ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私はジュリィ。神アイドルを導く者…!」

CV:上田麗奈(公開初期段階では未公表)

概要

3rdシーズンにて初登場。
プリパラのアイドル達を神アイドルへ導く女神。神アイドル誕生の鍵を握る存在で、ゲームではランダムで発動する神アイドルチャレンジにて姿を現す。

本来ならばパラ宿へ訪れるはずだったのだが、何らかのアクシデントで行方不明となってしまった。その後94話にてらぁらが偶然拾った赤ん坊・ジュルルに姿を変えていた事が判明(この辺りの詳細はジュルルの項も参照のこと)。以降は神チャレンジライブ発動時のみジュリィとして姿を現すようになる。
ジュリィとしてのEDクレジットはされていないが、公式サイトにて彼女のCVはジュルル同様上田麗奈が担当している事が明かされている。

神チャレンジライブ


ジュリィに認められたアイドルは天空のエレベーターで神チャレンジライブへと導かれ、専用のステージでサイリウムタクトを受け取り「Ready Smile!!」を踊った後スーパーサイリウムコーデを貰う事ができる。
このスーパーサイリウムコーデは神アイドルグランプリに出場するための必須プリチケであり、チームメンバー全員がコーデを持っている必要がある。
ジュリィに認められ、スーパーサイリウムコーデを手に入れたアイドルは以下の通り。

93話真中らぁら
95話南みれぃ
97話北条そふぃ
98話真中のんトライアングルとして)
99話東堂シオンレオナ・ウェスト
100話ドロシー・ウェスト
104話黒須あろま白玉みかん
105話ガァルル
108話緑風ふわり
111話ファルル
114話紫京院ひびき
123話月川ちり太陽ペッパー
125話北条コスモ黄木あじみ白井ななみちゃん子定子大神田グロリア、リナちゃん、らぁらのママ、他多数のアイドル達

第125話で全メインキャラクターがスーパーサイリウムコーデをゲットしている(この回で出たコーデは筺体で出る正規コーデと異なっている)。のんはトライアングルのプリチケを自動でノンシュガー用に変えられていたため、同一人物であればブランド違いのスーパーサイリウムも使える模様。
ジュルルと関わった直後にスーパーサイリウムコーデを手に入れたメインキャラクターが殆どだが、ガァルマゲドンやちり・ペッパーのようにジュルルの育児抜きで参戦したケースも存在する。125話ではジュルル関係無しで多数の神チャレンジが行われた。
どうやら下心があるとジュリィには認められないようで、99話のドロシーや、108・111話のひびきはものの見事にハブられていた。
具体的な規準はハッキリしないが、どうやら「ジュルルとの関わり」「持っている熱い友情」「下心の無い純粋な気持ち」が主な判断規準らしい。

関連タグ

プリパラ ジュルル ジャニス
キュアフェリーチェライバル作品に登場する、同じく赤ちゃんの姿から覚醒したキャラクター。その結末も似ている。

117話(ネタバレ注意)


「ジュリィでーす! 女神だけど、アイドル始めちゃいましたー!」

117話。

ジュルルは突如ジュリィに戻り、プリパラにてアイドルを始めてしまった。
性格は明るく気さく、かつ天然で自由奔放。これまでの神々しいイメージを上記の軽いノリと台詞でテレビ内外問わず良い意味で裏切ってくれた。

実はジュリィは彼女の双子ジャニス共々はるか昔から存在していた(プリパラも、人類が文化を始めてから間もない頃に誕生したらしい)。
ジュリィはアイドルに憧れるあまり、度々姿を変えてお忍びでアイドルのライブを観ていたためジャニスに手を焼かされていた。ジュリィは自分もアイドルになりたかったのだが、運営側の存在である女神がアイドルになれる訳がない。女神がアイドルをするなんてことは、赤井めが兄ぃでさえ困惑していた事から解るように非常にイレギュラーな事態なのだ。
そこで女神の自分をリセットして赤ちゃんからやり直せば良いんじゃないかと考えたジュリィは、ジャニスにも赤ん坊としてのプリチケを手渡し(ジュリィはシステムそのものでもあるためこういう事は普通にできるらしい)ジュルルの姿でパラ宿のプリパラへと舞い降りた。プリパラ内の存在でありながら現実世界で実体化できていたのは、ジュリィが持つサイリウムタクトの力によるものだったらしい。
つまりジュリィが赤ん坊になった理由は、システムの不具合やアクシデントといった物ではなくジュリィ自身の独断。いつの時代も神様は自由なのである……(真実を知った世界中のめが兄ぃ達も呆れていた)。
何故そこまでしてアイドルに憧れるのからぁらに聞かれた際は言いよどんだりはぐらかしたりしており、何らかの事情がある模様。流石に女神だけあってアイドルの資質はかなりの高スペックであり、らぁら達のレッスンに参加させて貰った際はその力で周囲を圧倒した。

性格こそおっとりしてるが女神としての在り方はしっかりしており、「プリパラアイドル達を見守る」というスタンスの下、神アイドルを「プリパラアイドル達が自らの輝きで作り出すもの」と捉えている。だがその思想は、アイドルを管理しようとするジャニスからは快く思われていない。

以後もしばらくはジュルルの姿で居ざるを得ないようで、これからもジュリィになったりならなかったりという状況が続くようだ。

またジュルルとしての記憶はジュリィ状態の彼女にも共有されているため、ジュルルの時の呼び方(らぁらを「ママ」やみれぃを「みぃみ」等)はジュリィに戻ってもそのまま引き継がれている。

プリパラ絵まとめ


↑予言とされたイラスト

以下、本当のネタバレ














「私は、代替わりと同時に消滅します」



130話。




ジュリィは神アイドルグランプリ終了後、消滅の運命にあることが判明した。


ジャニスは女神の座を執拗に狙っていたのだが(彼女の項も参照のこと)、プリパラのシステムにより、ジャニスは神アイドルグランプリ終了後新たな女神になる事が既に定められていた。

しかしジュリィは、ルールや秩序ばかりを重んじるジャニスがプリパラを統べる事を案じていた。女神システムの定めで、ジャニスが次期女神だと彼女に伝えることはできない。
ジュリィはジャニスの考えを改めさせるべく、彼女を赤ん坊の姿に変えて地上へ降ろさせ、アイドルと身近に接する事のできる環境を造った。しかしそれは、女神システムを破る事となった。

プリパラシステムより強固な女神システムを破るということは、その反動がどこかに降りかかる。そして反動の降りかかる先は、システムを破ったジュリィ自身。つまりジュリィは、自らの消滅を承知でシステムを破ったという事になる。

赤ん坊としてのプリチケには、互いに真の姿になるスケジュールが予め決められてあった。ジュリィがサイリウムタクトを渡さなかったのは、女神としての記憶やジュリィの運命が全て刻まれているからであった。そしてジュリィが自分をリセットしてまでアイドルになりたかったのは、消える前に自らの夢を叶えたかったからだったのだ。

いくらジュリィが決めた事とはいえ、ママとして接したらぁらを始め一同は納得できなかった。消滅を阻止できる可能性があるのは、アイドルを喜ばせ奇跡を起こせる可能性のある神アイドル。
らぁら達はジュリィを救うため、神アイドルになるため、グランプリ本戦へと臨む事となる。

ジュリィ自身は消滅を受け入れた姿勢を見せているが、ジャニスからは後に「運命を受け入れる気持ちと、プリパラにいたい本心の間で揺れ動いているのではないか」と指摘されている。
そして137話、ジュリィはジャニスと共に、グランプリ優勝を果たしたソラミスマイルの前へ最後の試練として立ちはだかる。

138話、共に楽曲を歌い上げ神アイドルになったソラミスマイルを祝うのも束の間、ジャニスに女神の座を受け渡した直後、遂に消滅の時が訪れてしまう。
助けようとしたジャニス共々飲み込まれてしまったため、これにより世界中のプリパラが機能停止に陥りかける。

ジュリィとジャニスを助けるため、神アイドルになったソラミスマイルは歌い始めるが、彼女たちだけではプリパラの危機を救うことができなかった。
プリパラを救うには、神アイドルの力だけでは不十分であり、神アイドルの仲間、そしてプリパラを愛する全ての人々の力が必要だったのである
プリパラに関わる人々がらぁらの号令で一斉にトモチケをパキった時、ジュリィはジュルルの姿となってジュリィと共にプリパラの世界に戻ってきた。
罪を許されたジュリィは女神となったジャニスを補佐する立場となり、これにて全て一件落着かと思いきや、ジュリィの身体が透けてきてしまう。ジュリィは概念となり、プリパラの全てのアイドル達の役に立つ道を選ぶ事に決めた。
そして140話(最終回)、ジュリィはファルルとガァルルに粋な計らいを仕組んだ後プリチケの配達人となって世界中を回っていた。そのプリチケは、次作『アイドルタイムプリパラ』の主人公夢川ゆいにも渡されていて…。

楽曲

曲名作詞作曲・編曲
Girl's Fantasy宮嶋淳子松坂康司


関連イラスト

重複を避けるため記事としてのタグは「ジュリィ(プリパラ)」だが、pixiv内では「ジュリィ」のみでタグ付けされる事も多い。検索時も考慮し、「ジュリィ(プリパラ)」としてのタグ付けを推奨する。

ジュリィ様


神様の気まぐれ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュリィ(プリパラ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104562

コメント