ピクシブ百科事典

スコップ

すこっぷ

スコップとは、地面や雪原に穴を掘るための道具である。円匙、またはシャベルとも。片手持ちの小型のものは移植ごてと呼ばれる。
キッチリ埋めます


・スコップを持った木津千里

長い柄の両端に持ち手と幅広の刃をつけただけの簡単な構造。

だが扱いやすい武器でもあり、「斬る・突く・回転斬り・刺す・叩く・薙ぎ払う・投げる・解体する・埋める・銃座にする・防御・塹壕を掘る・目玉焼きや肉を焼く」と実に汎用性の高い武器である。

実際、塹壕戦がメインとなった第一次世界大戦時は円匙が最も兵士に信頼されており、第二次世界大戦でもそれなり以上に活躍した。
閉所用機関銃であるトレンチガンサブマシンガン)等の登場で武器として陳腐化した現代でも塹壕を掘ったり、立ち往生した車両を救出するのには必須なため、こいつを装備していない陸軍はない

最近では中国軍発祥の「多機能スコップ」なんてのもホームセンターで売られるようになっている。
(刃の角度を変えてに変形出来たり、つるはしに変形出来たり、パイプ状の柄の中に懐中電灯や火打石等を内臓していたりする。なお単に分解可能なだけの携帯型スコップなら昔から存在しており旧日本軍でも採用されていた)
実は共産圏では自衛隊銃剣道並みにスコップ戦闘術に熱心なのだとか。

「穴掘って埋めてやりますぅ!!」


「穴掘って埋めますぅ~!!」

ちなみに日本の東西(もしく各地方)によって、小さい方がスコップ・大きい方がシャベル、または大きい方がスコップ・小さい方がシャベルと、まったく呼び方が逆になり、その原因も定かではない。
JIS規格では足をかける部分があるものをショベル、無い物をスコップと記されている。
ややこしいと感じたら商品名の剣先スコップを覚えておくと捗る。

近年になってコレをメインウェポンとする騎士もいたり。


なお、園芸用の小型のものは商標登録上園芸用移植ごてが正式名称で、スコップでもシャベルでもないらしい…。

また先端が尖っておらず刃の部分が正方形に近い方形状になった除雪用スコップも存在しており、関東平野以西の太平洋瀬戸内海の沿岸部、南九州と沖縄以外では必需品である(福岡・佐賀・長崎の北九州は関東南部よりも降雪量は多い)。特に豪雪地帯ではスノーダンプと呼ばれるスコップとソリの中間のような道具が愛用される。

土掘りの省力化(地面がとても硬い場合)のためにエアーハンマーや電動ハンマーの先端工具としても専用消耗品のスコップが販売されている。(これについては当然の事ながら動力工具の本体が必要)

なにはともあれ、ご家庭にも是非一本ご用意してください。

関連タグ

木津千里 萩原雪歩 トウガン 涙目のルカ ウカムルバス アーニャ・ブラギンスカヤ 恵飛須沢胡桃 カブタック
生き埋め 埋葬

pixivに投稿された作品 pixivで「スコップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 577215

コメント