ピクシブ百科事典

ほまれちゃんはお化け嫌い

ほまれちゃんはおばけぎらい

輝木ほまれの弱点である。

概要

 その伏線は、既に前期OP映像にあった。
 野乃はな薬師寺さあやと一緒に映画を観ているシーンがあるのだが、そのなかでほまれはクールでイケメン女子のキャラに似つかわしくもなく、妙に怖がったような変顔を見せているのである。
 その映画とはホラー映画であり、彼女はお化けなど怖いものが苦手なのではないか?という疑惑が早くも浮上していたのだった。

秘密の輝木さん!


 問題は、そのシチュエーションが本編に反映されるかどうかだったが、その時は第12話にてやってきた。
 はな、さあやとのパジャマパーティのなかで、はながレンタルしてきた映画のDVDを一緒に鑑賞することになる。だがそれは『恐怖の訪問者』なるホラー映画であり、はなはこのシリーズの作品ばかりを借りて来ていたのだった。はなが普通に怖がる(自分で借りたのだからそのつもりではあったのだろう)一方で、さあやは全く冷静に、その演出技法の効果を論じるまでしていた。そしてほまれはというと、妙に静かであった
 怖がっていないのか……と思いきや、顔面蒼白になっており「もう限界です」の一言ともに「ホホホッ! ホホホッ! ホ・ホ・ホ…!」と乾いた高笑いを上げ、冷や汗を滝のように流しつつ、体調管理のために食べないと言っていたはずのポップコーン恐怖を紛らそうとピストン輸送でむさぼりつきその異常なまでの怖がりように、はな・さあやを絶句させてしまう。既に壊れていたのである。

ホホホホホホホホホホホホホホホホwwwwwwwwwwwwwwww


 この怖がりようは過去のお化け嫌いの先輩たちにも劣らないものがあった。
 さしあたり、この弱点はクライアス社の連中には知られていないようだが……。
 (知ってそうな人物として彼女が思いつくが、幸い彼女はプリキュアの一員になったので一安心であろう…)

 夏であれば「肝試し回」のようなエピソードがあってもおかしくなく、そうなれば彼女にとって大変な脅威となったことだろう。幸い本作ではそのようなエピソードが作られることはなく、無事夏は乗り切れたかに思われたが……。

ッ・・・!?


 しかし夏休み最後の回であった第30話で熱海の温泉宿・天狗館をみんなで訪れた際、気味悪げなカラスの鳴き声を聞いただけで怯え、変顔とともに過去のお化け嫌いの先輩よろしくさあやに抱きついてしまう。さらにはなの「妖怪でも出てきそうな……」という言葉に恐怖はさらに増長。そこに現れた天狗館の主人を唐傘お化けと間違えて大パニック(このときはなも普通に怖がり、また心配性のえみるもほまれに劣らず怖がっていた)。
 この後も天狗の伝説を耳にするだけで竦み上がり、必死で否定しようとするなど、お化け嫌いは相当重度であることを見せつけたのだった。
 相手が猛オシマイダーであるとわかっている限りは、天狗がモチーフであっても臆することなく戦えてはいたが……。

関連タグ

なおちゃんはお化け嫌い みなみんはお化け嫌い:先輩たちの「お化け嫌い」タグ。
夏木りん 黒川エレン 星空みゆき:他のお化け嫌いの先輩たち
プリキュアお化け嫌いの会
明神つかさ:ニチアサ同期生。クールビューティ、可愛いもの好きに加えてここまでも一致するとは……。

pixivに投稿された作品 pixivで「ほまれちゃんはお化け嫌い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39091

コメント