ピクシブ百科事典

HUGっと!プリキュア

はぐっとぷりきゅあ

2018年放送のプリキュアシリーズ15作品目。
目次[非表示]

なんでもできる! なんでもなれる! 輝く未来を抱きしめて!

概要

2018年2月4日放送開始のプリキュアシリーズ15作品目。略称はハグプリ。
2017年10月17日に特許電子図書館にて、東映アニメーションによる商標登録の出願(商標出願2017-129933)およびタイトルロゴが公開され、同年11月29日に公式サイト(関連リンク参照)が開設された。

スタッフ

メインスタッフは東映アニメーション側のプロデューサーに『魔法つかいプリキュア!』で同職を務めた内藤圭祐が再登板。
シリーズディレクター(監督)は前年と同じく二人体制となり、『フレッシュプリキュア!』で同職を務めた座古明史と、かつて日曜朝8時30分枠で多くの作品に関わってきた佐藤順一が就任する。
キャラクターデザインは『Yes!プリキュア5』『Yes!プリキュア5 GoGo!』『スマイルプリキュア!』で同職を務めた川村敏江総作画監督については『魔法つかいプリキュア!』でキャラクターデザインを担当した宮本絵美子と歴代プリキュア作品で作画監督を務めた山岡直子が各話ごと交互に担当する。
シリーズ構成はこれまでもプリキュアシリーズのサブライターとして参加してきた坪田文。音楽は前年と同じく林ゆうきが続投。
下記するように15周年という節目もあってなのか、プリキュアシリーズに深く関わってきた経験者を揃え、それをベテランが支えるような手堅い人選となっている。

オープニングテーマは宮本佳那子が担当。これまで『Yes!プリキュア5(GoGo)』『キラキラ☆プリキュアアラモード』でエンディングを担当し、声優としても『ドキドキ!プリキュア』で剣崎真琴キュアソード)を演じた彼女が、節目の年でついにオープニングを担当する。エンディングテーマは『魔法つかいプリキュア!』と同様に、本作のプリキュア役の声優が歌う。

プリキュアシリーズ15周年

2018年でプリキュアシリーズは15周年を迎えるということで、内藤プロデューサーによると「15周年目ならではの仕掛け」もあるということ。

ちなみに「プリキュア10周年おめでとうメッセージ」の企画が実地された『ハピネスチャージプリキュア!』の放映年は2014年。……あれ? じゃあ2018年放映の今作は14周年じゃないの? と疑問に思う方も多いであろう。
確かに、本来ならば「周年」は人間の実年齢と同じ考え方をする。つまり、生まれた年は「0歳」で、満1年経過した2年目からが「1歳」になる。なので、プリキュアシリーズが生まれて15年目の作品である本作は14歳=14周年となるべきである。
ただ、近年では誕生年を「1歳」と扱うかぞえ年のカウント方式で周年を記念するイベントも多いのが実態であり、今回はその方式で周年を計算しているのである。
なお、過去にはシリーズ5作目である『5GoGo!』時に、今回同様に5作目=5周年と標榜していたことがある。

プリキュアエンブレム詰め
プリキュア 15th Anniversary



テーマ・特徴

本作のテーマとして公式が掲げたキーワードは「子どもを守るお母さん」「ヒロイズム」「子育て」「お仕事」の4つ。

ABCアニメーション側のプロデューサーである梅田和沙によると、
「今回の『HUGっと!プリキュア』は、愛情、友情、親愛を示す行為であるHUG(ハグ)をその名に冠する、愛にあふれたプリキュアです(HUG=抱っこ・抱きしめる)。不思議な赤ちゃん、はぐたんを守り育てるため、襲いかかってくるワルモノたちとの戦いや、日々のお世話に大忙し。そんな多忙な毎日を“子供を守る母の愛”で明るく乗り切っていきます。プリキュアシリーズはこれまで15年間、戦うヒロインを描いてきましたが、一番身近なお母さんこそ女の子にとっての強く、優しく、カッコいいヒロイン像を体現しているのではと考え、本作では“子供を守るお母さん”としてのプリキュアを描いていきます」
と本作のコンセプトを紹介している。
(プレスリリースから抜粋。全文はこちら
そのためなのか、変身後にはルージュマスカラといったメイクが施され大人っぽい顔立ちになる。ルージュがひかれるのは『ドキドキ!プリキュア』のキュアエース以来(通常の変身時の姿。サブフォーム強化フォームを含めると『ハピネスチャージプリキュア!』のチェリーフラメンコシャーベットバレエイノセントフォームがある)。
プリキュアたちのコスチュームも「大人のお姉さん」感を意識して、様々な職業のユニフォームをモチーフにしたデザインとなっている。

プリキュアたちが妖精の赤ちゃんを育児するという要素はプリキュアシリーズでは恒例ではあるものの、それ自体をメインテーマに持ってきたのは意外にも15作目である本作が初となる。

「お仕事」のキーワードがどう絡むのかについてはまだ不明だが、内藤Pによれば「おしごと体験を通じて社会性を育む」という要素が盛り込まれるとのこと。
また、梅田P・内藤Pの両人ともに「多忙な日々を送るプリキュア」ということを強調しており、日常シーンの描き方が従来とは少し方向性が異なるようだ。

HUGっと!プリキュア_01
フレーフレーキュアエール


YELL for you
はぐっと!



3人のプリキュアにはそれぞれ、キュアエール=元気、キュアアンジュ=知性、キュアエトワール=力という明確な特徴を持っており、戦闘描写にどのように反映されるのか注目される。

また敵組織であるクライアス社は放送前の段階で5人の幹部が紹介されており、従来シリーズに多く見られた前半に3人、中盤以降に2人程度の幹部が追加されるパターンに対して珍しい構成となっている。

ストーリー

超イケる大人のお姉さんになりたい中学2年生の野乃はな。前髪を切り過ぎるわ遅刻はするわで転校初日は大失敗。
でも、なんだか素敵な出会いもあったりまた明日からの日々に胸躍らせていたところ、空から降ってきた不思議な赤ちゃん「はぐたん」と、そのお世話係(?)のハムスター「ハリー」と出会います。
そこへ「クライアス社」という悪い組織がはぐたんの持つ「ミライクリスタル」を狙って現れ、怪物を出して襲ってきたのです。
はぐたんを守りたい!というはなの強い気持ちによって新たなミライクリスタルが生まれると、はなは元気のプリキュア・キュアエールに変身します。

キュアエール
HUGっと!プリキュア_03


ミライクリスタルとは、この世界にあふれている明日をつくる力・アスパワワの結晶。これが奪われてしまうと、みんなの未来が無くなってしまいます。
みんなの未来、そしてはぐたん。大切なものを守るためのキュアエールの物語が今幕を開けます。
(※公式サイトから転用)

3人の新しいプリキュア誕生(1話〜)

転校生の野乃はなは、不思議な赤ちゃんのはぐたんとハムスターのハリーと出会う。
彼らは元いた世界をめちゃくちゃにした謎の組織『クライアス社』の魔の手から逃れるべく、現代日本ののびのび町にやってきた。
はぐたんたちの世界を取り戻すにはプリキュアが扱える8つのミライクリスタルの力が必要だという。

最初は戸惑うはなだったが、クライアス社の好きにさせては誕生日もクリスマスもイケてるお姉さんになる夢も全部無くなってしまう。
一方クライアス社もミライクリスタル・ホワイトを持つ別のプリキュアを探していて……

元気で頑張り屋のはな、優しくて豊富な知識を持つ薬師寺さあや、クールでオシャレな輝木ほまれ。3人の新しいプリキュアはみんなの輝く未来を守るため戦うこととなる。

登場人物

プリキュア

HUGっと!プリキュア
HUGっと!プリキュア



妖精

はぐたん
どや



クライアス社

チャラリート


代表取締役社長

秘書

社員

怪物


プリキュアの家族

野乃一家の人々



取り巻く人々

ラヴェニール学園の学生

ラヴェニール学園の教職員

その他の人物

  • 先代HUGっとプリキュア?

第2話の回想シーンらしき場面で存在が仄めかされた4人のプリキュア。恐らくハリハム・ハリー達が暮らしていた異世界で活躍していたものと思われるが、現時点では詳細は不明。

プリキュアスーパースターズのキャラクター


漫画

上北ふたごによるコミカライズ版が『なかよし』2018年3月号より連載開始予定。

映画

2018年3月公開予定の『映画プリキュアスーパースターズ!』にプリキュア映画初登場。魔法つかいプリキュアキラキラプリキュアアラモードの各メンバーと共演する模様。

主題歌

オープニング

We_can!!HUGっと!プリキュア

  • 作詞:藤本記子(NostalgicOrchestra)
  • 作曲・編曲:福富雅之(NostalgicOrchestra)
  • 歌:宮本佳那子

エンディング

HUGっと!未来☆ドリーマー

  • 作詞:ミズノゲンキ
  • 作曲・編曲:睦月周平
  • 歌:キュアエール(CV.引坂理絵)・キュアアンジュ(CV.本泉莉奈)・キュアエトワール(CV.小倉唯)

放送回(注意:この項目はネタバレを含みます)

話数サブタイトル初登場キャラ備考
1フレフレみんな!元気のプリキュア,キュアエール誕生!野乃はな、薬師寺さあや、輝木ほまれ、はぐたん、ハリハム・ハリー(妖精体)、十倉じゅんな、百井あき、阿万野ひなせ、千瀬ふみと、内富士先生、梅橋先生、野乃森太郎、野乃すみれ、野乃ことり、リストル、ダイガン、パップル、チャラリート、ルールー、オシマイダー前髪を切りすぎたはな/オムレツをみてお子ちゃまということり/母にエールをおくるはな/一瞬時間が止まり、ボールにあたるはな/転校初日から遅刻したはな/大人っぽいお姉さんになることが夢/赤ちゃんの声が聴こえたはな/さあやとほまれにあうはな/ミライクリスタルをねらうクライアス社の幹部・社員/稟議!承認!クライアス社に栄光を/さあやとほまれにほめられて嬉しいはな/空から赤ちゃんが降臨してびっくりするはな/なまえをはぐたんと名付けるはな/ハリハムハリーが話すのをみて驚くはな/はぐたんにミルクをあたえるはな/はなの未来のためだと教えるハリー/はぐたんが消えて元気がなくなるはな/さあやがはなをかっこいいと賞賛/チャラリートが生徒にネガティブウェーブを浴びせ、オシマイダーを召喚/倒れている生徒をみたはなたち/はぐたんのアスパワワがなくなってしまうことをさとるハリー/オシマイダーにつぶされそうになるはな/ミライクリスタルを授かったはな/みんなを応援元気のプリキュア、キュアエール誕生/フレフレーハートフォーユー初披露/アスパワワをキュアエールが大量に持っていることに驚くハリー
2みんなの天使!フレフレ!キュアアンジュ!ハリハム・ハリー(人間体)キュアエールのことで学校中が大騒ぎ/ハリーからはなにプリキュアのことをバラすなと忠告/学園の天使と呼ばれているさあや学級委員長/はぐたんがいたハリーの家/イケメンになるハリー/おむつをかえるはな/クライアス社のことについてはなす人間体ハリー/ミライクリスタルをねらうクライアス社/3つあるプリハート/プリキュア記事や鳥について学級新聞でつくろうと考えるさあや/リストルからミライクリスタルを奪いに行くことを言われたチャラリート/オシマイダーの夢を見るはな/はぐたんを抱くさあや/ミルクの作り方をパソコンで調べるさあや/はぐたんの鳴き声を聴いて時間がとまったことをはなに話すさあや/プリキュアと青い鳥の記事が入った学級新聞をみるほまれ/「あなたにできないことは私には出来ます」/マザー・テレサの言葉が好きなさあや/さあやの勇気に共感し、応援するはな/譲り合いにもめた男性たちをクレーン車とともにオシマイダーに召喚/アスパワワがなくなっていくはぐたん/プリキュアの正体をさあやに話したはな/ミライを守るために戦うキュアエール/強くても当たらなきゃ意味がない/はなの言葉の心が溢れたためにミライクリスタルとプリハートが支給されたさあや/みんなを癒やす知恵のプリキュア、キュアアンジュ誕生/フレフレーハートフェザー初披露/一人じゃ出来ないことを二人ならできる
3ごきげん?ナナメ?おでかけはぐたん!(なし)ご機嫌ななめになるはぐたん/原因は「新しい環境になれなくてぐずることがある」と説明するさあや/心当たりがあるというハリーがミライパッドをはなたちに与える/ミライパッドで目的の地点をさがすはな/初抱っこひもではぐたんと妖精体ハリーを運ぶはな/ルールーが報告書の催促をチャラリートに言うもプリキュア探しが優先/捜索中のプリキュアはルールーが探しているプリキュアではない/ミライクリスタルホワイトの行方は、新たなプリキュアにある確率高し/移動動物園で遊ばれるハリー/ほまれがオッサンに対して「あなたも昔は子供だったんじゃないの?」/ほまれを大人っぽいというはな/はぐたんを抱いて静かにしたすみれ/はぐたんを人間態ハリーの娘ということにしたが母の行方はわからず/のびのびタワーで取材していたすみれ記者がはぐたんの世話をする/経験にはかなわないといったさあや/クライアス社は時間を止めてアスパワワを奪ってきた/8個のミライクリスタルホワイトを集めると時間が動きだす/オッサンをオシマイダーに召喚/オシマイダーがのびのびタワーに接近し破壊しようとする/プリキュアが戦っている姿をみるほまれ/はぐたんのためにももっとおおきくならなければいけないからたたかうキュアエール/すみれと再開し抱かれるはな/ミライパッドにもう一つの光があった/プリキュアみたいに飛びたいと願ったほまれ


関連サイト

HUGっと!プリキュア |東映アニメーション
HUGっと!プリキュア |朝日放送

プリキュアシリーズ」タグ

←14.キラキラ☆プリキュアアラモード15.HUGっと!プリキュア16.???→

pixivに投稿された作品 pixivで「HUGっと!プリキュア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1831831

コメント