ピクシブ百科事典

キュアムーンライト

きゅあむーんらいと

『ハートキャッチプリキュア!』の登場人物である月影ゆりがプリキュアに変身した姿。
目次[非表示]

月光に冴える一輪の花、キュアムーンライト!

概要

ハートキャッチプリキュア』に登場するプリキュアの1人。第33話より仲間になる、シリーズ初の「作中2人目の追加キュア」(厳密には復帰)。
変身者は月影ゆり。かつてのパートナー妖精はコロンだが、現在は故人。
イメージカラーはプリキュアオールスターズの世界では歴代19人目のプリキュアとなる。
力の属性は「月」、デザインのモチーフは「紫の薔薇」。
決め台詞は、「全ての心が満ちるまで、私は戦い続ける!」
「キュアムーンライト」は他のメンバー同様自分で命名したことが小説版にて明かされている。由来は自身が好む楽曲ベートーベンの『月光』からで、コロンと相談して事前に決めていたとのこと。

初登場は第1話の冒頭でキュアブロッサムよりも早いのだが、この時点で敵に敗れて変身能力が失われる。しばらくは回想のみの登場となり、第33話において復活するという経緯を持つ。

シリーズ史上初の高校生プリキュア(中2から活動していたため"純粋"ではないが)にして、メイン主人公より前に覚醒していたプリキュア。
まあ前者についてはおばあちゃんも出てきちゃったけどな!

キュアアクアキュアベリーよりもずっと大人びてはいるが、百戦錬磨のベテラン的なプリキュアとしての姿に放映開始直後からファンが増え出しているようだ。
復活後も、その凛々しさや別次元の強さに痺れる人が続出している。

pixivでもその容姿の麗しさから美しく描かれることが多い

キュアムーンライト
月光に冴える一輪の花
ハトプリが終わってしまうというのなら



その設定や過去、物語中の立ち位置から彼女が真の主人公だと言う人も少なくない(小説版では真主人公認定されている)。
出る番組を間違えていませんかと言ってはいけない。

第38話でハートキャッチミラージュの力でスーパーシルエットスーパーキュアムーンライトに2段変身できるようになった。

追加キュアであるため、オールスターズ映画への出演は本放映終了後の『プリキュアオールスターズDX3』からとなった。同作では21人ものプリキュア達が登場するわけであるが、唯一の高校生であり、年齢も他の20人とは離れている。
そのお姉さん的立場でイエローチームのメンバーを纏めていき、お勉強対決では、黒縁めがねに合格ハチマキの格好になった。

容姿

月光に冴える一輪の花・キュアムーンライト


髪型は紫のロングヘア。三日月のように尖った前髪が特徴。薔薇の髪飾りが施されている。
コスチュームは他の3人と違い、銀色のワンピースのような格好。腰には黒いリボンを巻いている。

靴はハイヒールブーツ。右手は素手に他の3人に似たリストバンドを着けているのに対し、左手は青色のロンググローブである。

敗北(以降ネタバレ注意)

初登場は第1話冒頭のつぼみ(と、えりか)の夢の中(いつきも、夢を見出した時系列こそ不明だが第24話で同じ夢を見たことがあると語っている)。
こころの大樹の前にてダークプリキュアとの戦いに敗れ、ココロパフュームシプレコフレに託し、行方不明となる。

当初は、正体不明のプリキュアとして声優クレジットも「?」扱いだった。
つぼみとえりかからは戦死したと思われていたが、第13話にてゆりが正体であることがダークプリキュアの口から明かされる。
しかし前述の戦いによって心に深い傷を負い(詳細は後述)、プリキュアの種も破損して片割れがダークプリキュアに奪われたため、プリキュアとしてつぼみやえりかとは一緒に戦えない状態だった。

初めは夢の中の戦いの時系列がいつかわかっておらず、ムーンライトといいつつ中の人が水星のヒトである久川綾であった事で、もっと年上の(それこそ成人以上の)超ベテランプリキュアかと思ってしまったファンもおり、正体が女子高校生ということでほっと一安心という所だろうか。(第1話OPの時点で「こころの大樹の傍で涙を流す紫髪の女子」は登場していたため、彼女がムーンライトである可能性は早々に示唆されていたが)
プリキュアは、“中学生でなくてもなれる”と証明してくれたシリーズ初めてのケースである(上記の通り"純粋"ではない)。

復活

第25話以降の新エンディングやアイキャッチ、番宣ポスターではすっかり4人目扱いされていたが、本編では変身できていなかった。
本編では早2ヶ月が経過した第33話において再変身。
ブロッサム達が今まで集めたこころの種のおかげで、こころの大樹が守っていたコロンの魂が一時的に呼び戻される。

キュアムーンライト、ついに復活ですっ!!


コロンとの会話で気持ちに整理をつけた後、大樹の計らいでココロポット内のこころの種の力によりプリキュアの種が復元されキュアムーンライトに変身。復活を遂げた。

続く第34話では、ダークプリキュアとのプリキュア史上に残るであろう程の激闘を繰り広げ、ダークプリキュアに辛勝。
本編を観て貰った方が早いが、この回のタイトルが「すごいパワーです! キュアムーンライト!!」という余りにド直球なタイトルであったことからもその凄まじさが分かるだろう。

こうして、4人のプリキュアがようやく揃ったのである。

以降は指揮官ポジションとしてその戦闘力や知識を活かしてチームを引っ張り、悲しみを背負いながらもみんなの心を幸せにするために戦っていった。
なおプリキュアの種の片割れは依然としてダークプリキュア側にあるため、種は変身する度に一時的な修復がされている。

幹部に対しても単身で圧倒する強さを誇っていたが、第44話の強化デザトリアンが放った冷凍攻撃には為す術なく凍り漬けにされ、次の第45話ではデューンに得意の接近戦を挑むも全ての攻撃を見切られ、逆に一瞬で間合いを詰められると攻撃に全く反応できず一撃で変身を解除され全く歯が立たなかった。

最終決戦

砂漠の使徒との最終決戦ではダークプリキュアと戦うが、その戦いに乱入したサバーク博士の正体が自分の実父である月影博士だと知ってしまい、その事実に呆然として戦意を喪失してしまう。
しかし、ブロッサムの必死の説得により戦意を取り戻し、仲間との絆と自分の決意をかみ締めてこれまでにない力を発揮。ダークプリキュアとの決着をつけた。

その後、父との再開を喜びこれまでの月影博士の経緯を聞くが、直後に現れたデューンの攻撃によってプリキュアの変身を解かれ、さらに彼女らを攻撃から庇って月影博士が消滅してしまう。
デューンへの憎しみの感情に飲まれたゆりだったが、つぼみの叱責によってかつての自分の決意と言葉を思い出したゆりは自分を取り戻し、つぼみが回収したムーンライトのプリキュアの種の欠片を受け取った。
そして、元通りになったプリキュアの種でつぼみと共に変身。
憎しみではなく愛をもってデューンに最後の戦いを挑んだ。

ダークプリキュアとの関係

上述した通り、『ハートキャッチプリキュア!』は、いきなりダークプリキュアとの熱い戦いから始まった。
本人曰く、ダークプリキュアはどうやらプリキュアを倒すために作り出された存在らしく、その戦いに勝った後もキュアムーンライトを激しくライバル視している。
それでいて彼女が生きていた事を知ると嬉しそうにしたり、ムーンライト復活の際、止めを刺さなかったことを後悔したりと複雑な想いを抱いている様子。

ダークプリキュア曰く、キュアムーンライトを月の光り輝く部分とするならば自分は月の暗い影の部分であり、キュアムーンライトを倒すことで自分が完全な月になれる、らしい。

闇を照らす月光



こころの大樹での戦い

第1話の戦いはどういう状況でのものだったのかは、第32~34話で明らかになった。

ムーンライトは、ハートキャッチミラージュの試練を受けるためにプリキュアパレスに向かっていた。
こころの大樹も試練を見守るために来ていたが、そこにダークプリキュアが待ち伏せており、両者はこころの大樹の前で激突することになる。
そのため、ムーンライトは当時試練を受けることができなかった。

二人の戦いの最中にサバーク博士が乱入、ムーンライトを狙って攻撃を仕掛けてくる。
それを身を呈して守ったのがムーンライトのパートナーであるコロンだった。サバーク博士の攻撃をまともに受けてしまったコロンは消滅してしまう。

ここから第1話冒頭へと繋がり、ダークプリキュアと互いの必殺技をぶつけ合うが競り負けてしまう。
そして、ダークプリキュアの攻撃でムーンライトのプリキュアの種は割れ、こころの大樹はその時の爆風に乗じてその場を離脱。ムーンライトはコッペ様に助けられ一命をとりとめた。
その後、割れたプリキュアの種の片方がサバーク博士に回収され本編第13話でダークプリキュアの元に渡る。

大切なパートナーを失ったこととダークプリキュアとの戦いで、彼女のプリキュアの種は割れ、こころの花は枯れ、変身能力を失ってしまった。
シプレによれば、「コロンさえ生きていればダークプリキュアに負けていなかった」(コロンの死による動揺がムーンライトの敗北を招いた)とのこと。

決着

砂漠の使徒との最終決戦において、過去の自分へのけじめとしてダークプリキュアと単身で戦う。
その戦いの中で父の正体を知った後、ダークプリキュアは己を生み出したサバーク博士=月影博士を父と慕い、博士の本当の娘となる(月影ゆりのポジションに成り代わる)ことが目的だったことがわかった。

捜し求めていた父親が自分を倒すためにダークプリキュアを作って自分に差し向けていた事実とそのことを一切釈明しない父に対して、呆然とし戦意を喪失してしまう。
しかし、ブロッサムの必死の説得により戦意を取り戻し、ダークプリキュアとお互い最後の一撃として必殺技を撃ち合う。
仲間との絆と自分の決意を改めてかみ締めたゆりは、これまでにない力を発揮してダークプリキュアに完全に勝利した。

ダークプリキュアとの決着をつけ、博士に抱きつき再開を喜ぶムーンライトだったが、博士は「自分にはその資格はない」と最後の力で起き上がったダークプリキュアの方へ行って抱き支える。
そして博士は、ダークプリキュアはゆりの体の一部から生み出したムーンライトの妹であることを告げ、娘同士を戦わせたことを二人に詫びた。

博士に娘であると認められたダークプリキュアは博士の腕の中で安らかな表情になり、姉であるムーンライトに微笑みを見せながら光と共に消えていった…。

詳しいことはダークプリキュアサバーク博士の記事を参照。

アイテム・必殺技

ムーンタクト
色以外はブロッサム達のタクトと同様の物。左肩からリボルケインのように取り出し、さながら剣のように勇者パースで構えたり、敵の攻撃を弾いたり、振って光の刃を飛ばすことも出来る。
浄化の際はサンシャインと同様、アイテム自体を手首で円状に振る。

必殺技

プリキュア・シルバーフォルテウェイブ
タクトから銀色のエネルギー弾を飛ばす。ブロッサム達と同様の技だが威力は格段に高く、強化デザトリアンも一発で浄化してしまう。

プリキュア・フローラルパワー・フォルティシモ
ムーンタクトを使った必殺突進技。ブロッサム達とは違いムーンライトの場合は単身で発動できる。
さすがにデザートデビルクラスの相手だと浄化できないらしい。
ムーンライト個人でも発動できる技だが、38話でサンシャインとのコンビで発動し、さらに48話ではブロッサムとのコンビで発動した。

それぞれくわしいことはこちらを参照。

また、キュアブロッサム・キュアマリン・キュアサンシャインはパートナーの妖精がマントに変身するが、ムーンライトだけは左肩のエンブレムからマントを出すことが可能(ゆりが「コロン、わたし達も行きましょう」と呼び掛けるシーンがあることから、少なからず宿っているコロンの意志がマントを出撃させている可能性がある)。マントの色はごく薄い紫色。

戦法

3年近くプリキュアとして戦い続けてきたためか、他のプリキュアと比べその実力は抜きん出ている。
強力な敵に真っ先に切り込み他のプリキュアに攻撃のチャンスを与えたり、豊富な戦闘経験を活かして他のプリキュアに的確な指示を繰り出すなど、戦闘においては専ら司令塔ポジションである。
ムーンライトの復活が第33話からのため、披露されたオリジナル技の数は必然的に少なくなっているがどれも強力。
技を使わずともタクトから放つ光の刃だけでも相当の威力を持つ。
エネルギーの色は明るい藤色(或いは銀色)。

技一覧

名称内容初出
ムーンライト・リフレクション物理攻撃や光弾を防いだり反射させられる光の円盤を1~2枚出して自由に操作する技(早い話が遠距離バリア第34話
ムーンライト・シルバーインパクトエネルギーを掌に込め、敵の至近距離で解き放つ技第34話
プリキュア・からだパンチマント状態で空中からプリキュア全員で体当たりする技(技名を叫ぶのはブロッサムが担当)第40話
(名称不明)ブロッサムとダンスの様に向かい合って片手を繋ぎ、お互いの空いている手をくっつけハート型のエネルギーを設置、そこに繋いだ方の手を叩きつけ光線を放つ技(プリキュア・クリスマス・インパクトと似ている)第48話
基本的にプリキュア全員(その時点で)で行う技はプリキュア、2人だとダブル、 個人だと技の発動者の名前がそれぞれ技名の頭につく
他にも掌から光弾を放つ技など技名が判明していない技もある。

フォームチェンジ

第38話より登場したパワーアップフォーム。
天女の羽衣を思わせる装飾が追加されるのが特徴。
映画『プリキュアオールスターズDX3』でもこのフォームが登場した。

スーパームーン!



備考

  • コスチュームは白銀色がメインカラー、青紫色がサブカラーとして配色されているが、プリキュアオールスターズ関連の玩具展開でカラーリングごとにカテゴライズされるときは「紫キュアの仲間」として扱われている(同じく白銀色のコスチュームをきるキュアイーグレット白キュア扱い)。これはやはり変身後に髪の色が濃い紫から薄紫に変わることも大きく影響しているのだろう。
  • 本編以前はココロパフュームで変身していたため、腰にココロパフュームキャリーを身に着けていたが、復活後はココロポットの蓋を使用しているためパフュームキャリーが取り払われている。(彼女のパフュームは後につぼみに引き継がれた)
  • ココロポットの蓋部分は青い花のエンブレムに変化して身に着けられているが、エンブレム自体は以前から存在している。
  • 変身する時の台詞が、他のプリキュア達は凛々しくも可愛らしい一方で、彼女の場合は勇ましさ全開である。
  • 「1人目でありながら4人目のメンバー」「変身アイテムが破損してしまい一時戦線離脱→後に戦線復帰」など、「爆竜戦隊アバレンジャー」に登場したアバレブラックとの共通点も多く見られ、「プリキュア界のアバレブラック」と呼ぶファンも少なくない。ただし「アバレブラックに変身するアスカは家族(嫁と子供)を取り戻したが、ゆりは自らの父親=サバーク博士を取り戻せなかった」点が決定的に異なっている。


関連イラスト

散りゆく花


銀色のプリキュア
キュアムーンライト


スーパームーンが
キュアムーンライト



関連タグ

ハートキャッチプリキュア 花咲薫子 キュアフラワー
コロン 
スーパーキュアムーンライト 紫キュア
久川綾
セーラーマーキュリー
キャシャーンSINS

グループ「大地と海と陽と月と」タグ

変身前明堂院いつき 花咲つぼみ 来海えりか 月影ゆり
変身後キュアブロッサム キュアマリン キュアサンシャイン キュアムーンライト
スーパー変身後スーパーキュアブロッサム スーパーキュアマリン スーパーキュアサンシャイン スーパーキュアムーンライト


プリキュアオールスターズ

←18.キュアサンシャイン19.キュアムーンライト20.キュアメロディ


他の記事言語

Cure Moonlight

pixivに投稿された作品 pixivで「キュアムーンライト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10079027

コメント