ピクシブ百科事典

ハナちゃん

はなちゃん

ハナちゃんとは、『おジャ魔女どれみ』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「ポロリンピュアリン、ハナハナピー」

概要

cv.大谷育江

赤ちゃんだったり小学6年生だったり高校生だったり。髪型がエビフライ。
どれみに付けられた「ハナ」が本名だが、「ハナちゃん」と呼ばれることが本編でも多く、タグも「巻機山花」などよりも多い。

『♯』1話にて、魔法の花「ウイッチークイーンローズ」から産まれる。
ウイッチークイーンローズから生まれた赤ん坊は女王候補であり、第一発見者が1年間養親として育てなければならない。その掟によって、『無印』で瀬川おんぷを救うために水晶球を失った春風どれみたちは特例で魔女見習いに復帰。ハナちゃんは彼女たちから愛情を受け取っていく。
『も~っと!』」では半年ほど魔女幼稚園で過ごしていたが、とある事情でまたどれみたちのお世話になることに。
『ドッカ~ン!』ではどれみたちと同じ学校に行きたいために自分に魔法をかけ大きくなったが、魔法を使い過ぎて水晶玉を割ってしまったため、新しく手に入れるために魔女見習いになる。人間界では「巻機山花」を名乗り、「巻機山リカ」ことマジョリカの「孫娘」ということになっている。
『ドッカ~ン!』終盤で、女王様より正式に王位継承者に指名され、マジョリカを後見人として教育を受けていたが、『16/17』で自身の双子の妹「ユメちゃん」の存在を知り、彼女に合うためマジョリカを後見人から解任。さらに後任に就いたマジョルカを酔い潰して白状させ、魔女界を出奔。パリに渡り、ヨーロッパの何処かにいるというユメちゃんを探していた。
ユメちゃんの件が落着した後も人間界にとどまり美空高校2年生に編入学。治癒魔法が禁呪とされているため傷病に対処できない魔女界の現状を憂いて医者を志している。成績は「優秀」という言葉が陳腐に思えるほどで、美空高では「開校以来初めての、東京大学理科3類(医学部進学コース)合格者候補」との声が上がっている。実際本当に合格し、その大学でもトップクラスだとか(どれみ曰く『可愛いは正義』の理論で女性の主席ながら嫉妬などはされてない)

産まれた時から魔女だが、その中でも魔力が高く、周りからの期待は大きかった。
その魔力の高さゆえ、赤子であることに加えてどれみたちに苦労をかけることも多かった。
大きくなっても精神は変わらないため、色々とトラブルメーカーになったりもしている。高校2年生時には、どれみたちから和久のぞみの思い出を聞かされて感動の余り、ある行動に出て、美空高のみならず市内を騒然とさせた。
だがどれみたちからはしっかりと愛情を受け取っており、基本的には他人を思い遣れるいい娘である。
プリン好き。

魔法の呪文は「ポロリンピュアリン ハナハナピー」
魔法の呪文は本来は要らないが、つまらないということで自分で付けた。
妖精は「トト」。
また、魔女界に伝わる伝説の白い象の幼生「パオちゃん」と仲がいい。

正式に女王様から母親として任命されたのはどれみだけだが、他の皆のことも変わらず母親と思っている。
『も~っと!』後半からはももこも皆と同じように慕うように。
ぽっぷも母親の1人だが、どちらかというと姉ポジション。
勿論、一番苦労させられたマジョリカとララのことを忘れてはいけない。

妹の存在

「妹なのに。ハナのたったひとりの妹なのに!」

実は『16』において「1本のウイッチークイーンローズからは双子の赤ん坊が生まれ、どちらか(大概は先に発見された方)が女王候補および次代の女王となる。残る一方は何らかの事情で姉(もしくは妹)である女王が退位または崩御した際、新たな候補が生まれない場合を除いて、自分の真の出自を知らされること無く、一生を一魔女として過ごす」という事実が明かされた。余談になるが、さらに新たな双子が生まれ育った場合、候補は新しく生まれた次代に移る。

先々代の女王様の妹は先代の女王様で、魔女界の女王様にもが存在しており、なおかつマジョリカマジョルカと姉妹であると明かされ、さらにハナちゃんにも「ユメちゃん」という双子の妹が存在する。

ユメちゃんの存在を知ったハナちゃんは、上述した騒ぎを起こして魔女界を出奔し、ヨーロッパで妹を探すのだが、その行動が魔女界と人間界の関係を混乱させることを憂慮したどれみたちが介入した。

みんなの探索の助力を得てユメちゃんの養い親であるマジョアヴェニールと会うことはできたが、彼女はユメちゃんがまだ幼く判断力に乏しいことや「まずは人間界に生きている普通の子として育ってほしい」という思いから魔女界のことを教えていないことを語り、姉妹の名乗りについて時間を置く提案をする。結果としてハナは多少ゴネながらも、どれみたちの説得もあり、それを受け入れざるをえなくなる。
なお実際ユメちゃんが12歳の時にきちんと話し合いが行われ、両者納得した上でハナちゃんが大学卒業後魔女界の女王を継ぐことが決定した。
……医者の免許は大学卒業後に研修やら諸々受けてようやく手に入るものだが、それでいいのだろうか?

関連イラスト

赤ちゃん状態(も~っと!ドッカ~ン!魔力切れ状態)

もんぺハナちゃん


小6・魔女見習い状態(ドッカ~ン!通常時)

ハナたん弾いてパオ!
はなはなぴっ!



なかよし漫画版では

実は講談社なかよし』で連載されていた漫画版では、ハナちゃんの登場は『ドッカ~ン!』からと、かなり遅くなっている。これは同作の『無印』後期から『♯』初期に当たる部分においてはコミック版の独自展開が方針として取られ(中盤からアニメのシナリオを活かしたストーリーラインに戻るが、それまでやってきた独自展開からの脱却ができず、その影響を残す形での、半端なパラレルワールドと化した)代替キャラであるボオちゃんが設定されたため。なぜそうなったのかは、同キャラの項目を参照。

そのため、当時に両方を視聴・購読していた層には、双方を混在させて記憶している人物も少なからず存在する。しかし、あくまでもハナちゃんとボオちゃんは、全く異なるキャラクターなので留意すること(例えば漫画版を読んでいたファンから「ハナちゃんの正体は天使だよね?」とか「ハナちゃんって最初、花を食べて(火を噴いて)なかった?」などという話題が出る場合これが原因。これらは全部ボオちゃんの設定である)。

また、以上の事情から漫画版のハナちゃんには、どれみたちとの親子関係が存在していない。『ドッカ~ン!』にてハナちゃんが魔法を使ってまで、どれみたちの元へやって来たのは、別に母娘の情によるものなどでは決してなく、ハナちゃんがどれみたちのファンであったためだとされている(そして漫画版のどれみたちは、あくまでもハナちゃんの「姉貴分」として描写されている。また、ぽっぷに対してはどれみたちと異なり姉貴分と言うよりも「検定におけるライバル」「同位置の友人」としての描写が強くなっている)。

また、なかよし漫画版のハナちゃんは理屈も手続きもへったくれもなく(女王様からの指名を受けるまでもなく)最初っから魔女界そのものによって女王位継承者として定められている存在だったりする。

関連タグ

巻機山花 巻機山ハナ コマンダーハナ 
おジャ魔女どれみ おジャ魔女 マジョモンロー中の人繋がり
春風どれみ 藤原はづき 妹尾あいこ 瀬川おんぷ 飛鳥ももこ 
マジョリカ ララ ババ ユメちゃん パオちゃん 
赤ちゃん 急成長
ツインテール 金髪ロング
 ホワイトヒロイン

もしかして1→はなちゃん花ちゃん - 表記揺れ

もしかして2→ボオちゃん - パラレル的存在

似てる人

ミルク/美々野くるみ キャンディ はーちゃん/花海ことは ジュルル/ジュリィ 東雲なの はかせ

百合カップリング

ハナどれ ハナはづ ハナあい ハナおん ハナもも ハナぽぷ マジョハナ ハナパオ ハナさち ハナたま

NLカップリング

オヤハナ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハナちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 664001

コメント