ピクシブ百科事典

魔女界の女王様

まじょかいのじょおうさま

魔女界の女王様とは、『おジャ魔女どれみ』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

CV:
※エンドクレジットでは、声の出演は最終回の直前まで「?」名義で表記されていた。これは彼女の正体の秘密に関係しているためである(クリックすると正体が分かります)。

概要

「魔女界」を取り仕切る女王様。素顔を隠すベールが印象的な女性。
「女王様」だけに横柄な性格かと思いきや、なかなかかなり話の分かるお方。これは彼女自身、人間から「魔女」になった魔女に育てられたため。

MAHO堂の魔女見習いたちに一目置いており、事ある度に彼女たちの力になってくれる。その程は「魔女」の資格を失ったどれみたちを何度も魔女見習いに戻していたことからも窺える。
中でもどれみを特に気に入っており、それは最終回直前で本人の口から語られる。

新しいアイテムをどれみたちに渡す時の『マジョリン、例のモノを……』はお約束の台詞。
基本的には真面目な人であるが、手品に騙されて真似しようとしたり、魔法堂のオーナーをあみだくじで決めたり、ドラマCDでは歌を歌っていたりと中々お茶目な人だったりする。
ララの話によれば昔どれみ達の魔法堂(MAHO堂)のオーナーをしていた事があるらしい。

作中における他の「魔女界の女王様」

マジョトゥルビヨン
当代より2代前に即位した、先々代の女王様。作内におけるトラブルの元凶にして悲劇の源泉。
詳しくは項目参照。

マジョヴァーグ
マジョトゥルビヨンの退位によって即位し、900年近くの長い治世の後、当代に譲位した先代女王。マジョトゥルビヨンの実の妹。ポーカーで魔法使い界の王様から土地や権利をカッ剥いだ事がある。この事が魔法使い界と魔女界の間における因縁になっていた事もある。

関連タグ

おジャ魔女どれみ おジャ魔女
おジャ魔女どれみのキャラクター一覧




















ここから先は魔女界の女王様に関する重大なネタバレがあります。
未視聴の方は閲覧注意。




















正体
おジャ魔女どれみドッカ~ン!終盤でどれみ達の前でベールを外し、今まで見せなかった素顔を披露。
同時にどれみ達の学校の保健教師であるゆき先生の本来の姿であった事が判明する。

女王様は魔女界と人間界の閉ざされた道を再び開こうと考えていた。
その第一歩として魔女の事を理解し魔女界との架け橋になってくれる人間を探しに人間界に訪れ、保健教師に姿を変え世界中の学校を回っていた。
今から7年前、女王様=ゆき先生は美空市である少女と出会う。
それは幼稚園時代のどれみであった。
どれみは男の子にいじめられているななこを庇ったが、その男の子は滑り台から滑り落ちて怪我を負い、どれみはそれを放っておけず男の子に痛みが飛ぶおまじないを唱える。
それを見ていたゆき先生は「まるで魔法みたい」と感心しながら話し掛け、どれみは「将来魔女になるんだ」と言った。
女王様はいじめっ子であっても怪我をした相手にも優しく接していたどれみこそが閉ざされた魔女界と人間界の扉を開いてくれるのでは無いかと確信したのである。

最終回直前まで伏せられていたものの、この設定自体は無印時代から決められていた模様(無印18話より)。
ちなみにテレビ本編では「女王様」としか呼ばれてなかったが、女王様の本名は「マジョユキ」。そのまんまである。

そして佐倉未来の実の姉でもある。
妹の主義により音信不通(詳細は本人の項目を参照)となっているものの、ほぼ唯一の対等で在れる肉親である事から深い思慕を抱いており、何度も行方を探しているが再会は叶っていない。自らが選択に迷う時は「せめて妹がいてくれたら」と悩む時もあるという。

関連記事

親記事

おジャ魔女どれみのキャラクター一覧 おじゃまじょどれみのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔女界の女王様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26790

コメント