ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:西村朋紘(PS2ゲーム)、濱野大輝(アニメ版)

概要

涙目のルカ

ギャング組織「パッショーネ」の下部構成員。武器として常にスコップを持ち歩く粗暴なチンピラ。

普段は冷静な振る舞いを見せるが思い通りに行かないとすぐにキレる。ケンカの時、顔面にナイフを突き立てられたがそれでもケンカをやめなかったという凶暴性を持つ。その時の後遺症で、傷が治った後でも常に涙目であるため、この名がついた。


組織では彼が空港のショバ代を回収している。

3つの『U』を信条にしており、いい友情関係を築くための条件として、


1つ目は「うそをつかない」

2つ目は「うらまない」

3つ目は相手を「敬う」

全部日本語である


ジョルノに押し付けてきて金を要求するが、「持ってないから払えない」と何度も拒否される。するといきなりスコップで殴り掛かるがあっさりと躱され、ついにブチギレる。そこへジョルノの元へ戻ってきたカエル(に変化した荷物)が登場。ルカはカエルを潰すように命令するがこれも拒否されたため、カエルごとジョルノを潰そうとスコップを振り下ろす。


その結果、「相手の攻撃をそのまま相手に返す」スタンド能力が発動し、返り討ちに遭う。ルカの頭部にはスコップの跡がくっきりと刻印され、文字通り再起不能になった。


その後、ルカに重傷を負わせた犯人を突き止めるためにルカと話しているところが目撃されていたジョルノを尋問しに来たブローノ・ブチャラティの発言により、意識不明の重体で見つかった後に「生きててもしょうがない」という理由で組織によって始末されたと語られる。

原作・アニメともに明確に死亡したシーンは描かれていないが、死体は解体されたらしく、目玉や切断した指などがジョルノを脅す小道具として登場している。ブチャラティは遺体の一部をジョルノへの揺さぶりに使っただけであり、直接的に殺害したわけではない(アニメ版の場合、が解体した可能性もあるが)。


上記のようにジョルノの尋問時には意識不明の重体で見つかったとブチャラティは語っているが、この件についてはエピローグ『眠れる奴隷』で別視点から語られており、犯人探しがポルポからの命令だと明言されるほか、『変死体でみつかった』とブチャラティはミスタたちに語っており、死亡原因が異なっている。


尋問相手のジョルノに恐怖と威圧を与えるために組織の容赦のなさを盛って語ってみせたのか、あるいは組織による非情な切り捨てを仲間には無用な不安を抱かせまいと隠したのか…どちらが真実なのかは諸説あるが、エピローグの前でも目撃者であって犯人ではないと考えていたジョルノがスタンド能力者だと発覚した時に「ルカを殺ったのはきさまだったのか」とブチャラティが発言しており、「生きてはいたが意識不明の重体だったため組織が始末した」という尋問時に語られたストーリーとは少々違和感が生じているが、作中で特に掘り下げはなかった。


登場人物の死亡率が高い第5部において最初の死亡者となった。


ポジションとしては「主人公の強さと能力を読者に見せつけるために最初に倒される小悪党」止まりのキャラではあるが、メタ的な事を言うなら彼がジョルノと絡んだ結果、ジョルノはブチャラティと運命の出会いを果たし、パッショーネ乗っ取りと清浄化に本格的に乗り出すことになるため、ルカはいわば第5部の物語の火蓋を切った存在且つディアボロからしてみればパッショーネ崩壊の戦犯でもある。そのような意味では重要キャラと言える。


なお、上述のようにあくまで組織の上役であるポルポからの命令でジョルノに尋問を仕掛けることになり、ブチャラティはルカ自体には「恨みを持たれるタイプ(だからいずれロクでもない目に遭うのは当然)」と考えており、ナランチャからも「弱い者虐めばかりするから死んで当然」「どうせ薬のやり過ぎで頭でも打った」と散々にこき下ろされるほど嫌われていた。


彼自身がスタンド使いかどうかは語られていないが、ジョルノのG・Eに全く反応できていない辺り非能力者である可能性が高い。どうやってポルポの試験をクリアしたのか不明だが、正直に最後までライターの火を灯し続けたのか、あるいは他のルートで入団したかのどちらかだろうと思われる。


アニメでは

「家族よりオレとの友情を大事にしてくれよ……」

ジョルノとは別に自分のシマの中でショバ代を払わないで商売をしていた男(この男からジョルノのことを聞いたことになっている)を痛めつけるシーンが追加されており、悪辣ぶりが強調されている。


ボーカロイド「涙目のルカ」

しかしルカは脇役であり、強烈なインパクトはあったものの、たった1話だけの登場なので、もともとタグとしての使用頻度は非常に少なかった。


だがボーカロイド巡音ルカ」の登場と共に同名の彼に日が当たり、パロディイラストにこのタグがついた。

また、涙目になっている彼女に対して、本来なら通例どおり「ルカ涙目」と書くところをあえて「涙目のルカ」と書くことも。

ただ涙目のものも多いが

涙目の略さん


大抵はこんな感じである。

涙目のルカ涙目ルカ

『ルカ』ト『ルカ』ガカケテアリマスネ ダカラ『ドーダコーダ』言ウワケデハナインデスガネ

byエコーズACT3


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 パッショーネ

関連記事

親記事

パッショーネ ぱっしょーね

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 960886

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました