ピクシブ百科事典

合気道

あいきどう

日本の武術の一つ。相手の呼吸に合わせて技を放つカウンター特化の武術。「相手を倒す」こと以上に「相手を制する」ことを重視し、熟練者ともなれば最小な力と動きで柳が如く立ち回る。
目次[非表示]

合気道とは、日本近代武術のひとつである。

概要

歴史は意外にも浅く、大正末期から戦後にかけて、植芝盛平(うえしばもりへい)が、師の武田惣角(たけだそうかく)から学んだ大東流合気柔術を基盤にして創始された。
古武術柔道空手剣道など日本武術の形態を研究した末に編み出され、「相手の気(呼吸)に合わせて技を放つ」ことからこの名が付いた。
『合気』という単語そのものは、江戸時代の武術指南書の多くに見られ、相手との読み会いを制する重要な要素として考えられてきた。

基本的には投げ受け流しに特化したカウンター戦法を主軸とし、相手をいかに傷つけずに無力化するのかに重きを置く。また、この際にもあくまで無駄な力は入れないというスタンスが徹底されるため、熟練者になるほど柳の枝のような柔軟かつ予測困難な動きが可能となる。
そのほか、関節といった人体の弱点を突いた技も多く、最大限な攻撃力を少ない力でひねり出すことを可能にしている。

余計な力を必要しないことから、『女子な武道』としても推奨されており、護身術として普及させている道場も多い(ただし、護身術として使えるようなレベルになるまでは相応な修業が必要になるため、有効性を疑問視する向きもある)。

とはいえ、その辺りの機微を理解していないド素人を騙すようなインチキ合気道家が存在するのも事実ではある。特に「気(タイミングではなく気功の方)」のようなオカルトを売りにしているようなのはもれなく地雷。あくまで合気道は理にかなった武術である(合気道に限らず、まともな武術は全てそうであるが……)

本来的には剣術杖術も用いた総合武術なのだが、現在ではもっぱら体術として扱われ、各協会でも体術に比重を置くよう指導されている。また、関節を極める事が中心と思われがちだが、むしろ相手の軸を崩す当身の方が重要との事。また、元々は組み伏せた後に急所を正確に狙う技術も武術としての合気道には存在するが、武道として体系化した現在の合気道で教えられる事は殆どない(殺人術としての合気道の伝授に塩田剛三氏が積極的でなかったという事もある)。

演武等で、弟子が師範からあまりにも綺麗に投げられていることから『やらせ疑惑』を持つ者もいるが、関節や腱を知り尽くした技であるが故に『投げられないと関節や骨、筋肉を損傷する』ため投げられざるを得ないのである。

実際、やらせ疑惑を持って塩田剛三氏に本気で仕掛けたことのある岩倉豪氏は、受身を取れないような角度で投げられ、あべこべに肩を外された事があるらしい(ちなみに、岩倉氏は総合格闘技などでも活躍する本物の実力の持ち主である)。

かつてゆで卵が好きなあの人塩田剛三にやらせ疑惑を口にした際、バラエティ番組では聞こえてはいけない音と共に組み伏せられたことがある。外部リンク
また、ケネディ元大統領の弟のSPが組み伏せられた事はあまりにも有名。

道着は一般的な武術用のものを使用するが、を着用する場合もあり、世間的にはこの袴姿の方が印象として浸透している。なお、袴を装着する理由は足捌き(ひいては重心の移動)を見せず相手に次の行動を悟らせない事が主な理由。

主な会派

有名会派は主に開祖・植芝盛平翁や達人・塩田剛三氏の直弟子だった人物が多い。

会派名創始者
合気会植芝盛平
養神会(養神館)塩田剛三
養正館望月稔
万生館合氣道砂泊諴秀
日本合気道協会(昭道館、富木流)富木謙治
心身統一合氣道会(心身統一合氣道、氣の研究会)藤平光一
合気道S.A.櫻井文夫
岩間神信合氣修練会(岩間流、岩間スタイル)斉藤仁弘

使い手

実在の人物


架空のキャラクター


※キャラについて追加があればお願いします。

関連イラスト

合気道

部員募集!

合気道しようぜ!



関連動画







関連タグ

武道 武術
柔道 空手 柔術

関連記事

親記事

武道 ぶどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「合気道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 304550

コメント