2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

矢田はづ

やだはづ

「矢田はづ」とは、『おジャ魔女どれみ』に登場する矢田まさる×藤原はづきのカップリング。
目次[非表示]

幼稚園からの幼馴染同士にしてジャズトランぺッターとクラシックヴァイオリニストの音楽家コンビ。おジャ魔女どれみ16シリーズでは交際しておりこたどれ同様に公式化している。

概要

ぶっきらぼうだが誰よりも優しい無口な少年と、その優しさを誰よりも知る唯一の理解者である少女、という組み合わせ。

幼稚園の頃(ことによるとそれ以前)から事ある毎に大泣きしていたはづきを、無口ながらも、かばい励まし世話を焼いて来た矢田という、深い信頼の絆で結ばれた二人である。基本的にはづきが矢田に必要以上に働きかけたがる印象も無い事は無いが、一方の矢田もはづきをかけがえのない存在として受け入れており、彼女のためならば己を曲げて行動する事も二度や三度どころの話ではない。

特に無印17話、も~っと!9話、ドッカ~ン!9話と11話、ナ・イ・ショ11話、16 Naive 第五章、17 第六章は必見。

さらに『16』シリーズのCDドラマにおける「カレン女学院高等部裏サイト事件」では、矢田が「あいつ(はづき)を泣かせるやつは許さねぇ!」とまで言ってのけた(ちなみに原作小説での該当シーンに矢田は絡まない)ため、収録後のフリートークにて宮原永海に「もうお前ら結婚しろ!」とまで言わしめている。さらに宮原は秋谷智子に対して(作内で矢田が)「18になったら(矢田とはづきで)結婚しようね!」とまで言い出す始末。さらに秋谷もこの話にノリノリで、そのアツアツぶりに周囲は当然のごとく思いっきりツッ込んだ。(そして千葉千恵巳が思いっきり羨ましがった)

矢田はづ16



関連イラスト

2月14日と言ったら
矢田くんとはづきちゃん


矢田はづ と 告知
鳩笛



関連タグ

おジャ魔女どれみ おジャ魔女どれみ16
男女カップリング おジャ魔女どれみカップリング一覧 どれみ男女カプ
矢田まさる 藤原はづき 

中の人繋がり

はづもも(ももはづ):飛鳥ももことのカップリング

※ 以下、2人のネタバレにつき注意!

心臓の弱い方、道徳に厳しい方は、別ページへ飛ぶかブラウザバックを推奨







Are you OK?











































20’sから未来へ(ネタバレ)

おジャ魔女どれみ20’s』の最終章『未来へ』で、MAHO堂メンバーおよびシェアハウスメンバーを主軸とした合同クリスマス会が執り行われる。

そこに、はづきは矢田を連れて遅れてやってきた。
既にそろっていた全員が2人の登場に沸くが、同時にある一ヶ所に全員の視線が集まった。そして誰かがぽつりとこぼす。

「はづきちゃん、太った……」

が、あいこおんぷがすぐに違うと気付く。
そう。すでにはづきのお腹には新しい命が宿っていたのだった。
そしてどれみが矢田に問い質すと、彼はあっさりといつもの口調で「ああ」と自らがはづきのお腹の中の子どもの父と認める。

実は二人は海外活動での逢瀬の果てに行くところまで行ききってしまっていた。その結果にはづきは不安に襲われるが、矢田の支えもあってまずははづきの母親に打ち明ける事に成功。はづきの母は慌てて帰国を指示。並行して、その報は母親からばあやさんへと伝わり、ばあやさんは大急ぎで密かに帰国した若い二人のサポートへと乗り出した。しかし、はづきの父に対してだけははづきがそのショックを慮ったために、未だに打ち明けられずにいた。

しかし馴染みのメンツにシェアハウスメンバーからの祝福や年の功ゆえのアドバイスをもらった矢田の覚悟が決まっちゃった事で、矢田はクリスマス会の後に藤原家に乗り込み「ガツン」と言うべきことを言って漢を魅せる事に成功。魂の抜けきったはづき父からも無事に結婚の許しを貰う事となる。

そして時は巡って翌年の春。
病院の前には生まれたばかりの赤ちゃんを抱いて慌てる矢田と、それを微笑んで支えるはづきの姿があったのだった。

ネタバレ関連タグ

できちゃった結婚 公式カップリング

関連記事

親記事

どれみ男女カプ どれみだんじょかぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「矢田はづ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「矢田はづ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1658484

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました