ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

特撮番組仮面ライダーディケイド』の主人公ディケイドのメインウェポン。普段は状に折り畳み、に提げているが、戦闘時には展開し又はとして使用する。『スーパーヒーロー大戦』では変身前にも武器として使用していた。

本来はディケイドの持つライダーカードを収納する役割があり、いわば四次元ポケットである。オーズの世界に行ってカードが129枚(亜種の組み合わせを含んだ全種類)増えても全然平気。

また、取り出すカードは使用者の意思で呼び寄せる事が出来る上、さらにブッカーが自動で使用カードを射出する機能も備わっているため、カードを取り出すのに手間取ることは無い。


仮面ライダージオウでもメインウェポンのようだが、カメンライドしているライダーの武器そのものを使う機会が増えたことで武器としての出番は控えめになった。


形態編集

ソードモード編集

仮面ライダーDecade

収納されたを伸ばして相手を斬りつける。アタックライド・スラッシュを使えばさらに切れ味は上がる。必殺技は展開されたカード状のエネルギー膜を突き破って走り、エネルギーを貯めて一気に敵を切り裂く「ファイナルアタックライド ディメンションスラッシュ」。仮面ライダーブレイドキングフォームの「ロイヤルストレートフラッシュ」に酷似している。


また、コンプリートフォームに変身しているときの、能力で召喚した最強フォームのライダーと御揃いの必殺技を叩きこむファイナルアタックライド発動時には、その召喚したライダーの放つ技が『武器を使うタイプの技』だった場合、ディケイドの側は(召喚ライダーのそれが剣タイプではなく銃タイプの必殺武器で放たれる技であっても)このソードモードのライドブッカーで技を発動する。

(最強フォーム仮面ライダーの銃型必殺武器には長銃身のものが多い分、それに動きを合わせて発動するディケイドの武器もガンモードより長物感のあるソードモードの方が合うからだろうか…)


効果音は変身したカメンライドしたライダーによって変化し、例えばブレイドであればブレイラウザーカブトであればカブトクナイガンクナイモード、電王であればデンガッシャーソードモードなどライダーの武器に対応した効果音に変化する。

なお、フナセン氏による開発者ブログによると、『ディケイド』本編におけるレジェンドライダーのシステム音声はバンダイに残っているDX玩具音源を多用しているとの事(参考)なので、ライドブッカーも例外ではないと思われる。


ガンモード編集

仮面ライダーディケイド

銃口を伸ばして相手に向け光弾を射出する。クラインの壺から無限にエネルギーを供給できるため、弾切れ気にすることは無い。アタックライド・ブラストで銃身を分裂させて威力を上げることが可能。

必殺技はカード状に展開されたエネルギーを使って弾の威力を増幅する「ファイナルアタックライド ディメンションブラスト」。

また、変身前でも使用する事が可能で、ウィザード特別編では操真晴人に銃口を向けた事も。


緑色の部分は「ライドマーカー」という照準を定めるための部位だが、明確にこの機能が拾われたのは「ガンバライド」ぐらいであり、CSMでは「効果音ボタン」として利用されている。


立体物編集

DX版がディケイド本編放送中の2009年2月に発売している。ライドブッカー本体とベルトに取り付けるホルスター、ガンバライド仕様のアタックライド・スラッシュのカードが付属で、価格は税込4400円。

ガンバライド排出や他のDX玩具に付属していたライダーカードを最大25枚収納できる他、ブックモードからソードモード、ガンモード各形態への変形ギミックや、劇中同様カードを引き抜く際に音が鳴るギミックも搭載してある(ソードモードはボーイズトイという都合上劇中のようなプロポーションにはならず、刃先がとても短いが)


「他のライダーに変身でき、その技が使える」というのが特徴のディケイド関連の商品としては数少ないディケイド本人のなりきりアイテムなのだが、DX以降は商品化に恵まれず、多くのファンはDX版の再販やCSM化を望んでいた。(ディケイドライバーその物がSUPER BEST、CSM、Ver.20、DXネオディケイドライバー等として何度も発売されている事もライドブッカー需要を高める要因であった)


そして2021年11月、CSM30作記念として発表されたディケイドライバーVer.2の情報解禁時に満を持してCSM化が発表された。価格は税込14300円。

新たに効果音ボタンが新造されており、特徴的なカードを裏返す音や剣を撫でる音はもちろん、ライダーカードにまつわる劇中の様々な音声を流すことができる。

さらにソードモード、ガンモードへの変形はパーツ差し替えによって可能となっており、DXよりも劇中に近いプロポーションへと近づいた。

但しセットできるライダーカードの数は合計10枚となっており、DXよりも減少している(プロップの見た目に近づける為に本体をDXよりも薄くした為だと思われる)


余談編集

門矢士役の井上正大氏によると、ディケイド撮影当時のスタッフ達はライドブッカーを弁当箱と呼んでいた模様。


関連項目編集

ディケイドライバー ガンブレード


ライダーウェポン


主役ライダー武器

デンガッシャーライドブッカーメダジャリバー

関連記事

親記事

ライダーカード らいだーかーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120788

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました