ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

第47話で、メルヘンランドの女王として覚醒したキャンディの姿。
口調や性格は元のキャンディから変わっていないが、女王として目覚めただけあって絶望の巨人を食い止める力を持っている。また、限度はあるもののピエーロの攻撃にも耐えることができる。
また、元のキャンディの時には、「クル〜!」だった悲鳴は、「きゃあっ!」となっている。
この他にも、一部語尾に「クル」とつけないシーンが存在している。
覚醒した時にロイヤルクイーンから「ミラクルジュエル」を授かり、その力を使って絶望に沈みバッドエンドに染まりそうになったプリキュア達に必死で呼び掛け、彼女達を絶望の淵から救い出した。

しかし、そこで力を使い果たしてピエーロの攻撃を食らい、元の姿に戻ってしまう。だが、第48話にてミラクルジュエルの最後の力を使い、プリキュアと共に再びロイヤルキャンディへと変身。そしてプリキュアと共にミラクルレインボーバーストを放ってピエーロを破った。

なお彼女はミルキィローズキュアビートのように「妖精(またはそれに準じる)キャラから変身する追加戦士」と異なり、「コスチュームがプリキュアによく似ている」が、公式なプリキュアではないので、「プリキュアオールスターズ」系のイラストの際には注意が必要である。

『HUGっと!プリキュア』第37話にも登場。いわば『番外戦士』のポジションでドクター・トラウムの最終形態に最後の攻撃を与えるプリキュアオールスターズにパワーを送った。

まさかの公式擬人化

今まで「人格入れ替わり」「キュアキャンディ」「三幹部擬人化」「ハッピーロボ登場」「プリキュア幼児化」など、いろいろと視聴者の度肝を抜き続けてきたスマプリだが、最終回直前になっても、「三幹部の正体が妖精」「悪のプリキュア出現」に続き、久々の妖精擬人化(しかも幼女というサプライズをやってくれた。第46話でのバッドエンドプリキュアの活躍の余韻も覚めやらぬまま、次回予告でこのロイヤルキャンディの姿が出るや、またもイラスト投稿が相次いだ。
あざといぞ、公式!

なお、スマイルプリキュアでは他にもポップが人間体に変身したり、かつてはメルヘンランドの妖精だったバッドエンド王国三幹部もマジョリーナの発明で人間化している。逆にプリキュアたちが妖精化したこともあり、レギュラーキャラのほぼ全員が人間と妖精の姿を作中で披露したこととなった。

ちなみに、各シリーズ作品でメイン妖精が人間化した例としては、5や5GoGo「人間体は茶髪のイケメン」「人間体はパツキンのイケメン」「その二人のお世話役見習い」「2期で登場したズー◯ンっぽいの」の妖精達が最初で、その中のミルキィローズ美々野くるみ)はプリキュアの1人としてもカウントされている。次回作であるドキプリでは、初期の時点で完全に人間社会に溶け込んでいる妖精も登場している。またGoプリでは妖精の兄妹が話の流れで人間化したり、プリアラでも「修行を積み重ねた成果」として人間になることができ、登場する妖精のうち4人が人間化、うち2人はプリキュア(キュアパルフェキュアペコリン)となっている。

余談

外見と声優のせいでハナちゃんに見えるという声もちらほら。初登場回がBパート終了に出たことやドアップ(目と額)だったのも要因だった。

関連イラスト

キュアキャンディ
キャンディ~~~



関連タグ

スマイルプリキュア キャンディ(プリキュア) ロイヤルクイーン 金髪碧眼 姫キュア 番外戦士 番外キュア
キュアモフルン キュアペコリン

関連記事

親記事

キャンディ(プリキュア) きゃんでぃくる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロイヤルキャンディ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ロイヤルキャンディ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 487092

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました