ピクシブ百科事典

キュアモフルン

きゅあもふるん

キュアモフルンは2016年10月29日公開の『映画魔法つかいプリキュア!』でモフルンが変身するプリキュアのことである。
目次[非表示]

モフモフモフルン!キュアモフルン!

概要

キュアモフルン!
キュアモフルン


映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』においてモフルンが「願いの石」による奇跡の力で変身したプリキュア。劇場版限定での変身なためTV本編には登場しない。
発表されたのはテレビアニメ23話の後であり、3人目のプリキュア、キュアフェリーチェが登場して僅か2話後の発表ということになった。
ちなみに上記の言葉はふざけでもなんでもなく、公式等から発表されている正式な名乗りである。

CM中でみらい達が風船を膨らませて飛ばすシーンで他の3人が各々ピンク・紫・緑を上げる中、モフルンは黄色の特大風船を上げていた事からイメージカラーは黄色と思われる(コスチュームカラーや髪色は橙なので橙キュアの可能性もある)。

またシリーズ初の「妖精が人間態を経ず変身したプリキュア」であり(似たような前例にロイヤルキャンディがいるが彼女はキュアを冠していない)、かつケモミミ尻尾(プリキュア形態に変身する際に確認出来る)を装備という点も注目すべきポイントだろう。
橙色をした髪は非常にボリュームがあり、コスチュームの袖部分がシースルー構造となっている。
そして手足に着く衣装や装飾、髪の癖毛と思しき部分は左右非対称なデザイン。コスチューム全体としてはダイヤスタイルの系統に近く、頭の赤いリボンや胴体のリボン、ミニハット等が共通要素として挙げられる。
また、シリーズ初のスカートではないズボンを着用したプリキュア(仮の姿に限れば前例としてキュアミューズ(黒ミューズ)が存在する)。

このキュアモフルンは、味方側として登場する映画オリジナルプリキュアとしてはキュアエコーに続く2例目となり、キュアエコー同様TVシリーズには登場しなかった。

まほプリ「餌付け」


ただしキュアエコーの場合戦闘行為は行わない特殊な存在だったが、キュアモフルンは普通に戦闘するシーンがあるし、今回はエコーの時と違って玩具化に恵まれている
劇場限定プリキュアで新たな商機を開拓したいという財団Bの思惑が感じられ、平成仮面ライダーにおける「映画のゲストライダー」的存在の先駆者となることが期待されている。

詳細

「願いの石」によって奇跡的な変身を果たしたモフルンの姿。
随所にモフルンを彷彿とさせる、熊のモチーフをふんだんに盛り込んでいる。また、目のハイライトにはモフルンの特徴である☆マークも受け継がれている。この点はキュアフェリーチェの花のハイライトと似ている。
他のプリキュアに比べるとやや小柄、しかしそれを活かして素早い動きをとることが可能。

戦闘

MOFURUN
鮮烈!!キュアモフルン★


映画オリジナルのプリキュアの先輩であるキュアエコーは既存のプリキュアオールスターズの活躍を奪わないためにも戦いにあまり参加しない感じがあったが、モフルンはTV本編のレギュラーキャラクターということもあり、戦闘シーンでも大活躍を見せている。
まほプリTV本編でのプリキュアたちは「伝説の魔法つかいはものすごいパワーを持っていても戦士ではない」ため、すごいパワーだけ授けられてそれを使いこなす戦術的センスが与えられているわけではないという設定がある。そのため、あまり器用な戦い方はできないという演出が意識されているのだが、キュアモフルンは映画補正ということもあってか、非常にプロフェッショナルで戦術的に戦う。モフルンはそもそも「魔法つかい」ではないので、従来通りの伝説の戦士としての立ち位置になっているのだろう。

カラフルスタイル

モフモフモフルン!
モフモフモフルン


「願いの石」の奇跡により変身能力を得たキュアモフルンは本来は一つの姿しか持たないのだが、思いの力が結集したとき、キュアモフルンは奇跡さえも超える。
キュアミラクル&キュアマジカルと同じく、キュアモフルンも4種類のカラフルスタイルから選択変身できる。なお、モフルンの場合ダイヤスタイル以外はミラクル・マジカルと同じ。

  • モフルンスタイル

キュアモフルン!


最初に各種メディアで大々的に紹介された黄色い衣装。スタイルの正式名称は作中で明らかにされなかったが、アニメージュ2016年12月号にてモフルンスタイルと明言された。
使用しているのは「願いの石」が変化することで生まれたモフルンリンクルストーン。
モフルンのネクタイ部分に、モフルンリンクルストーン、もしくはハートフルリンクルストーンをセットすることでモフルンスタイルへと変身する。
劇中ではみらいとリコがモフルンを介せずダイヤの片割れ2つで直接ミラクル・マジカルのダイヤスタイルに変身した為、フェリーチェを含めた4人のプリキュアが並び立った。
可愛らしい見た目によらず、プリキュアらしい肉弾戦メインのど派手なバトルを繰り広げる。小柄な体を生かした俊敏さが特徴で、鞠のように跳ねまわりアクロバティックに回転しながら戦う。おそらく地面に足をつけている時間の方が少ないのではないだろうか。戦士としてのセンスはミラクル・マジカル・フェリーチェの3人よりもはるかに優っていた。
また、ミラクル&マジカルのダイヤスタイルと同じく魔法戦闘も可能である。リンクルストーンの銀魔法は使わないが無数の魔法の箒を召喚してファンネルのごとく自在に操ったり巨大な箒に連結させたりと、独自の魔法を使う。

キュアモフルン
アンリミテッド・ホーキ・ワークスもふ



ルビー!


モフルンのネクタイ部分にルビーのリンクルストーンをセットすることで、ミラクル・マジカル・モフルンの3人は赤色のコスチューム「ルビースタイル」へと同時に変身する。
キュアモフルンのルビースタイルは、耳を模した髪の毛の部分を覆うように赤いリボンが飛び出しているのが特徴。映画補正ということもあってか、ミラクル&マジカル以上に炎の能力を存分に扱い、猛烈な熱波を放ったりしている。

キュアモフルン:サファイアスタイル


モフルンのネクタイ部分にサファイアのリンクルストーンをセットすることで、ミラクル・マジカル・モフルンの3人は青色のコスチューム「サファイアスタイル」へと同時に変身する。
キュアモフルンのサファイアスタイルはミラクル&マジカル同様に長い帯を持つ。ミニハットやブーツには翼の装飾も付属する。戦闘特性もミラクル&マジカルのサファイアスタイルと同様に高速の空中戦を披露するが、モフルンの衣装は一瞬見えるだけで、残念なことにハッキリとサファイアに変身した姿が見られることはない。なおアニメージュ2017年5月号の付録ポスターにおける上野ケン氏が手掛けたイラストではサファイアスタイルのキュアモフルンが描かれていた。

ワクワクトパーズ


モフルンのネクタイ部分にトパーズのリンクルストーンをセットすることで、ミラクル・マジカル・モフルンの3人は黄色のコスチューム「トパーズスタイル」へと同時に変身する。
キュアモフルンのトパーズスタイルは一見するとモフルンスタイルと見分けがつかないが、腰に前掛けがあったり、カボチャパンツの部分がチョコバナナになっていたり、トパーズらしくお菓子のモチーフが盛り込まれている。
ミラクル&マジカルのトパーズスタイルと同じく思い通りの道具を生み出す光球を操るが、モフルンの光球は輪郭が熊のようになっている。劇中では傘状の盾を生み出していた。

パワーアップ

ハートフルもふ🐻


クライマックスでは、劇場版限定フォームであるハートフルスタイルに変身する。
ハートフルスタイルはアレキサンドライトスタイルをベースにしたデザインなので、ミラクル・マジカル・フェリーチェは既存のアレキサンドライトスタイルとほぼ変わらないが、キュアモフルンはこの劇場版で初めてプリキュアになったので、完全な描き下ろしデザインとなっている。
ミラクル・マジカルと同様のとんがり帽子を被るが、その高さが低めなのが特徴。そのため、カウボーイハット的な印象もある。

TV版キュアモフルン

映画公開翌日の2016年10月30日にTVオンエアされた39話では、ハロウィンの仮装を羨ましがり「プリキュアになりたい」というモフルンにことはが魔法をかけ、キュアミラクル風のピンクのコスチューム姿に変身させた。

キュアモフルン(TV版)!


これはあくまで仮装なので映画で変身するキュアモフルンとは無関係だが、「モフモフモフルン! キュアモフルン!」の名乗りセリフをこの姿でちゃっかりと喋っている。

余談

事前の予測

春に公開されたオールスターズ映画『プリキュアオールスターズみんなで歌う♪奇跡の魔法!』で、秋映画の告知があったのだが、そこでモフルンに大事件が起きちゃうかもと予告されていた。(当時まだ映画のサブタイトルは伏せられた非公開の状態だった)
一体何が起きるのか、まさかモフルンが元のぬいぐるみに戻ってしまうのか(映画では実際にそういうシーンがあったのだが)等とファンの中では色々な予想が上がっていたのだが、モフルンがプリキュア化するという予想はほとんど上がることはなかった。

その理由は、ファンの間でモフルンは男の子という認識が主流だったためである。
本作ではそれまでモフルンの性別を明確にするようなシーンは皆無ではあったのだが、そもそもアニメ全般に出てくる熊系のキャラクターは雄に設定されやすい。プリキュアシリーズの過去作でも『ドキドキ!プリキュア』にて登場した小熊モチーフの妖精ランスは男の子である。
そんなわけで、特に性別に言及する描写がない以上は男の子なんだろうと何となくみんなそう思っていたのだ。

そんな矢先、7月14日公開の映画のあらすじや新予告が公開されモフルンがプリキュアになる事が判明。更に7月24日の水着回予告でモフルンが女物の水着を着用した為、多くの大きなお友達「お前、雌だったのかよ!」とひっくり返った。
なお情報が公開されたばかりの頃は、ズボンを着用していたりとボーイッシュなデザインであることから「実は男の娘なんじゃね?」との疑惑も一部では囁かれていた。

実は本作ではモフルンは生き物ではなくぬいぐるみなので、性別はないという扱いになっているらしく、ぬいぐるみ状態のモフルンは見た目で性別が判断できないようなデザインにわざとされている。
その名残で、キュアモフルンもガーリーな可愛さと同時にユニセックスな感じも残してデザインされているようだ。
もっとも、キュアモフルンについては「ぬいぐるみが女の子に変身した」とみなすべきなのだろう。

預言者

少数派ではあるがモフルンの性別を「女の子」だと放映当初から思い込んでいた視聴者もいる。
そして、女の子のパートナー妖精に対してはプリキュア化予想の話題が出るのも伝統の流れである。
モフルンに対しても例外ではなかった。
キュアモフルン登場の情報が解禁されるよりも前の6月12日にこちらのイラストが投稿されていた。

キュアモフルン



こちらはその後の7月4日に投稿された全身像。

モフルン擬人化



キュアモフルンのネタバレ情報がネット上で初めて確認されたのは、公式の情報公開の数日前となる7月9日前後に映画のキービジュアルの画像がツイッター上で流れたのが最古となる。そのため時期的に言っても、双方ともネタバレ情報が元になった投稿ではない。
細部は異なるものの公式のキュアモフルンにかなり近いイメージを持つデザインであり、加えて名前を正確に当てている

関連イラスト

モッフ
キュアモフルン☆


キュアモフルン
もふ~


変身モフ~~♡♡
☆モフルン☆



関連タグ

魔法つかいプリキュア! モフルン
映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!
妖精キュア

鮮烈!キュアモフルン - キュアモフルンのテーマソングで劇中の戦闘シーンに流れる。
キラキラ☆プリキュアアラモード キュアモフルンで採用されたケモミミ&尻尾要素をプリキュアメンバーの基本デザインの一つとして採用したシリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「キュアモフルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 875682

コメント