ピクシブ百科事典

仮面ライダージオウ

かめんらいだーじおう

仮面ライダージオウとは、『平成仮面ライダーシリーズ』第20作目にして平成ライダーの最終作である。
目次[非表示]

時代を駆け抜けた平成仮面ライダー達
今その力が、未来へと受け継がれる
祝え! 新たなる王の誕生を!

『オーマの日』
仮面ライダーの時代を画する審判の日
それは歴史の終わりか、それとも始まりか
選べ! 我々自身の未来を!

時代を駆け抜けた平成仮面ライダー達
全ての力を受け継ぎ、新たなレジェンドが始まる
祝え! 真の王者の誕生を!

「俺は仮面ライダーの王となる!」

概要

平成仮面ライダーシリーズ」第20作目、かつ平成最終作の仮面ライダー。英語表記は“KAMEN RIDER ZI-O”(勘違いする人もいるが、あくまで平成ライダー20"作品"目であって平成ライダー20"周年"ではない)。2018年9月2日よりオンエア開始。

今作では『仮面ライダーディケイド』同様、過去に放送されてきた平成ライダー作品のキャラクター達が登場する作品となっているが、『ディケイド』との差異として原典に出演したオリジナルキャストの登板を重要視している点がある。
また、こうした作劇を取る関係上、これまで平成作品はそれぞれ独立した世界上で展開されていたが、今作に限ってはすべての平成ライダーの歴史が同じ世界・同じ時間軸上で起きたという前提で物語が構築されている。

メインスタッフは白倉伸一郎が『仮面ライダーディケイド』以来久々にTVシリーズのチーフプロデューサーを務める他、戦隊シリーズでは『手裏剣戦隊ニンニンジャー』や『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』にてメインライターを務め、ライダーシリーズでは『仮面戦隊ゴライダー』を担当した下山健人がライダーTVシリーズ初のメインライターを担当する。

パイロット監督には田﨑竜太、音楽は『クウガ』『アギト』『電王』を担当した佐橋俊彦
主題歌は同じく『電王』の主題歌を担当したAAAから末吉秀太と『555』の主題歌を担当したISSAがユニット『Shuta Sueyoshi feat. ISSA』を組んで手掛けることでも話題を呼んだ。

デザインモチーフは「時計」であり、ライダーデザインは「腕時計」、ライドウォッチは「懐中時計」と、時計要素がちりばめられている。


あらすじ

王になることを夢見る2000年生まれの常磐ソウゴ。そんな彼の前に突如現れたタイムマシーン。
そのタイムマシーンから現れた謎の少女・ツクヨミは彼に告げる。
「私は2068年からやってきた。未来の世界は魔王が君臨し、人々を苦しめ、希望のない世界を創りだしている」
絶望的な未来の世界を変えるために2018年にやってきた少女はさらに告げる。
「未来のアナタこそが、いずれ世界を破滅させる魔王にして時の王者“オーマジオウ”となる」と。
更には未来を変え魔王の存在を消し去るため、ツクヨミと同じく未来からやって来た青年・明光院ゲイツがソウゴに襲い掛かる。
仮面ライダージオウに変身する運命にあるソウゴ、彼はヒーローではなく未来の魔王となってしまうのか…? 果たして未来の運命は?

物語の特徴

医療ドラマや国家間紛争といった日常と離れた要素を含んだシリアスかつハードな作風が目立った前々作前作とは趣が異なり、「平凡な暮らしを送る主人公が突然やってきた未来人とともに怪人と戦う」という普通の日常の延長線上を舞台に様々な事件に立ち向かっていくという作風に回帰している。
さらに主人公のエキセントリックさや過去ライダーの力を使うという設定、レジェンド達の客演などの要素が目立つため、一見明るい作風に見える。
しかし元々物語の根本的なストーリーは『最悪の魔王となる主人公の未来を変える』というタイムスリップ物で、物語が進むにつれて「過去への干渉が予測していなかった事態を引き起こす原因になる」「その干渉自体が変えようとしていた歴史を作った原因になる」という展開や異なる未来へと至った時間軸から来た存在なども描かれており、(特に第11~12話の鎧武編を見ればわかるが)実はストーリー自体は結構複雑。

その上、味方であるツクヨミやゲイツを含めて、全員が全員それぞれの思惑の元で未来を変えようと動いており、悪の組織とされているタイムジャッカーさえも『最悪の魔王(オーマジオウ)を倒す』という目的自体は主人公サイドと一致しており、場合によっては味方と袂を分かつ可能性もあり得る
関係図を整理すると、第19話の時点で既に第三勢力どころか第四、第五の勢力すら存在しているも同然の状況であり、そこに過去のレジェンドライダーである門矢士が独自の思惑で行動していたり、第25話から登場したアナザージオウこと加古川飛流も加えれば、かなりややこしい勢力関係となっている。
タイムジャッカーの一員であるはずのスウォルツに至っては、組織の目的とは真逆であるはずのオーマジオウ誕生に関わっていたりと、謎の動きを益々深めている。

各々の目的

人物・勢力初期の目的中盤の目的
ソウゴ「最低最悪の魔王」オーマジオウではなく、世界を救うために「最高最善の魔王」になる。もしくは最悪の魔王となった自分を倒す変化なし
ゲイツオーマジオウが君臨する歴史を変える。もしくはオーマジオウを倒すソウゴの創る未来を見届ける
ツクヨミソウゴがオーマジオウとなる歴史を変えるソウゴの創る未来を見届ける
黒ウォズソウゴがオーマジオウになるように導くソウゴがオーマジオウになるように導き、彼の創る未来を見届ける
白ウォズゲイツがオーマジオウを倒し救世主となった未来へ導くソウゴの未来を見届けるゲイツの決意に屈し、未来をソウゴ達に託す(消滅)
タイムジャッカー(ウール&オーラ)オーマジオウを倒して、新たな魔王を君臨させる依然変わらず。但し、ウールはスウォルツの動きに疑問を持つ
スウォルツタイムジャッカーとしてオーマジオウを倒し、新たな魔王を君臨させる時の王者を擁立する?
加古川飛流常盤ソウゴを亡き者にする不明
門矢士不明(ソウゴとの戦いを楽しんでいる節はあった)世界の行方とソウゴの未来を見極め、不適格とみなせば「ジオウの世界」を破壊する
オーマジオウ自らが魔王として君臨した歴史を守る変化なし


上の表の様に、それぞれの利害関係は複雑に入り組んでおり、現在のソウゴと未来のソウゴであるオーマジオウでさえ敵対しており、第18話でウォズの口からも語られたように、現在は味方であっても心から信用できないという、かなり殺伐とした世界観となっている。
また、もう一つの未来においてはゲイツによってオーマジオウ(ソウゴ)が倒された歴史となっており、実際にソウゴの悪落ちやゲイツとの敵対が避けられない可能性も同時に存在している。ツクヨミもソウゴを擁護する場面は多いものの、彼女の本来の目的は『ソウゴがオーマジオウになるのを止める事』であり、実際ソウゴがジオウⅡになって以降はその力の強大さからソウゴを一時的に危険視していた。
加えて、今まで思惑の違いこそあれど一枚岩かと思われたタイムジャッカーにも、アナザーキカイの一件以降メンバー間に亀裂が入り始め、各々が独自の思惑で動き始めている。

こういった「誰が誰と敵対するかわからない」という点においては、変則的ながらも仮面ライダー龍騎仮面ライダー鎧武のようなライダーバトルの要素を強く押し出しており、以上の要素も踏まえると、序盤から中盤にかけては20作目のお祭り的な明るさは薄く、むしろ前二作とは違ったベクトルのシリアスで重いストーリーを展開していると言える。
しかし、中盤を過ぎて以降は、ゲイツとツクヨミはソウゴと真の友情を結び、ウォズも仲間として正式にソウゴの陣営に加わり、徐々にではあるがライダー同士が結束していく様子が描かれている。
この元々敵であったライダーや胡散臭い人間との間に絆を育むという構成は、前二作のライダーの関係性を踏襲しており、平成ライダーの物語の特徴である「二話構成」、「一般人が敵組織によって怪人化する」、「悪のライダーが登場する」等も合わせると、平成ライダーシリーズの一期二期の物語の総決算とも言える形となりつつある。

また、クロスオーバー作品としての性質も『ディケイド』とは全く異なり、レジェンド達が客演する作品は不規則である。しかも過去作の多くの人々が原典と同じキャストで登場する一方、原典通り変身するかどうかやそもそも変身者か否か、さらにはその生死が変わったり悪墜ちしたりするケースすらあるなど扱いは様々であり、果ては「未来の仮面ライダー」という名目で本作オリジナルのライダーとその変身者も登場する。
こちらも物語中盤以降は「原典作品におけるビターエンド不条理な戦いに対し、原典の結末とは違った答えを提示する」といった展開が多く見られるようになり、ある意味ではこちらの展開も「平成ライダーの『物語』の総決算」ともいうべき物になりつつある。

登場人物

仮面ライダー達とその関係者

常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ…演:奥野壮

ジオウ
仮面ライダージオウ
凱 旋
ひれ伏せ 我こそは


本作の主人公。18歳→19歳。高校の進路指導で「王様になる」と言ってしまう高校3年生(物語開始時点)。
天才なのか、天然なのか、「なんかイケる気がする」と言っては何でもやってのける力を持つ。苦境に陥っても笑ってしまうポジティブな性格の持ち主。
アナザーライダーとの闘い、レジェンドとの邂逅の末、魔王になる歴史とは別の歴史を切り開くことに成功した。

明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ…演:押田岳

ゲイツ
KAMEN RIDER GEIZ
ゲイツリバイブ


50年後の未来から来た青年。18歳。
2068年でレジスタンスを組んで魔王軍と戦っていたが、苦戦を強いられ、魔王が覚醒する前にソウゴの存在を抹消するべく2018年の世界へ現れる。
オーマジオウの存在しないもう一つの未来では、救世主ゲイツリバイブとしてあがめられている模様。

ツクヨミ…演:大幡しえり

ツクヨミ


50年後の未来からやってきた少女。18歳。
血気に逸るゲイツを追って2018年の世界にやってきた。ソウゴを抹殺するのではなく、魔王の力を手に入れないように働きかける。
ソウゴの正義感と想像を超える力を認め、以後ソウゴの戦いのサポートをするようになる。 後に記憶喪失であることが判明し、時間停止能力に目覚める。

ウォズ(黒ウォズ)/仮面ライダーウォズ…演:渡邊圭祐

ウォズ
黒ウォズ、変身―
ギャラクシー!


50年後の未来から来た謎の預言者。
常に本「逢魔降臨暦」を手にしており、突然ソウゴの前に現れ、未来を予知するような言動を呟く。
後に白ウォズから仮面ライダーウォズの力を奪った事で、自らもオーマの日を巡る戦いに参加することになる。

白ウォズ/仮面ライダーウォズ…演:渡邊圭祐

ウォズ
未来の創造主


ゲイツがオーマジオウを倒したもう一つの未来からやってきたもう一人のウォズ。
未来の出来事を導くタブレット端末を手にしている。
ゲイツリバイブの未来に行き着く歴史が消滅したため、ソウゴ達に未来を託して消滅した。

常磐順一郎…演:生瀬勝久
ソウゴの大叔父で、時計屋「クジゴジ堂」の店主。
時計専門店なはずなのに、電化製品などの修理でも何でも引き受けてしまう程のお人好し。
王様になるというソウゴの将来を案じてはいるが、強制などはせず伸び伸びと生きるソウゴを優しく見守っている。

未来の魔王

オーマジオウ…CV:小山力也

最低最悪の魔王


圧倒的な力で2068年の世界を支配する「最低最悪の魔王」。
ソウゴの未来の姿だというが……?

タイムジャッカー

ウール…演:板垣李光人

ウール


タイムジャッカーの少年。魔王に代わる新たな王を生み出すため、各時代でアナザーライダーを生み出す。無邪気なところがあり、目的とは別に騒動を起こすことを楽しんでいる。 しかし、次第にスウォルツに懐疑的になる。

オーラ…演:紺野彩夏

足を上げるオーラさん


タイムジャッカーの女性。ウールと共に新たな魔王を君臨させるために言葉巧みにアナザーライダーを生み出すが、ウールとは違いプライドが高く冷徹に仕事をこなすクールビューティー。

スウォルツ…演:兼崎健太郎

スウォルツ


タイムジャッカーの男性。ウールやオーラよりも年上なのか、彼らを見下した態度を取っている。
冷酷な性格で、目的のためなら手段を問わない。
だが彼には新たな王の擁立という目的とは別の目的があるような節が見受けられ…?

その他

加古川飛流/アナザージオウ…演:佐久間悠

被害者少年。
アナザージオウ


過去のある出来事によりソウゴを憎む青年。
すべてのアナザーライダーの力を手に入れ、ついにはアナザージオウに変身する。

OPナレーション/ジクウドライバーその他システム音声:小山力也
ジクウドライバー変身音声:大西洋平
ビヨンドライバー音声:アフロ(MOROHA

ナレーション:藤野直彦

呼称表

が\にソウゴゲイツツクヨミウォズ(黒ウォズ)ウォズ(白ウォズ)順一郎
ソウゴゲイツツクヨミウォズ/黒ウォズ白ウォズ叔父さん
ゲイツジオウツクヨミウォズ/黒ウォズ白ウォズ?
ツクヨミソウゴゲイツウォズ白ウォズ順一郎さん
ウォズ(黒ウォズ)我が魔王ゲイツ君ツクヨミ君もう1人の私?
ウォズ(白ウォズ)魔王我が救世主ツクヨミ君もう1人の私/黒ウォズ?
順一郎ソウゴ君ゲイツ君ツクヨミちゃんウォズ君?僕/おじさん(ソウゴに対して)

レジェンドライダーとその関係者

()で括られているライダーは本編で登場しなかった(または登場未定)ライダーだが、キャラクターの紹介として便宜上ここに記載する。
また、オリジナルキャストの出演が実現しなかった主役ライダーやその関係者についても、他者からの言及ライブラリ映像や音声当時の写真代役による後ろ姿などの形でその存在を示されている。

仮面ライダービルド』より

ビルドらくがき
ベストマッチな奴ら



仮面ライダーエグゼイド』より

えむとひいろさん
2016-2018 EX-AID


この世界に王は一人でいい・・・私だァ!!!
シャカリキストライク!



仮面ライダー555』より

Φ
过程



仮面ライダーフォーゼ』より

「生徒を守るのが教師の役目だぁ~!!」



仮面ライダーウィザード』より

仁藤2018
さぁ、食事の時間だ



仮面ライダーOOO』より

☆
オーズ



仮面ライダー鎧武』より

GAIM
仮面ライダー鎧武VS仮面ライダーバロン



仮面ライダーゴースト』より

描き初め
スペクターゴースト


しゅぎょうそう



仮面ライダーディケイド』より

最新もやし
通りすがりの


泥棒ライダー再び。
仮面ライダーディエンド



仮面ライダー龍騎』より

ミラーワールド2019
仮面ライダー龍騎
リュウガ


っ津田さん(*´▽`*)‼💕



仮面ライダー剣』より

♠️2019
剣



仮面ライダーアギト』より

目覚めろ、その———
めざめろ、そのアギト!



仮面ライダー響鬼』より

中村優一さんの誕生日イラスト
鍛え方が違うんだよ!


※京介は左イラストの左側の人物。

トドロキ
轟鬼



仮面ライダーキバ』より

君、との約束
ガルル


※1:別役でのカメオ出演であり、ゆりとしては出演していない。
※2:後述する仮面ライダーギンガ役での出演であり、キバットとしては出演していない。

仮面ライダーカブト』より

やる時はやる子。
仮面ライダーガタック


ジオウ出演おめでとう
地獄兄弟



詳細は各作品・人物の項目を参照。

新たな仮面ライダー達

【仮面ライダージオウ】デフォルメ⑧
仮面ライダーシノビとシノビスレイヤー


ソウゴの初夢の中で登場した、2022年で戦う仮面ライダー。

【仮面ライダージオウ】デフォルメ⑨
仮面ライダークイズ


2040年から白ウォズが連れてきた仮面ライダー。

【仮面ライダージオウ】デフォルメ⑪
仮面ライダーキカイ


ソウゴの夢の中に現れた、2121年で戦う仮面ライダー。

宇宙から来た人


宇宙から突如やって来た謎の仮面ライダー。変身者は不明。

ここに記載されているライダーはいずれもスーパー戦隊に出演経験があり、過去に仮面ライダー以外の特撮ヒーローを演じた事がある俳優・声優が演じている。

各話リスト

話数カウントはEP+(数字)。サブタイトルの法則はストーリーに関する西暦4桁がつくこと。
EP29までは「文章 西暦4桁」だったが、「オーマの日」を迎え新たな歴史が描かれるEP30からは「西暦4桁:文章」に形式が変化している。

EPタイトルレジェンドゲスト登場怪人
01キングダム2068桐生戦兎 万丈龍我アナザービルド ストロングスマッシュハザード
02ベストマッチ2017桐生戦兎 万丈龍我アナザービルド
03ドクターゲーマー2018宝生永夢 鏡飛彩アナザーエグゼイド
04ノーコンティニュー2016宝生永夢 鏡飛彩アナザーエグゼイド アランブラバグスター バグスターウイルスA
05スイッチオン!2011乾巧 草加雅人 大杉忠太 近藤大太 根津誓夫アナザーフォーゼ アナザーファイズ スコーピオン・ゾディアーツ
06555・913・2003乾巧 草加雅人 大杉忠太アナザーフォーゼ アナザーファイズ エレファントオルフェノク突進態
07マジック・ショータイム2018仁藤攻介アナザーウィザード ミノタウロス(回想シーン)
08ビューティ&ビースト2012仁藤攻介アナザーウィザード フェニックス グール(回想シーン)
09ゲンムマスター2016檀黎斗 火野映司 泉比奈アナザーオーズ 屑ヤミー
10タカとトラとバッタ2010檀黎斗 火野映司 泉比奈アナザーオーズ 屑ヤミー ネコヤミー
11ジオウ・オン・パレード2018葛葉紘汰 駆紋戒斗アナザー鎧武 初級インベス
12オレ×オレのステージ2013葛葉紘汰 駆紋戒斗アナザー鎧武 初級インベス
13ゴーストハンター2018天空寺タケル シブヤ ナリタ 門矢士アナザーゴースト
14Go!Go!ゴースト2015天空寺タケル 深海マコト ナリタ 門矢士アナザーゴースト 眼魔コマンド
15バック・トゥ・2068門矢士カッシーン ドラグレッダー
16フォーエバー・キング2018門矢士カッシーン
17ハッピーニューウォズ2019神蔵蓮太郎アナザーシノビ ダスタード
18スゴイ!ジダイ!ミライ!2022神蔵蓮太郎アナザーシノビ ダスタード
19ザ・クイズショック2040堂安主水アナザークイズ
20ファイナルアンサー?2040堂安主水アナザークイズ
21ミラーワールド2019城戸真司 鏡像の城戸真司 大久保大介アナザーリュウガ ドラグレッダー&ドラグブラッカー(回想シーン)
22ジオウサイキョウー!2019城戸真司 鏡像の城戸真司 大久保大介アナザーリュウガ
23キカイだー!2121真紀那レントアナザーキカイ ヒューマノイズ
24ベスト・フレンド2121真紀那レントアナザーキカイ ヒューマノイズ
25アナザージオウ2019アナザージオウ アナザービルド アナザーエグゼイド アナザーゴースト アナザー鎧武 アナザーオーズ アナザーファイズ
26ゲイツリバイブ!2019アナザージオウ
27すべてのはじまり2009門矢士アナザージオウ アナザーゴースト アナザー鎧武
28オレたちのゴール2019門矢士アナザージオウ アナザービルド アナザーエグゼイド アナザーゴースト アナザー鎧武 アナザーウィザード アナザーフォーゼ アナザーオーズ アナザーファイズ
29ブレイド・ジョーカー!?2019海東大樹 剣崎一真 相川始 栗原天音アナザーブレイド
302019:トリニティはじめました!海東大樹 剣崎一真 相川始 栗原天音アナザーブレイド ジョーカー ダークローチ(回想シーン)
312001:めざめろ、そのアギト!津上翔一 風谷真魚 尾室隆弘アナザーアギト
322001:アンノウンなキオク津上翔一 風谷真魚 尾室隆弘アナザーアギト
332005:いわえ!ひびけ!とどろけ!桐矢京介 トドロキアナザー響鬼
342019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ桐矢京介 トドロキアナザー響鬼
352008:ハツコイ、ウェイクアップ!次狼 ギンガ(声)アナザーキバ ガルル バッシャー ドッガ
362019:ハツコイ、ファイナリー!次狼 ギンガ(声)アナザーキバ ガルル バッシャー ドッガ
372006:ネクスト・レベル・カブト加賀美新 矢車想 影山瞬 門矢士アナザーカブト サナギ体 グリラスワーム
382019:カブトにえらばれしもの加賀美新 矢車想 影山瞬 門矢士アナザーカブト サナギ体

音楽

OP

歌:Shuta Sueyoshi feat. ISSA 作詞:Shuta Sueyoshi / 溝口貴紀
作曲:MiNE / Atsushi Shimada 編曲:Atsushi Shimada
OP映像の前には「平成仮面ライダー20作記念番組」と表示される。


主題歌以外はインド音楽調になっている。 また、アギト編以降はサプライズ演出として過去作の楽曲が使われる傾向にある様子。(アギト編は挿入歌、キバ編は紅音也のエチュード、カブト編はOPのイントロが使用されている)

関連作品

スピンオフ作品

  • ジオウ補完計画

東映特撮ファンクラブで配信されるスピンオフ作品。
本編中に語りきれなかった「ジオウ」の世界や、キャラクターの設定などをタイトル通り「補完」していく。
本編の幕間という設定なので、タイトルは「1.5話」のようにコンマ5刻みでカウントされている。
各キャラがそれぞれ「○○補完計画」(○○には自分の名前が入る)と書かれた台本を読みながら進む朗読劇という体裁であり、大人の事情に容赦なくツッコんだり、放送開始直後でキャラが定まっていないからとゲイツやウォズを弄るなど全体的にメタ要素が強い。

ジオウ本編にゲスト出演した仮面ライダーを主役としたスピンオフシリーズ。

RIDER TIME 仮面ライダーシノビ
仮面ライダーシノビを主役としたスピンオフ第一弾。
東映特撮ファンクラブで配信。

RIDER TIME 仮面ライダー龍騎
仮面ライダー龍騎を主役としたスピンオフ第二弾。
「龍騎」に登場した仮面ライダー達がジオウの世界に開かれたミラーワールドで新たなバトルロイヤルを繰り広げる。「ジオウ」の世界を主軸としているため、ソウゴとゲイツも登場する予定。
auビデオパスで配信。

劇場作品

本編終了後に登場。ライダー映画特有の先行登場に当たる。
白いパンドラパネルを調整している最中突如、エグゼイドを筆頭とした平成ライダーや平成作品の幹部怪人達が激闘を繰り広げている見知らぬ世界に飛ばされた戦兎の前にタイムマジーンと共に現れ、ビルドアーマーを使用して戦闘に参戦。一部ライダーも巻き添えにして吹き飛ばしつつ幹部怪人達を一掃した。

「平成ジェネレーションズ」シリーズ第3作にして、平成最後の仮面ライダーコラボ映画。
仮面ライダービルドとのコラボの他、歴代平成ライダーが集結する。

夏の劇場版。龍騎やブレイド同様、TV本編とは異なるパラレルエンディングとなる模様。

関連タグ

平成ライダー 仮面ライダー 平成二期 ミライダー
タイムトラベル タイムマシン 腕時計 魔王 歴史改変


  • 仮面ライダー電王:タイムトラベルつながりの作品。名前も『電車の王』と『時間の王』で似ている。こちらもディケイド同様に物語の劇薬になる模様。また、ディケイドの企画が固まる以前の10周年記念作品の超初期企画に設定が類似した「電王2」があった。現状本編には未登場だが、こちらでは重要な役どころで登場し、サプライズ的にが出演している。また、30話で示された継承しなければならないライドウォッチの1つに入っている。






仮面ライダービルド⇒今作⇒?

外部リンク

関連記事

親記事

平成二期 へいせいにき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダージオウ」のイラストを見る

仮面ライダージオウのBOOTHアイテム

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11511252

コメント