ピクシブ百科事典

パック(プリパラ)

ぱっく

『アイドルタイムプリパラ』に登場するスカウトマスコット。
目次[非表示]

概要

CV:若井友希レオナ・ウェストと兼役)

バク型マスコットで、ガァララのマネージャー。他のパパラ宿のマスコット達と違い喋ることができる(それも生まれた当初から)。語尾は「~パック」。
他のマスコットより孵化が遅れたところをガァララに拾われ、以降ガァララのことを大いに慕っている。
女の子の夢を食べてガァララにジュエルとして献上し、ファララ復活を阻止するために暗躍している。
相棒のガァララの願いを叶えようとする純粋な動機があったとはいえ、今までで一番タチの悪いマスコットということになる。

第42話でガァララがしゅうかとの友情を守る為夢を奪う行為を止めると宣言したが、パック自身はこれを受け入れようとせず、ガァララの意思に反して夢を奪い続けてようとしていた(その際、一瞬のみであるが悩んでいるかのような描写もあった)。最終的には第44話でピツジに止められた上、ガァララからも次に夢を奪ったら絶交だと言われたことで、ようやく夢を奪う行為を諦めたかに見えたが…。

余談

同監督作品バクにも似たような立ち位置である。ただ、あちらはかなりの苦労人である。

関連タグ

アイドルタイムプリパラ
スカウトマスコット


※ここからネタバレ注意!
































しかしパックは「ガァララの友達は自分のみであるべき」という考えを捨てておらず、第46話でガァララが他のアイドル達と仲良くなるのを見てついに怒りが爆発。今まで自分で回収して貯めてきた夢を時計塔ごと取り込んで巨大な怪物になるという暴挙に出た。プリパラタウンを破壊した上、挙句の果てにはらぁらを吸収し彼女から夢を奪おうとした。止めようとしたらぁらは自らの全力を引き換えにパックの暴走を阻止した(結果はらぁらと相打ちで、パック自ら時間を止めることでらぁらを封印した)。さらにパックの悲しみが強すぎる故に他のアイドルや女神が外からライブしても封印が解けず、ゴッドアイドルの力でないと封印を開けられない。

最後まで抵抗したものの、マイ☆ドリーム、復活したらぁらを含めたソラミドレッシングしゅうかミミ子のライブ、加えて自身が取り込んだ大勢のアイドルの夢が目覚めたことで、自身のそもそもの夢=ガァララが笑顔でいることだと思い出し、最終的には浄化された。

これまでのプリパラのテーマだった『誰でもアイドル』『みんな友達』『』のいずれも否定するパックは、本作の完全なラスボスともいえる存在である。

しかし、第50話で、実は悪い夢を食べてくれる聖なる獣だったことが判明する(つまりパックは、その聖なる能力を間違った方向に使っていたことになる)。パック本人もそのことは知らなかったらしい。
事態収束後は、悪い夢を食べる存在として皆に受け入れられガァララと共にプリパラで生活している。

pixivに投稿された作品 pixivで「パック(プリパラ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5735

コメント