ピクシブ百科事典

銃剣道

じゅうけんどう

銃剣道とは、武術の一種である。

概要

銃剣を装着した銃器による白兵戦武術である「銃剣術」に、日本武道として取り入れたもの。

その歴史は、意外にも幕末までさかのぼり、が付いたの輸入時に、フランス式の使用法が導入されたが、日本人の体型には不向きだった。
そこで、日本の「槍術」の技法を取り入れた独自の使用法が研究され、1894年(明治27年)に日本式銃剣術(銃槍術)として正式化されたのが起源とされる。

更に戦後以降は、上述した旧日本軍の銃剣術を元に再編成され、フェンシングなどの要素を取り入れて、戦後スポーツとして昭和31年に全日本銃剣道連盟が発足し競技大会なども始まった。


服装や防具は剣道とかなり近い。
剣道との相違として、肩当てという防具(心臓部位を守る)が追加されており、これをくくり付けるために、面も剣道とは若干違ったものになっている。
また、服装も剣道着と同じものが用いられるが、銃剣道着というズボン・Tシャツに近い形状のものも存在している。

竹刀ではなく、木銃という銃の形に彫られた木を使う。これは、三八式歩兵銃に銃剣を取り付けた長さを再現したもの。先端にタンポというスポンジ状のものが取り付けられており、これが打突の衝撃を緩和する。
基本ルールは、この木銃を使って相手の急所を突くこと。有効打突部位は、喉・胸・小手の三ヶ所。剣道と同じく、きれいに決まれば一本となる。

戦後にスポーツ競技として特化されたものは、それ以前における実際の(実戦向けの)銃剣格闘と異なり、(木銃を使っている事から)間合いを開けての発砲が出来ない、素手やナイフなどに持ち替えての戦闘に持ち込まれることがない、ストック(銃床)での打撃や左手を滑らせての繰り突きが禁止されている、そもそもモデルとなった銃が現在では使われていない、などの理由から、実際の銃剣格闘の際には役に立たない面がある。

実戦用の銃剣術は自衛隊の訓練メニューにあり、競技としてのものも一環にあるが、まだまだ世間的にはマイナーなスポーツであるため、競技人口のほとんどは自衛官である。

外部リンク

公益社団法人全日本銃剣道連盟
中学武道に銃剣道を追加 体育で「異性への関心」は残る (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

pixivに投稿された作品 pixivで「銃剣道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5544

コメント