ピクシブ百科事典

ハートキャッチプリキュア

はーときゃっちぷりきゅあ

2010年度放送のプリキュアシリーズの7作品目にして、チームとしては5代目。
目次[非表示]

概要

正式には『ハートキャッチプリキュア!』。プリキュアシリーズ第7作目で、伝説の戦士プリキュアとしては5代目に当たる。
関弘美企画部長体制における2代目のプリキュア。プロデューサーは前作に引き続き梅澤淳稔が担当。
プリキュアシリーズでありながらも『おジャ魔女どれみ』の精神的後継作のようなところがあり(詳細は後述)、従来とは異なるファン層を開拓した。

2010年2月7日から2011年1月30日まで、テレビ朝日系列フルネット、及びTBS系の山陰放送(BSS)・宮崎放送(MRT、約半年遅れ)で放送された。全49話。
今作からはデータ放送(BS再放送分には未対応)との連動になっている。

正式タイトルは「ハートキャッチプリキュア!」だが、前作の『フレッシュプリキュア!』同様、pixivでは『!』の省略されたタグがつけられていることが多い。

企画部長の関を筆頭に、シリーズ構成の山田隆司、シリーズディレクターの長峯達也キャラクターデザイン馬越嘉彦をはじめ、『おジャ魔女どれみ』シリーズを手掛けたスタッフが集結している。特に山田は、本作に関わったことがきっかけで「また『どれみ』のような作品を」との周囲の声に押され、小説『おジャ魔女どれみ16』シリーズを執筆するに至った(「栗山緑」名義。挿絵は馬越、企画は関)。また長峯と馬越は本作終了後に『聖闘士星矢Ω』で再びコンビを組んでいる。
放送終了より4年余りを経た2015年9月には、山田(著)&馬越(イラスト)のコンビで、講談社より『小説ハートキャッチプリキュア!』が刊行された。

また、『魔法少女リリカルなのは』シリーズのフェイト・テスタロッサ役などで知られるだけでなく、2009年の「NHK紅白歌合戦」に声優メインの歌手として初めて出場を果たし「アニソン界の歌姫」の名を揺るぎないものにした水樹奈々が主演に起用されたことで、放送前から大きな注目を浴び、キュアムーンライトダークプリキュアの死闘で幕を開けた第1話で視聴者の度肝を抜いた。

日本全域向けの再放送としては、アニマックスにおいて2012年7月23日の朝8時から、25回(8月24日まで)にわたって行われた。10月8日13:40から40分間の特番、10月27日に映画版、10月29日の月曜から金曜の15:30に1話ずつ(1話ずつ5日×10週)再々放送された。
また、BS11においても2013年8月24日から再放送を開始している(1週1話)。

海外の映画発表会で、このプリキュア映画が発表され、好評だったのか、台湾にも放送される。

テーマ・特徴

おジャ魔女どれみ』シリーズとのスタッフのあまりの被り具合におジャ魔女プリキュア!などと表現されることもあり、Pixiv内でもコラボネタとしてタグが存在する。

おジャ魔女プリキュア


スタッフインタビューでは「『どれみ』のような人情ドラマをプリキュアでやってみよう」という考えで『どれみ』のスタッフに声をかけて集めたことが判明しており、スタッフの被り具合は意図的なものである。

作品全体の基本コンセプトは「悩みを抱えた一般人たちをプリキュアたちが解決する」であり、ここは『どれみ』と全く共通する。しかしプリキュアである以上怪物と戦うバトルシーンを入れる必要があるので、「人間の悩みが怪物として具現化し、プリキュアたちはその怪物を浄化することで相手の心も救ってあげる」という形でバトルシーンと人情ドラマを共存させる手法がとられた。

人間の悩みから生まれる怪物「デザトリアン」は自分の抱えている誰にも言えない悩みを大声で吐露しながら破壊活動をするという設定となっており、プリキュアたちは戦闘を通じて彼らの隠された悩みを知る。そしてその悩みに対して時には優しく、時には厳しく諭すことでデザトリアンを浄化する。
正気に戻った人間たちは、デザトリアンとして暴れていたときの記憶は忘れているものの、プリキュアたちの言葉は心の奥底に残っており、再び前を向いて歩きだすことができるようになる。戦うカウンセラーと言ってもいいかもしれない。
そのため毎話のストーリー上ではプリキュアたちだけでなくデザトリアンにされる被害者たちの方にもスポットが当たる。名前ありのゲストキャラが一話につき一人は出てくるため、出演した声優の数はシリーズ最多。

また、シリーズで初めて主人公達よりも過去に活躍していたプリキュアの存在を明確にしたことも大きな特徴である。従来作品においてもプリキュアは「伝説の戦士」とされ、過去にもプリキュアが存在したことが示唆されているが、主人公達以外のプリキュアについて殆ど触れられることは無かった。
しかし本作では、プリキュアと悪の組織「砂漠の使徒」との戦闘が、数百年に渡り繰り返されていることが明言されており、従来ではありえなかった高校生や高齢者が変身するプリキュアも実現。更にテレビシリーズでは初となる「プリキュア」を名乗りながら終始敵であった悪のプリキュアも登場した。プリキュアの使命が世代を超えて受け継がれるという設定は、以後の作品にも引き継がれていった。

さらに本作では従来のシリーズの定番であった「異世界」の概念が排除され、プリキュアや妖精たちは人間界発祥の存在となっており、物語も人間界のみで終始している。劇場版もテレビシリーズには登場しない異世界へ冒険する内容では無く、現実世界のパリを舞台としている。
そのような世界観のため「本人の意思とは無関係に決め台詞を口走り、ポーズを取ってしまう」という従来のシリーズでは定番だった要素も本作では殆ど除外され、プリキュア名や名乗り、ポージング、技名なども変身者自身が考案するものとなった。したがって、「名前のある技」がかなり多い

プリキュアシリーズの戦闘演出は「強さ」や「迫力」と同時に、女児が好むような「華やかさ」をどのように描いていくのかが永遠な課題として存在するが、この点については魔法/超能力的な攻撃演出の多用という『S☆S』と似たアプローチをとっている。本作では敵にトドメを刺す必殺技の他にも多様な特殊技があり、異能力バトルめいた演出が気兼ねなく行えるようになった。

一方で、プリキュアたちが再起不能な程の大ダメージを受けてしまうと変身状態が崩壊するという演出がある。これまでのシリーズは強制的に変身前の状態に戻されていたが、本作は変身コスチュームが取り払われ変身中の衣装になる(いわゆるアーマーブレイク)という手法が取られている。若干きわどい演出ともとらえられかねないが、このおかげで「もう戦えないくらいに追い込まれた」という戦闘不能状況を痛々しい表現を用いることなく描くことが可能となり、シリーズの中で初めて「プリキュアが勝てないようなライバルキャラと一年を通じて何度も戦う」というシチュエーションを作れるようになった(後に『ハピネスチャージプリキュア!』でもこの演出方法がとられている)。このため、どれだけ苦戦しても最後は勝つ(もしくは引き分ける)他のシリーズに比べ、第24話では退却、第44話、第45話などプリキュアが戦いに敗れた状態でその回が終わるということも少なくなかった。

センシティブな作品



モチーフ

「ファッション」と「花」。

主人公たちはファッション部という部活に属しており、様々な洋服を自分で作って着るのを楽しむ…という設定なのだが、実際に劇中ではいつも同じ私服ばかり着ていた印象があったり。しかしシリーズ全体から見ると衣装設定はバリエーションが豊かな方ではある。
本作から稼働が始まった「プリキュアデータカードダス」には着せ替え要素があり、そちらではファッション部の名に恥じないくらいにセンス豊かなものになっている。

花のモチーフの方は作品の世界観の根底に用いられている。人間の中には誰もがこころの花を咲かせているという設定があり、毎回の話の最後にゲストキャラたちのこころの花に対応する花言葉が語られる。また、プリキュアたちのコスチュームは全て花をイメージしたものになっている。
モチーフになっている花はブロッサムが桜、マリンがコスモス、サンシャインがひまわり、ムーンライトが青い薔薇である。

ストーリー

すべての人間たちの心の中には一輪の花が咲いているという。それをこころの花と称する。
ひとつひとつのこころの花は、地球の命を司るこころの大樹とつながっており、つまりは人々が幸せならば世界は生命力があふれるようになり、不幸ならば自然そのものが荒廃する。

その神秘の事実を知るものは少ない。だが、人類の歴史の裏側では、こころの大樹を枯らそうとする悪しきものたちと、こころの大樹を守る正義の戦士との攻防戦が繰り広げられていた。悪しきものたちは砂漠の使徒とよばれており、正義の戦士はプリキュアと呼ばれている。

この戦いは数十年に一度の間隔で繰り返されており、今まで最後はプリキュアたちの勝利で終わっていた。
だが、今回の戦いでは事情が違った。砂漠の使徒が悪のプリキュア「ダークプリキュア」を投入し、当代のプリキュア・キュアムーンライトを再起不能にしてしまったのだ。
この危機に際して、こころの大樹の妖精であるシプレとコフレは彼女から託されたパフュームを持ち新たなプリキュアを探し求める。そんな中、偶然出会った花咲つぼみがプリキュアの資質を持っている事が判明し半ば強引につぼみを新しいプリキュア・キュアブロッサムに変身させる。
…しかし、つぼみは引っ込み思案で臆病というプリキュアに不向きな性格で、初戦では力を制御できず、自身の高所恐怖症や運動音痴も相まって史上最弱のプリキュアという不名誉なレッテルを貼られてしまう。
当然つぼみは辞めようとするが、デザトリアンとなった友人を救うためプリキュアを続けることを決意する。その時救い出したクラスメイト・来海えりかも後にプリキュアの資質を持っている事が判明。彼女もキュアマリンに覚醒し新世代のプリキュアチームを結成する。
シプレとコフレはつぼみの祖母である花咲薫子ことキュアフラワーと合流し、元プリキュアである彼女の支えも受けながら世界の命運は新たなプリキュアに委ねられることになったのである。

そんなつぼみとえりかの前に、問題のダークプリキュアが現れる。
苦戦を強いられてしまうが、寸でのところで薫子ことキュアフラワーのパートナー・コッペとえりかの姉・来海ももかの友人にしてキュアムーンライトの正体である月影ゆりに救われる。
実はゆりはダークプリキュアとの戦いで、プリキュアの種を破壊され変身能力を失っていたのだ。種の一部はダークプリキュアが持っており、復活することは現時点で不可能。プリキュアはダークプリキュアを倒して、ゆりのプリキュアの種を取り戻すことも決意する。

戦いが続く中で、デザトリアンの浄化で手に入るこころの種によりダークプリキュアの襲撃によって枯れかけていたこころの大樹が回復し、そこからポプリという妖精が生まれる。そのことを掴んだ砂漠の使徒の科学者・サバーク博士は、ダークプリキュアに妖精の捕獲及びこころの大樹の破壊を命じる。そのことを察したポプリは襲撃してきたダークプリキュアからこころの大樹を守ろうとするが、生まれたばかりのせいか彼女のあまりの強さに守りきれなくなり、こころの大樹の指示で運よく脱出し、こころの大樹は別の場所に移動する。
脱出に成功したポプリはつぼみ達と合流し、妖精がいる=新たなプリキュアの資格者がいるとして3人目のプリキュアを共に探し求める事となる。見つからない中、ポプリが見初めた明堂学園中等部の生徒会長・明堂院いつきキュアサンシャインに覚醒。いつきはつぼみやえりかたちに出来事の一部始終を聞き、新たなプリキュアとして参戦する。

しかし、そんな中で砂漠の使徒の三幹部はダークブレスレットで強大なデザトリアンを誕生させた。3人はピンチに陥るがプリキュアパレスでの試練を得て、ハートキャッチミラージュを手に入れる。
その試練に同行したゆりは復帰を懇願されるも、彼女は頑なに戦いを断る。ゆりはプリキュアに変身できない決定的な理由として、ダークプリキュアとの戦いの際パートナーの妖精・コロンを喪っていたのだった。
そんな中、三幹部が本格的な襲撃を始め、3人のプリキュア達は窮地に立たされる。急を要する状況でゆりはこころの種が貯まったこころの大樹の計らいでコロンと一時的な再会を果たし、彼と対話した後ココロポットの力でプリキュアとしての復活を果たす。満を持して仲間に加わり三幹部を圧倒しダークプリキュアを撤退させ、プリキュアは4人として戦うことになったのだった。
そんな4人の元に砂漠の使徒の首領・デューンが怪物デザートデビルを差し向ける。デザートデビルは更に襲い掛かるとの事で、4人はハートキャッチミラージュを手に入れるために試練を受ける。影の自分を受け入れ前に進んだ4人はスーパーシルエットを手に入れ、大量のデザートデビルを浄化したのだった。
その後も日常の中でプリキュアの戦いは続いていき、三幹部の紅一点・サソリーナが浄化されたりと様々な変化が生まれていた。

そんなクリスマスのある晩、薫子がキュアフラワーとして一時的に助力した後つぼみ達は1人の少年と出会う。その少年はデューンと名乗る。彼はかつてキュアフラワーとの戦いで殆どの力を封じられ、少年の姿と化していたのだった。デューンはプリキュア4人を倒し、キュアフラワーから奪われた力で本来の姿を取り戻し薫子をアジトに連れ去ってしまう。
再起を図るつぼみ達だが、その直後こころの大樹は枯らせられ地球は大量のデザートデビルで砂漠化されてしまう。
人々もクリスタルに閉じ込められてしまうも、かつてデザトリアンの素体にされた人々は生き残っておりプリキュア達を激励する。
支えを受けたプリキュアと妖精達は、薫子を救助するためにデューンの宇宙のアジトに乗り込んで、最後の戦いへと挑む。キュアマリンとキュアサンシャインは残りの幹部のコブラージャクモジャキーを激闘の末浄化して、キュアブロッサムとコッペは薫子を救助するが薫子はキュアムーンライトとサバーク博士を戦わせるなと言葉をかける。しかし現場では、サバーク博士とダークプリキュアがキュアムーンライトを待ち受けていた。
合流したブロッサムを交えた戦いの最中攻撃を受けたサバーク博士の仮面が割れ、彼の素顔が露となる。実はそのサバーク博士は3年前にフランスで行方不明になったゆりの父・月影英明だった。それを知ったキュアムーンライトは、サバークを父と呼ぶダークプリキュアとの因縁に決着をつける事になる。決め技だけで競り合った戦いの末ダークプリキュアを倒し、キュアムーンライトは父との感動の再会を果たすが、父から衝撃の事実が告げられる。ダークプリキュアはゆりの一部により造られた、ゆりの妹とも言うべき存在だったのだった。大ダメージを負ったダークプリキュアはムーンライトに笑みを浮かべ、父の腕に抱かれながら満足そうに消滅したのだった。
しかしその直後デューンが攻撃を仕掛け、月影博士は彼の攻撃を庇う形で殺されてしまう。
憎しみに駆られそうになるゆりだったがつぼみの叱咤で悲しみを乗り越え、自分が持っているプリキュアの種とダークプリキュアの所持していたプリキュアの種を一つにする形で再生させプリキュア4人で最終決戦に臨む。
強敵極まるデューンだったが、力を合わせたプリキュアの最強の姿「無限シルエット」からの攻撃を受ける。憎しみに満ちていた彼は無限シルエットからの愛を受けた状態で、微笑みながら消えたのだった。

それから半年。
つぼみ達は普通通りの日常生活へと戻っていた。枯れてしまったこころの大樹は新たな若芽を出しており、こころの大樹に支えられてた人間達は自分達でこころの大樹を支え生きていくのだという。プリキュアの伝説はプリキュアパレスに伝わって、地球の平和はこれからも続いていくのだった。

登場人物

プリキュア

<変身前 / 変身後>

スーパーシルエット(スーパープリキュア)

先代プリキュア

他、多数

妖精

プリキュアのパートナー妖精

その他の妖精


砂漠の使徒

上層部

砂漠の使徒側のプリキュア

三幹部

戦闘員

モンスター


プリキュアの家族

花咲家(HANASAKIフラワーショップ)

※祖母・薫子は先代プリキュアを参照

来海家(フェアリードロップ)

明堂院家

月影家

※父・月影博士は砂漠の使徒を参照


明堂学園

中等部

ファッション部


その他の生徒

高等部


理事長・教員


学園関係者の家族


その他の人物


劇場版のキャラクター


呼称表

が\に花咲来海明堂院月影花咲来海シプレコフレポプリ
つぼみわたしえりかいつきゆりさんおばあちゃんももかさんシプレコフレポプリ
えりかつぼみアタシいつきゆりさんおばあちゃんももねえシプレコフレポプリ
いつきつぼみえりかボクゆりさんかおるこさんももかさんシプレコフレポプリ
ゆりつぼみえりかいつきわたしかおるこさんももかシプレコフレポプリ
かおるこつぼみえりかちゃんいつきちゃんゆりちゃんわたしももかちゃんシプレコフレポプリ
ももかつぼみちゃんえりかいつきちゃんゆりかおるこさんわたし
シプレつぼみえりかいつきゆりさんかおるこさんシプレコフレポプリ
コフレつぼみえりかいつきゆりさんかおるこさんシプレコフレポプリ
ポプリつぼみえりかいちゅきゆりしゃんかおるこしゃんシプレコフレポプリ


放送リスト

タグの編集は皆様にお任せします。

話数サブタイトル初登場人物備考・関連タグなど出撃表花言葉
1私、変わります!変わってみせます!!花咲つぼみ・来海えりか・シプレ・コフレ・サソリーナ・ダークプリキュア・サバーク博士つぼみ、希望が丘市に引っ越し、学校で自己紹介し、来海えりかと出会う。敵のサソリーナと遭遇し、キュアブロッサムに変身。/私、堪忍袋の緒が切れました!、サソリーナ
2私って史上最弱のプリキュアですか??つぼみ。キュアブロッサムが撤退するも、ブロッサムタクトを獲得し、デザトリアンを浄化する。初勝利をおさめる。/ピンクフォルテウェーブ初披露サソリーナ
32人目のプリキュアはやる気まんまんです!明堂院いつき、上島さやかえりか。つぼみとともにファンション部の勧誘をする。キュアマリンに初変身し、マリンタクトを獲得しデザトリアンを浄化する。/マリンシュート、ブルーフォルテウェーブ初披露サソリーナポインセチア(わたしの心は燃えている)
4早くもプリキュアコンビ解散ですか?クモジャキー、小笠原まおつぼみ。えりかの足手まといになるのではないかとプリキュアをやめることを決意するも、プリキュアを通じて再度コンビを組む。/プリキュア伝統芸のリフトアップ初披露。マリンインパクト・合体技フローラルパワーフォルテッシモ披露。プリキュアフレンズクモジャキーブルースター(信じる心)
5拒否されたラーメン!親子の絆なおします!コブラージャ、三浦あきらあきら。ラーメン屋がオープンするも父との約束を果たせず悩む。コブラージャサルビア(家族愛)
6スクープ!プリキュアの正体ばれちゃいます!?多田かなえ、西原大輝、上島さやか、大塚たつや、来海流之助えりか、つぼみ。かなえがプリキュアの正体をスクープするも、バレずに済む。/ブロッサムのシュシュッと気分でスピードアップ/おしりパンチ、えりかの「やるっしゅ!」初披露サソリーナブラックベリー(人々を思いやる心)
7あこがれの生徒会長!乙女心はかくせません!!明堂院さつきえりかがいつきに、ファッション部廃部について直談判し撤回を要求。いつきがデザトリアンになってあばれてしまう。/いつきが女性、マリンダイブ初披露コブラージャ牡丹(王者の風格・高貴・恥じらい)
8カリスマモデルのため息!って、なぜですか?来海さくら、来海ももか、月影ゆりえりか、ファッション部の部員と一緒に、ももかの撮影現場を見学する。ももかがデザトリアンになってしまい、本当の胸のうちを聴き浄化する。/プリキュアシリーズ通算300話、海より広いあたしの心も、ここらが我慢の限界よ!、ビューティークモジャキーダリア(華麗)
9スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?小畑小畑が、つぼみのお父さんに会社に来てほしいと説得したが、つぼみたちが反対し阻止される。つぼみの両親の馴れ初め話コブラージャ白いヒヤシンス(心静かな愛)
10最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!-つぼみ、えりか、ダークプリキュアと対峙。壮大な力に耐えきれず、初めての敗戦を味わってしまう。月影ゆりとダークプリキュアが再会する。/プリキュア大爆発、ダークタクト、江戸川コナンサソリーナ/ダークプリキュアゼラニウム(真の友情)
11アチョー!!カンフーでパワーアップします!!酒井まさとゲスト回/マリン・シュートがデザトリアンのヌンチャクに弾き返される。この頃からすでに乱射系の技はイマイチという伝統ができはじめる。クモジャキージギタリス(熱い思い)
12ドッキドキです!プロポーズ大作戦!!柴田リサ、利岡ユウト、来海流之助つぼみ、えりか。お客二人のプロポーズをお手伝いするために、家族とお客とともにバーベキューをする。ノーダメージ勝利・キュアマリンがピンクフォルテウェイブに巻き込まれる/プロポーズ大作戦コブラージャチューリップ(永遠の愛)
13真実が明かされます!キュアムーンライトの正体!!-つぼみ、えりか。キュアムーンライトの正体が月影ゆりだということを月影ゆりとダークプリキュアの心の種で知ってしまう。フローラルパワーフォルテッシモ初披露もダークパワーフォルテッシモに勝てなかった。/「おまえはわたしだからだ」ダークプリキュア-
14涙の母の日!家族の笑顔守ります!!志久ななみ、志久るみななみ。亡き母の記憶がないるみの心を汲み取れず、喧嘩になってしまうところに、デザトリアンになってしまう。るみが、デザトリアンにの声をききプリキュアに助けられ、お互いに仲直りする。/笑顔が一番/感動の母の日回/シフレとコフレが正体を明かす/ブロッサムが伝統芸のリフトアップ/今回からこころの種が出るときのエフェクトが変更されるサソリーナカーネーション(母への愛)
15なんと!生徒会長がキュートな服着ちゃいます!!-いつき。女の子の衣装を初めて着て感動する。/劇中初の私服披露/クモジャキーがいつきに禁じ手の顔面攻撃クモジャキー
16ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!高岸あずさえりか。演劇部の部長あずさと会い、舞台衣装を作る。あずさ。練習に熱が入りすぎてつっぱしってしまい、メンバーがついていけずばらばらになり、コブラージャの召喚でデザトリアンになってしまう。コブラージャブーゲンビリア(情熱)
17認めてくださいっ!私たちのプリキュア魂!!原野正広、原野千鶴子、原野正一、原野正治郎つぼみ、えりか。ゆりが一人前のプリキュアと認めてくれるにはどうしたらいいかを薫子に聞くも、同じ悩みを持った正広がデザトリアンになってしまう。月影ゆりが戦いをサポートする。/マリンダイナマイト披露/サソリーナツツジ(努力)
18最強伝説!番長登場、ヨロシクです!!番ケンジ、番慶子ケンジ。漫画コンテストに出すための漫画をつぼみとえりかの助けで製作するが、母の慶子に見つかってしまい嘆いてしまう。/ノーダメージ勝利クモジャキーハナミズキ(私の想いを受け入れて)
19涙の嫁入り!父の日の記念写真です!!堀内アキ、堀内正えりか。つぼみとともに家族総出で親戚の家へ訪問する。おじいちゃんの正とともに、農作業を楽しむ。嫁入り前のアキがおじいちゃんと別れてしまうことに不安を感じてしまう。/自分の技で目が回ったブロッサムとマリン、「写真は愛よ」、毛利蘭、2度も流れたスペシャル*カラフルコブラージャみかん(花嫁の喜び)
20第3の妖精!ポプリはかわいい赤ちゃんです!!デューン(声のみ)、ポプリ、露木かりんつぼみ。かりんに変わって、ファッションモデルの代役を務める。ポプリがシプレ・コフレと合流する。/初の幹部全員出撃(ダークプリキュアは別行動)ダークプリキュア/サソリーナ/クモジャキー/コブラージャブロワリア(あなたは魅力に富んでいる)
21妖精アドベンチャー!プリキュアスカウト作戦です!!鶴崎先生ポプリ。3人目のプリキュアを探しに、つぼみの中学校へ乗り込む。鶴崎先生がコブラージャと出会ってしまい、デザトリアンになってしまう。/おとなになったケロロ軍曹、キュアファイヤーコブラージャ
22ついに見つけました!!3人目のプリキュア!!水島アヤつぼみ。園芸部の部長である水島アヤと一緒に、薫子のところへ訪問する。クモジャキー山茶花(ひたむきな愛)
23キュアサンシャイン誕生ですっ!!-いつき。ポプリがプリキュアになってという直談判を受ける。さつきがデザトリアンにされてしまい、ポプリの望みを受け入れ、キュアサンシャインに変身する。/シャイニーパフュームサソリーナ
24こころの大樹の危機!プリキュア、飛びますっ!!-妖精が飛行用のマントに変身できるようになる/こころの大樹がキュアサンシャインの作ったバリアに包まれる/3人がかりでもダークプリキュアには勝てず退却サソリーナ/ダークプリキュア
25海へゴーです!いつきウキウキ夏合宿!-いつき。えりかとつぼみの合宿に参加する。ファンション部の部員と打ち解ける。/つ.ぼ.み ~Future Flower~フルバージョン披露OP・ED・アイキャッチ変更/恒例の合宿回/サソリーナ浄化されかける/プリキュア全部パンチサソリーナ/クモジャキー/コブラージャ
26勇気を出して!友達になるって素敵なんです!!合宿回その2。みんなと溶け込めないなおみがデザトリアンになってしまう。/勇気を出して初めての告白クモジャキー
27おじいちゃんはイケメンさん?キュアフラワーの初恋です!薫子が、他界した夫のことについて語る。ノーダメージ勝利サソリーナ
28サバーク史上最大の作戦!夏休みの宿題おわりません!!えりかがコブラージャの主張に同調しかける/デザトリアン大量発生コブラージャ
29夏、ラストスパート!私のドレスできました!!ゆうきゆうきが京都から東京へ自転車旅行をして戻ってきたが、途中でバスに乗ったことをみんなに告げられず、悩んでしまう。同時につぼみが、自分の力でドレスを完成させるクモジャキー菜の花(元気いっぱい)
30ポプリが家出!いつき、ボロボロです!!いつきとケンカしたポプリが家出をしてしまう。/伝統芸のリフトアップでマリン伝説の顔芸コブラージャバーベナ(家族の幸福)
31悲しみの正体!それは、ゆりさんの妖精でした…コロンの存在が判明/サソリーナに変化が見られ始める/3幹部にダークブレスレットが与えられるサソリーナほうれん草(活力)
32イケメンさんと対決?そんなの聞いてないです〜!!-ブロッサム・マリン・サンシャインがプリキュアパレスで青年(コッペ)と対決する。ハートキャッチミラージュ入手/青年の正体が判明
33キュアムーンライト、ついに復活ですっ!!ゆり。こころの大樹に向かい、幽霊のコロンとであり再変身することを決心するダークプリキュア
34すごいパワーです!キュアムーンライト!!ダークプリキュア一時撤退ダークプリキュア/サソリーナ/クモジャキー/コブラージャ
35ワクワク学園祭!ファッション部はバタバタです!!ノーダメージ勝利クモジャキー桔梗(変わらない)
36みんなが主役!わたしたちのステージです!!池田彩工藤真由Heart goes onを披露コブラージャアスター(信じる心)
37強くなります!試練はプリキュア対プリキュア!!デザートデビルデューン初各プリキュアが影キュアと戦闘(ブロッサムのみ38話まで)
38プリキュア、スーパーシルエットに変身ですっ!!スーパーシルエット初登場
39えりかピンチ!マリンタクトが奪われました!!えりかがマリンタクトを部屋の掃除やマッサージに使おうとするボスナッキー
40さよならサソリーナ…砂漠にも咲くこころの花です!サソリーナ退場/ノーダメージ勝利サソリーナ片栗(嫉妬、寂しさに耐える)
41妖精が変身!?プリキュア劇団はじめました!!ノリコ先生クモジャキー紅花(包容力)
42とまどいのゆりさん!ラブレター見ちゃいました…OP変更(コッペ様とハートキャッチオーケストラの女神が追加)/伝統芸のリフトアップ4人バージョン/ダークプリキュア復活コブラージャ
43あたらしい家族!私、お姉さんになります!!つぼみの名前の由来が明らかにクモジャキー白いシクラメン(純潔)、スズラン(幸福の訪れ)
44クリスマスの奇跡!キュアフラワーに会えました!キュアフラワー強化デザトリアンの前に4人共氷漬けにされるクモジャキー/コブラージャ
45もうダメです…世界が砂漠になりました…地球全域が砂漠化/デューン復活/前回に続いてプリキュア敗北デザートデビル
46クモジャキー!コブラージャ!あなたたちを忘れません!!クモジャキー・コブラージャ退場クモジャキー/コブラージャ鋸草(戦い)/ハマナス(美しい悲しみ)
47嘘だと言ってください!サバーク博士の正体!!サバーク博士の正体発覚ダークプリキュア/サバーク
48地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!ダークプリキュア・サバーク博士退場ダークプリキュア/サバーク/デューン
49みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!最終回/デューン完全体登場/無限シルエット/こぶしパンチ/ノーダメージデューン


漫画版

上北ふたごによるコミカライズ版が「なかよし」に連載された(2010年3月号~2011年2月号)。
デューンとのラストバトルを描いた描き下ろし最終回がムック本(『スイートプリキュア!&ハートキャッチプリキュア!おはなしブック!』)および単行本(プリキュアコレクション)に収録されている。

小説版

2015年9月刊行。本編の再構成+前日談と後日談を入れた作品。
ストーリーや表現をやや上の年齢層向けに作られている節がある。
再構成故に微妙に本編と合わない内容もあるが誤差の範囲であり、強いて言うなら「新約版」と言うべきか。
詳しくは小説ハートキャッチプリキュア!にて。

プリキュアショー

前期はプリキュア側は当初キュアブロッサム、キュアマリンのみ登場、キュアサンシャインはテレビでの登場時期に合わせて7月頃より登場する。敵はコブラージャとデザトリアン2体が登場する。キュアサンシャインの登場版ではブロッサム、マリンのピンチにサンシャインが現れる流れになる。その後の展開は会場によって異なり、サンシャインのピンチをマリンが助ける展開、逆にマリンのピンチをサンシャインが助けるパターンがある。
後期はプリキュア側にキュアムーンライトが追加登場、敵側はクモジャキーとほうき型デザトリアンが登場、ほうきを使ったスキのない攻撃でプリキュアたちを追い詰める。

他番組において

2010年の紅白歌合戦特別企画では、水樹とAKB48前田敦子大島優子板野友美が共演し、明堂学園中等部の制服でOP曲「Airight!ハートキャッチプリキュア」を歌った。ちなみにこの時の立ち位置は、水樹=ブロッサム、前田=マリン、大島=サンシャイン、板野=ムーンライトなのだが、一番小柄なはずのマリンが一番長身であったり、一番長身なはずのムーンライトが残りの二人とどっこいどっこいだったり、と突っ込みどころ満載の人選であった。
マリンはなにげに身長が近い後の総監督、サンシャインは変身前準拠ならAKB最強のイケメン宮澤佐江、変身後準拠なら当時ツインテールがトレードマークだった渡辺麻友(注:水樹ヲタ)、ムーンライトは身長重視なら篠田麻里子、髪型も考慮するなら小嶋陽菜…など、もう少し見た目を合わせる余地はあったはずなのだが、その辺りはお察しください

2012年6月11日放送の『新堂本兄弟』に水樹が出演した際、レギュラー陣と共に変身シーンの口上アフレコを実演している。この時マリンを担当した高橋みなみが予想外のハマり具合を見せた一方、サンシャインムーンライトが盛大にやらかしたおかげで砂漠が草だらけになったとかならなかったとか。

関連イラスト

告知イラスト


ハートキャッチ
大地と海と陽と月と



関連動画



関連タグ

シリーズプリキュア
略称・表記ゆれハートキャッチ ハトプリ ハートキャッチプリキュア!
用語明堂学園 砂漠の使徒 こころの大樹 こころの種 無限顔 無限シルエット 大地と海と陽と月と
映画花の都でファッションショー…ですか!? プリキュアオールスターズDX2 プリキュアオールスターズDX3 プリキュアオールスターズNewStage プリキュアオールスターズNewStage2 プリキュアオールスターズNewStage3
ネタおっぱいでハートキャッチ ツール・ド・プリキュア インドキャッチプリキュア
他作品とのコラボプリキュアシリーズのコラボタグ一覧を参照
カップリングハートキャッチプリキュア!カップリングを参照
評価タグハトプリ100users入り ハトプリ500users入り ハトプリ1000users入り ハトプリ5000users入り ハトプリ10000users入り
その他ハートキャッチプリキュアの年表
元号平成プリキュア/平成プリキュアシリーズ


外部リンク

ハートキャッチプリキュア! 東映アニメーション
朝日放送 | ハートキャッチプリキュア!
ハートキャッチプリキュア! - Wikipedia
ハートキャッチプリキュア - ニコニコ大百科
ハートキャッチプリキュア!とは - はてなキーワード
Heart Catch Precure

ニチアサ同期:天装戦隊ゴセイジャー(1時間前)、仮面ライダーW仮面ライダーOOO(30分前)

プリキュアシリーズ」タグ

←6.フレッシュプリキュア!7.ハートキャッチプリキュア!8.スイートプリキュア♪

関連記事

親記事

平成プリキュアシリーズ へいせいぷりきゅあしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハートキャッチプリキュア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88266975

コメント