ピクシブ百科事典

追加キュア

ついかきゅあ

追加キュアとはプリキュアの追加戦士のことであり、物語が進んでいくにつれ新たに加わるプリキュア戦士のことである。
目次[非表示]

概要

プリキュアシリーズにおいて複数人のチームで戦うプリキュアの内、物語において中途参戦するキャラクター。参戦時期は基本的に20話台前半(6月末〜7月前半)だが、キャラクターによっては10話前後だったり30話台で参戦するケースもある。作品によって追加キュアが2名以上登場することもある。

その登場タイミングは玩具展開の都合に大きく左右される。「この時期に親子の購買意欲を高めるために新しい玩具を発売しよう」となると、その時期にその玩具を使う追加キュアを投入した方がより親子の興味を惹く。追加キュアの決定権はバンダイにあると言っていい。
プリキュアに限らずニチアサのスポンサーであるバンダイの制作現場への影響力は凄まじく強く、バンダイが財団Bなどと揶揄される所以の一つでもある。
これはアニメの制作スタッフの思惑とは無関係であり、ストーリー上で自然か不自然かは考慮されない。むしろ、追加キュアに関してはバンダイが指示した時期を絶対遵守した上で違和感のないストーリーを作ることがプリキュアのスタッフに求められるスキルである。(このあたりの実例はキュアエースの項目にも詳しい)

追加キュアの声優は初期メンバー同様オーディションで決定される(結果的にではあるものの、歴代追加キュアは人気声優が演じるケースが多い)。
オーディションは殆どの場合初期メンバーと同時期に行われるが、追加キュアの声優は公式で情報解禁されるまでは厳重な緘口令が敷かれている。

第1話から登場していても「主人公のチームメンバー」になっておらず、さらにそのプリキュアの関連玩具の販売スケジュールが第1話放送開始時点で一般公開されていない場合は、それも追加キュアとして扱われる(例:キュアフォーチュン
一般的には、放映年3月公開のプリキュア春映画の公開日までに主人公たちの仲間として出演できていれば初期メンバーとして括られ、それ以降に仲間になれば追加キュアとして扱われる(キュアソードの例がわかりやすい。当該項目参照)。

特殊な例としてキュアハニーがおり、NS3公開時にキュアラブリー&キュアプリンセスと同じハピネスチャージプリキュアチームの一員として扱われているが、ハピプリTV本編登場が上映期間中の第9話で、正体が大森ゆうこと明かされたのが次の第10話、ハピプリチームに参加したのがその次の第11話ということもあり、ネタバレ防止のため登場時間が短い上にセリフも付かなかった。そのためハニーも追加キュアとして扱われることがある。

ぶっちゃけありえない追加戦士


タグとしては、上記のように追加キュア自体をネタにした漫画や、ピクシブユーザーが考案したオリジナル戦士に使われる事もある。

追加キュアは、仲間のピンチに現れ、単独で敵を倒すなど登場時は戦闘能力が高い戦士が多い。ただしその後、仲間のパワーアップ、敵の新戦力登場により、相対的に強さの差はなくなってくる宿命にある。またキュアエースのように弱点が発覚したり、キュアパルフェのように6人体制となった場合の親しみやすさを出すためにあえて強く描かれなかった追加キュアもいる。

追加プリキュアの登場に伴って遊園地等で開催されるキャラクターショーも、前期バージョンから追加プリキュアが加わった後期バージョンに変更となる。作品によっては前期の内容に追加プリキュアがサプライズ的に登場するアレンジバージョン、後期の後にさらに新しい内容のショーが制作される場合もある。

プリキュアシリーズにおける追加キュア(追加戦士)

このリストではMaxHeartと5GoGo!は連続作品の2年目と捉えて、それぞれの作品で初登場するプリキュアを「1年目から続くチームから見た追加戦士」として扱っている。

ふたりはプリキュアMaxHeart
Yes!プリキュア5GoGo!
フレッシュプリキュア!
ハートキャッチプリキュア!
スイートプリキュア♪
ドキドキ!プリキュア
  • キュアエース/円亜久里
    • 5人目、赤キュア。それまで本編未登場という初の事例だったゆえ、登場直前でも正体が読めなかった追加キュア。小学生プリキュアとしてはキュアミューズに次いで2人目で、初の成長変身型プリキュア。
ハピネスチャージプリキュア!
  • キュアハニー/大森ゆうこ
    • 3人目、黄キュア。第11話と早期に仲間になっており、その存在自体も放映前から告知されているため、上述したように追加戦士として扱うかは議論があるのだが、関連玩具が第一話放映時点で発売されていないため、(作中の扱いはどうあれ)玩具展開上は追加戦士とされている(これはここで追加戦士とされているルミナスやローズと同様の玩具展開である)。
  • キュアフォーチュン/氷川いおな
    • 4人目、紫キュア。ハニーと同様に存在自体は放映前から告知されているが、やはり関連玩具が第一話放映時点で発売されていないため、玩具展開上は追加戦士とされている。
Go!プリンセスプリキュア
魔法つかいプリキュア!
キラキラ☆プリキュアアラモード
HUGっと!プリキュア
スター☆トゥインクルプリキュア
  • キュアコスモ/ユニ
    • 5人目。アニメ作中では虹キュアとされているが、玩具展開上から青キュアとしての属性も付与されている。シリーズ初の敵でも味方でもない第3勢力かつ義賊出身のプリキュア戦士でも有る。
ヒーリングっど♥プリキュア

プリキュアシリーズにおける番外キュア(番外戦士)

プリキュアシリーズには作中のごく一部のエピソードのみで主人公の仲間として登場する「助っ人」的な変身少女戦士も登場する。
それらは追加戦士というより番外戦士として扱われている。
追加戦士と番外戦士の違いは、TV放映終了後に映画「プリキュアオールスターズ」シリーズおよび春のプリキュア共演映画でチームの仲間として登場するかしないかというところで判断される。
なお、番外戦士はキュア○○の名が冠せられないことも多い。

主としてTV本編

ふたりはプリキュアSplash☆Star
ハートキャッチプリキュア!
スマイルプリキュア
ドキドキ!プリキュア
ハピネスチャージプリキュア!
Go!プリンセスプリキュア
キラキラ☆プリキュアアラモード
  • ルミエル
    • いちご坂を守った伝説のパティシエで、現在は故人。ドレス風の衣装を身に纏っている。
  • リオ
    • 通称キュアワッフル。ルミエルの力を借りて変身し、プリキュアに加勢した。
  • キュアペコリン/ペコリン
    • エリシオの策略に陥ったいちか達を救おうとした際に誕生した。一度没になった夏の追加戦士案を再使用した形になる。幼児体型かつ、ポジションはロイヤルキャンディに近いがこちらはプリキュア名義。
HUGっと!プリキュア
  • キュアトゥモロー
    • ハリハム・ハリーがいた未来世界のプリキュアの一人。ハリーとともに野乃はな達のいる時代にタイムスリップしたが赤ん坊化しはぐたんになった。仲間は3人いたが倒されており名前も不明である。
  • キュアアンフィニ/若宮アンリ
    • 交通事故が元で闇落ちしたアンリがプリキュア達の応援を受け、「なりたい自分」を思い出し、闇を振り払ってプリキュア達の力を得て一時的に変身した姿。奇跡の力で変身した初の男性プリキュアである。
  • 地球上の人々全員
    • 最終決戦に際し、プリキュアを応援する地球上の者全員が奇跡の力で一時的にプリキュア化。老若男女問わず変身した初の事例。


映画限定


その他


プリキュアシリーズに関するキャラクターがいたら紹介してください。

関連タグ

戦士 プリキュア
追加戦士 2号ライダー サブトラマン

関連記事

親記事

プリキュア戦士一覧 ぷりきゅあしりーずせんしいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「追加キュア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201629

コメント