ピクシブ百科事典

藤原はづき

ふじわらはづき

藤原はづきとは、『おジャ魔女どれみ』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

「パイパイポンポイ プワプワプー」

CV:秋谷智子
イメージカラーはオレンジ

概要

主人公である春風どれみの幼馴染。2月14日生まれのA型。
思っていることを中々言葉に出せない事が悩み。
かなりのお嬢様で、様々な習い事をしている。バイオリンが得意。
どれみに連れられて、妹尾あいことともに魔女見習いとなる。

基本おしとやかなキャラだが、たまに無自覚にグサリと来る言葉を発する事も。
自他共に認める極度のオバケ嫌い。壊れる。壊れた挙句さらなる被害を撒き散らしたり、自分が被害を受けることもある。どれみから怖さを克服するためのおまじない「マジョリカ」を教わったが、全く効果は上がらずむしろ混乱を助長している。
運動については劇中ではあまり特記されることはなかったが、
水泳についてはかなり得意で、逆にまったく泳げないあいこの指導に立った。

幼馴染である矢田まさるとは周りからも持て囃されるような関係だが、小学校の時点ではお付き合いには至っていない。
高校に上がってからは正真正銘の恋人同士では有るが、デートは基本的に両親の意向もあってばあや立ち会いが原則となっているらしい。

アニメでは裕福なお嬢様だったが、17歳の冬に父の映画会社が多額の借金を背負う羽目に陥り、家を手放すのみならず心無いマスコミの攻撃にも晒されていく(この時は、まさるが駆けつけて助けてくれた)。その頃には目指していたヴァイオリンも諦めようとしていたが、かつての恩師である関先生の助言で奨学金を得て再びカレン女学院に通えることになる。
しかし、その中で長年藤原家を支えてくれた婆やが去る事になってしまい、惜しみながらも送り出していった。なお学園の有料イベントで演奏する機会に恵まれた際は「プロになったら必ず招待する」約束を守って再会した。
在籍中は数々のコンクールに参加し上位入賞の常連だったが、お行儀がいいだけの演奏では世界に通用しないと他者の演奏中から気づくなどひそかに悩むことも。

高校卒業後はフランスの著名な音楽学校に留学。
同じくフランスに住むももことはスウィーツの差し入れやショッピングなど交友が続いている。

魔法の呪文は「パイパイポンポイ プワプワプー」
マジカルステージでは「パイパイポンポイ しなやかに」
ポロンに組み込まれている楽器はバイオリン。幼い頃から続け、どれみとの絆をも育んだ、人の絆の象徴。
妖精は「レレ」

家族構成

父:藤原明 映画監督を務める。婿養子。
母:藤原麗子 インテリアコーディネーター。根っからのお嬢様。
お世話係:ばあや(本名:市川小雪) 藤原家に長く勤めている。声が大きい。50年にわたって藤原家を支えてきた。家事はほぼ彼女が一手に取り仕切っており、料理の腕は料亭の料理人並み。はづきが17歳の冬、紆余曲折を経て北海道へと帰っていった。

ルナ

おジャ魔女どれみ17 2nd 〜KIZASHI〜』にて、矢田まさるの相方として登場した謎の女性ジャズヴァイオリニスト。
ボーイッシュなショートカットにスーツ姿と、はづきとは正反対の印象を持つ少女。(画像左側)

君の瞳に恋してる



その正体は、とあるライブで、まさるとセッション演奏をするために、はづきが行った変装。無論、この変身に魔法は一切、使っていない。
はづきとまさるのジャズセッションは、クラシック演奏偏重の方針を取るカレン女学院の校則に抵触しかねないため、そこから生ずると目されるトラブルを回避するための対抗策。
ナチュラルメイクとウィッグ、そして服装を普段のイメージからガラリと変える事で生み出された「もう一人の藤原はづき」とも言える姿。
なお、この「ルナ」の登場以降、はづきは自らが素で言えない本音を、意識的に「ルナ」へ仮託する事で発言できるようになっていく。

関連イラスト

しゃーぷっ
あくまのはづきっちー


ドット線
矢田くんとはづきちゃん



関連タグ

おジャ魔女どれみ おジャ魔女 
リボン バイオリン カレン女学院
春風どれみ 矢田まさる フジオ
ポニーテール 眼鏡っ娘 お嬢様 茶髪 
橙色 オレンジヒロイン
おジャ魔女どれみ16・・・栗山緑による公式続編小説

類似キャラ

水無月かれん 青木れいか 四葉ありす 大森ゆうこ 紅城トワ 蓮城寺べる 南みれぃ 月川ちり 姫里マリア 藤原みやび 巴マミ 高槻やよい 萩原雪歩 秋月律子  

百合カップリング

はづどれ はづあい はづおん はづもも はづハナ はづぽぷ はづまり マジョはづ

NLカップリング

矢田はづ フジはづ

pixivに投稿された作品 pixivで「藤原はづき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1351235

コメント