ピクシブ百科事典

アナザーゴースト

あなざーごーすと

特撮番組『仮面ライダージオウ』に登場するアナザーライダーの一人。
目次[非表示]

「人を傷つける奴は、許さない……!!」

演 / 声:堀池直毅

データ

  • 身長:204.0cm
  • 体重:96.0kg
  • 特色/力:人間の魂を吸い取る


概要

仮面ライダージオウ』第13話「ゴーストハンター2018」から登場するアナザーライダーの一体。妹のミカを庇って警察官・マキムラが事故に遭った後に現場に出現していた。
モデルは仮面ライダーゴーストオレ魂

人間のを吸い取り胸の紋章に吸収する能力を持つ。抜き取った魂からパーカーを生み出して自身をパワーアップさせる他、眼魔コマンドに似た怪人(テレビ朝日公式サイトの表記)を呼び出して使役する事も可能。
また幽霊のように姿を消す事ができ、どこからともなく出現したり戦闘時の回避や撤退に使用する。
なお、ゴーストが使っていた浮遊や壁抜けなどは使用していないが、第14話ではパーカーゴーストを召喚する能力を披露している。また、ディケイドゴーストと共にダブルライダーキックも繰り出している。(キック発動時は後ろに黒い紋章が出現している。)

正体

ウール「倒したらダメだよ? こいつ、これが動いてないと死んじゃうんだ」

その正体は事故に遭い死亡したマキムラ本人であった。彼は描写された中では初めてタイムジャッカーとの契約を拒否するも、死亡後にウールにアナザーウォッチを埋め込まれアナザーゴーストに変身させられてしまった。
故に撃破されアナザーウォッチが停止してしまうと再びマキムラは死亡してしまう為、迂闊に倒す事ができない状態に陥っている。

生前の警察官としての正義感が行動原理のようだが、ライダーの力によってその正義感が歪められており、他人の説得も聞かず暴走してしまっている。元々優しい性格だった人物が死後、その心が歪んで見境なく人を襲うようになっていくその様はまさに悪霊のようである。
しかし最期に自分が救おうとしたミカの記憶は残っているようで、彼女を見た時だけは僅かに反応していた。

望んで力を手に入れたわけではなく、その力に飲まれて暴れていた点ではアナザービルドと近いものがある(アナザービルドは変身者の目的が事故の回避であり、力その物を望んでいたわけではなかった)。
初の死者が変身するアナザーライダーであり、初の契約や当人の意思を完全に無視して誕生したアナザーライダーでもある。

容姿

他のアナザーライダーと同様に口や鼻が追加されていたりと、ゴーストをより凶悪に歪めたような印象を見せる。
本家では丸みを帯びていた眼はダークゴーストのように歪んでおり、憤怒の表情にも見える。オレンジ色に黒の眼や口の造形はハロウィンジャック・オー・ランタンの様に見えるかもしれない。
また、顔の輪郭には本家ゴーストの「オレ」魂に対し「他人」の顔を縫い付けているような縫い目が見られる(分かりづらいが、アナザーライダー共通の瞳もマスクの奥に存在している)。

頭にフードを被っている点も本家と同じだが、こちらは頭部のウィスプホーンが黒く、後頭部からは白髪が生えており本編でのダークゴースト変身者を彷彿とさせる。
後に犠牲者の魂を取り込んでパワーアップし、本家同様にフードが脱げた状態となった。

骨のモチーフが見られたオレ魂に対し、(パーカー以外の)素体部分は老衰死した死体や死蝋のような皺だらけの外見をしており、全身にツギハギに縫い合わせた意匠がある。
むき出しになった両手足には赤と緑の血管のようなモールドがあり、指は爪が壊死したように黒ずんでおり「死体」を強くイメージしたものとなっている。
一方で大きな眼が覗くパーカー部には不死の存在たるアンデッドを想起させる「黒+鋲」という組み合わせが施されている。
前述の顔の縫い目と相まってさながらパーカーゴーストが死体に寄生しているようにも見える。

GHOSTの名前や2015の年号は"0","O"がゴーストの顔や目の形状にアレンジされてパーカーの背面に刻まれている他、腰に装着しているベルトはゴーストドライバーを歪めた形状をしている。どちらかと言えばその形状は原典で西園寺主税が所持していたプロトドライバーに近い。

誕生による改変

  • 眼魔の存在の消滅。
  • 天空寺タケルが、念動力らしき超能力を身につけている(霊視と同じゴーストライドウォッチの効果の可能性もある)
  • タケルが一度死亡しているかは定かではないが、月村アカリ作の霊魂可視化薬「不知火」が存在し、タケルが「霊魂状態の時は他人から見えない」「空腹を感じない」という現象を知っていることからして、何らかの臨死状態は経験している模様。


活躍

  • 第13話

2015年、交番勤務の警察官だったマキムラは、弁当を届けに来たミカの頭上に鉄骨が落下する瞬間を目撃。ミカを助けようとした瞬間に時が止まり、現れたウールに妹の命と引換に契約を迫られる。
だがその態度に信用ならぬものを感じたマキムラは「ミカは自分で助ける」と契約を拒否。再び時間が動き出し、マキムラはミカを突き飛ばし助けたが、代わりに自身が鉄骨の下敷きになってしまった。
その直後にウールは再び時間を止め、「自分が死んだら意味ないじゃないか」と呆れながらも、絶命したマキムラにアナザーウォッチを埋め込み、強制的にアナザーゴーストとして蘇生させてしまった。
時間が止まっていた間のやり取りを知らないミカからすれば、自分を助けてくれた兄の姿が消えて謎の怪人が現れたようにしか見えなかったわけで、それ以来ミカは『姿を消した兄』をずっと捜し続けていた……。

その後のアナザーゴーストは、タイムジャッカーから与えられた未来の新聞記事の情報を元に、未来で事故を起こす事になる人々の魂を奪って惨事を未然に防いて回っていた(ツクヨミ曰く「未来の情報を教えるのはルール違反」とのことだが、新たな王を誕生させ未来を変えようとする彼らにはもはや関係ないことなのだろう)。
ミカから依頼を受けたタケル達もアナザーゴーストの事件を追っていたが、謎の仮面ライダーに妨害されて取り逃がしてしまう。

一夜明けて、公園にて自転車で暴走していた青年の魂を抜き取っていた所をソウゴに目撃されジオウと交戦、透明化して退却する。変身解除したソウゴはタケル達から怪人の仲間の「仮面ライダー」と疑われ、天空寺に連行される羽目になってしまった。

その後は有毒ガスの死亡事故が起きるはずだった研究所に現れ、研究員を襲っているところをゲイツに発見され交戦。ゴーストライドウォッチを装填した「ゴーストザックリカッティング」で撃破されミカ達に正体が露見してしまうが、ウールがアナザーウォッチを再度埋め込んだことで復活、逃走する。

次の事故予定現場に向かうと、ウールのアドバイスで抜き取った魂を解放、力として取り込むと無差別に人を襲いはじめた。
駆けつけたジオウ達と戦闘する中でジオウが説得を試みるが、ウールが「そいつは最凶最悪の魔王になる男。たくさんの命を奪う、つまりは君の敵だ」と横槍を入れ、説得は失敗。
ジオウ・ゲイツとの2vs1の状況に徐々に劣勢になり、ジオウはゴーストアーマーを装着。しかし必殺技の寸前、「そいつを倒したら死ぬ」というウールの言葉にジオウが動揺、さらにそこに現れたディケイドアギトがゲイツを撃破。続けてディケイド響鬼との共闘でジオウも変身解除に追い込み、ソウゴの魂を分離・吸収しようとするが、タケルの妨害によって吸収に失敗。
今度はタケルの魂を抜き取ろうとするがディケイド響鬼が撤退を促し、ウールと共にその場は撤退した。

  • 第14話
2015年の時代にて、魂と体が分離したソウゴを救う為に飛んできたゲイツと対決。ゴーストアーマーになったゲイツに圧倒されるが、そこに加勢したディケイド龍騎ディケイドゴーストに変身し、アーマー・ディケイド・アナザーの3人のゴーストによる乱戦の末、ゲイツを撃破する。
(この時、ゲイツの所持していたゴーストライドウォッチがディケイドゴーストによってブランクウォッチに戻されてしまう。)

一方、幽霊状態のソウゴはアナザーゴースト誕生の出来事を変える為、タケルに頼んでタイムマジーンで2015年まで飛んでもらい、ミカの頭上から落ちてきた鉄骨をタケルが法力で吹き飛ばす事で事故を未然に阻止した。
しかし、それを良しとしないウールがゴーストのアナザーウォッチを介して複数の眼魔コマンドを召喚。駆けつけた2015年の深海マコトスペクターに、タケルがゴーストに変身して眼魔コマンド達を殲滅するが、その直後に時間を停止したウールが助かったマキムラにアナザーウォッチを埋め込んだ為、結局はアナザーゴーストが誕生。タケルとマコトも再びライダーの力を失ってしまう。

ソウゴとタケルは一度2018年に帰還し、タケルとナリタが持って来た月村アカリ特性の不知火で姿が見えるようになったソウゴは、タケルからゴーストライドウォッチを授かり、ゲイツと共に再び2015年に移動する。(途中、ウールとオーラの妨害を受けるがこれを退ける。)

その2015年で、アナザーゴーストが工事現場の作業員達を襲っていたところ、駆けつけたジオウとゲイツの2人と対決。複数の眼魔コマンドを召喚して2人に襲い掛かったが、ジオウはゲイツから受け取ったディケイドライドウォッチを使ってディケイドアーマーに変身。ディケイドアーマーの力を駆使したジオウに追い詰められ、眼魔コマンド達がゲイツ・ファイズアーマーに殲滅される中、最後はゴーストアーマーと同様にゴーストの力を持つジオウ・ディケイドアーマーゴーストフォームが発動した必殺技「平成ライダーズアルティメットタイムブレーク」を喰らい敗北。アナザーウォッチも砕け散った。

ソウゴとタケルの干渉により、マキムラは生きている状態でアナザーゴーストとなり撃破されたため、その後は普通の人間に戻った。知らぬ内に悲劇の運命を回避したマキムラは、ミカの弁当を前に笑顔を見せるのだった。

余談

「一度死んで蘇る」点ではゴースト本編と共通しているが、英雄の眼魂でパワーアップするゴーストに対し、一般人から強奪した魂でパワーアップするのが対称的である。

警察官→幽霊という変化は、ゴーストの前作品の主人公が警察官である点から来ているのであろうか。

なお、(一応ゴーストライドウォッチ自体は使用しているとはいえ)そのアナザーライダーに対応したライダーとは違うライダーのアーマータイムで完全撃破されたのもこのアナザーゴーストが初である。

関連タグ

仮面ライダージオウ アナザーライダー ゴースト(仮面ライダー)

仮面ライダーエターナル仮面ライダーアマゾンシグマ:アナザーゴースト同様、死んだ後に仮面ライダーの力を手にした者達。生前は善人だったが、死んで蘇ってからは目的の為に人の命を奪う事も厭わなくなった点も共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザーゴースト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9900

コメント