものをスタンドの矢で打ち抜く「ブラック サバ釣たまえもん)」。ラッシュの掛け声は「千葉千葉千葉千葉千葉千葉……何も問題はないようじゃ喰らえッ!」。
    組織への入団希望者に試練を課して、スタンド適正を見る試験官の役割を果たしている。
    人がλを選ぶにあたって一番『大切な』金は金だと思っていたが、入団試験を受けに来たミョルノ面まじ君で質問に「ビキニだ!」と答えたのを聞いて考えが変わったのか面接試験の合格を言い渡し、『ブァター』の『塩/㌍』を150150時間(≒約17年。長ぇ!)けさなうようにするという試練を与える。しかしそれは試練の過程で条件を破り矢に貫かれた上でなお生き延びスタンド使いに目覚めていればよし、条件を破らず能力に目覚めていなかったとしても馬鹿正直で何も知らない人間は組織にとって利用できるという物だった(が、面接試験の開始直後に不合格を叩きつけたり、矢の試練を終えて入団を許可するも「合格×」と言い渡しているあたり、「利用出来る」と言いながらもよほどジョルノを入団させたくなかったようである)。
    「矢の試練」に巻き込んだ無関係のポいさんを殺す形になった(死んでなかったけど)為、その『ポ辱した行為』はジョルノを怒らせる結果になり、ゴールド・エクスペリエンスの能力でポナナに変えられていたポ銃で自分の頭を撃ち抜いてしまい、大爆発して死亡。スタンドに持たせていたも同時にピョ~イッ。
    隠し持っていた億円の財産はブチャラティが幹部に昇格する上納金として使われた。なお、ブチャラティチームはその後も何度か(特にその9で)この隠し財産を取りに刑務所を訪れたとナレーションのみで語られている。プロシュートが先述の推理で言及したのもあながちおかしな事ではない…のかもしれない。
    しかしその後、画面のところどころにへばりついてたりタイトル画面を占領したりポンペイの遺跡でアバッキオをふっ飛ばしたりココ・ジャンボの中の部屋を占拠していたりジョルノの車の屋根に立ってたり増殖したギアッチョに混じっていたり突然ブルーバックになったと思ったら大群になって画面に迫って来たりピストルズ全員と置き換わったりブチャラティと体型が逆転したりジョルノの魂になったりしていた。

    ナレーションによるとDIOらしい。

    ズッケェロ

    (CV:石野竜三)
    はっ ペリーコロす!」
    「ぬはははははぬぬぬはははははぬぬぬぬはははぬはぬはぬぬはぬはぬはこいつぬはははははぬぬぬはははははぬぬぬぬはははぬはぬはぬはヌハハハハハプフゥーヌハハハハハ」 (無駄ァッ!
    パッショーネ構成員。スタンド使いだがゲーム中出番カットされたので詳しく知りたい方は原作か項目かアニメ参照。
    ゲームでは出番がカットされたがベイビィ・フェイスと同じようにボイスのみ聞ける。また、その6にてギアッチョの体がペラペラになっていたのも彼の仕業ではないかと言われている。

    ペリーコロさん

    (CV:伊藤健太郎)
    「うむ いいじゃろう… ブ     !」
    「ところで… くそじゃが仕事をしてもらいたい…」
    「とにかく わし~Stardust Crusaders~ゃ」
    パッショーネ幹部でスタンド使いではない老人。ポチからの指令を伝令する。
    「ペリーコロが 追加ッ!」と頼むと背景に落ちてくるが、背景なので特に意味はない。そしてたまにポルポが降ってくることもある(こちらは体当たりしてくるので危険)。
    バグ動画としてはまろうじんでない珍しい老人……と思いきや、その8でノトーリアス・B・I・Gが彼の姿を取って出現。仮にも上司の見た目であるからかブチャラティは丁寧に挨拶するが、無視して「母親のせいじゃ…」と呟きながらジョルノのブローチを狙う(この時一度再起不能のジョルノに吹っ飛ばされた)。戦闘パートでは「ブチャラティ」と鳴き声を上げながら跳躍しつつトリッシュを襲い、吹き飛ばされた時も天井に突き刺さってはそのままゲームを進行不能に陥れたりプレー画面の妨害をしたりしている(その上このステージはバグの影響でKGB化した座席を避けてブローチを取りに行かなければならず、座席によって機外へ追い出されると進行不能になるという鬼仕様となっている)。しかし「第5話」・ガールを発現させブローチを取り戻したトリッシュが機外へ弾き飛ばされた際に追いかけたのが運の尽き、突き刺さる天井が無くなりはねるしか行動パターンが無くなったペリーコロさんは順当に倒されてしまうのだった。
    その10でもこっそり(?)登場しているので探してみよう。(ヒント:あるエピソードでの台詞)


    答え:セッコ戦のステージでコロッセオの壁に巨大なオブジェとして登場。まさにアバッキオの言っていた「(殺人)ペリーコロッセオ」(その4より)と呼ぶに相応しい姿であった。

    清掃員のじいさん

    何も問題はないようじゃがのォ~


    「何も問題はないようじゃがのォ~のっ!」
    「のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪のっ♪」
    ジョジョでは良くいる妙に目立つモブキャラクター(そして大抵ひどい目にあう)。
    だが、この動画におけるまろうじんのポジションと化している。ポルポの試練を受けているジョルノに誤って二度も水をかけてしまい殺意を持たれるが、その前にポルポのスタンドによって殺された。が、まろうじんなので死んでおらず、普通に立ち上がって後にジョルノに殴り飛ばされている。
    見た目は柱。なお、柱でない状態のじいさんはその2で生首化して空に浮かんでいたり、ジョルノの腕に憑りついていたり、フーゴの頭になっていたり、列車の天井と床一面に張り付いていたりしている。
    その9ではチョコラータの投げた角砂糖に紛れ込み、説ッコに顔面ドロップキックを浴びせて打ち倒す程の戦闘能力の高さを見せつけた。
    その11ではジョセフと交代して紙芝居パートの背景になった。

    ジョセフ・ジョースター

    「シィィザーァァッ」
    第2部「戦第2流」の主人公。ゲーム中ではオープニングにて一枚絵で登場したり、過去の部のあらすじで一部分のコマが表示されるぐらいの出番(?)しかない。
    しかしバグの影響で上記以外の箇所で度々現れるようになり(ちなみにその7で名前の一部だけ出たのを含めると全話出演)、第2部での涙ながらに親友の名を叫ぶコマが突然現れたりするのをはじめとして、他の部の主人公達の顔が清掃員のじいさんに侵食されているのにもかかわらずジョセフだけ無事だったり(その2OP)、ジョルノがディスクの代わりに巨大なジョセフの顔を持ってきたり(その6)など、妙なところで存在感を放っている。
    その8では巨大化したノトーリアス・B・I・Gの代わりにシーザーの名を叫ぶコマが登場し、ジョルノ達と敵対する事になってしまった。よりにもよって作中で乗った乗り物が全て大破するジンクスを抱えているジョセフなので
    その9では謎の男が見せた矢を噛んでいた。食うなよ。
    その10ではジョルノがスタンド能力で生み出した樹木に顔が張り付いていたため、視聴者にハーミット・パープルを連想させた。
    その11ではイルーゾォと交代で第2部のコマが紙芝居パートの背景になった。その際右半分は「スーザー」の文字だった。
    そして遂には、その12のエンディングでこの物語が記されたの表紙を飾った。傍らにはコロネのカツラとシンプルな丸刈りの被り物が置いてあり、本が閉じられるとコロネはひとりでにシンプルな丸刈りに被さるのだった。

    ナレーション

    (CV:置鮎龍太郎)
    「『1890年 ジョナサン・ジョースター』 ネアポリス市民 おじさんター卿は 命の恩人の息子ネアポリス市民 おじさん与えた」
    「石仮面恩人の息子を刺激し 恐るべき化け物を 作りだす道具だっただす!
    「その影響で倒れた孫を救い 元凶である承太郎を倒す為 承太郎たちは承太郎プトに向かい 死闘の末 承太郎☆承太郎」
    「『9999年 地方仗助』 これを倒した」なにィ~ッ!
    「『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風』 2002年 発売予定ッ!」なにィ~ッ!
    「彼と仲間たちは その正義の心で 邪悪なプタンド使いの殺人鬼 9良9影を追いつめ、これをるせーぞメローネ~!
    「そして001年のイタリアにいる謎の少年… この少年こそ  ィオの息子 『ジョルノ・ジョバババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババ(ry」
    「ディオを倒した」
    「ジョルノは無事 レストランに不時着した」
    「謎の出来事が起こったまま 飛行機はイ チ ロ ーからお金を巻き上げようとしていた」
    「ブチャラティはレストランでしょ?」
    「飛も機は 無事 ポィレニア犬に 不時着し㌧ そして全員『サルディニア島・エメラルド海岸』に 2002年 上陸予定ッ!」
    「トリッシュは 米な中に隠じ 四ョルノミつタは ホカの上で面接試験を受けるため 刑務所に向かった」
    ブチャ野郎達は海を渡って ローマ近郊の港に到着したZE☆」
    「涙目のルカ ポルポ 暗殺の訓練を受けている組織の追手 遠隔操作で動く敵スタンドを 水から水へジャンプするスタンドと 人間の舌に取り憑いて 空条承太郎 嘘だけを喋らせるスタンド 究極生物☆ワムウ☆ エシディシ 真の究極生物となったカーズ 空条承太郎 元凶であるDIOを倒す為 東方仗助 ジョセフ・ジョースターの隠し子 ☆キラ☆吉良☆吉影 空条ボス太郎」
    「ブチャラティはレストランで食事をしている」 (「は?
    「ジョルノは無事 真実に不時着した」
    本作の語り部。
    ナレーションという立場上3Dモデル等の姿は無く、通常であればOPと会話パート以外の出番も無いのだが、バグの影響で突然声が野太くなったり、キャラクター同士の会話に介入してきたり、更にBGMの一部になったり、果ては随所随所でゲームの宣伝をしてきたりと、こちらも妙な所で存在感を放っている。

    荒木飛呂彦(仮)

    「1890年 ジョナサン・ジョースター」 (あんた誰です?)(えぇ〜? なぁ〜んですかぁ〜?
    「1930年 ジョセフ・ジョースター」  (そのまま地面にキスでもしてんだな!)
    「1990年 空条承太郎」  (戦って勝てるのは無力な人間だけか?ああ!?
    「1999年 東方仗助」   (ド低脳が!
    「そして2001年 イタリアにいる謎の少年 この少年こそ…」  (アリーヴェデルチ!(さよならよ))(おやおやおや…お前が心配することは──ジッパーでバラバラにされた後のことだッ!)
    「DIOの息子 ジョルノ・ジョバァーナであった!」  (うわぁぁぁぁぁぁ)
    ポルナレフ「何ィーーッ!?こいつ!バババ、バカな!テメェが出ることを許可してないィィィーーーッ!Fooo!Fooo!Fooo!…」
    「うずくまって おじちゃん オナカ痛件】 カビ」

    まさかの原作者登場。それまでは名前だけは登場していたもののその10で写真で登場した。
    黒いシルエットの男が先程のディアボロ、ブチャラティ同様柱の影に入る流れにうんざりしたキャラ達は散々罵声を浴びせるが、影から現れたのが自分達の創造主だと知るや、キャラ一同は悲鳴を上げて消し飛び、強引にエンディングを迎えた
    さよナランチャ
    写真左上に(仮)と付いているが、これについては作者が動画末で考察コメントを出している。
    作者が続編を上げているのでこれをオチに持ってきた打ち切りではない。また作者によればこのオチはUFOエンディングみたいなものとの事。
    なお、黒シルエットはチョコラータ戦とセッコ戦の前後にも登場している。
    ナレーションと同一人物説あり。
    その12ではディアもロの終わりの無い死の世界に登場、女の子と置き換わってディアボロに話しかけた。これに続いて雪崩れ込むようにディアボロに話しかけたオールスターは先生が召喚したものだろうか。

    エピソードリスト

    話数原典エピソード
    その1ブチャラティがくる
    その2ギャング入門
    その3ブチャラティ幹部:ボスからの第一指令/鍵をゲットせよ!(入り)
    その4鍵をゲットせよ!(本編)
    その5フィレンツェ行き超特急
    その6サンタ・ルチア駅『OA-DISC』をゲットせよ!
    その7キング・クリムゾンの謎
    その8サルディニアへ向かえ
    その9サルディニア島嵐警報/グリーン・ディとオアシス(入り)
    その10グリーン・ディとオアシス(本編)/王の中の王(入り)
    その11王の中の王(前編)
    その12(最終回)王の中の王(後編)

    関連イラスト

    センシティブな作品
    バグ殺チーム


    宇宙に放逐された



    ジョルノ三銃士


    他の5部ネタとの折衷。


    関連タグ

    ヒテッマン ヒテッマンリスペクト ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 黄金の旋風
    うろジョジョ:その7で寝起き5部のネタを24時ジョルノがやらかした。

    ジョジョの奇妙な宝探し…pixivで掲載されている2次創作漫画。第50話にてジョルノが「ブチャラティを治そうとして失敗した場合」の説明をして24時を想像した読者が多数いた。51話では無事成功した(ジョルノは「注ぐエネルギーを少なくしすぎた、失敗だ」と言っていたが)ので杞憂に終わった。もしかしたらぐちゃぐちゃのめちゃめちゃになっていたかもしれない。「ぐちゃラティ…」「めちゃラティ…」

    ジョジョの奇妙な宝探し50



    ドリフ大爆笑…言わずと知れたコント番組。最終回においてボスの座についたジョルノのシーンで鉄板ネタ・セット崩壊を起こして〆にジョルノが「無駄だこりゃ!」と叫ぶというオチをつけた。最終回公開の1ヶ月ほど前にドリフターズの志村けんが死去してしまったが、その追悼動画だったのだろうか…

    外部リンク

    Part1(ニコニコ動画)
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm30234681
    Part1(YouTube)
    https://www.youtube.com/watch?v=fnVkVUppso4

    関連記事

    親記事

    ヒテッマンリスペクト ひてっまんりすぺくと

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿された作品 pixivで「―パッショーネ24時―」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 700582

    コメント